Windows のシステム モニターを使用してログを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 248345 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 でシステム モニターを使用してログ ファイルを作成する方法についても説明します。

ダウンロードして、パフォーマンス モニター ウィザード (PerfWiz) を使用して設定するには、ログの構成プロセスを簡単にします。

詳細

Windows 2000、Windows XP および Windows Server 2003 に含まれているシステム モニター ツール Windows NT 4.0 に含まれているパフォーマンス モニター ツールを置き換えるの管理ツールです。

システム モニター ツールでいくつかの機能強化の一覧は次のとおりです。
  • 特定のカウンターを記録することができ、により、オブジェクトのインスタンスのログ ファイルのサイズを小さきます。
  • 印刷キューのオブジェクトの印刷キューを監視することができます、新しいパフォーマンス オブジェクトです。
  • パフォーマンス ログと警告を使用して、イベントのログを開始することができます。
  • その他のパフォーマンス オブジェクトも追加されています。
  • サンプル ログ ファイルは、Windows 2000 に含まれます。
新しいログを作成するのには:
  1. 右クリックします。 カウンター ログをクリックして 新しいログの設定は、ログの名前を入力し、をクリックして [OK].
  2. で、 全般 Windows 2000 でのタブで、クリックしてください 追加 カウンターを追加します。で、 全般 Windows XP または Windows Server 2003 のタブで、クリックしてください カウンターを追加します。.
  3. で、 ログ ファイル タブで、必要なログ オプション] をクリックします。
  4. で、 スケジュール タブで、使用するスケジュール オプションをクリックします。
ようなオプションが設定できます。 警告.たとえば、メッセージを送信する]、[パフォーマンス データ ログを開始するのには、警告を構成またはカウンターが特定の値を超える場合は、プログラムを実行することができます。

パフォーマンス ・ モニター ・ ウィザードを使用します。

取得し、パフォーマンス ・ モニター ・ ウィザード (PerfWiz) をダウンロードするには、次の Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 31fccd98-c3a1-4644-9622-faa046d69214 & displaylang = en
パフォーマンス ・ モニター ・ ウィザードは、パフォーマンス モニター ログの収集を簡素化します。サンプル間隔を収集し、ログファイルのサイズを適切なカウンターを構成します。このウィザードは、オペレーティング システムまたは Exchange サーバーのパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティングのログを作成できます。

メモ:
  • パフォーマンス上の問題や、メモリ リークのように見える問題のトラブルシューティングを行う場合は、パフォーマンス モニター ログに記録する必要があります、オブジェクトが含まれますが、次の項目に限定されません。メモリ リソースの問題。
    キャッシュ
    メモリ
    オブジェクト
    ページング ファイル
    プロセス
    プロセッサ
    システム
    ターミナル サービス (ターミナル サーバーの場合)
    その他のリソース問題に対して追加カウンターを追加します。
    論理ディスク
    NBT 接続
    ネットワーク ・ インタ フェース
    物理ディスク
    リダイレクター
    サーバー
    サーバー作業キュー
    スレッド (ターミナル サーバーと収集しない)
    すべての Terminal Server カウンター (ターミナル サーバーの場合)
    すべてのカウンターのプロトコルをネットワーク アダプターにバインドします。
  • 物理ディスクのカウンターは、既定では、Windows 2000 に存在します。
メモリ リークが発生し、パフォーマンスのボトルネックのログ ファイルを表示する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
150934NT のトラブルシューティングは、パフォーマンス モニターのログを作成する方法
参照してください。 カウンターの許容値の決定 下にあります。 パフォーマンス カウンター Windows 2000 のヘルプで。

プロパティ

文書番号: 248345 - 最終更新日: 2012年12月23日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbproductlink kbhowto kbmt KB248345 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:248345
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com