修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3576.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2502631
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3576.2) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年で使用可能です。

この修正プログラム ロールアップ パッケージには、以下の Microsoft サポート技術情報 (KB) 資料に記載されているすべての以前修正プログラムが含まれます。
2417774修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3573.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。
2272389修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3558.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用可能です。
2028634修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用可能です。
978864Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年 (FIM) 1 のパッケージを更新します。

この修正プログラム ロールアップ パッケージにもいくつかの問題を解決して、以前にリリースされた KB 資料に記載されていたいくつかの機能が用意されています。これらの問題と機能の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

解決方法

修正プログラムのロールアップの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

ダウンロード可能な修正プログラムの場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手するにお問い合わせください。

メモその他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

メモ
  • FIM のサーバー コンポーネントをアップグレードする場合は、次のサーバー コンポーネントをアップグレードすることもする必要があります。
    • FIM 証明書の管理 (CM) の証明機関 (CA) コンポーネント FIM CM サーバーと同じバージョンにします。
    • FIM サービス、FIM の同期サービスと同じバージョンにします。
  • FIM 2010 CM 一括クライアントをアップグレードする場合は一括クライアントの障害を回避するも FIM CM サーバー、FIM の CA サーバー モジュールを同じバージョンにアップグレードする必要があります。

前提条件

この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用するには、Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010 をインストールする必要があります。

要件を再起動します。

適用後、コンピューターを再起動する必要があります、アドインと拡張機能修正プログラム ロールアップ パッケージします。また、サーバー コンポーネントを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

次の修正プログラム ロールアップ パッケージこの修正プログラム ロールアップ パッケージが置き換えられます。
2417774修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3573.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。
2272389修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3558.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用可能です。
2028634修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) が Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用可能です。
978864Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年 (FIM) 1 のパッケージを更新します。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。日付と時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルは、ローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスと共に表示されます。さらに、ファイルの特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更できます。
すべてのバージョンの FIM 2010 をサポート
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Fim cm 一括 client.zip該当なし10,229,61615-3 月-201109: 01
Fimaddinsextensionslp_x64_kb2502631.msp該当なし4,626,43202-3 月-201122: 24
Fimaddinsextensionslp_x86_kb2502631.msp該当なし3,709,95202-3 月-201121: 35
Fimaddinsextensions_x64_kb2502631.msp該当なし3,261,95202-3 月-201122: 24
Fimaddinsextensions_x86_kb2502631.msp該当なし2,762,24002-3 月-201121: 35
Fimcmclient_x64_kb2502631.msp該当なし5,796,35202-3 月-201122: 24
Fimcmclient_x86_kb2502631.msp該当なし5,133,82402-3 月-201121: 35
Fimcm_x64_kb2502631.msp該当なし13,480,44802-3 月-201122: 25
Fimcm_x86_kb2502631.msp該当なし13,215,23202-3 月-201121: 35
Fimservicelp_x64_kb2502631.msp該当なし4,621,82402-3 月-201122: 24
Fimservice_x64_kb2502631.msp該当なし17,021,95202-3 月-201122: 24
Fimsyncservice_x64_kb2502631.msp該当なし117,904,38402-3 月-201122: 25

詳細

証明書の管理に関連する機能の問題と解決

問題 1
FIM CM 更新サービスや CM のポリシー モジュールは、同じバージョンがあるない場合は、FIM CM 自動登録ポリシー モジュールが要求が正しく処理します。

問題 2
FIM 証明書の管理 (CM) クライアントを使用して設定するかどうかは、ALLOW_SSOパラメーターに[はい]で、暗証番号 (PIN)ルール スマート カードの場合は、次のようなエラー メッセージが表示されます。
指定した PIN が正しくありません。
メモこの問題を解決するには、FIM 証明書の管理クライアント用更新プログラムをインストールする前に、Forefront ユーザー マネージャー (FIM) CM サーバー用の更新をインストールする必要があります。

機能 1

この修正プログラム ロールアップ パッケージは、キー ペアを使用して、FIM CM でのデータの暗号化のサポートを追加します。キー記憶域プロバイダーを使用して、キーのペアが格納されます。

機能 2

この修正プログラム ロールアップ パッケージは、Windows 7 では、FIM 2010 CM 一括クライアントを実行できるようにするサポートを追加します。

同期サービスに関連する機能の問題と解決

問題 1
管理エージェント (MA) が 32 ビット モードで実行されている場合は、パスワードのリセット操作は動作しません。たとえば、標準の SAP MA を実行するとこの問題を発生します。

問題 2
SQL の MA のパフォーマンスは遅くなります。このパッケージをインストールした後、インデックス作成オペレーションの向上、および SQL の MA のパフォーマンスが 25% 高速です。

問題 3
同期エンジンを再作成するか、オブジェクトの名前を変更しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
別のアンカーを追加しようとしています。
第 4 号
検出ルールのエントリ (DRE) が削除されない場合は、メタバース オブジェクトを削除すると、次の例外が表示されます。
Microsoft.MetadirectoryServices.ProvisioningBySyncRuleException: 0x80230405
さらに、同期エンジンで、次のようなエラー メッセージが表示されます。
サーバーでルールの拡張機能の操作の実行中に予期しないエラーが発生しました。
機能 1

FIM 同期用のサービス アカウントが Active Directory だ (AD MA) で使用するアカウントと同じアカウントの場合は、広告の MA で空のパスワードのままにして広告を接続するためのサービス アカウントを使用できます。さらに、サービス アカウントのパスワードが変更されたときに AD MA でのアカウントのパスワードを更新する必要はありません。

メモExchange プロビジョニングは広告の合併/買収を使用する場合は、この機能を使用しないでください。

機能 2

この修正プログラムでは、Sun のディレクトリ サービスの LDAP サーバのエクスポートにサポートを追加します。

サーバは、2 つ目の MA で管理されます。主要な MA をインポートし、サーバ以外のすべての属性をエクスポートします。属性には複数のサーバがある場合は、その他の Ma が必要になります。

主要な MA から追加または削除の操作すべてのオブジェクトの操作を実行します。

サーバを使用する 2 つ目の MA を構成するには、作成、iPlanetMAOptionExportingDWORD レジストリ エントリは、次のレジストリ サブキーをし、レジストリ エントリの値を設定1:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\FIMSynchronizationService\Parameters\PerMAInstance\<ma name=""></ma>
場合は、iPlanetMAOptionFilteringレジストリ エントリが定義されている、空の文字列に設定されていない、新しいエクスポート機能を有効にします。

詳細については、iPlanetMAOptionFilteringレジストリ エントリは、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックします。
842531Microsoft アイデンティティ統合サービス 2003年の最新の累積的な修正プログラム パッケージの入手方法
場合の値iPlanetMAOptionFilteringレジストリ エントリが定義されていない、または値が空の文字列の場合は、新しいエクスポート機能を無効にします。

新しいエクスポート機能を有効にすると、すべての属性を除くオブジェクト クラスDNセミコロンの値を追加することによってエクスポートされます、iPlanetMAOptionFilteringレジストリ エントリの属性です。その他の機能は同じですし、エラーのオプションが含まれていない属性が処理されます。

フィルタ リング、およびエクスポートのオプションの Sun MA の第 2 のインスタンスのものです。結合規則が MV の同じオブジェクトに複数の CS 表現は、Sun のディレクトリ オブジェクトが結合されているかどうかを確認するために必要です。使用して 2 番目、MA の結合規則が定義されている、DN属性です。この属性をメタバース内の属性に移動するのには主要な MA を構成しなければなりません。

FIM ポータルに関連する問題を解決します。

問題 1
次のシナリオを検討してください。
  • オブジェクト ピッカーを使用してユーザーを検索しようとしています。
  • キーを押して、テキスト ボックスにカーソルを置くホームまたは、マウスを使用します。
このシナリオでは、Internet Explorer スクリプト エラーが発生します。

問題 2
オブジェクト ピッカーに複数の項目を追加する場合は、エラーを受け取ることがあります。

FIM サービスに関連する機能の問題と解決

問題 1
バッチ処理を使用して複数の要求を承認すると、バッチ処理にタイムアウトことがあります。

問題 2
多数の資料要求が含まれている要求を処理する、または多数の資料要求が含まれているいくつかの要求を処理するストアド プロシージャを実行します。このシナリオでは、プロシージャが応答を停止可能性があります。さらに、FIM の SQL server または FIM サービスを実行しているコンピューター CPU が過度に使用できます。たとえば、ストアド プロシージャを使用して、カタログの要求をキャンセルしようとするとこの問題が発生する可能性があります。

問題 3
複数値を持つ文字列の属性が変更されるとを使用して、セットが定義されている場合、エラーが発生する可能性があります、開始-を関数です。

第 4 号
フィルターの設定で参照されているオブジェクトの種類を削除または再作成すると、セットのメンバーシップが正しくない可能性があります。この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、一連のフィルターで参照されているオブジェクトの種類は削除できません。

問題 5
複数の同時要求オブジェクトの設定の移行に関連する場合は、要求に失敗します。この問題は重複した SQL 例外を生成するために発生します。

サービスの FIM MA に関連している問題を解決します。

問題 1
FIM サービスの MA では、デルタ インポートを実行すると、次の例外が発生します。
Microsoft.ResourceManagement.IdentityManagementException
さらに、次のようなエラーが表示されます。
変更ログが破損した状態であるが検出されたために、デルタ インポートを実行できません。
また、次のイベントはアプリケーション ログに記録されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: FIMSynchronizationService
作成日:<date><time></time></date>
イベント ID: 6500
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:<computer name=""></computer>
説明:
FIMSynchronizationService のソースからのイベント ID 6500 の説明が見つかりません。このイベントを発生させるコンポーネントがローカル コンピューターにはインストールされていないか、インストールが破損しています。インストールまたはローカル コンピューター上のコンポーネントを修復することができます。

セットアップに関連する問題を解決

問題 1
FIM 2010 4.0.3568.2 のバージョンより新しいバージョンの修正プログラムをインストールした後、FIM 2010 のリリース バージョン (ビルド 4.0.3531.2) 用の更新プログラム パッケージ 1 が既にインストールされていない場合は、FIM MA のエラーが発生します。

したがって、修正プログラム 4.0.3573.2 を構築する 2417774 リリース ・ バージョンに直接インストールした後この問題を発生します。

詳細

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある企業が製造されています。マイクロソフトは、保証、黙示またはそれ以外のパフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 2502631 - 最終更新日: 2011年3月23日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2502631 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2502631
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com