エラー コード"0x8007066A"または"66A"のインストール時に発生がします。NET フレームワークを更新します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2507641 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。

Windows Vista のサポートで、service pack のインストールでは、2010 年 4 月 13日終了しました。Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信を続行するには、Windows Vista Service Pack 2 (SP2) が実行されていることを確認します。詳細についてには、このマイクロソフト web ページを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

更新プログラムをインストールするときに、します。NET Framework では、Windows Update または Microsoft Update を使用して、次のエラー コードのいずれかがエラーが表示されます。
  • エラー コード 0x8007066A
  • エラー コード 66A

解決方法

この問題を解決するには、これらのメソッドは、方法 1 で開始されている手順を実行します。

Click here to show/hide solution

方法 1: の修復をします。NET Framework 4 のインストール


Windows VistaまたはWindows 7を実行している場合は、次の手順を実行します。
  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. 開始をクリックして型 アンインストール 検索] ボックスに、し、[プログラムのアンインストール] をクリックします。
  3. Microsoft をダブルクリックします。NET フレームワーク 4 クライアント プロファイル
  4. の修復] を選択します。NET フレームワーク 4 クライアント プロファイルを元の状態にをクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 修復が完了したら、[完了] をクリックします。
  6. コンピューターの再起動を今すぐ再起動] をクリックします。
  7. 最新の Windows 更新プログラムをインストールするには、 [スタート] をクリックして、すべてのプログラム] をクリックし、[ Windows Update] をクリックします。

Windows XPを実行している場合は、次の手順を実行します。
  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、削除プログラムの追加] をクリックします。
  3. Microsoft] をクリックします。NET フレームワーク 4 クライアント プロファイルにインストールされているアプリケーションの一覧し、をクリックします。
  4. の修復] を選択します。NET フレームワーク 4 クライアント プロファイルを元の状態にをクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 修復が完了したら、[完了] をクリックします。
  6. コンピューターの再起動を今すぐ再起動] をクリックします。
  7. Windows にログオンした後、 [スタート] をクリックして、すべてのプログラム] をクリックして、 Windows 更新プログラム、] をクリックし、[更新プログラムの確認] をクリックします。
  8. スキャンが完了すると、 Windows の更新プログラムをインストール、] をクリックし、指示に従って。

問題が解決しない場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: 修正 MSI ソフトウェア更新登録の破損の問題


MSI のソフトウェア更新プログラムの登録を修正するには破損の問題は、自動実行ツールで記事修正します。 971187 マイクロソフト サポート技術で。

後、この修正プログラムを実行、ツール、開始] をクリックして、すべてプログラム] をクリックし、[ Windows Update] をクリックします。更新プログラムを再度インストールしてください。

問題が解決しない場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: は手動でダウンロードして、更新プログラムをインストールします。


手動でダウンロードして、更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ すべてのプログラムプロパティ Windows の更新プログラム または マイクロソフトの更新プログラム.
  2. 更新履歴を表示するには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • Windows XP を実行している場合をクリックします。 更新履歴を表示します。コントロール パネルの左側のウィンドウで。
    • Windows Vista または Windows 7 を実行している場合をクリックします。 更新履歴の表示コントロール パネルの左側のウィンドウで。
  3. 更新プログラムの一覧で、エラー メッセージが含まれている更新プログラムを検索して、サポート技術情報 (KB) 資料の番号をインストールする更新プログラムに注意してください。
  4. 移動するには Windows のダウンロード web サイト。
  5. で、 ダウンロード センターを検索 種類、ページの上部] ボックス KB 更新プログラムの文書番号を入力します。
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード センターを検索


  6. Enter を押すか、検索アイコンをクリックします。

    更新プログラムに記載されている KB 文書番号 123456 場合をたとえば、入力します。 KB123456 検索] ボックスに、し、Enter キーを押しますまたは (検索アイコンは表示されますが白の虫眼鏡のように、オレンジ色の四角形で)、検索アイコンをクリックします。
  7. [検索結果] ボックスの一覧で、検索、サポート技術情報を検索し、その記事を.
  8. ダウンロードをクリックし、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで保存] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    ダイアログ ボックスをダウンロードします。


  9. [保存先] ボックスの一覧で、[デスクトップ] をクリックし、[保存] をクリックします。
  10. デスクトップのダウンロードしたファイルを検索し、更新プログラムをインストールするのには、ファイルをダブルクリックします。

更新プログラムがコンピューターに適していない場合、インストールは失敗する可能性があります。

方法 4: 修復をします。NET フレームワーク


修復するのには。NET Framework でする必要があります最初にアンインストールの複数のバージョンの。Net を使用して、します。NET Framework のクリーンアップ ツールです。次に、コンポーネントを再インストールします。

以下が手順例となります:
  1. Dotnetfx_cleanup_tool.zip をダウンロードするには、次のリンクをクリックします。 http://blogs.msdn.com/cfs-file.ashx/__key/CommunityServer-Components-PostAttachments/00-08-90-44-93/dotnetfx_5F00_cleanup_5F00_tool.zip
  2. ダウンロード ダイアログ ボックスをクリックします。 保存、および、ダウンロードが完了したら、をクリックして [ダウンロード.
    元に戻す画像を拡大する
    Dotnetfx クリーンアップ ツールをダウンロード ボックス


  3. ダウンロード フォルダーで、右クリックします。 dotnetfx_cleanup_tool.zipすべて展開] をクリックし、[展開] をクリックします。
  4. 抽出したファイルの一覧をダブルクリックします。 cleanup_tool.exe.
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードまたは確認を提供します。 または[続行] をクリックします。
  5. で、 実行する操作を行います、します。NET Framework セットアップ ・ クリーンアップ ・ ユーティリティ メッセージに [はい] をクリックします。

    メモこのツール英語でのみがも他の言語バージョンの Windows で動作します。
  6. ライセンス契約に同意し、[待機] を[はい] をクリック、します。NET Framework のクリーンアップを開始するツール。
  7. 製品をクリーンアップするには、リストをクリックして、選択をします。NET のバージョンを削除して、[今すぐクリーンアップ] をクリックします。

    メモ
    のクリーンアップ ツールを削除することはできませんがします。NET Framework 2.0 では、Windows Vista またはそれ以降のバージョンの Windows のために。NET Framework には、オペレーティング システムのコンポーネントとしてインストールされます。
  8. 後。NET Framework を削除、コンピューターを再起動します。
  9. ダウンロードして、次のコンポーネントをインストールします。

    します。NET Framework 1.1。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=262d25e3-f589-4842-8157-034d1e7cf3a3

    。NETフレームワーク 1.1 SP1。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=A8F5654F-088E-40B2-BBDB-A83353618B38&displaylang=en

    NET Framework 3.5 SP1(これもインストールされますがします。NET Framework 2.0 SP2 とは。NET Framework 3.0 SP2)
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=AB99342F-5D1A-413D-8319-81DA479AB0D7&displaylang=en
  10. シャット ダウンし、コンピューターを再起動します。
  11. クリック ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ Windows の更新プログラム、および、更新プログラムを再度インストールしてください。

詳細については。NET Framework 整理] ツールを移動するには、 .NET Framework のクリーンアップ ツール ユーザー ガイド ブログのポスト。

詳細情報:

これらの手順、問題が解決しない場合は、問題を解決するのには、追加のログ情報を収集する必要があります。これを行うには、マイクロソフトのナレッジ ベースの次の資料の手順を実行します。



ヘルプが必要ですか。

この資料にはお答えしない場合は、他のコミュニティ メンバーにマイクロソフトの回答を確認するには、このボタンをクリックします。
質問します。




プロパティ

文書番号: 2507641 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 13.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Starter Edition
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Foundation
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
キーワード:?
kbmt KB2507641 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2507641
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com