データベースのトランザクション ログが SQL Server 2012年、SQL Server 2008 R2 SP1、SQL Server 2008 の SP2 または SQL Server 2008 SP3 へのアップグレード後の増え続ける

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2509302 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2012 へのアップグレード後、Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)、Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) または Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) では、完全復旧モデルを使用しているデータベースのトランザクション ログはトランザクション ログのバックアップが頻繁に発生する場合でも増え続けています。

原因

この問題は、"tran_sp_MScreate_peer_tables"トランザクション レプリケーション アップグレード スクリプトがアップグレード中に開いているままであったために発生します。このオープンの取引の通常のログの切り捨てができなくなります。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012年の SP1 用の累積的な更新 2

この問題に対する修正は累積的な更新 2 で最初リリースされました。SQL Server 2012年の SP1 ではこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2790947 SQL Server 2012年の Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012年の SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2772858 SQL Server 2012年の Service Pack 1 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2012年のビルドします。

SQL Server 2012年の累積的な更新 5

この問題に対する修正は累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2777772 累積的な更新プログラム パッケージの 5 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 SP1 ではこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2783135 SQL Server 2008 R2 SP1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前 SQL Server 2008 R2 SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

累積的な更新 8 で SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3)

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 8 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2771833 SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 8
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 Service Pack 3 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース後にリリースされたビルドします。

以前のバージョンの SQL Server 2008 サービス パッケージ 3 ではこの問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クラスター管理ツールは、両方の SQL Server エージェントと、SQL Server サービスをオフラインにします。
  2. SQL Server エージェントがオフラインにしたまま、SQL Server サービスをオンラインを表示します。
  3. 起動プロセスが開始された後は、次のエントリが表示されるかどうかを確認するには、エラー ログを確認します。
    • spid7s アップグレード パブリケーション設定とシステム オブジェクト データベース [DBName] で。
    • sql server エージェントの起動中に spid7s この操作を実行できません。しばらくしてから、再度実行してください。
    • spid7s エラーの実行中のアップグレードします。
    • spid7s 保存スクリプトの状態を 'SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\Replication\Setup' をアップグレードします。
    • spid7s 保存されたアップグレード スクリプトの状態が正常にします。

  4. これらのエントリが見つからない場合は、レプリケーションのアップグレードが正常に完了しました。これを確認するには、アップグレードのレジストリ キーには、次のレジストリ エントリの値を 1 に更新するかどうかを確認してください。(これは正常なアップグレードを示します。)
    HKLM\SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\Replication\Setup
  5. 次のコマンドを実行し、"tran_sp_MScreate_peer_tables"という名前のトランザクションを探しますこの名前は、エントリ sthat されていますが表示されない場合は、レプリケーションのアップグレードが自動的に完了する追加の検証があります。

    [DBName] を使用します。
    選択 * から sys.dm_tran_active_transactions 名が 'tran_sp_MScreate_peer_tables' を = =
  6. SQL Server のインスタンスを停止する、両方の SQL Server エージェントの起動および SQL Server サービスをオンラインに node1 で、SQL Server のインスタンスを別のノードにフェールオーバーしてインスタンスを元のノードが失敗します。

SQL Server のインスタンスをスタンドアロンのインスタンスの場合は、両方の SQL Server と SQL Server エージェント サービスを停止して、SQL Server エージェント サービスを無効にすること、および、だけで、SQL Server サービスを再起動問題を解決できます。これは、データベースの完全なプロセスをアップグレードをできます。このプロセスが完了したら、SQL Server エージェント サービスを再起動できます。

詳細情報

「解決方法」に記載されている手順を実行しない限り、SQL Server を再起動この問題を解決されません。 しますトランザクションが再起動し、SQL Server を再起動した後も開いたままになります。

メモ 大量のデータが Service Pack 2 にアップグレード後に変更された場合は、この問題によって影響を受けるすべてのデータベースのトランザクション ログが以前に確認された規範よりも大きくなります。大部分のトランザクション ログのアクティブなときにデータベースをオフラインにしてからオンラインに復帰するために必要な時間が重要ながあります。

プロパティ

文書番号: 2509302 - 最終更新日: 2013年1月24日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2509302 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2509302
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com