文書番号: 2509316
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Outlook 2010 Standalone?と Office 2010 Home and Student をインストールした後で、Outlook のいくつかの機能を使用できません。たとえば、テーマ、表の書式設定、校正ツール、ワード アートを使用できません。添付ファイルのプレビュー機能も無効になります。 ?

原因

Office 2010 Home and Student がクイック実行でインストールされています。この環境では、Outlook Standalone は Word の機能を表示できません。

解決方法

Outlook 2010 Standalone のすべての機能を有効にするには、標準の MSI で Office 2010 Home and Student をインストールする必要があります。

Office 2010 のクイック実行バージョンがニーズを満たさない場合は、アンインストールしてください。その後で Office 2010 の標準 MSI バージョンをインストールします。これを行うには、以下の手順を実行します。

Office 2010 クイック実行バージョンをアンインストールします。

Windows XP
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「appwiz.cpl」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 一覧から Office クイック実行アプリケーションを選択し、[削除] をクリックします。
Windows Vista および Windows 7
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「プログラムと機能」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 一覧から Office クイック実行アプリケーションを選択し、[削除] をクリックします。
MSI インストール オプションを使用して、Office 2010 をインストールします。

  1. Office 2010 を購入したサイトにアクセスし、最初に Office 2010 を購入したときに使用したものと同じ Live ID を使用してサインインします。
  2. ホーム ページの上部にある [My Account] リンクをクリックし、Office のダウンロードにアクセスします。
  3. 購入したスイートの [ダウンロード] ボタンをクリックして、[Download Now] ボタンの下にある [詳細オプション] リンクをクリックします。
  4. クイック実行アプリケーションとして一覧に表示されていないバージョンの Office 2010 を選択します。

詳細

Outlook が Word を認識できないときに使用できないすべての機能の一覧については、次の資料を参照してください。http://office.microsoft.com/en-us/outlook-help/using-outlook-2010-with-or-without-word-2010-installed-HA010356483.aspx.
Notice
Office 2010 Home and Student の MSI バージョンをインストールした後も、テーマ機能は引き続き使用できません。これは既知の問題であり、回避策はありません。この機能が必要な場合は、Office 2010 Home and Business または Outlook とWord が共に含まれている他の SKU を取得してください。

プロパティ

文書番号: 2509316 - 最終更新日: 2011年9月30日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
KB2509316
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com