修正プログラムは今すぐを追加したり、権限操作をセンター サービス マネージャー 2010 のシステム環境に追加されたカスタムの型に対応するためのプロファイルを削除するのには、利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2525307
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

キューなどのオブジェクトを操作し、作業項目を Microsoft システム センターのサービス マネージャー 2010 年には承認が必要です。プロファイルを使用してこれらの承認を管理します。プロファイルは、認証に使用される項目のコレクションです。操作のようなを作成するときは、読み取り、更新、および削除については、承認の項目は次の構造体が使用されます。
Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
承認は、ユーザー ロール、プロファイル、スコープ、およびユーザーを関連付けることによって特定のオブジェクトに対して特定のユーザーが実行できる操作を指定します。プロファイルは、サービス マネージャー、タスク テンプレートなどのオブジェクトをフィルターすることによっても使用されます。

この修正プログラムに含まれている、3 つのストアド プロシージャは、次のファイル名があります。
  • p_GetRestrictrictionsOnOperationsInProfile
  • p_AddRestrictrictionToOperationInProfile
  • p_RemoveRestrictrictionFromOperationInProfile
SQL ストアド ・ プロシージャを使用すると、追加またはサービス マネージャー環境に追加されたカスタムの型をサポートするためには、[プロファイルの操作に対する権限を削除できます。サービス マネージャー コンソールを追加またはこれらの権利を削除することはできません。次に承認を追加するなど、 IncidentResolver 場合は、カスタマイズしたプロファイルを ユーザー 新規に追加することを入力します。 新しい関係 リレーションシップ:
Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
IncidentResolver Object_Set ユーザーの新しい関係
これらのストアド プロシージャは特定の種類のプロパティにアクセスするための詳細も提供します。サービス マネージャーのコンソールにこれらの詳細を提供できません。SQL ストアド ・ プロシージャは、プロファイルに新しい操作を追加できませんし、次のタスクを実行できます。
  • 既存のプロファイルで構成されている、承認を表示します。
  • 既存のオペレーションでは、既存のプロファイルには、型を追加します。型、プロパティ、および関係の制限は、次の操作を追加できます。
    • Object__Add
    • Object__Set
    • Object__Get
    • Object__Delete
  • 型は、既存のオペレーションでは、既存のプロファイルから削除します。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

ダウンロード可能な修正プログラムの場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手するにお問い合わせください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Microsoft システム センター サービス マネージャー 2010 Service Pack インストール 1 (SP1) する必要があります。

メモ この修正プログラムは、システム センター サービス マネージャー 2010 のサービス マネージャー プライマリ管理サーバー (SM) コンポーネントに適用されます。

この修正プログラムをインストールする方法

重要な この修正プログラムをインストールする前に、これらの手順を実行することをお勧めします。
  • バックアップ、 サービス マネージャー データベース。
  • SM サーバーの暗号化キーをバックアップします。
メモ それをインストールした後、この修正プログラムはアンインストールできません。

この修正プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. サービス マネージャーなど、セルフ サービス ポータルのすべてのサービス ・ マネージャーに関連したアプリケーションを閉じます。
  2. Windows エクスプ ローラーでは、この修正プログラム パッケージを含むフォルダーを開きます。
  3. 次のファイルを右クリックしをクリックしてください 管理者として実行します。:
    Scsm2010_amd64_sp1_kb2525307.exe
  4. システム センター サービス マネージャー SCSM2010_SP1_KB2525307 のセットアップ ウィザードで [使用許諾契約を受け入れるには 使用許諾契約 ページ、し、 インストール ウィザードを完了します。

この修正プログラムが正しく適用されたかどうかを確認する方法

方法 1
  1. [コントロール パネル] を開きます。 [プログラムと機能.
  2. をクリックして 更新プログラムのインストールの表示.
  3. 次の項目が表示されている場合は、修正プログラムが正しく適用されました。
    Microsoft システム センター サービス マネージャー SP1 用の修正プログラム (KB2525307)
    メモ SM のサーバー システムを実行している場合は、[この項目が表示されます。 Microsoft システム センター サービス マネージャー SP1.
方法 2
次のログ ファイルの表示、 %temp% [フォルダー] をクリックしてエラーの修正プログラムのインストール中に発生するかどうかを確認するのには:
  • Scsm2010_sp1_kb2525307.msp.0.log
  • Scsmpatchersetupwizard01.log

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムを使用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

要件を再起動します。

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられない。ソフトウェアの更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

ストアド プロシージャとユーザー定義の関連付けを使用する方法

型を拡張するのには、リレーションシップを追加する場合は、これらの関係の更新権限を制限する場合は、適切なプロファイルを更新、目的の操作に、拡張の種類を追加することがあります。

たとえば、追加、 System.CallingUser 関係は、 System.WorkItem.IncidentSystem.Domain.User エンドポイント。必要なかどうかは、 IncidentResolver プロファイルの関係を更新する機能を有効にすることができるとの関係を追加する必要がある、 Object__Set (更新) 右の System.Domain.User エンドポイントです。この例では、リレーションシップを追加する必要はありませんが Object__Set (更新) 右の System.WorkItem.Incident エンドポイントです。リレーションシップは、次のエントリことを示すために追加する必要はありませんが System.WorkItem.Incident エンドポイントが既に持っている、 Object__Set (更新) すべてのプロパティとリレーションシップのエンドポイントの権限:
Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
IncidentResolver Object__Set System.WorkItem.Incident NUL NULL 該当なし
追加するのには、次のストアド プロシージャを呼び出すことができます、 Object__Set (更新) すぐに、 System.Domain.User エンドポイントの場合、 System.CallingUser リレーションシップでは、 IncidentResolver プロファイル:
exec p_RemoveRestrictrictionFromOperationInProfile 'IncidentResolver', 'Object__Set', 'System.Domain.User', NULL, 'System.CallingUser', NULL

構文

次のセクションでは、この修正プログラムに含まれているストアド プロシージャの構文について説明します。

P_GetRestrictrictionsOnOperationsInProfile のストアド プロシージャ
パラメーター
Profilename プロパティ nvarchar(max) @ = NULL
このストアド プロシージャは、操作、指定されたプロファイルからの一覧を表示します。各操作では、このストアド プロシージャにも、型、プロパティ、および関係する型で定義されているし、は、操作で使用できますが表示されます。

メモ リレーションシップを正しく定義するには、それらのプロパティには、リレーションシップの両方のエンドポイントとして定義しなければなりません。
ストアド プロシージャを使用して、出力を解釈する方法
  • 場合 Profilename プロパティ null で、すべてのプロファイルが表示されます。
  • 操作プロパティは、同じ行に表示されている型をプロパティ型から制限処理であることを示します。
  • 操作、種類、および、同じ行に記載されている関係のエンドポイント処理との関係のエンドポイント型から制限付きであることを示します。
  • 型、プロパティ、および関係のエンドポイントすべての null 値の場合は、関連する操作のすべての種類、すべてのプロパティと関係のすべてのエンドポイントで有効になります。
有効なプロファイル名を次に示します。
  • ActivityImplementer
  • 管理者
  • AdvancedOperator
  • 作成者
  • ChangeInitiator
  • IncidentResolver
  • ProblemAnalyst
  • ReadOnlyOperator
  • ワークフロー
  • ChangeManager
  • エンド ・ ユーザー
  • ImpliedConfigItemCustodian
  • ImpliedIncidentAffectedUser
  • ImpliedPrimaryComputerUser
  • ImpliedReviewer
  • ImpliedUserPreference
P_AddRestrictrictionToOperationInProfile のストアド プロシージャ
パラメーター
@ Profilename プロパティとして NVARCHAR(MAX) = null
@ OperationName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ TypeName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ PropertyName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ RelationshipTypeName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ RelationshipEndpoint AS NVARCHAR(MAX) = null
メモ このストアド プロシージャは、指定したプロファイルに指定された制限を追加します。
P_RemoveRestrictrictionFromOperationInProfile のストアド プロシージャ
パラメーター
@ Profilename プロパティとして NVARCHAR(MAX) = null
@ OperationName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ TypeName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ PropertyName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ RelationshipTypeName AS NVARCHAR(MAX) = null
@ RelationshipEndpoint AS NVARCHAR(MAX) = null
メモ このストアド プロシージャは、指定したプロファイルから、指定した制限を削除します。
例 1
次の例の出力は、 p_GetRestrictrictionsOnOperationsInProfile ストアド プロシージャです。示している結果、 Object__Get (読み取り) 操作には、 IncidentResolver プロファイルは無制限です。
Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
IncidentResolverObject__GetNULLNULL NULL NULL
例 2
次の例の出力は、 p_GetRestrictrictionsOnOperationsInProfile ストアド プロシージャです。示している結果、 Object__Set 操作には、 IncidentResolver プロファイルは、次の型に制限です。
  • System.WorkItem.Incident との関係のエンドポイントを含むすべてのプロパティ
  • System.FileAttachment との関係のエンドポイントを含むすべてのプロパティ
  • System.WorkItem.Log との関係のエンドポイントを含むすべてのプロパティ
  • System.WorkItem.Activity.ManualActivity との関係のエンドポイントを含むプロパティ
  • System.Config の項目との関係のエンドポイント System.WorkItemAboutConfigItem
  • System.Config の項目との関係のエンドポイント System.WorkItemRelatesConfigItem
  • System.Domain.User との関係のエンドポイント System.WorkItem.TroubleTicketClosedByUser
  • System.Domain.User との関係のエンドポイント System.WorkItemAssignedToUser
  • System.Domain.User との関係のエンドポイント System.WorkItemCreatedByUser
Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
IncidentResolver Object__Set NULL NULL の System.WorkItem.Incident 該当なし
IncidentResolver Object__Set NULL NULL の System.FileAttachment 該当なし
IncidentResolver Object__Set NULL NULL の System.WorkItem.Log 該当なし
IncidentResolver Object__Set NULL NULL の System.WorkItem.Activity.ManualActivity 該当なし
IncidentResolver Object__Set System.ConfigItem NULL System.WorkItemAboutConfigItem 該当なし
IncidentResolver Object__Set System.ConfigItem NULL System.WorkItemRelatesToConfigIte 該当なし
IncidentResolver Object__Set System.Domain.User NULL System.WorkItem.TroubleTicketClosedByUser 該当なし
IncidentResolver Object__Set System.Domain.User NULL System.WorkItemAssignedToUser 該当なし
IncidentResolver Object__Set System.Domain.User NULL System.WorkItemCreatedByUser 該当なし
重要な 操作の最後の 5 項目に事故に関連する構成項目と事故にユーザーを割り当てることができます。
例 3
次の例では、 p_GetRestrictrictionsOnOperationsInProfile ストアド プロシージャを示しています、 Object__Set 操作には、 ImpliedReviewer プロファイルは、次の型に制限です。
  • System.Reviewer とは、プロパティ、コメント、DecisionDate、および意思決定支援のみ
  • System.Reviewer との関係のエンドポイント System.ReviewerVotedByUser のみ
  • System.Domain.User との関係のエンドポイント System.ReviewerVotedByUser のみ
メモ
  • この例の出力は、出力と全体の出力のサンプルのみです。
  • は、 System.ReviewerVotedByUserObject__Set (更新) 権利がその両方を与え、 System.Reviewer エンドポイントとは System.Domain.User エンドポイントです。関係の権利には、両方のエンドポイントを付与しない場合は、次の関係を使用して、reviewer オブジェクトを更新できません。
    Profilename プロパティの操作の種類プロパティの関係 RelationshipEndPoint
    ImpliedReviewer Object__Set NULL なしの System.Reviewer のコメント
    ImpliedReviewer Object__Set System.Reviewer DecisionDate NULL 該当なし
    ImpliedReviewer Object__Set NULL なしの System.Reviewer の決定
    ImpliedReviewer Object__Set System.Reviewer NULL System.ReviewerVotedByUser 該当なし
    ImpliedReviewer Object__Set System.Domain.User NULL System.ReviewerVotedByUser 該当なし
例 4
次の使用例を使用する方法を示しています、 p_AddRestrictrictionToOperationInProfile ストアド プロシージャを更新するのには メモ プロパティ:
exec p_AddRestrictrictionToOperationInProfile 'ImpliedReviewer', 'Object__Set', 'System.Reviewer', 'Notes', NULL, NULL
例 5
次の使用例を使用する方法を示しています、 p_AddRestrictrictionToOperationInProfile ストアド プロシージャを更新するのには System.WorkItemRelatesToWorkItem リレーションシップ:
exec p_AddRestrictrictionToOperationInProfile 'ImpliedReviewer', 'Object__Set', 'System.Reviewer', NULL, 'System.WorkItemRelatesToWorkItem', 'N/A'
例 6
次の使用例を使用する方法を示しています、 p_AddRestrictrictionToOperationInProfile ストアド プロシージャを更新するのには インシデント クラス、すべてのプロパティ、およびすべての関係。
exec p_AddRestrictrictionToOperationInProfile 'ImpliedReviewer', 'Object__Set', 'System.WorkItem.Incident', NULL, NULL, 'N/A'

プロパティ

文書番号: 2525307 - 最終更新日: 2011年5月19日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2525307 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2525307
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com