FIX 更新が Host Integration Server 2010年の 64 ビット版の 32 ビットの SNA アプリケーション サポートを有効に利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2532670 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft Host Integration Server 2010年の 64 ビット バージョンで実行する 32 ビットのシステム ネットワーク アーキテクチャ (SNA) アプリケーションを有効にする、ソフトウェア更新プログラムについて説明します。

概要

Host Integration Server 2010年は 64 ビット バージョンの Windows をインストールすると、Host Integration Server の SNA Api の 64 ビット バージョンのみがインストールされます。プログラム-高度な通信 (APPC)、共通プログラミング インターフェイス通信 (CPI-C)、要求単位インタ フェース (RUI)、セッション レベル インターフェイス (SLI) および 3270 エミュレーター インターフェイス仕様 (EIS) が含まれています。そのため、従来の 32 ビットの SNA アプリケーション Host Integration Server システムや Host Integration Server のクライアント システム上の 64 ビット バージョンを実行できません。

従来の 32 ビットの SNA アプリケーションはオフこれらのシステムを実行できないため、64 ビット版の Microsoft Host Integration Server 2006年と Microsoft Host Integration Server 2009年だけ Host Integration Server SNA Api の 64 ビット版をインストールします。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの情報

この更新プログラムは、Host Integration Server 2010 の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれています。

累積的な更新プログラム パッケージの入手については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
2616519 Host Integration Server 2010年の累積的な更新プログラム パッケージ 2
この更新プログラムを適用した後、Host Integration Server 2010年の 64 ビット バージョンで 32 ビットの SNA アプリケーションをインストールできます。サポートされている 32 ビットの SNA アプリケーションのカテゴリを次に示します。
  • 3270 のエミュレーター
  • 論理装置アプリケーション (LUA) (RUI と SLI アプリケーション)
  • APPC アプリケーション
  • CPI-C アプリケーション
  • 5250 エミュレーター

この累積的な更新プログラムを適用した後、次の 32 ビットの SNA アプリケーション Host Integration Server 2010年の 64 ビット バージョンのサポートは含まれていません。
  • セッション インテグレーター (SI) アプリケーション
  • SNA Server データの印刷フィルター Dll
その他の情報

この更新プログラムの適用後、SNA Api の 32 ビット版は SNARootWow64 フォルダーにインストールされます。たとえば、[ファイル名のファイル Host Integration Server の 2010\SysWOW64 フォルダーにインストールされています。Host Integration Server 2010年のセットアップ プログラムのパス ステートメントの末尾に"%snarootwow64%"を追加します。32 ビットの SNA アプリケーション Host Integration Server の SNA Api (Wappc32.dll、Winrui32.dll など) と同じ名前を持つファイルを含むシステムにインストールされている 32 ビット SNA アプリケーションがある場合は、常に動作しません。SNA アプリケーション SNARootWow64 フォルダーまでのパスを PATH ステートメントが表示される場合に発生することができます。このような場合は、SNARootWow64 フォルダーと %snaroot% フォルダーの前に SNA アプリケーションのフォルダーを表示するには、パス ステートメントを変更する場合があります。

HIS 2010 クライアント システム上のリソースの場所のコンポーネントとして、アプリケーションを実行するオプションを有効にしている場合は、32 ビットの SNA アプリケーション (3270 エミュレーター) など、HIS サーバー システムに接続できないことがあります。この問題が発生したときにユーザーに返されるエラーは、使用している SNA アプリケーションによって異なります。エラーは、次のいずれかのように可能性があります。

エラー - 読み取りの SNA Server の構成。RPC のローカル側のエラーです。

エラー 651 (セッションを切断、ネットワークまたはサーバー ダウンしています...)
マイクロソフト ネットワーク (名前付きパイプ) を使用して HIS 2010 クライアントが HIS サーバーに接続できる場合、問題は発生しません。HIS クライアントは通常、TCP/IP ソケットを使用して、サーバーへの接続を使用して、TCP/IP 転送を有効にするのには、適切なレジストリ キーが見つからないためマイクロソフト ネットワーク (名前付きパイプ) が HIS サーバー上で無効になっているか、ネットワークまたはファイアウォールの設定に名前付きパイプの使用を防ぐことができる場合は、HIS クライアントが HIS サーバーに接続できません。

64 ビットの HIS クライアントは 32 ビットの SNA アプリケーションがインストールされている場合、サーバーが使用してできます、ネットワーク トランスポートを確認するのには、次のレジストリ キーの読み取りが試行されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SnaBase\Parameters\Transports
トランスポートのパラメーターでは、このレジストリの場所は存在しません。したがって、HIS クライアント、Microsoft ネットワーク (名前付きパイプ) トランスポート (snalm.dll) を既定で使います。

この問題に対する 2 つの回避策を次に示します。

まず、HIS 2010 クライアントの影響を受けるシステム上のリソースの場所のコンポーネントとして、アプリケーションの実行オプションを無効にできます。これは SnaBase プロセスの利用可能なトランスポートのレジストリ パラメーターでHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SnaBase\Parameters\Transportsを検索するのには、HIS のクライアントが Windows サービスとして実行することができます。

HIS 2010 クライアントをリソースの場所のコンポーネントとして、アプリケーションを実行する] オプションを有効にすると、TCP/IP ソケットを使用して、サーバーへの接続を許可するには、次のレジストリ パラメーターを追加するには、2 つ目の回避策です。

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

  1. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、 [スタート] ボタン、 [検索の開始] ボックスにregeditと入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SnaBase\Parameters
  3. [編集] メニューの[新規作成] をクリックし、[複数行文字列値] をクリックします。
  4. 配送の入力し、Enter キーを押します。
  5. トランスポートを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. SNAIP と入力します。DLL、Enter キーを押すし、[ OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2532670 - 最終更新日: 2012年8月28日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Host Integration Server 2010
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbbug kbsurveynew kbmt KB2532670 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2532670
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com