修正: SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 での再コンパイルと CLR ストアド プロシージャ NULL を返す

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2536225
Microsoft SQL Server 2008年の R2 のマイクロソフトの配布または 2008 の Microsoft SQL Server として 1 つのダウンロード可能なファイルが修正されます。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008年の R2 または SQL Server 2008年に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008年の R2 または Microsoft SQL Server 2008年データベースを共通言語ランタイム (CLR) のストアド プロシージャを作成します。
  • CLR ストアド プロシージャは、Microsoft では、整数値を返す、パブリックな静的メソッドとして実装されます。NET フレームワーク。
  • CLR ストアド プロシージャを呼び出すアプリケーションを実行します。CLR ストアド プロシージャを適切な値を返します。
  • CLR ストアド プロシージャの実行プランを再コンパイルしてくださいいくつかの操作を実行します。

    メモ ストアド プロシージャの実行プランを再コンパイルする方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。
  • もう一度アプリケーションを実行します。
このシナリオでは、CLR ストアド プロシージャが正しく NULL 値を返しますありません。または、この問題から回復するには、SQL Server サービスを再起動する必要します。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008年サービス パック 3

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム 2 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2633143 SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 のリリース後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 3 のインストールには SQL Server 2008 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008年の R2 Service Pack 1

この問題に対する修正は SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 2 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2567714 SQL Server 2008 R2 の Service Pack 1 用の累積的な更新パッケージ 2
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008 R2 の Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 8 でまずリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2534352 累積的な更新プログラム パッケージ 8 SQL Server 2008年の R2 の
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008年の R2 のリリース後にリリースされたビルドします。

詳細

ストアド プロシージャの実行プランを再コンパイルするには、次の操作のいずれかに従います。
  • 実行、 DBCCFREEPROCCACHE ステートメントです。
  • テーブルまたはビューに対して、次のステートメントのいずれかを実行します。
    • テーブルを変更します。
    • ビューを変更します。
  • 実行プランの変更やインデックスの削除を実行します。
  • 実行します。 更新プログラム 実行プランで使用される統計情報の操作です。

    メモ 実行するステートメントを実行することができます、 更新プログラム 操作、または、 更新プログラム 自動的に操作を実行できます。
  • 実行、 "sp_recompile" ステートメントです。
  • キーに多数の変更を確認します。

    たとえば、実行するのには、ステートメントで参照されているテーブルが更新され、ユーザー アカウントを使用して、 挿入 または 削除 ステートメントです。
  • 挿入またはトリガーを持つテーブルから行を削除します。
  • 使用して、 再コンパイル ストアド プロシージャを実行するオプションを指定します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

CLR ストアド プロシージャの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
一般的な情報については、CLR ストアド プロシージャ

SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2536225 - 最終更新日: 2011年11月22日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2536225 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2536225
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com