文書番号: 2565784 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft HPC Pack 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) HPC Pack 2008 の R2 ベースのクラスターの安定性とパフォーマンスが向上し、次の機能を追加します。

マイクロソフト Azure 統合
  • クラスターに Microsoft Azure の仮想マシンの追加ロールです。Azure ワーカー ノードをクラスターに追加する機能、Microsoft HPC Pack 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) の導入と SP2 Azure バーチャル マシン ノードを追加する機能を紹介します。Azure バーチャル マシン ノード Azure ワーカー ノードよりも広い範囲のアプリケーションとランタイムをサポートします。たとえば、実行時間の長いまたは複雑なインストールを必要とするアプリケーションは、大規模な多くの依存関係もインストールでの手動の操作がワーカー ノードの適切なできない可能性がありますが必要になります。Azure バーチャル マシン ノードと、バーチャル ハード_ディスク (VHD) が、オペレーティング システムが含まれていて、インストールされているアプリケーションを構築し、クラウドに VHD を保存を Azure バーチャル マシン ノードをクラスターに展開する VHD を使用してできます。
  • Azure のノード上でジョブを実行メッセージを渡すインターフェイス (MPI).SP2 では、Azure のノード上で MPI ジョブを実行するためのサポート。MPI ジョブのオンデマンドのコンピューティング リソースを提供できます。ワーカーと Azure の仮想マシンの両方で、MPI の機能がインストールされているノードです。
  • 実行 Excel ブックを Azure のノードでジョブをオフロードします。SP1、Azure のノードでジョブをオフロードすること、ユーザー定義関数を実行する機能の導入と SP2 を Azure のノードで Excel ブックのオフロード ジョブを実行する機能を紹介します。これによりコンピューティング リソースに応じて Excel ジョブを準備します。HPC サービスをユーザー定義関数とオフロードのブックの Excel の機能は、仮想マシン ノードとして展開する Azure のノードに含まれます。ブックをオフロードするワーカー ノードとして展開する Azure のノードではサポートされません。
  • 新しい Azure のノードで構成のスクリプトを自動的に実行します。SP2 では、Azure のノードの新しいインスタンス上で実行する構成コマンドを含むスクリプトを作成できます。たとえば、アプリケーションのファイアウォールの例外の作成、環境変数を設定、共有フォルダーを作成またはインストーラーを実行するコマンドを含めることができます。Azure ストレージにスクリプトをアップロードし、Azure のノード テンプレートに、スクリプトの名前を指定します。スクリプトが自動的に実行、プロビジョニング ・ プロセスの一部として、Azure のノードのセットを配置するときに、ノードは、Microsoft Azure システムによって自動的に reprovisioned とします。展開時にノードのサブセットを構成したい場合、サブセットを定義するには、カスタム ノード グループを作成し、スクリプト内でコマンドを実行する前に、グループに含めることを確認する HPC_NODE_GROUPS 環境変数を使用してできます。
  • Azure ノードにリモート デスクトップを使用して接続します。SP2 では、リモート デスクトップを監視し、HPC クラスターに追加される Azure のノードを管理するために使用できます。として設置型のノードを持つ HPC クラスター マネージャーで 1 つまたは複数のノードを選択したり、ノードとの接続を開始するには、操作ウィンドウで [リモート デスクトップ] をクリックします。既定では、この操作は、Azure の仮想マシンの役割で利用され、リモート アクセス資格情報は、ノード テンプレートで指定されている場合、Azure のワーカー ロールに対して有効にします。
  • Azure のノードでの Azure 接続を有効にします。SP2 では、有効にできます Azure 接続、Azure のノードを持つ。Azure が接続と Azure のノードと、Azure 接続エージェントがインストールされている設置型エンドポイント間の接続を有効にできます。これにより、Azure のノードから UNC ファイル共有とライセンス サーバー設置型へのアクセスを提供することができます。ベータ版は、限られたプレビューのこの機能が有効になって。リモート デスクトップ機能を使用すると、Azure のノードで、Azure 接続エージェントをインストールしたり、Azure ポータルを通じて、オンプレミスのグループでこの機能を試すため、Azure のノードを関連付けることができます。
  • の Azure ノードの診断テストの新しいします。SP2 には、Microsoft Azure テスト スイートで 3 つの新しい診断テストが含まれます。マイクロソフト Azure ファイアウォール ポートのテストでは、Microsoft Azure ヘッド ノードとの接続を確認します。展開、スケジューラ、および、Microsoft Azure ヘッド ノードとブローカーの通信を許可する任意の既存のファイアウォールが構成されているかどうかを確認するには、Azure のノードを展開する前に、このテストを実行できます。マイクロソフト Azure サービスの接続テストは、サブスクリプション情報と、Azure のノード テンプレートに指定されている証明書を使用して、ヘッド ノードで実行されているサービスは、Microsoft Azure に接続できることを確認します。テンプレートのテストのパラメーターを使用してテストするノード テンプレートを指定できます。マイクロソフト Azure MPI 通信テストを MPI 通信が機能していることを確認するには、Azure のノードのペア間で MPI 卓球の単純なテストが実行されます。
ジョブのスケジューリング

次の機能は、ジョブのスケジューリングに新しいです。
  • のコンピューティング リソースを複数のユーザー グループの可用性を保証します。SP2 では、リソース ・ プールに基づいてリソースを割り当てるには、HPC ジョブ スケジューラ サービスを構成できます。リソース プールでは、特定のユーザー グループまたはジョブ タイプのクラスター コアの割合を保証する必要がありますを定義することができます。ユーザー グループは、保証されたすべてのコアを使用していない場合は、他のグループでそれらのコアを使用できます。ジョブ テンプレートを使用すると、リソース共有元を持つユーザー グループに関連付ける必要があります。ジョブ テンプレートを使用するジョブはクラスターのコアは、リソース プールの定義とは、ジョブの優先順位に従ったプール内でスケジュール、時間、およびキュー (バランス) のスケジュール モードを送信の割合を保証する総称。同種のリソースを持つクラスターにリソース プールの設定が最適です。各リソース ・ プール、プール使用率レポートをチャートで診断の実際および保証の割り当てを比較できます。
  • を有効にする、またはクラスターにジョブを送信するときに、ソフトのカードの認証を使用してログオンするユーザーを必要とします。SP2 では、ジョブを実行するには、スマート カード ユーザーをできるように、クラスター上のソフトのカードの認証を有効にできます。これを設定する必要がありますを使用する、証明書による認証または公開キー基盤 (PKI) の管理者を選択するか、証明書テンプレートを作成するのには、ソフトのカードのクラスターを生成するときに使用する必要があります。証明書テンプレートは、秘密キーをエクスポートして、関連付けられているアクセス制御リストを定義する証明書テンプレートを使用できることができますを許可しなければなりません。HpcSoftCardTemplate クラスター (クラスターのプロパティを設定、cluscfg setparams またはセット hpcClusterProperty を使用して) プロパティでは、テンプレートの名前を指定できます。ユーザーがクラスターにアクセスするときに、hpccred のユーザまたは新しい HpcSoftcard を実行してこのテンプレートを基にした asoft カードの資格情報を生成できます。既定では、HpcSoftCard クラスター プロパティが無効です。ユーザーが常にソフトのカードの認証を使用する場合は、するために必要なプロパティを設定します。ユーザーのログオンにパスワードと、ソフトのカードの間を選択する場合は、プロパティを許可] に設定します。
  • Web ポータルからクラスターにジョブを送信します。SP2 では、クラスター管理者がクラスターのユーザーを送信して HPC Pack クライアント ユーティリティをインストールせずにジョブを監視できるようにする web ポータルを設定するには、HPC Web サービス スイートをインストールできます。クラスター アドミニストレーターで作成し、ポータル内のジョブの送信ページをカスタマイズできます。また、管理者はアプリケーションに固有のコマンドライン パラメーターとパラメーターの既定値を提供できます。アプリケーション コマンドの情報を定義し、保存することができます、アプリケーションのプロファイルに関連付けられます 1 つ以上のジョブの送信ページことができます。ポータルを起動するときに自動的に既定のジョブ テンプレートに基づいている 1 つの送信] ページが含まれます。
  • プラットフォーム間またはドメイン間でジョブを送信するには、HTTP web サービスを使用します。SP2 へのアクセスを HPC ジョブ スケジューラ サービスを使用する主要な状態転送 (REST) モデルに基づいている、HTTP web サービスを提供します。クライアントとの適切なユーザーを定義できます、送信、変更、一覧表示、表示、キューが再他のプログラミング言語やオペレーティング システムからのジョブをキャンセルします。ジョブの説明のオプションの全範囲は、このサービスを通じて利用可能です。これは、タスクの依存関係の定義が含まれます。サービスは、HPC Pack の web 機能に含まれるし、HpcWebFeatures.msi を使用してインストールすることができます。サンプル ・ クライアントが SDK コード サンプルでは、SP2 に含まれます。
  • のさまざまな種類のジョブの異なる送信またはアクティブ化フィルターを指定します。SP2 では、クラスターに複数のカスタム フィルターを追加し、ジョブの特定の種類のフィルターを実行する必要がありますを定義するジョブ テンプレートを使用できます。たとえば、ライセンスの可用性のために、アクティベーション フィルターをチェックする、ライセンスを必要とするジョブにのみが実行されることを確認することができます。この種のジョブに固有のフィルター DLL として定義する必要があります (と、HPC ジョブ スケジューラ サービスと同じプロセスで実行されます) のではなく (これは別のプロセスで実行されます)、クラスター全体にわたるフィルターと同じように実行可能ファイルとして。ジョブは、送信またはアクティブ化の準備ができて、ジョブに固有のフィルターはすべて、クラスター全体にわたるフィルターより先に実行されます。
  • 度合いまたはの下で購読コアまたはソケットの個々 のクラスター ノードにします。クラスター管理者 SP2 では、正しく HPC タスクの数を特定のノードで実行する必要がありますを制御することによってクラスターのパフォーマンスをチューニングできます。オーバー サブスクリプションでは、上のノードよりも物理コアまたはソケットのプロセスをスケジュールすることができます。一般的には、ノードは 8 個のコアが、し、8 つのプロセスでした可能性のあるそのノードで実行します。オーバー サブスクリプションの場合、HPC ジョブ スケジューラ サービスがそのノードで 16 のプロセスを開始して可能性があり、大きな値、たとえば16に、subscribedCores、ノードのプロパティを設定できます。たとえば、このクラスター負荷の一部はコーディネーター タスクの非常に少数の処理サイクルを使用する場合に便利ですできます。ただし、過少サブスクリプションよりも物理コアまたはソケットの少ないノード上でタスクのスケジュールを設定できます。これは、のみ、特定のノードをクラスター ジョブのコアまたはソケットのサブセットを使用する場合に便利です。
  • 優先順位の低いジョブを横取りすることによってより多くのリソースをより高い優先順位のジョブを提供します。SP2 には、「拡大によって横取り」ポリシーを有効にするには、新しいジョブ スケジューラ構成オプションにはが含まれます。割り当てられているリソースを HPC ジョブ スケジューラ横取りを使用してこのポリシーを有効にすると、("grow") より高い優先順位のジョブに向けて、最大のです。既定では、横取りのみが発生するジョブを開始すると、最小限の要求されたリソース (「正常な横取り」オプションを有効になっている)、になり、ジョブ最大リソースへ他ジョブが完了すると ("リソースを自動的に増加 (拡大)」オプション有効になっている).「拡大によって横取り」ポリシーを有効にすると優先度の高い作業を迅速に完了できることを確認に役立ちます。
クラスターの管理

次の機能は、クラスターの管理に新しいです。

  • 、別のドメイン内にあるワークステーション ノードを追加します。SP2 には、ヘッド ノードは異なるドメインに属している追加のワークステーション ノード クラスターをサポートしています。ノード別のドメインからに参加するには、HPC Pack をワークステーションにインストールするときに、完全修飾ドメイン名 (FQDN) のヘッド ノードを指定してください。
  • CPU が HPC ではない作業でビジー状態になる場合は、ワークステーションのノードでジョブを自動的に停止します。管理者はユーザー アクティビティの検出に基づくワークステーション ノードを使用可能になるを構成できます。CPU 使用率が低下しているかどうか、ワークステーションの利用可能になるジョブ (オンラインになる) 場合は、指定した時間が経過しないキーボードまたはマウス入力が自動的に指定されたしきい値よりも低きます。SP1 では、HPC ジョブはキーボードまたはマウス入力が検出されると自動的に停止します。SP2 では、HPC ジョブが HPC ではない作業を CPU の使用率が、指定したしきい値を超えた場合にも停止します。これにより、ワークステーションのユーザーは、開始または夜を終了する前に、コンピューター上の作業のスケジュールを設定する場合、HPC ジョブは干渉しないことを確認します。
  • 、新しいクラスターを作成する前に、環境の構成を検証します。SP2 では、スタンドアロンのツールで、Microsoft HPC Pack 2008 R2 のインストールの準備ウィザードを提供します。このツールでは、オペレーティング システムと、新しいクラスターを作成するときに問題が発生することができます環境の構成を確認することができます。(HPC Pack をインストールする) 前に、ヘッド ノードとして機能するサーバー上または企業ネットワークに接続されている別のコンピューターでウィザードを実行することができます。このツールでは、目的の構成に関する質問に答えます。ツールは自分の答えに基づいてチェックを実行し、結果、インストールの警告、ベスト ・ プラクティス、およびチェックリストを一覧表示するレポートが生成されます。プレインストール ウィザード HPC ツール パック ダウンロード ページでは。
  • 障害回復計画の一環として、クラスター構成のインポートとエクスポートします。SP2 では、クラスターの HPC ユーザーと管理者グループ、ノード グループ、ノード テンプレート、ジョブ テンプレート、ジョブ スケジューラの構成設定、サービス指向アーキテクチャ (SOA) サービスの構成ファイル、およびカスタムの診断テストなど、構成のインポートとエクスポートのためのユーティリティです。HpcConfiguration のエクスポートとインポート-HpcConfiguration は (CCP_HOME bin フォルダーにある) .ps1 スクリプトとして実装されます。同じバージョンの HPC Pack を実行している、新しいクラスターに設定を保存をインポートできます。新しいクラスター上のジョブの送信を続行するには、HPC クライアント ユーティリティまたはアプリケーションでは、クラスターの名前を変更するユーザーがのみが。クラスター構成に C:\HpcConfig という名前のフォルダーをエクスポートする種類、管理者として HPC PowerShell を実行エクスポート HpcConfiguration ? パス c:\hpcconfig
  • 、HPC PowerShell コマンドレットを使用して、HPC ジョブ スケジューラ サービスを復元モードで起動します。SP2 には、HPC ジョブ スケジューラ サービスの復元モードでの開始が必要な場合、設定できる RestoreMode という名前の新しいクラスター プロパティが含まれています。以前は、リストア ・ モードを有効にセット hpcClusterProperty ? RestoreMode を使用して、管理者として HPC PowerShell を実行できますここで、レジストリ キーを設定することによって可能性があります: $true です。復元操作が完了すると、プロパティは自動的に戻さ False。HPC ジョブ スケジューラ サービスの復元モード、完全なシステム、またはデータベースの復元を実行するときに一貫性のある状態に、クラスターをもたらすに役立ちます。詳細については、バックアップから HPC データベースの実行前に、および後に復元する手順を参照してください。
実行時と開発

次の機能は、ランタイムおよび開発用の新しいです。
  • 共通データ Api SOA ワークロード。SP2 では、ステージングと 1 つまたは複数のセッション内での計算のすべての要求で必要とされる一般的なデータへのアクセスをサポートするための新しい Api です。DataClient と呼ばれるクライアントの新しい種類を作成できます。クライアント データはクラスター (ランタイム ユーザー データの共有フォルダー) へのデータのアップロード データを読み書きするメソッドが含まれます。データを他のユーザーがクラスターで利用できる場合は、 DataClient.Create()を呼び出すときにユーザーの一覧を指定できます。必要に応じて、共有からデータが自動的に削除されて、セッションが終了するときにできるように、セッションのライフ サイクルには、データを関連付けることができます。コード サンプルは、SDK コード サンプル ダウンロードできます。データの一般的な機能は、Azure のノードではサポートされていません。
  • ランタイム ユーザー データの共有が SOA の一般的なデータ ジョブをサポートするために自動的に作成します。SP2 をインストールするときに、インストール ウィザードがランタイム ユーザー データ用の共有フォルダーを構成する手順が含まれます。この共有は、SOA の一般的なデータ ランタイムによって使用されます。本番クラスターの場合は、ランタイム データ用の共有フォルダーを別のファイル サーバー上に作成し、そのパスを共有、SP2 のインストール ウィザードで指定できます。テスト クラスターは、共通のデータ機能を評価する場合、または小規模なクラスターを設定している場合は、セットアップ中に既定のランタイム データ構成を使用できます。既定の構成は、共通データ ワークロードをボックスの機能を提供するヘッド ノードの隠し共有を作成します。
  • プロセス内のブローカー通信 SOA セッションのオーバーヘッドを減らすために使用できる Api です。SP2 の Api には、プロセス内のブローカーを有効にするオプションが含まれます。プロセス内のブローカー、クライアント プロセスで実行されるためブローカー ノード必要がなくなります、セッションの作成時間が短縮し、の各メッセージのホップ数を減らします。たとえば、プロセス内のブローカーの使用法パターンの 1 つは次のように: 単一タスク ジョブとしてクラスターには、クライアント アプリケーションの代わりにクライアント アプリケーションを実行しているクライアント コンピューターで、送信します。クライアント アプリケーションは、クラスター上でセッションを作成し、ブローカー ノードを経由してメッセージを渡すのではなく、クライアントの要求を送信して (計算ノード)、サービスのホストから直接応答を受信します。コード サンプルは、SDK コード サンプル ダウンロードできます。プロセス内のブローカーのみ、対話型のセッションをサポートしているしは、Azure のノードではサポートされていません。

解決方法

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

更新プログラムは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Windows HPC Server 2008 の R2 を実行する必要があります。また、HPC Pack 2008R2 の SP1 をインストールする必要があります。

HPC Pack 2008 の R2 SP1 の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
HPC Pack 2008 の R2 Service Pack 1 に関する一般的な情報

インストール手順

この更新プログラムをインストールするには、ヘッド ノードでこの更新プログラムを実行します。

メモ 高可用性ヘッド ノードのペアがある場合は、アクティブ ノードで、この更新プログラムを実行し、パッシブ ノードにこの更新プログラムを実行しています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2565784 - 最終更新日: 2014年6月23日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft HPC Pack 2008 R2
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2565784 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2565784
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com