FIX もありませんスパース ファイル システム内に物理ファイルとしてマークされてデータベースのデータ ファイルが正しく SQL Server 2008 SQL Server 2008年の R2 のスパースとしてマークできません可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2574699
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

Microsoft SQL Server 2008年の R2 のマイクロソフトの配布または 1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008年を修正します。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008年の R2 または SQL Server 2008年に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。

現象

マークも物理ファイルいないスパースとしてファイル システムにされている Microsoft SQL Server 2008 R2 または Microsoft SQL Server 2008年データベースのデータ ファイルがスパースとしてマーク可能性があります。

注意
  • データベースのデータ ファイルがスパースSQL Server メタデータとしてマークされているかどうかを確認するには、次のステートメントを実行し、 Is_Sparse列を結果セットに 0 以外の値に設定されていることを確認します。
    Use
    <database name>
    select is_sparse , physical_name from sys.database_files
  • ファイル システム内の物理ファイルの状態を照会するのには、データベースがオフラインになったら、次の Windows コマンドを実行します。
    fsutil sparse queryflag 
    <files path>\<database file>
    次の出力が表示される場合は、スパースとしてでは、ファイル システムのファイルが示されます。
    このファイルはスパースに設定されています。
  • 低密度のデータベース スナップショットの一部であるデータベースのデータ ファイルだけで、SQL Server のメタデータとファイル システム メタデータの両方をマークがあります。

原因

この問題が発生するは、ファイル システムが正しくスパースとしての全体のデータベースのデータ ファイルスパースが削除されると、最初にマークされた、代替ストリーム マークされないため。DBCC CHECKDBコマンドを終了すると、別のストリームが削除されます。

注意
  • 内部データベース スナップショットの使用は、コマンドのDBCC CHECKDBファミリで使用される、NTFS の機能です。DBCCコマンドを実行すると、データベース エンジンはデータベース スナップショットの代替ストリームを作成し、それをトランザクションの一貫性のある状態に表示されます。DBCCコマンドを別のストリームに対してチェックを実行します。DBCCコマンドが終了した後、別のストリームが削除されます。
  • この問題が発生する設計では、Windows Server 2003 の Windows ボリューム ・ レベルのバックアップでデータベース ファイルのバックアップを使用して導入されました。SQL Server メタデータ システム テーブルに、データ ファイルのスパース属性のコピーを格納します。ただし、スパース属性をファイル システムから削除すると SQL Server Is_Sparseの情報を更新しません。
  • この問題は、Windows Server 2003 からは、Windows オペレーティング システムの新しいバージョンにデータベースを移行した後にも発生します。

    たとえば、データベースからの Windows Server 2003 を Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 に移行します。

解決方法

SQL Server 2008 SQL Server 2008年の R2 の問題を解決するには、次の修正プログラムを適用し、データベースをオンラインにします。データベースがオンラインになるときは、SQL Server の物理データベース ファイルのメタデータをスパースとしてファイル システムになってかどうかをチェックします。ありませんスパースとしてマークされている場合は、SQL Server のメタデータが更新されます。

スパース属性をファイル システムから削除するには、データベース ファイルをコピーし、データベース ファイルの新しいコピーを使用します。このプロセスの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
スパース属性をファイル システムから削除する方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008年サービス パック 3

この問題に対する修正は、SQL Server 2008年サービス パック 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 で最初リリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2617146 SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2629969 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年サービス パック 3 のリリース後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 3 のインストールには SQL Server 2008 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008年サービス パック 1

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の 16 の累積的な更新プログラム パッケージで最初リリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2582282 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 16
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 のインストールには SQL Server 2008年サービス パック 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008年サービス パック 2

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 2 の 6 の累積的な更新プログラム パッケージにまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2582285 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2402659 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 2 のリリース後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 2 のインストールには SQL Server 2008年サービス パック 2 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれているです。

SQL Server 2008 R2 CU9

この問題に対する修正は、SQL Server 2008年の R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 9 でまずリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2567713 SQL Server 2008年の R2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008年の R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008年の R2 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 CU2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム パッケージ 2 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 SP1 用のこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2567714 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 SP1 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。危険性が高い場合は、この修正プログラム可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、SQL Server 2008年の R2 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示すると、そのローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Sqlservr.exe2009.100.1800.0121,829,2162011 年 7 月月 08 日まで11: 55IA 64
Sqlservr.exe2009.100.1800.062,027,6162011 年 7 月月 08 日まで12: 28x 64
Sqlservr.exe2009.100.1800.042,911,5842011 年 7 月月 08 日まで13: 22x86

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

次の表では、この条件に対して、ルールが評価されます、SQL Server 製品のバージョンで SQL Server のインスタンスを自動的に確認するツール、製品についての情報を提供します。
元に戻す全体を表示する
ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明製品のバージョンに対して、ルールが評価されます。
システム センターのアドバイザーSQL Server データベース ファイルをスパース ファイルとしてマーク
システム センターのアドバイザーは、SQL Server 今回にはスパースに設定されているデータベースのファイルが含まれているを確認します。のみ、データベース スナップショットのファイルは、ファイルとしてマークする必要があります。通常のデータベース ファイルがスパースとしてマークされている場合は、アドバイザーがアラートを生成します。アドバイザーの is_sparse 列には、カタログ ビュー sys.master_files 依存しています。Advisor のアラートの「情報収集」セクションに指定された、スパース、OS レベルの影響を受けるファイルの状態を確認の詳細を確認します。OS の低密度の状態をオフにすると、SQL Server のメタデータを更新して、OS の設定で同期するには、この資料で説明する修正プログラムを適用できます。

SQL Server 2008

SQL Server 2008 R2

SQL Server 2012

関連情報

DBCC コマンドの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
DBCC コマンドに関する一般的な情報
Fsutilステートメントの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
Fsutil ステートメントに関する一般的な情報
この問題は、Windows Server 2003 の詳細については、「サポート技術情報」記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
973886 スパース属性を持つすべてのデータ ストリームで、64 ビット版の Windows XP SP2 または Windows Server 2003 sp2 を削除するとき、NTFS ファイル システムで大きなファイルを復元できません。
932021 "Chkdsk"コマンドを実行するときに、エラー メッセージ、"/v"は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターにスイッチ:"Correcting スパース ファイル レコード セグメント<number>"</number>

プロパティ

文書番号: 2574699 - 最終更新日: 2012年4月1日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2574699 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2574699
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com