Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールの更新プログラムが利用可能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2578426 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料は、修正される問題と、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールの更新プログラムによって追加されるルールについて説明します。Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準の移行準備ツールを実行すると、いくつかのこれらの規則に違反して場合は、必要な操作についても説明します。

Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールは、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準インストール メディアに含まれます。このツールを実行して、移行元サーバー (たとえば、Windows の Small Business Server 2003 または Windows で小規模ビジネス Server 2008 を実行しているコンピューター) に、ソース サーバーの移行を準備します。このツールは、ソース サーバーで、次のタスクを実行します。
  • ドメインとフォレストの機能レベルを発生させます。
  • Active Directory スキーマを更新します。
  • インストール、更新、ライセンス サポートを拡張するには
  • Exchange Server を混在モードからネイティブ モードに変換します。
  • 潜在的な問題を特定するには、ソース サーバーをスキャンします。

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムを入手するには、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールを実行します。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールの移行元サーバーにインストールされているが必要です。

レジストリ情報

このパッケージの更新プログラムを使用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムによって、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

この更新プログラムで修正される問題

問題 1

Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールは、過去 24 時間以内に発生したジャーナル ラップ エラーのみを検出します。この更新プログラムをインストールした後、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準の移行準備ツールのチェックの最新の仕訳帳のエラーをラップします。

問題 2

SourceTool.log ファイルには、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準の移行準備ツールのリリース バージョンでの行が存在する必要があります、次の不適切なステートメントが含まれます。
日付時間 正常性スキャン: 実行ポリシーを remotesigned に設定されています。この行は、正式なビルドでは表示されません。

問題 3

移行元サーバー上の DNS サーバー サービスが開始されていない場合は、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011年標準移行準備ツールから、警告を表示します。この更新プログラムをインストールした後、DNS サーバー サービスが開始されていない場合は、ツール、警告、エラーが発生します。

この更新プログラムによって追加された規則

規則 1

この更新プログラムは、_msdcs DNS ゾーンを移行元サーバーであるかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

規則: _msdcs ゾーンは DNS サーバー上で
重要度: エラー
説明: _msdcs DNS ゾーンが、DNS サーバー上に見つかりませんでした。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/310568 するか、ソース サーバー上の NETLOGON サービスを再起動する必要があります。

規則 2

この更新プログラムは、Active Directory 内のパブリック フォルダーとメールボックス ストアの[継承可能なアクセス許可] オプションが有効になってかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

ルール: アクセス制御リスト (ACL) の継承がブロックされています。
重要度: エラー
説明: Exchange セットアップ プログラムはアクセス制御リスト (ACL) の継承が有効になっている必要があります。Http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb643112(EXCHG.80).aspx for more details. に移動します。

メモ このルールは、Windows の Small Business Server 2003 を実行している移行元のサーバーまたは小規模ビジネス Server 2008 の Windows にのみ適用されます。

規則 3

この更新プログラムは、MyBusiness の組織単位 (OU) 構造が移行元サーバー上に存在するかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

規則: MyBusiness OU は、Windows SBS サーバー上
重要度: エラー
説明: MyBusiness OU とその構造が移行元サーバーで。Http://support.microsoft.com/kb/2578426 構造体を作成するに進んでください。

メモ このルールは、Windows の Small Business Server 2003 を実行している移行元のサーバーまたは小規模ビジネス Server 2008 の Windows にのみ適用されます。

この規則に違反した場合に実行するアクション

この規則違反を解決するのに、MyBusiness OU を手動で作成再。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューターを開きます。
  2. 名前のドメイン オブジェクトを右クリックします。ショートカット メニューの [新規作成] をポイントし、[組織単位] をクリックします。タイプ MyBusiness 新しいオブジェクトの名前。

    メモ タイプ MyBusiness 1 つの単語。
  3. 次の Ou、 MyBusinessの手順 2 で作成した OU を作成します。
    • コンピューター
    • 配布グループ
    • セキュリティ グループ
    • ユーザー
  4. コンピューター手順 3 で作成した OU には、次の Ou を作成します。
    • SBSComputers
    • SBSServers
  5. ユーザー手順 3 で作成した OU には、次の OU を作成します。
    • SBSUsers
これらの手順が完了したら後、は、次のような構造が必要です。
元に戻す画像を拡大する
2620671

ルール 4

この更新プログラムは、このコンピューター上で分散 COM を有効にする] オプションが有効になっているかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

規則: 分散 COM が有効でないコンピューターに
重要度: エラー
説明: 分散 COM はこのコンピューターで有効にする必要があります。COM. の配布を有効にする方法については、http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc771387.aspx に移動します。

ルール 5

この更新プログラムは"abuse@domain.local"の電子メール アドレスは、移行元サーバー上に存在するかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

Abuse@localdomain プロキシ アドレスが存在する規則。
重要度: エラー
説明: abuse@domain.local が見つかったディレクトリ アカウントに [アカウントの検索を指定する]。この電子メール アドレスは、セットアップのインストール エラーが発生、セットアップ中に作成された配布グループ SMTP プロキシ アドレスと競合します。検索し、この e メール アドレスを変更します。

規則 6

この更新プログラムは、ファイル レプリケーション サービスが停止または、移行元サーバーで無効になっているかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

ルール: ファイル レプリケーション サービスが実行されていません。
重要度: エラー
説明: ファイル レプリケーション サービスはこのサーバー上で実行されていません。既定では、このサービスが実行されていると、スタートアップの種類が自動に設定されています。

規則 7

この更新プログラムを確認するには、次のルールを追加するかどうか、"' 委任に対して信頼されるように、コンピューターとユーザー アカウントを有効にする」、既定のドメイン コント ローラーのグループ ポリシー オブジェクト (GPO) でユーザー権利は、移行元サーバー上の Administrators グループに適用されます。

規則: ユーザー アカウントが委任に対して信頼されていません
重要度: エラー
説明: Administrators グループは既定のドメイン コント ローラーのポリシーで、委任時の信頼する必要があります。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

この規則に違反した場合に実行するアクション

この規則違反を解決するのには、既定のドメイン コント ローラーの GPO を編集します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. グループ ポリシー管理コンソール (Gpmc.msc) を起動します。
  2. グループ ポリシー オブジェクト] コンテナーを展開します。
  3. 既定のドメイン コント ローラーのポリシーを右クリックし、[編集] をクリックします。
  4. 展開コンピューターの構成、展開Windows の設定セキュリティの設定] を展開、ローカル ポリシー] を展開およびユーザー権利の割り当て]の順に展開します。
  5. [ユーザー権利の割り当てを見つけてを有効にするコンピューターとユーザー アカウントに委任時の信頼をダブルクリックします。
  6. これらのポリシー設定を定義する] チェック ボックスが選択されているかどうかを確認します。
  7. 追加のユーザまたはグループをクリックして、管理者グループを追加し、[ OK] をクリックします。
  8. サーバー上でグループ ポリシーを更新します。コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力、Enter キーを押します。
    gpupdate /force
これらの手順が完了したら後は、次のようなグループ ポリシーの設定が必要です。
元に戻す画像を拡大する
2620672

規則 8

この更新プログラムは、移行元サーバー上の Administrators グループに「バッチ ジョブとしてログオン」ユーザー権利では、既定のドメイン コント ローラーの GPO が適用されるかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

規則:「バッチ ジョブとしてログオン"のユーザー権限割り当てが正しくありません
重要度: エラー
説明: ドメイン コント ローラーの既定のグループ ポリシー設定の「バッチ ジョブとしてログオン」BUILTIN\Administrators を含める必要があります。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

この規則に違反した場合に実行するアクション

この規則違反を解決するのには、既定のドメイン コント ローラーの GPO を編集します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. グループ ポリシー管理コンソール (Gpmc.msc) を起動します。
  2. 展開、グループ コンテナーです。
  3. 既定のドメイン コント ローラーのポリシーを右クリックし、[編集] をクリックします。
  4. 展開 コンピューターの構成、展開Windows の設定セキュリティ設定を展開し、展開ローカル ポリシー、およびユーザー権利の割り当て]の順に展開します。
  5. [ユーザー権利の割り当てを見つけて、バッチ ジョブとしてログオン] をダブルクリックします。
  6. 確認してください、これらのポリシー設定を定義する ] チェック ボックスがオンになっています。
  7. クリックしてを追加するユーザーまたはグループの し次のグループが一覧にあるかどうかを確認します。
    • 管理者
    • PerformanceLogUser


    これらのグループのいずれかがない場合、ボックスの一覧で、追加するユーザーまたはグループ]をクリックして追加します。[Ok]をクリックします。
  8. サーバー上でグループ ポリシーを更新します。コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力、Enter キーを押します。
    gpupdate /force

規則 9

この更新プログラム KB 939820 が移行元サーバーにインストールされているかどうかを確認するには、次のルールを追加します。

ルール: KB939820 がインストールされていません
重要度: 警告
説明: KB939820 は、Windows 2003 または Windows SBS 2003 コンピューターにインストールしなければなりません。ダウンロードの詳細 http://support.microsoft.com/kb/939820 に移動します。

メモ このルールは、Windows Small Business Server 2003 Windows Server 2003 を実行している移行元のサーバーにのみ適用されます。

KB 939820 の詳細についてを参照してください。 リモート デスクトップ接続を使用すると、Windows Server 2008 ベースのドメイン コントローラーでイベント 1925、1006、1645、1055、40961 が発生するか、またはエラーメッセージ:「No authority could be contacted for authentication」が表示される

10 のルール

この更新プログラムは Active Directory の稼働状態チェックを次のサブ規則を追加します。
サブ規則 1
次のサブ規則は、サブドメインを Active Directory に存在するかどうかをチェックします。

規則: あるサブドメインが存在
重要度: エラー
説明: サブドメインが存在する場合は、Windows SBS をインストールできません。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのには、サブドメイン内のドメイン コント ローラーから Active Directory を削除してし、このドメイン内の最後のドメイン コント ローラーにはこれは、オプションを有効にします。サブドメインは、最後のドメイン コント ローラーにこの操作を実行すると、すぐに削除されます。

メモ Windows Small Business Server の信頼関係をサポートしていません。子ドメインで作成された信頼関係が含まれます。したがって、Windows Small Business Server では、サブドメインを含むシナリオはサポートされません。
サブ規則 2
次のサブ規則は、すべての操作マスターの役割とも呼ばれるフレキシブル シングル マスター操作 (FSMO) は、移行元サーバー上に存在するかどうかをチェックします。

規則: FSMO の役割の一部は、元の Windows SBS サーバー上に存在しません。
重要度: エラー
説明: FSMO の役割の一部は、元の Windows SBS サーバー上に存在しません。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

メモ このルールは、Windows の Small Business Server 2003 を実行している移行元のサーバーまたは小規模ビジネス Server 2008 の Windows にのみ適用されます。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのには、FSMO の役割を所有していない、Windows Small Business Server のサーバー、Windows Small Business Server のサーバーに転送します。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ Windows Small Business Server は、すべての FSMO 役割を保持する必要があります。
  1. FSMO の役割は、Windows Small Business Server によって保持されていることを確認します。コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力、Enter キーを押します。
    NETDOM QUERY FSMO
  2. 管理者のコマンド プロンプトでNTDSUTILを入力、Enter キーを押します。
  3. NTDS のインスタンスをアクティブにするを入力し、Enter キーを押します。

    メモ このコマンドは、Windows 小規模ビジネス サーバー 2008 年にのみ必要です。
  4. ロールを入力し、Enter キーを押します。
  5. 接続を入力し、Enter キーを押します。
  6. サーバー名のサーバーへの接続を入力し、Enter キーを押します。

    メモ このコマンドで、サーバー名は、Windows Small Business Server のサーバーの名前のプレース ホルダーです。
  7. サーバーの接続プロンプトでq」と入力し、Enter キーを押します。
  8. PDC を強制するEnter をキーを押し、入力し、はい役割の強制確認ダイアログ ボックスでをクリックします。
  9. インフラストラクチャ マスターの強制Enter をキーを押し、入力し、はい役割の強制確認ダイアログ ボックスでをクリックします。
  10. 名前付けマスターを強制するEnter をキーを押し、入力し、はい役割の強制確認ダイアログ ボックスでをクリックします。
  11. RID マスターを強制するEnter をキーを押し、入力し、はい役割の強制確認ダイアログ ボックスでをクリックします。
  12. スキーマ マスターを強制するEnter をキーを押し、入力し、はい役割の強制確認ダイアログ ボックスでをクリックします。
  13. Q」と入力し、[Enter キーを押して、コマンド プロンプトに戻ります。
メモ Windows Small Business Server に保持されていないことの役割を転送する必要があるだけです。したがって、次の手順ですべてのコマンドを実行する必要はありません。
サブルール 3
次のサブ規則は、移行元サーバーで Active Directory のレプリケーションは無効になっているかどうかをチェックします。

規則: Active Directory のレプリケーションは、サーバー上で無効になって
重要度: エラー
説明: Active Directory のレプリケーションは、サーバー上で無効です。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

Active Directory のレプリケーションは Active Directory でサポートされていないリストア操作が実行されたために最も頻繁に使用できません。この操作が、「USN のロールバック」状態にします。USN ロールバックの問題を解決するのに KB 875495 を表示します。KB 875945 の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
875495 検出し、Windows Server 2003、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 では、USN ロールバックから回復する方法

この問題の可能性のあるその他の原因があります。したがって、原因を特定するには、ディレクトリ サービス ログを確認し、適切に問題を解決する必要があります。手動で再度 Active Directory のレプリケーションを有効にするには、コマンド プロンプト、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
repadmin/options localhost-DISABLE_OUTBOUND_REPL-DISABLE_INBOUND_REPL
メモ このコマンドを実行する前に、最初のレプリケーションの問題が解決されたことを確認します。これを行わない場合は、コマンドを実行した後、1 つのドメイン コント ローラー残りだけがあります。
サブ規則の 4
次のサブ規則は、オフラインのドメイン コント ローラーが Active Directory に存在するかどうかをチェックします。

ルール: Active Directory に存在するオフラインのドメイン コント ローラーが見つかりました。サーバー:サーバー名>
重要度: エラー
説明: 場合は、オフラインのドメイン コント ローラーの [DC 名は廃棄、Active Directory から削除します。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/216498 に移動します。
サブ規則 5
次のサブ規則は、移行元サーバーで、DNS ゾーン名が存在するかどうかをチェックします。

ルール: エラーが DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前]
重要度: エラー
説明: DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前が存在しません。この問題を修正することがなく、移行は失敗します。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのには、DNS ゾーンの再作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理コンソールを開いて DNS。
  2. 前方参照ゾーンを右クリックし、[新しいゾーン]をクリックします。
  3. 新しいゾーン ウィザードの開始] ページで次へをクリックします。
  4. [プライマリ ゾーン] をクリックし、[ Active Directory にゾーンを格納する] チェック ボックスをオンが選択されているかどうかを確認します。
  5. Active Directory ドメイン内のすべてのドメイン コント ローラーを含めるにレプリケーション スコープを設定します。
  6. ゾーン名は、Active Directory ドメイン名 (たとえば、contoso.local) を入力します。
  7. だけにセキュリティで保護されたの動的更新を許可する動的更新オプションを設定します。
  8. ゾーンの作成を完了をクリックします。
サブ規則 6
次のサブ規則は、移行元サーバーで、DNS ゾーンは Active Directory と統合されているかどうかをチェックします。

ルール: エラーが DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前]
重要度: エラー
説明: DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前は、Active directory 統合ではありません。この問題を修正することがなく、移行は失敗します。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのには、DNS ゾーンを Active Directory に統合します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理コンソールを開いて DNS。
  2. 前方参照ゾーン] を展開します。
  3. Active Directory のドメイン名に対応するゾーンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [全般] タブで、こと確認、種類設定が設定をActive Directory に統合されたセキュリティ保護のみに、動的更新が設定されて次のスクリーン ショットに示すように。
    元に戻す画像を拡大する
    2620674
  5. [ネーム サーバー ] タブで、ソース サーバーの IP アドレスが表示されていることと、有効な作業の内部 DNS サーバーの IP アドレスのみが一覧に含まれているを確認します。無効な IP アドレスを削除します。
サブ規則 7
次のサブ規則は、移行元サーバー上のドメイン コント ローラーに、_msdcs サブドメインの DNS ゾーン内のサーバーのレコードをポイントかどうかをチェックします。

ルール: エラーが DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前]
重要度: エラー
説明: [Dns ゾーンします。DNS ゾーンの名前、_msdcs サブドメインのネーム サーバー レコードをドメイン コント ローラーを指していません。この問題を修正することがなく、移行は失敗します。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのに、ドメイン コント ローラーにすべてのネーム サーバー レコードをポイントします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. DNS ゾーンの構成を確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 管理コンソールを開いて DNS。
    2. 前方参照ゾーン] を展開します。
    3. Active Directory ドメイン名に対応するゾーンを展開します。
      元に戻す画像を拡大する
      DNS 管理コンソール
    4. _Msdcsサブドメインを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
      元に戻す画像を拡大する
       MSDCS のプロパティ
    5. [ネーム サーバー ] タブで、ドメインのドメイン コント ローラーのみがリストに含まれているいることを確認します。無効なレコードを削除します。
  2. WMI では、DNS 名前空間を確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows 管理インストルメンテーション (WMI) テスト (Wbemtest) を起動します。
    2. [接続] をクリックします。
    3. タイプ root\microsoftdns [名前空間] テキスト ボックスです。
    4. [接続] をクリックします。
    場合は、接続の構成は、DNS ゾーンの委任で問題の原因が可能性があります。場合は、エラー ダイアログ ボックスが表示されるは、次のスクリーン ショットに示すように、WMI リポジトリ、および 2D を使用し、手順 2A のバックアップを作成します。正常に接続する場合は、移行準備ツールでもう一度スキャンボタンを押します。
    元に戻す画像を拡大する
    名前空間エラー

    WMI リポジトリのバックアップを作成して、以下の手順を実行します。
    1. Wmimgmt.msc を開始します。
    2. WMI コントロール (ローカル)を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. バックアップ/復元] タブをクリックをクリックして今すぐバックアップ
    4. ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。
    5. 管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
      cd %systemroot%\system32\wbem
      mofcomp dnsprov.mof
      次のスクリーン ショットは、成功のコマンドの出力を示しています。
      元に戻す画像を拡大する
      出力
サブルール 8
次のサブ規則は、ローカル サーバーが移行元サーバーでネーム サーバー レコードであるかどうかをチェックします。

ルール: エラーが DNS ゾーンの [DNS ゾーンの名前]
重要度: エラー
説明: [Dns ゾーンします。DNS ゾーンの名前、ローカル サーバーは、ネーム サーバー レコードにします。このレコードには、移行は失敗します。詳細については、http://support.microsoft.com/kb/2578426 に移動します。

このサブ規則に違反した場合に実行するアクション

このサブ規則の違反を解決するのには、DNS ゾーンを Active Directory に統合します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理コンソールを開いて DNS。
  2. 前方参照ゾーン] を展開します。
  3. Active Directory ドメイン名に対応するゾーンを展開します。
    元に戻す画像を拡大する
    DNS 管理コンソール
  4. _Msdcsサブドメインを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
     MSDCS のプロパティ
  5. [ネーム サーバー ] タブで、移行元サーバーが表示されていることを確認します。

プロパティ

文書番号: 2578426 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 19.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
キーワード:?
kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2578426 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2578426
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com