Exchange Server 2010 Service pack 1 の更新プログラムのロールアップ 5 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2582113
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 5 Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック、2011 年 8 月 23 日 1 (SP1) をリリースしました。この資料では、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップの解決の問題


Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、次の Knowledge Base の資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2275156 送信すると、インライン コンテンツの廃棄が削除されます、"コンテンツ ディス ポジション: インライン"Exchange Server 2010年環境では、EWS を使用して電子メール メッセージ
  • 2499044 [件名] ボックスに Exchange Server 2010年環境での特殊文字が含まれている場合は、OWA を使用して電子メール メッセージに添付ファイルを保存できません。
  • 2509306 ジャーナル レポートが期限切れまたは Exchange Server 2010年環境では、Microsoft Exchange トランスポート サービスを再起動すると失われる
  • 2514766RBAC 役割のタスク実施者が突然追加 ADPermission コマンドを Exchange Server 2010年サーバーの役割の割り当ての範囲外で実行できます。
  • 2529715 ウイルス検索 API Microsoft Exchange Server 2010年のスレッドの数を変更すると低速なネットワークまたはレプリケーションの問題
  • 2536704 ILM 2007 を使用して、移行するメールボックスのユーザー オプション メニューで OWA Exchange Server 2010年環境では使用できません。
  • 2537094 Exchange Server 2010 SP1 環境で OWA を使用して会議出席依頼への返信を編集する場合は、フランス語の翻訳のエラーが発生します。
  • 2555800EWS で GetItem 操作を使用して Exchange Server 2010年環境で電子メール メッセージのプロパティを取得することはできません。
  • 2555850Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して特殊文字の名前で始まるメールボックス フォルダーを削除することはできません。
  • 2556096 Exchange Server 2010年環境でメールボックスの検索の検索を実行すると、.csv ログ ファイル内の列が正しく整列はしていません。
  • 2556107 Exchange Server 2010年環境でメールボックスの検索の検索を実行すると、.csv ログ ファイル内の列が正しく整列はしていません。
  • 2556133Exchange ActiveSync を使用して、デバイスが Exchange Server 2010年環境でメールボックスにアクセスできません。
  • 2556156 Exchange Server 2010年サーバーに対して RPC アクティビティの確認を実行すると、Extra.exe がクラッシュします。
  • 2556352 キーこの操作に必要な「エラー メッセージ」outlook 2011/Mac 用 Exchange Server 2010年環境で
  • 2556407 特定のクライアント メッセージ ルールが Exchange Server 2010年環境での下書きとして保存されている電子メール メッセージを有効になりません。
  • 2559926Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して、フォルダーを表示しようとするとエラー メッセージ「このビュー。 表示するアイテムがありません」
  • 2572958 "テスト OutlookConnectivity-HTTP のプロトコル"コマンドが失敗すると、HTTP 401 エラー Exchange Server 2010年環境で

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードして Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 5 をインストールするには、以下の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
メモ マイクロソフトの更新プログラムは、データベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上の更新プログラムのロールアップが検出されません。

Exchange Server 2010 SP1 の Exchange Server 2010 SP1 を実行している複数のコンピューターに更新プログラムのロールアップ 5 を導入することがあります。また、更新プログラムのロールアップ 5 Exchange Server 2010年の SP1 では、データベース可用性グループ (DAG) の一部であるメールボックス サーバーに展開することができます。更新プログラムのロールアップは Microsoft ダウンロード センターからも可能です。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Exchange2010 ・ KB2582113 ・ EN-x 64 パッケージを今すぐダウンロードします。
リリース日: 2011 年 8 月 23日

重要な顧客情報をインターネットに接続されていないコンピューター上で更新プログラムのインストール

インターネットに接続されていないコンピューターで更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールが長い時間をことがあります。さらに、次のメッセージが表示される可能性があります。

「ネイティブ イメージを作成します。Net アセンブリ」を参照します。

この現象を発生して接続のネットワーク要求が、 http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crlweb サイト。ネットワーク要求は、証明書失効リストをネイティブ イメージの生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルする各アセンブリを探します。ただし、Exchange サーバーでは、インターネットには接続されていません。したがって、に移動する前に各要求タイムアウトを待つ必要があります。


この問題を解決するをクリックして、オフにするのには、 発行者の証明書を確認します。 失効 サーバー上でアップグレードを実行する] チェック ボックス。これを行うには、次の手順を実行します。

1. インターネット エクスプ ローラーを選択します。 ツールを選択 インターネット オプション、し、 高度な タブします。

2. で、 セキュリティ セクションをオフにし、発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスです。

3. クリック [OK] 閉じるには、 インターネット オプション ダイアログ ボックス。

厳密に管理された環境でコンピューターがあった場合は、この Internet explorer のセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めします。セットアップが完了すると、再び確認してください、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスです。

Outlook Web App のユーザーに関する重要情報については、Outlook Web App のカスタマイズ

更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新処理が必要な場合 Outlook Web App ファイルをコピーします。Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルを変更した場合、Outlook Web App が正常に更新されているかどうかを確認するのには、カスタマイズは上書きされます。更新プログラムのロールアップ パッケージを適用した後、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズを再作成する必要があります。

更新プログラムのロールアップを適用する前に常にカスタマイズされた Outlook Web App ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App のカスタマイズの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook Web App のカスタマイズの詳細についての一般情報
インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、CAS プロキシ展開の手引きのお客様には、CAS CAS のプロキシを展開している場合は、更新プログラムのロールアップは、インターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーに適用されます。その他の Exchange Server 2010年の構成では、更新プログラムのロールアップをサーバーに適用される順序は重要ではありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

次に、前提条件、更新プログラムのロールアップ 5 を Exchange Server 2010 SP1 用があります。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に、コンピューター上で Exchange Server 2010年の SP1 をインストールします。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前にすべての中間更新プログラム Exchange Server 2010年の SP1 を削除します。
再起動の必要性

必要なサービスが自動的に停止して、この更新プログラムのロールアップを適用すると再開します。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 5 を削除するには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルのします。その後、2582113 の更新プログラムを削除します。

参照

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述する用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2582113 - 最終更新日: 2011年8月31日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2582113 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2582113
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com