(86 Outlook-x none.msp x は x 64 Outlook-x none.msp) の Outlook 2010 修正プログラム パッケージの説明: 2011 年 8 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2584053 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

2011 年 8 月 30 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Outlook 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージの修正プログラムの問題

  • Microsoft Exchange Server 2010年と Outlook 2010 を使用することを想定しています。Outlook 2010 では、他のユーザーの共有フォルダーを開くしようとすると、共有フォルダーの内容の代わりに Outlook Today の内容が表示されます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 配信レポートを含む .eml ファイルがあります。
    • .Msg ファイルに .eml ファイルを変換するアプリケーションを使用するとします。
    • Outlook 2010 で .msg ファイルを開こうとします。
    このシナリオでは、Outlook 2010 がクラッシュします。
  • POP3 アカウントや IMAP アカウントを使用して、Microsoft Exchange 2003 アカウントを会議出席依頼を送信することを想定しています。Exchange 2003 アカウントが、受信した会議出席依頼を開き、空白の電子メール メッセージとして、会議出席依頼が表示されます。
  • ポリシーを使用するには、Outlook 2010 でのオフライン アドレス帳 (OAB) ファイル、環境変数が含まれるパスを設定します。また、REG_EXPAND_SZ を環境変数を含めるには、次のレジストリ エントリの値を設定します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached モード
    値の名前: SpecifyOfflineAddressBookPath

    この状況では、Outlook 2010 は、OAB ファイルをダウンロードできません。
  • Outlook 2010 で Exchange キャッシュ モードの電子メール アカウントが無効であると仮定します。Outlook 2010 では、フラグの設定されたアイテムをアーカイブする古いアイテムの整理機能を使用すると、突然、フラグ付きのアイテムはアーカイブされます。
    注: 古いアイテムの整理では、フラグの設定されたアイテムはアーカイブされません。
  • 有効にすること Exchange キャッシュ モードの電子メール アカウントによって次のレジストリ エントリの DWORD 値を 1 に設定すると仮定します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached モード
    値の名前: 有効にします。

    Outlook 2010 では、別の電子メール アカウントを追加しようとすると、 共有フォルダーをダウンロードします。 期待どおり] チェック ボックスが既定で選択されていません。
  • プライマリ メールボックスと Outlook 2010 では、別のメールボックスがあります。両方のメールボックスの受信トレイには、同じ文字列の一部が含まれます。これら 2 つのメールボックス内のすべてのメール項目の文字列を検索しようとすると、1 つのメールボックスの検索結果は返されません。さらに、検索操作は停止します。
  • Outlook 2010 では、Exchange の電子メール アカウントのメールボックスを開きます。メールボックスには、500 以上のフォルダーがサブフォルダーを持つルート フォルダーが含まれています。各サブフォルダーが 1 つ以上のフォルダー。ルート フォルダーを展開しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    フォルダーを表示することはできません。サーバーの管理者が同時に開くことができます項目の数に制限されます。開いているメッセージまたは削除添付ファイルや画像を作成する未送信のメッセージを閉じてください。
    9646 のイベントは、サーバー上で記録されます。
    注: オンライン モードで Outlook 2010 を実行すると、この問題が発生します。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • プライマリ Exchange 電子メール アカウントと、セカンダリの Exchange 電子メール アカウントがあります。
    • メッセージの本文にタイトルとテキストを持つ新しい電子メール メッセージを作成します。次に、電子メール メッセージを Outlook テンプレート (.oft) ファイルとして保存します。
    • 作成した .oft ファイルから新しい電子メール メッセージを作成します。メッセージの本文にテキストを追加します。
    • セカンダリ アカウントを使用するには、電子メール メッセージを送信します。
    このシナリオでは、受信した電子メール メッセージに追加するテキストはありません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 韓国語の完全な名前を持つ連絡先があります。たとえば、連絡先の完全名は、「홍길동」です。
    • 構成モードでの連絡先の名前の最初の文字の入力を開始する、 電子メール メッセージの行です。たとえば、「홍」にします入力する開始します。

      注: 完全の最初の文字は入力しません。合成モードを入力すると文字が構成されているが、黒の背景に表示されます。
    • 候補の連絡先のいずれかの完全名] をクリックするとします。たとえば、 홍길동を選択するをクリックします。
    このシナリオでは、テキストの完全な名前が、名前、セミコロン、および完全名の最初の文字として表示されます。として"홍; の完全名の文字列が表示されますたとえば、홍길동」。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Outlook 2010 では、Exchange の電子メール アカウントのメールボックスを開きます。
    • 別のユーザーに予定表のアクセス許可を付与します。アクセス許可レベルは、空き/予約済み時間、件名、場所に設定されます。
    • その後、exchange アカウントに別のユーザーの代理人アクセスを与えます。
    このシナリオでは、代理ユーザーのアクセス許可レベルは、空き/予約済み時間にリセットされます。
  • Outlook 2010 は、Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上のリモート デスクトップ プロトコル (RDP) セッションで開きます。Outlook 2010 で電子メール メッセージに含まれている文字列を検索しようとすると、検索結果は返されません。
  • /Importprf スイッチで Outlook 2010 を起動すると、プロファイルを構成する予期せず求められます。
    この問題は、Outlook プロファイル ファイル (.prf) には、次の設定が含まれている場合に発生します。
    OverwriteExistingService=No
    UniqueService=Yes
    注: Outlook 2010 を開始するには、/importprf スイッチで、次のコマンドを実行します。

    outlook.exe/importprf <path></path>\<file name=""></file>.prf
  • 電子メール メッセージは Outlook 2010 では、ネットワーク共有に保存します。別の電子メール メッセージを保存しようとするときに、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ネットワーク共有は開かれていません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Outlook で、パブリック フォルダーのお気に入りをダウンロード] オプションを有効にするのには、 Exchange キャッシュ モードの設定を構成します。
    • 1 つのパブリック フォルダーのお気に入りの同期フィルターを作成するとします。
    • 同期フィルターを適用しようとするとします。
    このシナリオでは、同期フィルターは適用されません。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。
    オフライン フォルダーに変更を適用することはできません。
  • クリックすると マップします。 連絡先の [連絡先] ダイアログ ボックスで、Bing マップで指定された場所が正しくありません。
    この問題は、次の条件に当てはまる場合に発生します。
    • 使用する Windows アカウントの場所は、インド、中国本土に設定されます。
    • 英語版または、グローバルのバージョンの Outlook 2010 を実行しています。
    • Outlook 2010 の多言語ユーザー インターフェイス (MUI) パッケージがインストールされていません。
  • Outlook 2010 で電子メール メッセージに"file://"とシャープ記号 (#) で始まるフォルダー名を含むハイパーリンクを開くことができません。開くには失敗した URL の形式の例を次に示します。
    file://servername \#testfolder
  • 無効な URL を含む電子メール メッセージを表示します。使用してアドインを実行します。 前方参照表示 Outlook 2010 の電子メール メッセージを転送する方法が応答を停止します。
  • 追加のメールボックスまたはパブリック フォルダーを構成するには、Outlook 2010 プロファイルで。追加のメールボックスまたはパブリック フォルダーを開くしようとすると、Outlook 2010 が応答を停止する場合があります。
  • Outlook Web Access (OWA) で電子メール メッセージを送信します。Outlook 2010 で電子メール メッセージの取り消ししようとすると、呼び出し処理は失敗します。
  • Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールした後 Outlook 2010 ではアラームは表示されません。

    注: オンライン モードで Outlook 2010 を実行すると、この問題が発生します。
  • ローミング ユーザーをクライアント コンピューターに追加のメールボックスのパスワードを保存を前提としています。ローミング ユーザー別のクライアント コンピューターにログオンし、Outlook 2010 を起動しようと、彼または彼女が促すが予期せず、パスワードを再入力します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用してください。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号の一覧、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラム パッケージを適用するには Microsoft Office 2010年または Microsoft Office 2010 Service Pack 1 をインストールが必要です。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2510690 Office 2010 SP1 全パッケージ一覧

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムを使用する際、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれているとは限りません。この修正プログラムには、ファイルのみの問題を解決する必要があるこの資料に記載されているが含まれます。

この修正プログラム パッケージのグローバル版は、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用して修正プログラム パッケージをインストールします。これらのファイルの日付および時刻は、標準世界時 (UTC) で次の表に表示されています。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。

x86

ダウンロード情報


元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Outlook2010-kb2584053-時-x 86-glb.exe14.0.6109.500417,821,60016-9 月-20115:36

Microsoft Windows Installer .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Outlook-x-none.msp該当なし21,807,61615-9 月-201116:29

Outlook の x-none.msp 情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Cnfnot32.exe14.0.6009.1000151,90420-10 月-20108:08
Contab32.dll14.0.6009.1000135,0322010 年 10 月-22-7:05
Dlgsetp.dll14.0.6108.500087,9202011 年 7 月-20-8:09
Emsmdb32.dll14.0.6109.50001,704,8882011 年 8 月-15-21:23
Envelope.dll14.0.6024.1000155,0082011 年 3 月-17-2:34
Exsec32.dll14.0.6019.1000330,57611-2 月-2011 年16: 51
Impmail.dll14.0.6009.1000135,52820-10 月-20108:08
Mapiph.dll14.0.6108.5000273,3122011 年 7 月-20-8:09
Mimedir.dll14.0.6108.5000359,2642011 年 7 月-20-8:09
Mspst32.dll14.0.6108.50001,256,3682011 年 7 月-21-15: 13
Olmapi32.dll14.0.6108.50003,283,8402011 年 7 月-21-15: 13
Omsmain.dll14.0.6015.1000724,8642010 年 12 月-27-16: 52
Omsxp32.dll14.0.6015.1000233,3602010 年 12 月-27-16: 52
Outlacct.dll14.0.6009.100028,0002010 年 10 月-22-7:05
Outlctl.dll14.0.6009.1000122,72020-10 月-20108:08
Outlmime.dll14.0.6108.5000523,6562011 年 7 月-20-8:09
Outlook.exe14.0.6109.500415,943,00815-9 月-201114:12
Outlph.dll14.0.6024.1000329,6162011 年 3 月-18-15: 08
Outlrpc.dll14.0.6016.100043,3522011 年 1 月 12-10:59
Outlvbs.dll14.0.6009.100055,66420-10 月-20108:08
:Outlook14.0.6106.5000309,0962011-12-6 月2:32
Recall.dll14.0.6108.500044,9042011 年 7 月-20-8:09
Rtfhtml.dll14.0.6009.1000423,2802010 年 10 月-22-7:05
Scanpst.exe14.0.6015.100039,3282010 年 12 月-20-17: 15
Scnpst32.dll14.0.6106.5000336,8082011-12-6 月2:32
Scnpst64.dll14.0.6106.5000347,5682011-12-6 月2:32
Transmgr.dll14.0.6009.1000105,34420-10 月-20107:10

x64

ダウンロード情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Outlook2010-kb2584053-時-x 64-glb.exe14.0.6109.500420,807,29616-9 月-20112:27

Microsoft Windows Installer .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Outlook-x-none.msp該当なし24,475,64815-9 月-201117:41

Outlook の x-none.msp 情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Cnfnot32.exe14.0.6009.1000226,14420-10 月-20107:19
Contab32.dll14.0.6009.1000183,6722010 年 10 月-22-7:28
Dlgsetp.dll14.0.6108.5000118,1282011 年 7 月-20-8:48
Emsmdb32.dll14.0.6109.50002,278,3282011 年 8 月-15-21:49
Envelope.dll14.0.6024.1000219,5202011 年 3 月-17-2:26
Exsec32.dll14.0.6019.1000475,47211-2 月-2011 年17: 19
Impmail.dll14.0.6009.1000186,72820-10 月-20107:19
Mapiph.dll14.0.6108.5000417,1842011 年 7 月-20-8:48
Mimedir.dll14.0.6108.5000543,5842011 年 7 月-20-8:48
Mspst32.dll14.0.6108.50001,694,6402011 年 7 月-22-4:28
Olmapi32.dll14.0.6108.50004,612,9922011 年 7 月-22-4:28
Omsmain.dll14.0.6015.10001,104,2562010 年 12 月-27-16: 52
Omsxp32.dll14.0.6015.1000365,9682010 年 12 月-27-16: 52
Outlacct.dll14.0.6009.100040,8002010 年 10 月-22-7:28
Outlctl.dll14.0.6009.1000166,24020-10 月-20107:19
Outlmime.dll14.0.6108.5000721,2882011 年 7 月-20-8:48
Outlook.exe14.0.6109.500424,578,91215-9 月-201114:25
Outlph.dll14.0.6024.1000390,0322011 年 3 月-18-15: 19
Outlrpc.dll14.0.6016.100058,7122011 年 1 月 12-11:11
Outlvbs.dll14.0.6009.100071,53620-10 月-20107:19
:Outlook14.0.6106.5000427,8802011-12-6 月2:44
Recall.dll14.0.6108.500056,6802011 年 7 月-20-8:48
Rtfhtml.dll14.0.6009.1000567,1522010 年 10 月-22-7:28
Scanpst.exe14.0.6015.100047,0082010 年 12 月-20-20:41
Scnpst32.dll14.0.6106.5000450,4722011-12-6 月2:44
Scnpst64.dll14.0.6106.5000448,4322011-12-6 月2:44
Transmgr.dll14.0.6009.1000130,94420-10 月-20106:46

関連情報

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2584053 - 最終更新日: 2013年10月10日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
キーワード: 
kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbhotfixrollup kbHotfixServer kbautohotfix kbhotfixallversions kbmt KB2584053 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2584053
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック