MMSSPP 専用の Office 365 の同期エラー メッセージのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2590119 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) 同期エラー コードとエラー コードを表すには、解像度を示します。

現在、顧客は MMSSPP 同期レポートに表示される同期エラーを確認できます。MMSSPP 同期レポートは 1 日 1 回専用の Microsoft Office の 365 のお客様に提供されます。

注: お客様が受信する場合は、同期エラー レポートより頻繁に、変更要求をサービス ・ デリバリー ・ マネージャーを送信することができます。MMSSPP 同期のサイクルごとに 1 つの時間をレポートの頻度を増やすことができます。

すべての同期エラー (つまり、これらのエラー"SE"で始まるをコード) は、特定の同期エラーが発生同じような影響を与えます。その影響について以下に説明します。プロビジョニング エラー (つまり、これらのエラー コードを持つが「PE」で始まる) 影響を与える必要はありません。

一般的な同期エラーの影響

オブジェクトが既に同期される場合、MSO のホストされているディレクトリにエラーを発生させず、MMSSPP は、MSO がホストのグローバル アドレス一覧 (GAL) には、オブジェクトに新しい属性に対する変更は同期されません。初めての MMSSPP でこのオブジェクトを同期する場合は、MSO のホストされているディレクトリに、オブジェクトは同期されません。新しいメール アドレスや、新規、または削除されたグループのメンバーシップなど、ユーザー オブジェクト属性の更新は、MSO のホストされているディレクトリには同期されません。したがって、このような属性の更新が見えないように、MSO のホストされている GAL には、「特定の同期エラーの影響」のセクションに記載されている解像度でこのエラー状態が修正されるまで。特定の同期エラー メッセージに記載されている影響ステートメントはすべて、一般への影響は、ここに記載されているものです。説明かどうかは、追加の影響はありません、次のように表示されます。
その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

詳細

メモ 同期エラーを検索するには、ソースの識別名 (DN) オブジェクトをしてください。ソース DN が機能しない場合は、マネージ オブジェクトの DN を使用してください。


メモ グループおよびグループ メンバーシップに関連付けられているエラーを参照してください、"配布グループ内に存在しないメンバー"セクションに移動します。
  • ユーザー オブジェクトの targetAddress を SE1008No

    ユーザー オブジェクトのメールボックス (homeMDB) がないし、 targetAddressの値はありません。これは、結果、配信不能電子メール エラーが発生します。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:ユーザー オブジェクトのメールボックスを作成します。または、既存のメールボックスのtargetAddress値を指します。

  • SE1101The メール属性の値が正しくありません。

    簡易メール転送プロトコル (SMTP) メール アドレスの形式が正しくないか、サポートされていない文字が含まれています。

    への影響:ユーザーのメールボックスが存在する場合この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:MMSSPP は、同期を再開する前に、mail 属性を修正する必要があります。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されています。

  • SE1102 メール属性の値は SMTP ドメイン管理リスト

    SMTP メール属性のサフィックス メールボックスのプロビジョニングを許可されている SMTP ドメインのリストにない。(このリストとも呼ばれる SMTP ドメイン管理リスト) です。

    への影響:ユーザーのメールボックスが存在する場合この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:連絡 MSO 場合、この SMTP ドメインが SMTP ドメイン管理リストに追加する必要があります。または、それが有効でない場合は、メール アドレスを訂正します。
    • MMSSPP でお客様のオンプレミスのメール システムにメール アドレスを SMTP ドメイン管理リストにサフィックスを持つメールボックス (homeMDB または構成可能なメールボックス インジケーター タグ [CMIT] など) を持つすべてのユーザー オブジェクトを想定しています。
    • 唯一の例外はtargetAddress値が設定も場合に発生します。たとえば、お客様のメールボックスがオンプレミスでホストされているが、お客様のメール システムの外部と例外が発生します。
    • 注意してください。そのサフィックスは SMTP ドメイン管理リストでなくなった、ように、customer オブジェクトに、メール アドレスが変更された場合、そのユーザーは、MSO のホストされているメールボックスが存在する場合は、MSO のホストされているメールボックスをプロビジョンと SE1153 の同期エラーが生成されます。SE1153 の同期エラーの詳細についてを参照してください。 SE1153.

  • SE1103Mail 属性が null

    Mail 属性には、グループまたは連絡先のオブジェクト (null 値) に設定されていません。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:お客様のフォレスト内のオブジェクトにメール属性値を割り当てます。

    注: MMSSPP は、すべてのグループおよび連絡先オブジェクトが定義されている、有効な SMTP にメール アドレスが必要です。

  • TargetAddress の SE1104The が存在しません。

    TargetAddress属性が存在しない連絡先オブジェクト (null 値) にします。SMTP ドメイン管理リストにメール アドレスを持つすべての連絡先オブジェクトは、外部の SMTP アドレスを指す、 targetAddressの値が必要です。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:影響を受ける各連絡先オブジェクトに対して有効な外部targetAddress値を割り当てます。

    注: TargetAddressの有効な値の例は、次のとおりです。
    SMTP:userA@domainX.fabrikam.com

  • SE1106 メール属性の値が一意でないです。

    MMSSPP 同期スコープ内のお客様のフォレストの 1 つの別のオブジェクトが同じメール アドレスです。

    への影響:ユーザーのメールボックスが存在する場合この問題が修正されるまで、MSO のホストされているディレクトリに移行できません。

    の解像度:Mail 属性は一意の値を変更します。同じメール アドレスを持つオブジェクトを識別するのにには、次のライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=<email>))
    たとえば、電子メール アドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリを以下に示します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=Kim.Akers@contoso.com))

  • SE1107The の targetAddress の値は有効ではありません。

    TargetAddressの値の形式が正しくないか、サポートされていない文字が含まれています。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:TargetAddressの値を修正する必要があります。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されています。
    • MSO でメールボックスがホストされていない場合は、メールが有効なユーザー オブジェクトの targetaddress ドメイン サフィックスは SMTP ドメイン管理リストにしないでください。
    • MSO でメールボックスがホストされている場合、メールが有効なユーザー オブジェクトの targetaddress のドメイン サフィックス (新しい雇うメールボックス プロビジョニングのオプションをOFFに設定) の場合、SMTP ドメイン管理リストではまたは (新しい雇うメールボックス プロビジョニングのオプションはONに設定されます) の場合は、null にする必要があります。
    • TargetAddressの有効な値の例を次のとおりです。
      SMTP:userA@domainX.fabrikam.com
    • TargetAddressの値は含まれていません、空白または無効な文字が他のかどうかを確認します。末尾の空白文字は無効でするは特に困難を参照してください。

  • SE1112 targetAddress 値は SMTP ドメイン管理リストです。

    SMTP SMTP ドメイン管理リストを指して、 targetAddressのサフィックス。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:サフィックスが SMTP ドメイン管理リストではなくしたがってメールボックス プロビジョニングの対象外のドメインを指すように値targetAddressのサフィックスを変更します。これらのオブジェクトは、外部システムでホストされているメールボックスを持つ (つまり、顧客設置型メール システムではなく) と、メールが有効なユーザーとしては、MSO のホストされているディレクトリに同期されます。

  • SE1115The メール属性が、連絡先オブジェクトの targetAddress 値と一致しません

    マネージ SMTP ドメイン] の一覧で、連絡先オブジェクトのメール属性し、 targetAddress値では、メール属性が一致しません。MMSSPP は、すべての内部連絡先オブジェクトでメールとtargetAddress属性が一致する SMTP ドメインの一覧から、メール アドレスのドメイン サフィックスを持つ必要があります。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:メールとtargetAddress属性は、内部のすべての連絡先オブジェクトに一致します。社内の担当者は、SMTP ドメイン管理リストでメールのサフィックスを持つものです。

  • SE1117 プロキシ アドレスの値が一意でないです。

    プロキシproxyAddresses属性には、お客様のフォレスト MMSSPP 同期スコープ内の 1 つで重複したアドレスが含まれます。別のオブジェクトには、既に同じプロキシ アドレス、Microsoft で管理されるproxyAddresses属性にされています。次の属性の 1 つから重複管理メタベース属性があります。
    • ソース メール属性
    • ソースのメタベースの属性
    • ソース、 TargetAddress属性

      メモ この属性は、管理対象の Active Directory スキーマをセカンダリメタベース属性としてフローします。


    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:適切なオブジェクトのアドレスを持っていないのproxyAddresses属性から、重複したプロキシ アドレスを削除します。これには、同じプロキシ アドレスを共有するオブジェクトを識別するのに次の LDAP クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>))
    たとえば、プロキシ電子メール アドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリを以下に示します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com))
    注: 従来のアドレスに返信する機能を維持するには、マネージ プロキシ アドレスの一部が誤って削除されないように保護しを自動的にオフに Active Directory スキーマの管理からのソースからオフになっているときにします。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    • エラーのプロキシ アドレス (@mgd.contoso.com) などルーティング管理ドメイン内にある場合は、Microsoft Online Services のサポートによって、プロキシ アドレスを削除してください。
    • 元の Active Directory スキーマからそれらをクリアするときに x 500 のプロキシの種類のプロキシ アドレスの MMSSPP プレ 12.2 のバージョンでは削除されませんでした。現在のバージョンで、x 500 のプロキシ アドレスのユーザー フォレストから完全に削除されるは、管理対象フォレストからすぐに削除されます。x 500 のプロキシ アドレス ユーザー フォレストから削除されたことは、管理対象の Active Directory スキーマを削除できるようが残っています。これらの x 500 のプロキシ アドレスを削除するには、以下の手順を実行します。
      1. 元のソース オブジェクトにプロキシ アドレスのバックアップ不要な x500 を追加します。
      2. 2 つの同期サイクルを待機します。
      3. ソース オブジェクトから削除、不要な x 500 のプロキシ アドレスです。次の同期サイクル中に、管理、Active Directory スキーマから不要なプロキシ アドレスがクリアされます。
  • SE1118Mailnickname が null

    MailNicknameは、顧客の連絡先オブジェクトでは、空と MMSSPP mailNickname属性ジェネレーター ルールを使用して、顧客の連絡先オブジェクトを生成できません。属性のデフォルトのジェネレーター ルールはmailNicknamecustomer オブジェクトに定義されている値がないメンバーの値を生成する Active Directory にgivenName (最初の名とも呼ばれる) およびSn (最後の名とも呼ばれます) の属性を使用してください。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:顧客の連絡先オブジェクトにMailNickname値またはgivenName (最初の名とも呼ばれます) とSn (最後の名とも呼ばれます) の属性の値を設定します。

  • SE1119Mail 属性のサフィックスに一致する管理、ルーティング アドレスのサフィックス

    メール属性のサフィックスは、管理対象のルーティング アドレスのサフィックスを一致しなければなりません。お客様のレガシ メール環境が MSO に共存フェーズの間、MSO のホストされているメールボックスへの customer オブジェクトからのメールをルーティングするには、管理対象のルーティング アドレスのサフィックスが使用されます。したがって、 targetAddressおよびセカンダリ SMTP proxyAddressesとのメール、顧客オブジェクトのプライマリ SMTP アドレスには存在しないの一部としてのみ使用する必要があります。管理、ルーティング アドレスのサフィックスは、通常の形式の @mgd.contoso.com をかかります。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合は、移行できません、MSO のホストされているディレクトリにこの問題が修正されるまで。

    の解像度:サフィックスは、管理対象のルーティング アドレスのサフィックスを持つ有効な SMTP 値にメール アドレスを変更します。

  • SE1125 DN オブジェクトのユーザー オブジェクトの検証に失敗しました [CN =...DC = com] でエクスポート メール フロー (メール [user@contoso.com] =; targetAddress = [SMTP:user@northwindtraders.com])

    Mail 属性とTargetAddress属性の組み合わせは、有効な構成は使用しません。

    への影響:顧客オブジェクトに無効な状態のための準備の操作を完了できません。この無効な状態は、次の操作のいずれかのブロック可能性があります。
    • メールボックス プロビジョニング解除
    • メールボックスの準備
    • メール ユーザーの準備
    • メール ユーザーのプロビジョニング解除

    解決策: ソース オブジェクトにメール属性とtargetAddress属性の有効な組み合わせが適用されることになっていることを確認します。また、対象のアドレスには、後続の空白は含まれませんを確認します。

    注:
    • メール ユーザー: targetAddress属性は、メール属性に一致する必要がありますまたは null にする必要があります。(プロビジョニング ルールをチェックします)。
    • メールボックス: targetAddressのサフィックスは、管理対象のルーティング ドメイン (つまり、@mgd が含まれるドメイン) にする必要があります、雇用の新しい機能が有効になっていない場合。または、 targetAddressのサフィックスは、雇用の新しい機能が有効になっている場合は、null にする必要があります。MMSSPP の含まれている SMTP ドメインのリストに、メール属性ドメインをはずです。MMSSPP の含まれている SMTP ドメイン] ボックスの一覧は、顧客ごとにカスタマイズします。

    雇用の新しい機能についての詳細についてを参照してください、"新しい雇用のシナリオの詳細については"セクションに移動します。
  • SE1129DN のオブジェクト用のメールボックスを管理、顧客のメールボックスを検出しました [CN =...]

    HomeMDB値は、顧客と、マネージ環境の両方に存在します。

    への影響:属性フロー ソース オブジェクトから Active Directory オブジェクトを管理するこの問題を解決するまで。

    の解像度:ユーザーは MSO のホストされているメールボックスがある場合は、 homeMDB顧客が Active Directory から削除します。ユーザーは MSO のメールボックスを持たない場合ソースのhomeMDBをオフにして属性を明示的にプロビジョニング解除を使用して、管理対象のメールボックスをプロビジョニング解除を一時的に。管理対象のメールボックスがプロビジョン、 homeMDBのソースを復元できます。通常、このエラーは、MSO のhomeMDB値がユーザーのhomeMDB属性はスタンプ誤って場合に発生します。
  • SE1131プロキシのアドレスの値が有効ではありません。

    SMTP プロキシ アドレスの値の形式が正しくないか、サポートされていない文字が含まれています。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合は、移行できません、MSO のホストされているディレクトリにこの問題が修正されるまで。

    の解像度:SMTP プロキシ アドレスの値を修正する必要があります。既定では、トップレベル ドメイン サフィックスは、プライマリproxyAddresses値の 3 つの文字をセカンダリメタベース値に 5 文字に制限です。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

    316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されています。
  • SE1137DN を持つオブジェクト [CN =、..., DC = COM] 顧客属性、extensionattribute [NN] を指定します [aaaaaaaa-aaaa-aaaa-aaaa-aaaaaaaaaaaa] =、ですが、他のオブジェクトには参加しないが

    メモ 正確な拡張属性は、自動サービス再接続 (ASR) の属性であり、環境を顧客ごとにカスタマイズが。

    このエラーは、ソース オブジェクトが ASR では、既存のメールボックスへの接続に設定されていることを示します。ただし、マネージ オブジェクトは、現在に関連付けられている、指定したソース オブジェクトの GUID を接続することはできません。SE1139 と SE1140 のエラー条件は、同一のメッセージを生成し、同じ解像度であります。

    への影響:ソース オブジェクトは、管理対象のメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合できません。さらに、管理された新しいメールボックスを作成できません。

    の解像度:ASR の拡張属性の値をクリアする必要があります。次の同期サイクルを実行した後 MMSSPP は、新しいマネージ オブジェクトを作成します。場合は、お客様の同期が適切に構成、MMSSPP 空管理に新しいメールボックスが作成されます。Microsoft Online Services のサポート チーム (MOSSUP) は、新しい空の 1 つに、古いの切断されたメールボックスの内容が復元されます。

    このエラーは、古いデータが失われるまたはソース オブジェクトがフィルター処理または MMSSPP スコープ外に移動して、ASR の拡張属性が新しいオブジェクトに設定する前に発生します。つまり、ASR プロセスが起動、新しいオブジェクトのマネージ オブジェクトが既に PendingDeletions の組織単位 (OU) に期限切れします。フォレスト間移行でこれらのエラーを回避するのには ASR の拡張属性の値を新しいオブジェクトにスタンプし、古いデータが失われる前に、ASR プロセスが正常に完了またはソース オブジェクトがフィルター処理されていることを確認します。
  • SE1144SourceObjectGUID [{0}] と [{1}] [SecondaryVerification ID が一致して、オブジェクトの識別名 [{2}] を 1 に設定する PendingDeletion に単一の行を見つけることができません。

    このエラー、失敗した自動サービス再接続 (ASR) の後に発生することができますやオブジェクトは、スコープから引き出された後に変更すると、スコープに返されます。Asr セーブセットまたは PendingDeletions の再接続が成功するため 2 元とメール用の管理オブジェクトとユーザー オブジェクトの GUID が一致する必要があります。このエラーが発生した場合は、これらの条件のいずれかが満たされていません。

    への影響:ソース オブジェクトは、管理対象のメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合できません。さらに、管理された新しいメールボックスを作成できません。

    の解像度:メールの値は、新しいの得るのと同じオブジェクトと、古いデータが失われるまたはソース オブジェクトをターゲットに確認します。シナリオでは、ASR、ASR 属性でスタンプされている GUID が、対応するマネージ オブジェクトの GUID ではなく、古いソース オブジェクトの GUID でなければなりません。これらの条件を満たしている、する場合はマイクロソフトのサポート オンラインに問い合わせてください。

    このエラーは、ASR プロセスが完了する前に、古いデータが失われる (ソース) オブジェクトに電子メール アドレスが変更されたときに発生します。フォレスト間移行でこれらのエラーを回避するのには ASR の拡張属性の値を新しいオブジェクトにスタンプし、古いデータが失われる (ソース) オブジェクトのフィルターを適用または変更する前に、ASR プロセスが正常に完了ことを確認します。

    オブジェクトはスコープから削除され、マネージ オブジェクトは、PendingDeletions の OU から削除する前に範囲に返されます、する場合、メールの値が元のスコープから削除されたときに、同じにする必要があります。それ以外の場合は、オブジェクトを再接続しないと、待つ必要がある、PendingDeletion の期間の有効期限を。
  • SE1153 不整合の状態: MBU MEU の移行-> が検出された DN を持つオブジェクトが、[CN =...DC = Net] 明示的に管理対象のメールボックス プロビジョニング解除されません (DeprovisionMailboxEnabledUser 規則 = FALSE)
    このエラーは、マイクロソフト オンライン環境でメールボックスが存在することを示します。ただし、ソース オブジェクトが、メールが有効なユーザーの構成に変更されます。誤ってメールボックス プロビジョニング解除を回避するのに、顧客する必要があります明示的にスタンプをプロビジョニング解除の属性オブジェクトのメールの種類を変更するに。SE1151、SE1152、および SE1154 のエラー条件は、同一のメッセージを生成して同じ解像度であります。

    への影響:プロビジョニング解除の意図したメールボックスは、マイクロソフトのオンライン環境で使用されています。マネージ オブジェクト内のオブジェクトを属性の変更のソースが流出しないと、管理対象のメールボックスはプロビジョンするないです。

    解決方法:
    1. このオブジェクトをメールが有効なユーザーを指定します。
      1. (TargetAddressを含む @mgd) 元の値に、メールとtargetAddressの値を返すしを実行するには、次の 2 つの同期サイクルを待ちます。これらの手順は、エラーを解決して、有効なメールボックスが有効な状態にオブジェクトを返します。次に、明示的なプロビジョニング解除の属性を設定し、 targetAddressをサフィックス (@mgd) の管理、ルーティング ドメインに含まれていない値を変更します。
      2. メールとtargetAddressの値が有効であるかどうかを確認します。いずれかの属性の先頭または末尾の空白文字がないかどうかを確認します。
    2. オブジェクトは、メールボックス ユーザーをする必要があります。
      1. 雇用の新しい機能が有効でない場合は、 targetAddress値は、サフィックスの中で @mgd を含める必要があります。@Mgd が、サフィックスが含まれているし、正しいルーティング ドメインの管理をサフィックスを指定することを確認します。
      2. 新しい雇用の機能を有効にすると、 targetAddressの値がクリアされます (null)。
      3. メールとtargetAddressの値が有効であるかどうかを確認します。いずれかの属性の先頭または末尾の空白文字がないかどうかを確認します。TargetAddressのサフィックス文字の転置を持っていないことを確認します。@Mgd.contoso.com ではなく @mdg.contoso.com を使わないなど。
    雇用の新しい機能についての詳細についてを参照してください、"新しい雇用のシナリオの詳細については"セクションに移動します。
  • Proxyaddresses 属性 {1} オブジェクトの識別名 [{2}] 上での SE1155 の [プロキシ アドレス値 [{0}] は無効な SMTP アドレスをセカンダリ SMTP アドレスにされ、削除されます。プロキシ アドレスの有効性を修正してください。

    このエラーは、無効な SMTP アドレスがセカンダリ SMTP プロキシの存在することを示します。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    解決方法:
    1. MMSSPP は、このオブジェクトの同期を再開する前に、SMTP プロキシ アドレスの値を修正する必要があります。先頭または末尾の空白文字が存在しないことを確認します。SMTP アドレスの形式を修正する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
      316061 XADM: SMTP コネクタがエラー メッセージを返します無効な文字が使用されています。
    2. 入力規則では、メタベースのプライマリとセカンダリのメタベース値によって異なります。たとえば、プライマリ SMTP アドレスが @contoso.com (contoso.net) は、3 桁のトップレベルのドメイン サフィックスに制限します。セカンダリ SMTP アドレスは、トップ レベルのドメイン サフィックス (@contoso.local) で 5 文字の制限をが。これらのルールは、必要に応じて別の名前付け規則に対応するために要求を構成します。
  • [名前] の属性の値を参照 DN を解決する SE1290 ことはできません。

    MSO のホストされているディレクトリに、フォレスト間のグループの参照属性を解決できません。たとえば、MSO のホストされている環境では、一致するアドレスが存在しない場合や、フォレスト間のグループのメンバーがのメール属性の値を持たない場合にこのエラーが発生します。

    への影響:参照されるオブジェクトは、MSO のホストされている環境で、複数のフォレストにまたがるグループ属性名には表示されません。

    の解像度:アンカー属性 (属性は、メール) などは、MSO のホストされている環境に存在する値に設定します。
  • SE1401サービスの自動再接続の属性で指定されたオブジェクトの GUID が無効か存在しません

    このエラーと他の ASR に関連するエラー (SE1404、SE1405、SE1406) には、次の問題を示しています。
    • ASR 属性で指定されている値が、有効な GUID です。
    • MMSSPP スコープに属性 (メール) の第 2 のゲートと組み合わせての GUID によって参照されているオブジェクトが存在しません。
    • 参照の GUID と、第 2 ゲート属性 (メール) の MMSSPP のスコープ内の 1 つ以上のオブジェクトと一致します。

    への影響:顧客のメールボックス、存在する場合、移行できません 1 つのフォレストから別のオブジェクトの同期が中断されている.

    の解像度:ASR はこのオブジェクトの場合は、別のフォレスト内の有効なオブジェクトを別のスコープ内のオブジェクトの GUID を指定します。第 2 ゲート値 (メール) は、両方のオブジェクトのと一致しなければなりません。ASR がない場合は、この値をクリアする必要があります。
  • SE1409削除の保留状態のオブジェクトは別のスコープ内のオブジェクト

    別のオブジェクトの削除の保留中の状態になっていると、スコープ内のオブジェクトの競合のメール属性の値。このエラーに自動的には解決の保留中の削除が完了したら N 日数 (既定では、3 日間) と、スコープ内のオブジェクトを準備するとします。

    への影響:スコープ内の新しいオブジェクトの準備またはが削除の保留中の状態である、競合しているオブジェクトが物理的に削除されるまで同期はありません。

    の解像度:新しいオブジェクトの別の電子メール アドレス (および可能なプロキシ アドレス) を指定します。または、保留中の削除の期間が経過するまで待機します。場合は、このエラーが頻繁に、ファイリングの顧客を要求する Microsoft Online Services で、保留中の削除の期間の短縮を検討してください。ASR の初期実装を推奨期間がユーザーとグループの 1 日と日数が 0 日の連絡先です。
  • キー エラーの SE1514 [extensionattribute10] は存在しません。オブジェクトのエラーを処理することができません [CN =...DC = com]

    メモ 正確な拡張属性は、ASR の属性であり、環境を顧客ごとにカスタマイズが。

    通常、ASR 拡張属性に無効な値が設定されて場合にこのエラーが発生します。ASR の拡張機能の属性は、有効な GUID の文字列でなければなりません。オブジェクトは ASR を移行するためのものではありません、する場合この値をクリアする必要があります。

    への影響:オブジェクトがしない変更、プロビジョニング、またはこの状態では、プロビジョン。

    の解像度:ASR 属性の有効な GUID の文字列を設定します。MMSSPP プロビジョニング インタ フェースのマニュアルのセクション 8.2 で承認されている文字列の形式は。末尾の空白文字が存在しないことと、文字列の末尾にセミコロン) などの他の文字が存在しないことを確認します。ASR 属性は、ターゲット ソース GUID オブジェクトに対してのみ使用できます。オブジェクトは ASR を移行するためのものではありません、する場合この値をクリアする必要があります。
  • SE1647 DN [{0}] を持つ、移行元のユーザー オブジェクトがスコープから削除されたがホストされているメールボックス、証拠保全 [{2}] [{1}] に設定します。管理対象のオブジェクトと、メールボックスは削除されません。このメールボックスを削除するには、削除の証拠保全を実行します。

    管理対象のメールボックスが訴訟ホールドの構成されます。ただし、関連するソース オブジェクトはフィルターまたはスコープから削除します。MMSSPP は、訴訟ホールドが削除されるまで、マネージ オブジェクトを削除しません。

    への影響:オブジェクトは、この状態ではないプロビジョンされます。

    の解像度:この動作は仕様では、訴訟ホールドがメールボックスの整合性を維持する明示的な設定です。メールボックスを削除する場合は、顧客が、証拠保全を削除してください。
  • SE1648 DN [{0}] を持つソース ユーザー オブジェクト用のメールボックスをホストが確認された MMSSPP で、プロビジョンするが、ホストされているメールボックスは、証拠保全 [{2}] [{1}] の設定です。管理対象のオブジェクトと、メールボックスは削除されません。このメールボックスをプロビジョニング解除、削除の証拠保全を実行します。

    管理対象のメールボックスが訴訟ホールドの構成されます。ただし、関連するソース オブジェクトは管理対象メールボックス プロビジョニング解除が構成されます。MMSSPP は、訴訟ホールドが削除されるまで、管理対象のメールボックスを切断しません。

    への影響:この状態ではオブジェクトがプロビジョンしません。

    の解像度:この動作は仕様では、訴訟ホールドがメールボックスの整合性を維持する明示的な設定です。メールボックスを削除する場合は、顧客が、証拠保全を削除してください。
  • PE1 エラー: MSO のホストされているメールボックスを有効にすることができませんでした

    MMSSPP は、MSO のホストされているメールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。

    への影響:この問題を解決するまで MMSSPP は、MSO のホストされているメールボックスを作成できません。

    の解像度:問題と改善のステップを示すのオブジェクトのエラー レポートの詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE1 エラー: に指定された地域コード (') ' CN =..., の DC mgd、DC = = msft、DC = net' が無効です.

    データ センター (北アメリカおよびヨーロッパでは) など、2 つの地理的な領域に使用できる場合は、特定の Office 365 の専用環境、新しいメールボックスの場所を指定する値が決定されます。このエラーは、メールボックスのプロビジョニングの属性には、有効な値が含まれていない場合に発生します。Microsoft Online Services は、企業の地理的な場所の構成されている場合、地域コードを使用しては、メールボックスのプロビジョニング] 属性には必須です。

    への影響:このエラーが修正されるまで、メールボックスの準備はされていません。

    の解像度:REG 形式の属性を提供する、メールボックスの無効な領域が設定されているかどうかを確認 =XXXXは有効な地域コードです。さらに、メールボックスの種類またはプロビジョニングの値が有効になっていることを確認します。

    の使用例: extensionAttribute10: MBXST; =REG =NA;

    メモ メールボックス プロビジョニングの拡張属性は、お客様の環境ごとにカスタマイズします。
  • PE1 エラー: WPS エラー [メールボックスを有効にする]: プロパティ値が無効です。値は、先頭または末尾の空白文字を含めることはできません。プロパティ名:。 表示名。 または。 名前。

    先頭および末尾のスペースは、Active Directory 属性の無効:ispdlayNameです。

    への影響:このエラーが修正されるまで、マネージ オブジェクトの準備はされていません。

    解決方法:
    • オブジェクトが末尾のホワイト スペースは、 displayName属性を使用して構成されている場合、ホワイト スペースを削除します。この操作を行うと、メールボックスまたはメールが有効なユーザーが準備されます。
    • Displaynameで、先頭のホワイト スペースを使用してオブジェクトを準備する場合は、ホワイト スペースを削除します。エスカレーションに、Microsoft Online Services のサポート チーム (MOSSUP) でマネージ オブジェクトを修正する必要があります。
  • PE1 エラー: WPS エラー [メールボックスを有効にする]: 'smtp:.username@contoso.com' のアドレスが正しくありません

    指定された mail 属性が正しくありません。

    への影響:エラーが修正されるまで、マネージ オブジェクトの準備はされていません。

    の解像度:属性を修正する必要があります。一般的なエラーには、無効な文字空白などを「困難な末尾の空白文字、先頭または末尾にピリオド、および繰り返しの期間にはが含まれます。

  • PE1 エラー: WPS エラー [メールボックスを有効にする]: [managedDN] で、"smtp:user.one@mgd.contoso.com"のプロキシ アドレスは既に使用されています。別のプロキシ アドレスを選択してください。ManagedDN:.

    ProxyAddresses属性には、お客様のフォレスト MMSSPP 同期スコープ内の 1 つで重複したアドレスが含まれます。別のオブジェクトには、既に同じプロキシ アドレス、Microsoft で管理されるproxyAddresses属性にされています。重複した管理メタベース属性は、元のメール属性、メタベース属性にソース、またはソース、 targetAddress属性からもあります。(このフロー管理、Active Directory スキーマをセカンダリのメタベースとして)。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響「この同期エラーの影響の詳細については、この資料冒頭の近くセクション。

    の解像度:変更または削除する必要はありませんが、オブジェクトの重複のtargetAddress属性またはプロキシのアドレス。同じプロキシ アドレスを共有するオブジェクトを識別するのにには、次の LDAP クエリを使用します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>))
    たとえば、プロキシ電子メール アドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリを以下に示します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com))

    注: 従来のアドレスに返信する機能を維持するには、偶発的な削除から保護されている一部のマネージ プロキシ アドレスは自動的に消去されません管理、Active Directory スキーマのソースからオフになっているときに。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    • エラー (@mgd.contoso.com) などの管理、ルーティングのドメインを持つプロキシ アドレスを指定する場合は、Microsoft Online Services のサポートでプロキシ アドレスを削除してください。
    • ソースのアクティブ ディレクトリ オブジェクトからオフになっているときに x 500 のプロキシの種類のプロキシ アドレスの MMSSPP プレ 12.2 のバージョンでは削除されませんでした。現在のバージョンで、x 500 のプロキシ アドレスのユーザー フォレストから完全に削除されるは、管理対象フォレストからすぐに削除されます。x 500 のプロキシ アドレス ユーザー フォレストから削除されたことは、管理対象の Active Directory スキーマを削除できるようが残っています。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. 元のソース オブジェクトにプロキシ アドレスのバックアップ不要な x500 を追加します。
      2. 2 つの同期サイクルを待機します。
      3. ソース オブジェクトから削除、不要な x 500 のプロキシ アドレスです。不要なプロキシ アドレスは、次の同期サイクルで管理、Active Directory スキーマからクリアされます。
  • リソース メールボックスの PE3 MSO がホストを有効にすることができませんでした。

    MMSSPP は、MSO のホストされているリソース メールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。

    への影響:この問題を解決するまで MMSSPP は、MSO のホストされているリソース メールボックスを作成できません。

    の解像度:オブジェクトおよび修復手順を実行すると、問題の原因で、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE7、MSO のホストされているメールの作成に失敗しましたユーザーを有効に

    MMSSPP は、MSO のホストされているディレクトリにメールが有効なユーザーを作成しようとしたときに、エラーが発生します。

    への影響:この問題を解決するまで MMSSPP は、MSO がホストのメールが有効なユーザーを作成できません。

    の解像度:オブジェクトおよび修復手順を実行すると、問題の原因で、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE10 WPS エラー [接続メールボックス]: メールボックス".MBX GUID...」... データベース上に存在しません。MBX データベース."ManagedDN:

    MMSSPP は、ソフト削除済み状態にあるメールボックスに自動的に再接続します。この条件は、メールボックスが (たとえば、O365 専用 O365 サービスをお客様のオンプレミス サーバー) から別の環境に移行するとし、顧客が希望する O365 専用で、元のメールボックスに再接続して存在しています。

    への影響:ユーザーのメールボックスを再接続することはできません。

    の解像度:改善のためのマイクロソフト オンライン サポートに問題をエスカレーションします。



  • PE11Setting のカレンダー、MSO のホストされているリソース メールボックスの設定に失敗しました

    MMSSPP MSO のホストされているリソースのメールボックスに、メールボックスの予定表の設定を設定しようとするときに、エラーが発生します。

    への影響:MMSSPP を設定できません、メールボックス カレンダーの設定、MSO のホストされているリソース メールボックスでこの問題を解決するまで。リソース メールボックスの有用性に影響を与えることができます。たとえば、機能、リソース メールボックスで会議の自動承諾の招待などが動作しないこの問題を解決するまで。

    の解像度:オブジェクトおよび修復手順を実行すると、問題の原因で、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • PE17MSO のホストされているメールが有効な連絡先、または配布グループを作成します。

    MMSSPP は、MSO のホストされているディレクトリに、メールが有効な連絡先、または配布グループを作成しようとすると、このエラーが発生します。

    への影響:この問題を解決するまで MMSSPP は、MSO のホストされているメールが有効な連絡先、または配布グループを作成できません。

    の解像度:そのオブジェクトに関する問題とその改善策の手順を示す、エラー報告の詳細を参照してください。問題または改善の手順がまだ明確でない場合は、マイクロソフトの担当者にお問い合わせください。
  • 拡張属性のない存在のエラー: MailNickname が null

    このエラーは、MMSSPP の以前のバージョンでは、SE1118 と同じです。MailNickname属性は空のお客様の連絡先オブジェクトと MMSSPP は、mailNickname 属性ジェネレーター ルールを使用して、 MailNickname属性を生成できません。属性のデフォルトのジェネレーター ルール、customer オブジェクトに定義されているmailNickname属性がない連絡先のmailNickname属性を生成する、Active Directory にgivenName (最初の名とも呼ばれる) およびSn (最後の名とも呼ばれます) の属性を使用してください。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細についてはこのヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:顧客の連絡先オブジェクトにMailnickname値またはgivenName (最初の名とも呼ばれます) とSn (最後の名とも呼ばれます) の属性の値を設定します。
  • 拡張属性のない存在のエラー: 無効な MailNickname

    MailNickname値に無効な文字が含まれています。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細についてはこのヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:MailNickname値が null のまま、顧客が MMSSPP が自動的に作成、 mailNickname値これが可能な場合。したがって、1 つのオプションは、 mailNicknameの値をクリアします。MailNickname値を設定するが、値は RFC 821 で定義済みの条件を満たす必要があります。共通の無効な文字は、スペース、em ダッシュに有効なダッシュは、表示されている、アット (@)、およびかっこです。参照してくださいすることが困難である先頭または末尾の空白文字がないかどうかを確認します。
  • 制約違反の数が mv

    このエラーは、直接インポート属性フローが発生して、ソースから属性の値をメタバース属性の長さの制限を超えている場合に発生します。

    への影響:MMSSPP は、フローの属性の変更またはこの問題が修正されるまで、サービスを設定できません。

    の解像度:スキーマで有効になっている最大の長さに属性値のサイズを削減します。
  • [WorkQueueIns]メールを null にはできません。我々 は、要求を完了できません。

    MSO のホストされているディレクトリに対応する、ソース オブジェクトでメールがオフの場合、このエラーが発生します。エラーを解決できない、ソース Active Directory オブジェクトに値が復元されます。

    への影響:その他の影響はありません。参照してください、"一般的な同期エラーの影響"この同期エラーの影響の詳細についてはこのヘルプ ファイルのセクション ヘッダーにします。

    の解像度:ソース オブジェクトがメールが有効な値である 1 つ以上の MMSSPP 同期サイクルが完了したことを確認します。これを確認した後 Microsoft のオンライン サポート サービス改善のために、この問題をエスカレートする必要があります。スクリプトまたは mail 属性を手動で編集したオフにしないでください、値値を変更する前に確認してください。
  • 配布グループ内に存在しないメンバー

    メンバーは、配布グループに表示されません。この存在しないメンバーは、ユーザー、連絡先、または別のグループにあります。グループは、フォレスト間のグループの場合、 SE1290 エラーが存在する可能性があります。グループがない場合、フォレスト間のグループ、(重複するメールなど)、その他のエラーが存在する可能性があります。

    への影響:グループのメンバーを配布リストに送信されたメールを受信できません。

    解決方法:
    • メンバーがメールが有効な値であるかどうかを確認します。
    • メンバーは、アクティブな同期エラーがないことを確認します。
    • MSO のメンバーが表示されているかどうかを確認します。

    グループは、通常のグループまたはフォレスト間のグループかどうかを確認します。クロス フォレスト グループが顧客によって構成されている他のフォレストからのメンバーを含む.フォレスト間のグループまたはユーザー定義の属性は、特定の OU 内の各顧客によって顧客の場所が定義されます。正規のグループに住んでいるフォレストからのメンバーのみが含まれています。

    通常の配布グループ:
    • MSO のないメンバーが表示されていると、同期エラーがないことを確認します。
    • 存在しないオブジェクトが入れ子になったグループのメンバーである場合、入れ子になったグループにメールがあるとの mso のグループが表示されることを確認します。
    • 親グループ (つまり、クロス フォレスト グループではなく) 通常のグループの場合は、入れ子になったグループがあるも、複数のフォレストにまたがるグループを確認します。正規のグループまたは他のフォレスト間のグループのいずれかのフォレストにまたがるグループが表示されることがあります。ただし、正規のグループは複数のフォレストにまたがるグループを含めることはできません。

    フォレスト間のグループ:
    • MSO のないメンバーが表示されていると、同期エラーがないことを確認します。
    • グループのメンバーが mso が表示されますが、グループから欠落している場合、ソース フォレスト間のグループのメンバーがメールに一致する値のことを検証します。
    • 存在しないオブジェクトが入れ子になったグループのメンバーである場合、入れ子になったグループにメールがあるとの mso のグループが表示されることを確認します。
    • 存在しないメンバーが、フォレスト間のグループの場合は、このグループに、親 (つまり、クロス フォレスト グループではなく) 通常のグループであるかどうかを確認します。正規のグループまたは他のフォレスト間のグループのいずれかのフォレストにまたがるグループが表示されることがあります。ただし、正規のグループは複数のフォレストにまたがるグループを含めることはできません。

詳細については、新しい雇用のシナリオ

マイクロソフト管理ソリューション サービス提供プロバイダー (MMSSPP) のプロビジョニング インターフェイス ハンドブック 5.2 からの抜粋を次に示します。
新しい雇用のシナリオ:
MMSSPP は、要求された種類の要求された地域では、メールボックスが有効なユーザー オブジェクトを作成します。
メモ s
  1. TargetAddress属性と一致するセカンダリ SMTPメタベースの属性がないことを示します、このシナリオでは、顧客の組織のすべてのレガシ メール システムを廃止してする必要はないためにルーティング O365 がホストされているメールボックスから従来のメール システムをお客様のメールします。
  2. 新しい雇用のシナリオは新しい雇用メールボックス プロビジョニングオプションがONに設定になっています。(既定では、このオプションが設定をオフにします。)機能と配置の選択オプションの概要については、MMSSPP 顧客の展開ガイドの「新しい雇うメールボックス プロビジョニング機能」を参照してください。この機能の技術的な側面をこのドキュメントの「メールボックス プロビジョニング コンポーネント」セクションでにはあります。

プロパティ

文書番号: 2590119 - 最終更新日: 2014年4月29日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Business Productivity Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Suite Federal
  • Microsoft Exchange Online
キーワード:?
vkbportal226 kbmt KB2590119 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2590119
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com