文書番号: 2600640 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 6 は、利用可能なです。この資料は、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

詳細

この更新プログラムのロールアップのビルド番号とファイル名

次のコンポーネントの更新プログラム パッケージのビルド番号は 5.0.9690.1992 です。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー
  • Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011
  • E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 2011
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの作成の拡張機能
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の言語パック
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの拡張機能
32 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-クライアント-LKB2600640-angID-i386.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2600640 のLangID-i386.exe
  • CRM2011-入札・ KB2600640 のLangID-i386.exe
  • CRM2011-Mui-KB2600640 のLangID-i386.exe
64 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-サーバー-KB2600640 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-クライアント-KB2600640 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-Mui-KB2600640 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2600640 のLangID-amd64.exe
  • CRM2011 の Sr-KB2600640 のLangID-amd64.3exe

更新プログラムのロールアップの情報

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 6 は、2012 年 1 月 20 日にオンプレミスのお客様は再リリースされます。

更新プログラムのロールアップ 6 リリース 2012 年 1 月 12 日。以前のバージョンがインストールされている場合、以前のバージョンでこの更新プログラムのロールアップをインストールすることができます。

「」を参照してください更新プログラムのロールアップ 6 を含む、完全なインストールには、スリップ ストリーム パッケージをインストールした場合に、この KB 更新プログラムのロールアップ 6 をインストールするエラーが表示されます。 MSPInstallAction が失敗しました

オンラインのお客様インフラストラクチャの改善点は、CRM Online に対して行われます。このため、更新プログラムのロールアップがないサーバーに適用する、強化された機能が完了するまで。に従って、システムの保守ウィンドウのシステム通知ページで通知されますの組織は、新しいインフラストラクチャを更新するとします。その時点で最新の更新プログラムが適用されます。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2600640 パッケージを今すぐダウンロードします。リリース日: 2012 年 1 月 20 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

インストール情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要な注意事項
Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 に、上位バージョンで作成されたデータベースは、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 5 または以前のバージョンの配置にはインポートできません。このシナリオはサポートされていません。
Windows の更新プログラムのインストール
Windows の更新プログラムを自動的に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 をインストール、使用できます。Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 は、2012 年 1 月 24 日に Windows Update で利用できます。

メモ 更新プログラムのロールアップ 6 を削除できません。特定のデータベースの更新は、更新プログラムのロールアップ 6 をアンインストールすることができませんされている更新プログラムのロールアップ 6 に適用されます。この更新プログラムをインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

自動的に推奨される更新プログラムのインストールに Windows を設定することもできます。この設定は重要でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上させることがことができます。オプションの更新プログラムしないダウンロードが自動的にインストールします。

Microsoft が公開する更新の種類についての詳細は、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動更新のオンまたはオフにするには

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 をインストール、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、更新検索の開始ボックスに入力します。結果の一覧で、 Windows Updateをクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウには、更新プログラムの確認] をクリックを Windows コンピューター用の最新の更新プログラムによってチェックされるを待ちます。
  3. 更新プログラムが利用可能なまたは重要な更新プログラムを確認するプロンプトが重要なことを示すメッセージが表示されたら、する場合を表示し、重要な更新プログラムをインストールするを選択できます。
  4. ボックスの一覧で [重要な更新の詳細についてをクリックします。更新プログラムをインストールするには、チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
  5. 更新プログラムのインストール] をクリックします。
  6. 読み取り (場合、更新プログラムにはこの操作が必要です) し、[完了] をクリックし、ライセンス条項に同意します。管理者のパスワードのプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合は、確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。
手動インストール
手動で Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 をインストール、次の手順を実行。
  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。
    Microsoft 更新プログラム カタログ
  2. 検索ボックスで2600640を入力し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. 参照] をクリックして、更新をダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意 、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるときに、[閉じる] をクリックします。
Microsoft Update カタログの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
323166 ドライバーや、Windows Update カタログからの修正プログラムが含まれている更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

  • この更新プログラムのロールアップをインストールした後 CRM の既存のセッションを終了し、変更を組み込むための新しい CRM セッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は、既定の言語に戻ります。再プロビジョニング プロセスでは、ユーザーの言語設定は更新されません。したがって、ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 2011 にログオンするときに、[個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 は 5.0.9688.583 にこの更新プログラムのロールアップを適用するインストールされているビルドを使用する必要があります。

についての Microsoft Dynamics CRM 2011 5.0.9688.583 を構築、以下をクリックして、資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
2461082 Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース候補版の更新プログラムが利用可能

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムのロールアップを適用した後、コンピューターを再起動します。

削除情報

更新プログラムのロールアップ 6 を削除することはできません。特定のデータベースの更新は、更新プログラムのロールアップ 6 をアンインストールすることができませんされている更新プログラムのロールアップ 6 に適用されます。この更新プログラムをインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Dynamics CRM 第 4 四半期のサービスの更新

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 6 は、Dynamics CRM の第 4 四半期サービス更新プログラムの機能も含まれています。Dynamics CRM 第 4 四半期のサービス更新プログラムの機能の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Microsoft Dynamics CRM: 今後のロードマップ

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 6 で解決される問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 6 は、累積的な更新プログラムのロールアップから更新のロールアップ 5、更新プログラム ロールアップ 1 に記載されている問題に対するすべての修正プログラムが含まれています。

以前の更新プログラムのロールアップし、解決される問題について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックします。
2466084 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 1 が利用可能
2466086 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 が利用可能
2547347 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 3 が利用可能
2556767 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 4 が利用可能
2567454 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 5 には

更新プログラムのロールアップ 6 には、次の追加の修正プログラムおよび更新プログラムが含まれています。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 5 に含まれる .msp ファイルを使用して、修復セットアップ (SHS) の管理者用イメージを作成した後は、次のエラー メッセージが表示されます。

    CString::LoadString(7407) が失敗しました。

  • Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードしようとすると、ありますの要求は、ComponentCollector.RetrieveDependencyNodes メソッドの中に、アップグレードが失敗します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 へのアップグレード中にパフォーマンスの低下が発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 モバイルの URL のページにアクセスし、アカウントを作成するのには、次のエラー メッセージが表示されます。

    予期しないエラーが発生しました。

  • Microsoft Silverlight web リソースを使用するとフォームは期待どおりに表示されません。この問題は、既定では、このタブを展開] タブのプロパティのチェック ボックスが選択されていない場合に発生します。
  • 組織には、次の形式の完全な名前を使用することを想定します。
    • 最後の名、姓、ミドル ネームのイニシャル
    連絡先を作成するには、最後の名のみを使用すると、連絡先の名前の末尾には、追加のコンマ (,) が表示されます。
  • 資料エンティティの記事のコメント (文書)フィールドに、プロパティの変更] をクリックすると仮定します。フォーム エディター ] ダイアログ ボックスを閉じるには、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft Dynamics CRM では、エラーが発生しました。

  • 電子メール活動の活動] ビューに [説明] フィールドが追加されると、ツール ヒントのテキストで、グリッドの列に HTML コードが表示されます。
  • フォームのナビゲーション ウィンドウで、「ClientGlobalContext.js.aspx」ページへの参照が含まれる HTML web リソースを追加することを想定しています。再度 web リソースを開くときに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft Dynamics CRM では、エラーが発生しました。

  • 予定表を開くには、個人用作業領域から、ときに、作業日の最初の時間を Microsoft Dynamics CRM 2011 はスクロールされません。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 親と子のビジネス ユニットがある環境です。
    • 電子メール テンプレートを作成するには、親レベルで。
    • 子レベルで表示するには、電子メール テンプレートを設定します。
    • ユーザーは、子レベルのビジネス単位での電子メール メッセージを作成しようとします。
    このシナリオで、ユーザーが電子メール メッセージを作成するのに電子メール テンプレートを使用できません。
  • Internet Explorer 9 での Microsoft Dynamics CRM 2011 では、サービスの予定のスケジュール機能を使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    解放されたスクリプトからコードを実行することはできません。

  • Microsoft Dynamics CRM Online では、ソリューションをエクスポートするとされたらを開くか、ファイルを保存します。
  • ビューのカスタマイズを含むソリューションをインポートした後、既定の属性を表示正しく設定されていない、既存のビューまたは新しいビューのいずれかにします。
  • カスタマイズを変更し、すべてのカスタマイズの公開] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    未処理の例外。

  • Microsoft Dynamics CRM Online で、PersistMatchCode プラグインを実行するときに、次のエラー メッセージが表示されます。

    SQL エラーです。

  • アカウント データをインポートしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    SQL Server エラーが発生しました。この操作をもう一度実行してください。問題が引き続き発生する場合のソリューションは、Microsoft Dynamics CRM のコミュニティを確認または、組織の Microsoft Dynamics CRM 管理者に問い合わせてください。最後に、マイクロソフトのサポートに連絡することができます。

  • Microsoft Dynamics CRM 2011 と Microsoft Dynamics CRM Online でのプリンシパル オブジェクト アクセス (POA) のレコードを含むレコードを削除するときに、POA のテーブルからのレコードは削除されません。
  • マイ ビューフレームから、一括削除のプロセスを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    レコードは使用できません。要求されたレコードが見つかりませんでしたまたは表示するためのアクセス許可がありません。

  • Microsoft Dynamics CRM Online での重複のフレンドリ名を持つ組織では、OrgDBOrgSettings ツールを使用できません。
  • Microsoft Dynamics CRM ソリューションをインポートするときに SQL のカスケード機能は再構築されません。
  • レポートまたは ISV アプリケーション内のアクティビティのフィルター ビューを実行すると、フィルターされたビューは共有レコードは表示されません。
  • 重複するインデックスは、ActivityPointerBase テーブルのクローズ、クローズ、およびレター活動の作成されます。
  • 自動生成されたサポート技術情報 (KB) の文書番号には、Microsoft Dynamics CRM 2011 では突然のサフィックスが含まれます。
    注: 更新プログラムのロールアップ 6 をインストールするときに、 SkipSuffixOnKBArticlesの設定は、Orgdborgsettings テーブルに移動します。サフィックスを削除するには、サポート技術情報の記事番号に、Orgdborgsettings ツールを使用して、設定を有効にします。
  • いくつか、BusinessEntityMoniker、EntityExpression、および BusinessEntity のコンス トラクターに既存の組織コンテキストを使用しません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 でレポート ウィザードを使用してレポートを作成することを想定しています。ピボット テーブル レポートを Excel ワークシートにエクスポートするを挿入しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    ピボット テーブルのフィールド名が正しくありません。ピボット テーブル レポートを作成するのにはラベルの付いた列でリストとして編成されたデータを使用する必要があります。ピボット テーブルのフィールドの名前を変更する場合は、フィールドの新しい名前を入力してください。

  • 負荷分散環境での Microsoft Dynamics CRM のフロント エンド サーバーを使用することを想定しています。ノードの展開に失敗したか、到達不能、ときに FetchXML レポートを実行することはできません。
  • Exchange Web サービス (EWS) トレースのログ レベルの詳細の代わりに既定値に設定されています。
  • Exchange CA サーバーと Exchange メールボックスの役割が同じサーバー上にない場合、Microsoft Exchange 2010 環境でのユーザーのメールボックスにルールを展開できません。
  • ドキュメントのアクセス許可と、Microsoft Dynamics CRM セキュリティ ロールの SharePoint web サイトのアクセスを削除することを想定しています。セキュリティ ロールを持つユーザーとしてログインすると、ナビゲーション バーに、「ドキュメント」セクションが表示されます。またの「ドキュメント」セクションをクリックすると、アクセス許可のエラー メッセージが表示されます。
  • 製品を営業案件フォームのOnLoadイベントにスクリプトを追加することによって、数量の値を変更しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    [数量] ボックスの値は、製品でサポートされる小数点以下の更新によって「1.00000」を「1.0000000000」から変更されました。

  • クレーム ルールを構成して IFD セットアップで Microsoft Dynamics CRM クレーム名の要求のルールを除外すると、OrganizationData.svc ページは動作しません。
  • 値引き表の名前をダブル バイト文字を構成するときは、次のエラー メッセージが表示されます。

    録画の重複: これらの値を持つレコードは既に存在します。重複するレコードを作成できません。1 つまたは複数の一意の値を選択して、もう一度やり直してください。

  • フィルターを使用して、動的なマーケティング リストを作成すると、ルックアップ フィールドとカスタム エンティティの n:n を表すにフィルターには、マーケティング リストを作成することは変わりません。
  • 保存されたクエリに動的マーケティング リストのデータは返されません。
  • Partylist の型のセルをセミコロン (;)、Excel ワークシートにエクスポートすると、partylist の型でセル線を作成しました。
  • 保存を実行するときに、もう一度フォームで操作、次のエラー メッセージが表示されます。

    アクセスが拒否されました。

  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントで、次のポーリング間隔はパフォーマンスを向上させるために更新されます。
    • 状態マネージャー (15 分)
    • 通知マネージャー (30 分)
    • MAPI 同期: 非 ABP の (60 分)
    • MAPI 同期: ABP (4 時間)
    • MAPI 同期: サイトマップ (4 時間)
    • MAPI 同期: メタデータ (4 時間)
  • 活動の種類ビュー定義で列が含まれる [活動] ビューに切り替えると、Microsoft Office Outlook クライアントがクラッシュします。
  • Expect100Continue 認証方法は、Active Directory と .NET の設定に無効にする必要があります。
  • Edit.aspx ページをプリロードすると、フォームのロード時間を短縮する必要があります。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • フォームを開きます。
    • 画面を入力するフォームのサイズを変更します。
    • 開き、フォームに複数回を閉じます。
    このシナリオでは、下部と、画面のオフが展開されるまでフォームが拡大します。
  • Microsoft Visual C++ の再頒布パッケージまたは以降のバージョンがコンピューターにプレインストールされている場合は、Microsoft Dynamics CRM クライアントのインストールが失敗します。
  • 予定またはサービス活動、サービス カレンダーのツールヒントに誤った時刻が表示されます。表示される時間予定の実際の時間の前後に、いくつかの時間はであり、Microsoft Dynamics CRM で Microsoft Dynamics CRM がインストールされているサーバーのタイム ゾーンのタイム ゾーンの設定によって異なります。
  • Internet Explorer 8 またはそれ以降のバージョンでは、Microsoft Dynamics CRM でフォームを開くときにすぐにリボンは表示されません。
  • Microsoft Dynamics CRM Online への招待を承諾しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    Windows Live ID では、 xxxx.xxxx@healthiergeneration.org、作業中の Microsoft Dynamics CRM Online の招待ではありません。この Windows Live ID のサインインをもう一度招待状用の正しい Windows Live ID でサインイン、サインアウト] をクリックします。

  • 複数の Outlook フィルターがある場合、Outlook の連絡先またはその他の同期のエンティティ型、 CRM で追跡] ボタンは表示されません。この問題はフィルターのいずれかが無効な場合に発生します。
  • ビューを Microsoft Office Outlook クライアントの 1 つの固定を解除した後は、ページ ビューにはレコードは返されません。
  • トレイ内の電子メール メッセージを編集するときに、電子メール メッセージは Outlook からは送信されません。この問題は、Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントを構成するときに発生します。Microsoft Dynamics CRM の構成が削除されると、電子メール メッセージを編集し、送信トレイから送信できます。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントを表示します。
    • 自分の仕事を展開して、[インポート] をクリックしておよび [ワークプ レース] をクリックします。
    • 完了したインポート開き完全にインポート、インポートされた部分的に、または失敗のレコードを表示する] をクリックします。
    • ダイアログ ボックスを閉じる。
    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    Microsoft Dynamics CRM では、エラーが発生しました。

  • Outlook で電子メール メッセージを追跡すると、電子メール メッセージを変換して、サポート案件または Outlook の機会に Microsoft Dynamics CRM で、電子メール活動は、新しいケースを作成するにはリンクされません。
  • Outlook 用の Microsoft の動的 CRM クライアントで関連を設定をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー: エラーが発生しました。

    この問題は、アカウントへのアクセスがあるない場合に発生します。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Outlook を起動するとします。
    • [連絡先] フォルダーを開きます。
    • 受信トレイを開くには、もう一度、[連絡先] フォルダーを開きます
    このシナリオでは、最初に [連絡先] フォルダーを開くより多くの時間かかります。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントで予定のチェック ボックスの値を保存できません。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントで」マイ受信メールで未解決の送信者」ビューを使用しようとすると、Outlook がクラッシュします。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、SQL クエリを Excel ワークシートにデータをエクスポートするを無効にします。
  • 監査履歴の表示で一度に 1 つのフィールドを更新した後の不正なデータが表示されます。
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) のピーク時にいくつかの秒の区画です。
  • 大規模なインポート ジョブを削除しようとすると、削除プロセスがタイムアウトします。
  • 連絡先ビューで多数のレコードをインポートした後、既定のグリッド ビューでパフォーマンスの低下が発生します。
  • SkipGettingRecordCountForPagingの設定は、Orgdborgsettings ツールに追加されます。設定が true の場合の選択として [#TotalRecordCount] COUNT(*)] クエリに設定されている場合はスキップされ、ビューにはレコードの合計数は返されません。
  • プラグインに割り当てメッセージの処理中に失敗する場合は、カスタム エラー メッセージは表示されません。
  • タイム ゾーン情報が北の冬の更新 2011年/2012年。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、ソリューション コンポーネント グリッドでは、ユーザー エンティティの依存関係の表示] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラー: 型 'している' の例外がスローされました。
    エラー番号: 0x80040216
    エラー メッセージ: があります、オブジェクト Id の 1 つの DependencyNode。

  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • カスタム エンティティを作成するとします。
    • 活動エンティティとリレーションシップを作成するはありません。活動の種類のカスタム エンティティの親リレーションシップを作成する代わりに、します。
    • カスタム エンティティの親、活動の種類の関連付けを作成するとします。
    このシナリオでは、循環リレーションシップ構造が存在します。これにより、Microsoft Dynamics CRM 2011 がクラッシュするが。
  • システムの 2 つのエンティティをカスタム リレーションシップで関連している場合、同じシステムの 2 つのエンティティ間に、ユーザー設定リレーションシップが含まれているマネージド ソリューションをインポートできません。
  • ある組織で、多言語ユーザー インターフェイス Pack (MUI) インストールされている MUI pack は、すべての言語に設定されていると仮定します。レポートは、組織をインポートしようとすると、エラー メッセージが表示されます。さらに、レポートは更新されません。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0 のプラグインであることを想定しています。エンティティを非同期モードでアクセス権の付与、メッセージには、プラグイン登録し、レコードを共有すると、例外エラーが発生します。プラグインを非同期的に実行するときは、次のエラー メッセージが表示されます。
    例外: System.Runtime.Serialization.SerializationException: 916 の 1 行目の位置でエラーが発生します。要素 'http://xxxx' の名前に対応するタイプのデータが含まれています 'http://xxxx'.デシリアライザーはこの名にマップされる任意の種類の知識がありません。DataContractResolver の使用を検討または KnownTypeAttribute 属性を使用してまたは DataContractSerializer に渡される既知の型のリストに追加してなどの既知の型のリストに 'PrincipalAccess' に対応する型を追加します。
  • サポート ダッシュ ボードでは、Microsoft Dynamics CRM Online での結果は表示されません。さらに、ユーザーの招待を送信することはできません。
  • 含む電子メール アドレスを保存することはできません、アット (@) または二重引用符 ("") ローカル部分に。
  • レポートが正しくないタイムスタンプを表示します。
  • カスタマイズをインポートした後は、組織にログインできません。この問題は、無効なサイトマップのカスタマイズに含まれている場合に発生します。エンティティの属性が空でない文字列を検証するサイト マップを XSD ファイルを更新しなければなりません。
  • 言語の準備ジョブが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    プロセス: CrmAsyncService ・ Crm 例外: メッセージ: LocalizedLabel が、エンティティやコンポーネントしようとしましたが遷移状態が無効から。

  • 横のナビゲーションは、web リソースを再読み込みすると、メモリ リークが発生します。さらに、次のページをロードするときにメモリ リークが発生します。
    • Calendar
    • お知らせ
    • 市場の力学
    • リソース センター

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Microsoft Dynamics CRM 2011 は、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが、プログラムのロールアップ 6 を更新します。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。資料には、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース版の機能を維持したい場合に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールする前に実行できる手順が含まれています。
2664150 更新プログラムのロールアップ 6 を適用した後、Microsoft Dynamics CRM 2011 では、PrincipalObjectAccess テーブルをクリーンアップする手順


2741514 Microsoft Dynamics CRM でビューを固定するときにパフォーマンスが低下します。


Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 5 では、すべての修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要がありますは含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 4 では、すべての修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要がありますは含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 3 は、すべての修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要がありますは含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用更新プログラムのロールアップ 2 は、有効にするか手動で構成する必要がある以下の修正プログラムと更新プログラムを含みます。有効にするまたは Microsoft Dynamics CRM 2011 を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料手順を実行します。資料には、Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース版の機能を維持したい場合に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 2 をインストールする前に実行できる手順が含まれています。
2535245 Microsoft Dynamics CRM 2011 の大規模なデータセットで RetrieveMultiple クエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 1 には、修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要がありますはありません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび個々 の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
以下のバグが修正され、(COD) 修正プログラムの要求時に重要なものとして配信されます。
  • 経由でインターネットに接続する展開 (IFD) を有効にする要求が Microsoft Dynamics CRM のにアクセスすると、404 エラー ページがランダムに生成されます。
  • Outlook のカスタム検索フィールドを簡易検索簡易検索ビューでは、Microsoft Dynamics CRM クライアントでフィールド リストを追加すると、カスタム検索フィールドをレコード表示しません。
  • レコード 1 人のユーザーからを割り当てるには、Microsoft Dynamics CRM 2011 で別のユーザーに、パフォーマンスが低下が発生します。さらに、割り当てプロセスはタイムアウトになることがあります。
  • いくつかのアカウントの Microsoft Dynamics CRM のレコードの間ですばやく切り替えると、Microsoft Office Outlook がクラッシュします。
  • Outlook で予定を保存するときにパフォーマンスが低下が発生します。
  • オフライン モードで、Microsoft CRM ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して、営業案件をクローズすることで、Outlook 用 Microsoft CRM client とします。オンライン状態に戻るクライアントを変更しようとすると、再生エラーが発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のインストールの更新プログラムのロールアップ 5 を持つ Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントを構成するときは、次のエラー メッセージが表示されます。

    LDAP サーバーは利用できません。

  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 期日に追加フィルタ リングに自分の作業領域で、データ グループのフィルターを変更する日付フィールドです。
    • マイ タスク フィルターを満たすし、期日が含まれているアプリケーションでタスクを作成する基準します。
    • このタスクは、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントと同期します。
    • タスクを削除するには、アプリケーションから。
    • タスク Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントでもう一度同期しています。
    このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    エラーが発生しました。この操作をもう一度実行してください。問題が引き続き発生する場合は、Microsoft Dynamics CRM のコミュニティを確認します。

  • 2 つのレコードの重複する電子メール アドレスを使用することを想定しています。セキュリティのアクセス許可の構成のための 2 つのレコードを 1 つだけへのアクセスがあります。このような場合は、アクセスのあるレコードに電子メール メッセージを送信しようとすると、電子メール メッセージは送信されません。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Crm 例外: メッセージ: SecLib::AccessCheckEx が失敗しました。Hr =-2147187962、ObjectID: ed22c90f-269 c-e011-98b4-00155d516fbe、OwnerId: 3618883d-509 c-e011-98b4-00155d516fbe、OwnerIdType: 8 と CallingUser: ebc6a2c7-259 の c-e011-98b4-00155d516fbe。ObjectTypeCode: 2、objectBusinessUnitId: 4a9246dd-7285-e011-ab97-00155d52100d、AccessRights: ReadAccess、エラー コード:-2147187962。

  • IFD の URL を使用して Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントが構成されていると仮定します。このような場合に、されたら資格情報を保存された資格情報が無効になった場合。
  • クレーム認証を有効にすると、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントでレポートを実行できません。
  • Internet Explorer 9 を使用して Microsoft Dynamics CRM web クライアントで表示するときに Internet Explorer は過度のメモリを消費します。このため、パフォーマンスが低下が発生します。
  • サブグリッド ビューではレコードは読み込まれません。
  • キューでクイック検索を実行した後に、キューを変更すると、スクリプト エラーが発生します。
  • Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM クライアントでの表示を固定すると、表示のタブは、セッション間で記憶し、ビューのデータはローカルにキャッシュします。
  • 定期的な予定を同期するときに、キャンセルされた会議を含むとキャンセルされた会議は、予定表から削除されません、Outlook がクラッシュします。
  • 非同期プラグインまたはワークフローのキュー アイテムの更新に登録されていることがあると仮定します。キュー アイテムが Microsoft Dynamics CRM 2011 では、Microsoft Dynamics CRM 4.0 の SDK エンドポイント ルート要求をルーティング、ルート要求は失敗します。
  • EnableRetrieveMultipleOptimizationの DWORD レジストリ エントリの値は2に設定した後は、最上位レベルのビジネス単位内のユーザーのレポートを表示できません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、電子メール テンプレートでは、複数行のテキスト フィールドが含まれている、改行では、複数行のテキスト フィールドの形式が正しくありません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

更新プログラムのロールアップ 6 のファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 6 のファイル情報のパッケージをダウンロードするには、ここをクリックしてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed



プロパティ

文書番号: 2600640 - 最終更新日: 2014年5月14日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011
キーワード:?
kbqfe kbfix kbmbsmigrate kbexpertiseinter atdownload kberrmsg kbsurveynew kbmt KB2600640 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2600640
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com