Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 6 について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2608646
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 6 Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック 1 (SP1) をリリースしました。この更新プログラム 27 2011/10 月にリリースされました。この資料では、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップの解決の問題

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 6 には、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2431609 更新が利用可能です Exchange Server 2010 は、メッセージ OWA のリテンション ・ ポリシーの更新
  • 2449266 EWS は、Microsoft Exchange Server 2010年環境では、EWS のクライアント アプリケーションはエラー メッセージへの TCP 接続を削除します。
  • 2480474 ユーザーがクォータの警告メッセージ Exchange 2010 用の SP1 を適用した後表示されません。
  • 2514820 Exchange Server 2010 SP1 環境の受信者に受信 fax メッセージが配信されません。
  • 2521927 OWA の Exchange ActiveSync の機能を無効にする Exchange Server 2010年環境で OWA プレミアム クライアントに反映されます。
  • 2528854 Exchange Server 2010年の SP1 がインストールされているコンピューターで、Microsoft Exchange メールボックス レプリケーション サービスがクラッシュします。
  • 2535289 時々、Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上でウイルス対策プログラムを実行すると、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスがクラッシュします。
  • 2536313 低速のメッセージの配信とジャーナリング メールボックス Exchange Server 2010年サーバー上のメールボックスへのアクセス
  • 2544246 Exchange Server 2010 SP1 環境における要求の受信者を受け入れる後 120 日後、NRN の会議出席依頼を受信します。
  • 2548246 Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上でフォルダー ビューが破損している場合がありますと、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスがクラッシュします。
  • 2549183 Exchange Server 2010 SP1 環境で接続するサーバーを指定するのには、EMC を使用しようとすると「を選択するのにはオブジェクトがありません」のメッセージ
  • 2549289 RBAC 役割のタスク実施者が予期せず、追加 MailboxPermission コマンドまたは削除 MailboxPermission コマンド Exchange Server 2010年サーバーの役割の割り当ての範囲外で実行できます。
  • 2555851 Exchange Server 2010 SP1 環境でメールボックスのコマンドを実行した後、メールボックス特定のアドレス一覧に表示されません。
  • 2559814 ユーザーを追加または Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して、メールボックスからデリゲートを削除できません。
  • 2561514 Exchange Server 2003年ユーザー別のフェデレーション組織のユーザーの空き/予約済み情報を表示できません。
  • 2563860 Exchange Server 2010年環境では既に 1000年のメールボックス データベースがある場合は、新しいメールボックス データベースを作成することはできません。
  • 2567409 空き時間情報メッセージを Exchange Server 2010年のサーバーから、Exchange Server 2003年サーバーにはレプリケートされません。
  • 2571791 連絡先アイテムが予期せず、Exchange Server 2010年環境保持ポリシーが適用されます。
  • 2572052 Exchange Server 2010 SP1 環境で外部の電子メール アカウントからの定期的な会議出席依頼の特定のプロパティが表示されません。
  • 2575005 環境 Exchange Server 2010 Service Pack 1 では、EMC または EMS を開始できません。
  • 2578631 特定のユーザー Exchange Server 2010年環境におけるメールが有効なパブリック フォルダーに電子メール メッセージを送信できません。
  • 2579172 オンライン モードで Office Outlook を使用して、Exchange Server 2010年メールボックスにアクセスするとき、削除または移動した項目は元のフォルダーに表示されます。
  • 2579671 EWS で Exchange Server 2010年環境で動的配布グループのメンバーの一覧を取得するのには、ExpandGroup メソッドを使用すると返される結果がありません。
  • 2582095 SmtpMaxMessagesPerConnection プロパティは、送信コネクタの Exchange Server 2010年環境での購読済みのエッジ トランスポート サーバーに複製されません。
  • 2600835 Exchange Server 2010 SP1 でのオンライン モードで Outlook を使用して、アイテムの添付ファイルを削除すると、RPC クライアント アクセス サービスがクラッシュします。
  • 2601701 Exchange Server 2010年データベースを VSS バックアップを実行すると、MSExchangeRepl.exe プロセスのメモリ使用量が増加し続ける
  • 2616127 オンライン モードで Outlook を使用して Exchange Server 2010年環境でメールボックスからキーワードを検索すると"0x80041606"のエラー コード
  • 2617126 Exchange Server 2010 SP1 環境で添付ファイルを含む電子メール メッセージを送信すると、Store.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2627769 いくつかのタイム ゾーンでは、OWA Exchange Server 2010年環境では Windows では同期されていません

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードして Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 6 をインストールするには、以下の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
最新の更新プログラムのロールアップは、Exchange 2010 をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

メモ マイクロソフトの更新プログラムは、データベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上の更新プログラムのロールアップが検出されません。

次のシナリオでこの更新プログラムのロールアップを使用するには、更新プログラムのロールアップは、Microsoft ダウンロード センター」からです。
  • 更新プログラムのロールアップ 6 Exchange Server 2010 SP1 の Exchange Server 2010 SP1 を実行している複数のコンピューターに展開します。
  • 更新プログラムのロールアップ 6 Exchange Server 2010年の SP1 では、DAG の一部であるメールボックス サーバーを展開します。

ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用できます。 リリース日: 2011 年 10 月 27日します。

重要な情報をお客様がインターネットに接続していないコンピューターに更新プログラムをインストールします。

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールが長い時間をことがあります。さらに、次のメッセージが表示される可能性があります。
ネイティブ イメージを作成しています。Net アセンブリです。

この現象を発生して接続先のネットワーク要求が、 http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl web サイト。これらのネットワーク要求は、ネイティブ イメージの生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに、証明書失効リストをアクセスしようを表しています。Exchange サーバーがインターネットに接続されていないため、プロセスが移動する前にただし、それぞれの要求がタイムアウトに待たされます。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. で、 ツール Windows Internet explorer のメニューをクリックして インターネット オプション、し、 高度な タブします。
  2. で、 セキュリティ セクションをオフにし、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].

のみを厳密に管理された環境でコンピューターである場合は、この Internet explorer のセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めします。セットアップが完了したらをクリックして、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスをもう一度。

Outlook Web App ファイルをカスタマイズしているコンピューター上の問題を更新します。

重要です 更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズされた Outlook Web App ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App をカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook Web App のカスタマイズ detailst
更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新処理が必要な場合、Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルやその他の Outlook Web App ファイルのカスタマイズは上書きされます、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズ作成し直す必要があります。

CAS CAS のプロキシ処理を導入した CAS プロキシ展開の手引きのお客様にとって問題を更新します。

更新プログラムのロールアップの次の条件を満たす場合、インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーでが適用されます。
  • あなたは、CAS プロキシ展開の手引きのお客様です。
  • CAS CAS のプロキシ処理を導入しています。

メモ その他の Exchange Server 2010年の構成では、サーバーが特定の順序で更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Exchange Server 2010 SP1 をインストールする必要があります。

メモ この更新プログラムのロールアップを適用する前にすべての中間更新プログラム Exchange Server 2010年の SP1 を削除します。

再起動の必要性


この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 6 を削除するには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルで削除するのには 2608646 を更新します。

参照

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述する用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2608646 - 最終更新日: 2011年10月28日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2608646 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2608646
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com