Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 21 を利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2621054
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 21 を利用可能です。この資料では、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 4.0 でサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

詳細

この更新プログラムのロールアップの数とファイルの名前を構築します。

Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバー、Microsoft Office Outlook、および Microsoft Dynamics CRM 4.0 電子メール ルーター Microsoft Dynamics CRM 4.0 クライアントの更新プログラムのロールアップ パッケージのビルド番号は 4.00.7333.3822 です。

32 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-サーバ[Langid].exe
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-クライアント-[Langid].exe
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-ルーター-[Langid].exe
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-DMClient-[Langid].exe
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-SRS-[Langid].exe
  • CRMv4.0 - KB2621054-i386-MUI-[Langid].exe
ファイル名は、64 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージ Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーと Microsoft Dynamics CRM 4.0 電子メール ルーターは次のとおりです。
  • CRMv4.0 ・ KB2621054 ・ amd64 ・ サーバ[Langid].exe
  • CRMv4.0 ・ KB2621054 ・ amd64-ルーター-[Langid] .exe
  • CRMv4.0 ・ KB2621054 ・ amd64 の SRS-[Langid].exe
  • CRMv4.0 ・ KB2621054 ・ amd64 の MUI-[Langid].exe

更新プログラムのロールアップの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センター」からダウンロード可能なです。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2621054 のパッケージをダウンロードします。

リリース日: 2012 年 2 月 9日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは配布ファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

インストール情報

Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーのコンポーネントまたは Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM コンポーネントを実行しているコンピューターにこの更新プログラムのロールアップを適用します。Microsoft Windows インストーラー (MSI) 4.5 をインストールしていない場合は、Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM の更新プログラム ロールアップ 21 をインストールするのには、インターネット接続が必要です。これは、MSI 4.5 をダウンロードする必要があるためにです。更新プログラムのロールアップ 21 をインストールした後、Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM を実行しているコンピューターを再起動する必要があります。

注意
  • 更新プログラムのロールアップ 21 を Microsoft レポート Viewer 2008 再頒布可能パッケージをインストールします。
  • 21 更新プログラムのロールアップは、マイクロソフト Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージをインストールします。
多言語ユーザー インターフェイス (MUI) を実行しているコンピューターに更新プログラムのロールアップ 21 をインストールする前に Microsoft Dynamics CRM 4.0 の言語パックをインストールする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
    Microsoft Dynamics CRM 4.0 が言語パックします。
  2. で、 [言語の変更 ドロップ ダウン ボックスで、適切な言語を選択します。
  3. クリック 変更 言語パックをダウンロードするには。
メモ この言語パックをインストールした場合は、言語パックの提供を解除する、更新プログラムのロールアップ 21 を MUI を実行しているし、言語パックを再提供するコンピューターにインストールする以前は、する必要があります。言語パックの提供を解除すると、その言語を使用するすべての Microsoft Dynamics CRM のユーザーが自分の言語に基本の言語の設定を元に戻す必要があります。言語パックを再提供する場合は、ユーザーの言語設定は更新されません。個人のオプションで言語設定をリセットする必要があります。

この更新プログラムのロールアップをインストールした後、Internet Explorer の一時ファイルを削除してください。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネット オプション。
  3. 使用している Internet Explorer のバージョンに応じて、以下の方法のいずれかを使用します。
    • インターネット エクスプ ローラー 8 または Internet Explorer 9 をクリックします。 削除 続いて 閲覧履歴 エリアをオンにし、 インターネット一時ファイル チェック ボックスで、 閲覧の履歴を削除します。 ダイアログ ボックス、クリックして 削除プロパティ ].
    • Internet Explorer 7 をクリックします。 削除 続いて 閲覧履歴 領域をクリックして ファイルを削除します。 続いて インターネット一時ファイル 領域をクリックし. [はい].
    • Internet Explorer 6 をクリックします。 ファイルを削除します。 続いて インターネット一時ファイル 領域をクリックし. ].
いくつかの Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM ファイルのインストール場所にローカル プロファイルと移動プロファイルからが変更されます。

移動プロファイルのサイズを小さくか、長い、ログイン時間、する場合は、残りのファイルを削除するには。これを行うには、マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料の手順を実行します。
2004583 Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM を開くと、長いログ時間

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 4.0 のこの更新プログラムのロールアップを適用するインストールが必要な場合。また、Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラム ロールアップ 7 Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM および Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーのための前提条件です。

更新プログラムのロールアップ 7 の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
971782Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 7 が利用可能です。
以前の更新プログラムのロールアップの前提条件については、[サーバー] セクションの Microsoft Dynamics CRM です。

さらに、Microsoft が必要です。更新プログラムのロールアップの 20 を適用するには NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストールします。取得するのには。NET Framework 3.5 には、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
マイクロソフト。NET Framework 3.5

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後、コンピューターを再起動します。

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明
Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM のソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの命名規則

プログラムのアンインストール情報

Microsoft Dynamics CRM のサーバーから、更新プログラムのロールアップ 21 をアンインストールできます。ただし、更新プログラムのロールアップ 21 をアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
方法: データベース (SQL Server Management Studio) のバックアップ

Microsoft Dynamics CRM 4.0 のための最新の更新プログラム

Microsoft Dynamics CRM 4.0 のヘルプ用に別々 の update は機能の強化およびこの更新プログラムのロールアップで修正に加えて、またサポートされているすべての言語で利用可能です。Microsoft Dynamics CRM 4.0 ヘルプの最新の更新プログラムをインストールしてください。

ノートをエクスポートする方法、およびカスタマイズのインポートについて

カスタマイズをエクスポートすると、以降の更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップ 2 と Microsoft Dynamics CRM 4.0 を実行しているサーバーからことができます。次に、インストールする更新プログラムのロールアップ 19 を持つサーバーにこれらのカスタマイズをインポートできます。Microsoft Dynamics CRM 4.0 がインストールされている更新プログラムのロールアップ 21 を実行しているサーバーからのカスタマイズをエクスポートすることもできます。次に、プログラムのロールアップ 2 の更新またはインストールを後で更新プログラムのロールアップを持つサーバーにこれらのカスタマイズをインポートできます。

Microsoft Dynamics CRM 4.0 を実行しているサーバーからのカスタマイズをエクスポートする場合は、Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーでは、次のシナリオでは、カスタマイズをインポートする必要がありますされません。
  • カスタマイズをエクスポートするために使用 Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーにインストールされた更新プログラムがありません。または、更新プログラムのロールアップ 1 だけ Microsoft Dynamics CRM 4.0 のインストールです。ただし、カスタマイズのインポートを使用して、サーバーでのみ更新プログラムのロールアップの 21 Microsoft Dynamics CRM 4.0 をインストールがあります。
  • カスタマイズをエクスポートするために使用 Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーのみの更新プログラム ロールアップ 21 Microsoft Dynamics CRM 4.0 がインストールされているが。ただし、カスタマイズのインポートを使用して、サーバーにはインストールされた更新プログラムはありません。または、更新プログラムのロールアップ 1 だけ Microsoft Dynamics CRM 4.0 のインストールです。

Microsoft Dynamics CRM 4.0 用更新プログラムのロールアップ 21 の解決の問題

更新プログラムのロールアップ 21 20 〜 更新プログラムのロールアップ 1 に記載されている問題に対するすべての修正プログラムを含む累積的な更新プログラムのロールアップです。

以前の更新プログラムのロールアップし、解決する問題の詳細については、「サポート技術情報」記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
952858 更新プログラムのロールアップ 1 が Microsoft Dynamics CRM 4.0 で利用可能です。
959419 Microsoft Dynamics CRM 4.1 用の更新プログラムのロールアップ 2 が利用可能です。
961768 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 3 を利用します。
968176 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 4 が利用可能です。
968141 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 5 は使用可能です。
970148 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 6 が利用可能です。
971782 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 7 が利用可能です。
975995 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 8 を利用します。
977650 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 9 が利用可能です。
979347 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 10 が利用可能です。
981328 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 11 が使用可能です。
2028381 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 12 が使用可能です。
2267499 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 13 が利用可能です。
2389019 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 14 が利用可能です。
2449283 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 15 が利用可能です。
2477743 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 16 が利用可能です。
2477746 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 17 は利用可能です。
2477777 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 18 が利用可能です。
2550097 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 19 を利用します。
2550098 Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 20 が利用可能です。


修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 21 には、修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要があります含まれません。

マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 20 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 20 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2655130 Dynamics CRM 4.0 クライアント Outlook を同期しようとすると、エラー メッセージ:「Outlook へのデータの同期中に不明なエラーが発生しました」

修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要がありますには、次の更新プログラムのロールアップ Microsoft Dynamics CRM 4.0 は含まれません。
  • 更新プログラムのロールアップ 19
  • 更新プログラムのロールアップ 18
  • 更新プログラムのロールアップ 17

マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 16 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 16 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2514142 マッピング ページ Microsoft Dynamics CRM 4.0 には、組織をインポートしようとするとが応答を停止します。
マイクロソフト サポート技術情報」の次の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要があり、更新プログラムのロールアップの 15 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 15 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2490574 Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーから連絡先を Microsoft Dynamics CRM 4.0 クライアントに Microsoft Office Outlook を同期した後、正しくない位置で連絡先の郵便番号コードが表示されます。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 14 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 14 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2436115 タイムアウトになったか、インターネット インフォメーション サービス 4.0 では Microsoft Dynamics CRM のリセットを実行した後、予定の活動を保存すると、パフォーマンスが低下します。
  • 2459536 予定 4.0 では Microsoft Dynamics CRM untracked ですと予定が予期せず Outlook 予定表で出席者が削除されます。
  • 2461448 タスクのレコードを Outlook のアラームの時間 Microsoft Dynamics CRM 4.0 クライアントに Outlook のタスク レコードの期限時間が予期せず上書きされます。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 13 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 13 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2403296 Microsoft Dynamics CRM 4.0 電子メール ルーター Microsoft SQL Server のクエリを実行すると、タイムアウト エラーが発生します。
  • 2403311 Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、営業支援システム エンティティのアクティビティ] の一覧から既存のアクティビティの追加をクリックすると、予定レコードとサービスのアクティビティ レコードは表示されません。
  • 2385412 検索フォーム Microsoft Dynamics CRM 4.0 から新しいレコードを作成しようとすると予期しないログオンするように求められます
  • 2306918 Microsoft Dynamics CRM 4.0 でカスタム属性を含むビューに移動すると、パフォーマンスが低下します。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 12 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップの 12 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 2277590 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で誤って既定「クローズド キャンペーン反応を記録する」チェック ボックス オンです。
  • 2249156 メールの重複が突然 Microsoft Dynamics CRM 4.0 の非同期サービスを含むサーバーから送信されます。

Microsoft Dynamics CRM 4.0 用の更新プログラムのロールアップ 11 を有効にするか手動で構成する必要がある更新プログラムは含まれていません。

マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップの 10 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前の更新プログラムのロールアップの 10 をインストールした場合はこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 981053 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で同時に多数のワークフロー インスタンスを実行したときに電子メール メッセージを送信するための手順が含まれているワークフロー ルール、デッドロックが発生します。
  • 981882 Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、連絡先の予定を作成すると、正しく、エラー メッセージが表示されません。
  • 981837 Microsoft Dynamics CRM 4.0 を更新するには、SDK の Microsoft Dynamics CRM インポート処理を実行すると、ルックアップ フィールドが更新されません。
  • 981883 既存の契約または Microsoft Dynamics CRM 4.0 でのユーザー定義エンティティの「アクティブ」状態では、既存の引用符を追加することはできません。
  • 981840 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で、KB 資料を作成すると、形式が正しくない knowledge base (KB) の文書番号を使用します。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 9 が含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前更新プログラムのロールアップ 9 をインストールした場合、およびこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にすると、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 948155 日付または時刻 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のいくつかのタイム ゾーンの UTC 時間が、データベース内変換できません可能性があります。
  • 950476 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のいくつかのタイム ゾーンをデータベース内の UTC 時刻に変換されません、日付または時刻
  • 958562 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で韓国語や日本語の言語を使用すると、コスト フィールドの既定の精度は 2 に設定されて
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 8 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前の更新プログラムのロールアップ 8 をインストールした場合はこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 974529 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で別のレコードの所有者のレコードを再割り当てした後一部の子のレコードおよび関連レコードに前のレコードの所有者が予期せず表示されます。
  • 977867 組織のインポート ウィザードが Microsoft Dynamics CRM 4.0 で組織をインポートするのには、時間がかかる
  • 978006 ルックアップのみ引用符または、カスタム エンティティをリンクしようとすると、「下書き」のステータスでは、契約または契約 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で表示
  • 978103 Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、Microsoft.Crm.SE.FixMissingBulkDeleteFailureRelationship.exe ツールを実行した後、カスタムの多対多のリレーションシップを削除できません。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 7 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前の更新プログラムのロールアップ 7 をインストールした場合はこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 975770 電子メール テンプレート内のフィールドが含まれている HTML 4.0 の Microsoft Dynamics CRM にプレーン テキストとして表示されます。
  • 976188 Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、役割の割り当て特権を持っているにもかかわらず、ユーザーにロールを割り当てることはできません。
  • 976978 Microsoft Dynamics CRM 4.0 の組織に Microsoft Dynamics CRM Online のカスタマイズをインポートしようとすると、エラー メッセージ:「ファイルをアップロードできませんでした、またはこれは有効なカスタマイズ ファイルではありません」
  • 979052 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のいくつかのパラメーターを含むレポートを実行すると、エラー メッセージ:「操作はタイムアウトがあります」
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 6 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップ 6 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 974584 Microsoft SQL Server 上でローカル管理者のアクセス許可を持たないアカウントを使用して Microsoft Dynamics CRM を展開することはできません。
  • 974597 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で悪意のあるスクリプトを含む Htm または html 添付ファイルを開くことができます。
  • 974896 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で Asyncoperation テーブルが大きく非常に
次の記事で、マイクロソフト サポート技術に実行できる手順が含まれている、Microsoft Dynamics CRM 4.0 のリリース版の機能を維持する場合は、更新プログラムのロールアップ 5 をインストールする前にします。
  • 948155 日付または時刻 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のいくつかのタイム ゾーンの UTC 時間が、データベース内変換できません可能性があります。
  • 950476 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のいくつかのタイム ゾーンをデータベース内の UTC 時刻に変換されません、日付または時刻
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 4 で含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップ 4 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 959758 Active Directory ドメインのスキーマおよび Microsoft Dynamics CRM 4.0 の Url とは別に外部の Active Directory のユーザーおよび内部の Active Directory ユーザー構成できません。
  • 963054 マーケティング リストからキャンペーン活動、簡易キャンペーン活動、または差し込み印刷のアクティビティを作成すると Microsoft Dynamics CRM 4.0 活動非アクティブなメンバーをマーケティング リストの生成します。
  • 969946 ツール、電子メールの件名から追跡トークンを抽出し、Microsoft Dynamics CRM 4.0 で電子メールのテーブルの追跡トークン列を更新するのには
  • 958084 修正プログラム Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、スマート一致機能を無効にするのには
  • 955138 Microsoft Dynamics CRM 4.0 でビューにアクセスしようとすると、パフォーマンスが低下したり、タイムアウトが発生します。
  • 951909 Microsoft Dynamics CRM 4.0 の別のサーバーには、カスタマイズをインポートしようとすると、エラー メッセージ:"無効な名のプレフィックス]
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 3 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前更新プログラムのロールアップ 3 をインストールした場合、およびこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にすると、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 958562 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で韓国語や日本語の言語を使用すると、コスト フィールドの既定の精度は 2 に設定されて
  • 956330 Microsoft Dynamics CRM 4.0 でカスタマイズをインポートする場合は、パフォーマンスの低下や高い CPU 使用率が発生します。
  • 968515 Microsoft Dynamics CRM 4.0 修正プログラム 950886 を適用すると、既存のカスタム セキュリティ ロール非表示特権が与えられていません
  • 958601 レコードを保存しようとすると、重複するレコードが検出されたと Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、ノートが失われます
  • 968672 Microsoft Dynamics CRM ユーザー別の Microsoft Dynamics CRM のユーザー Microsoft Dynamics CRM 履歴電子メール メッセージを送信するとき、受信者が Microsoft Dynamics CRM 履歴電子メール アイコンは表示されません。
  • 968755 AsyncOperationBase と WorkflowLogBase のテーブルが非常に大きくなるし、Microsoft Dynamics CRM 4.0 の多くのワークフローを使用すると、パフォーマンスの問題が発生します。
  • 968793 Microsoft Dynamics CRM 4.0 の修正プログラムを削除するまたは更新プログラムのロールアップをインストールした後、ワークフローを発行できません。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラムのロールアップ 2 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 更新プログラムのロールアップ 2 を既にインストールしている場合は、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にする場合は、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 954322 Microsoft Dynamics CRM 4.0 のアップグレードのインストールにいくつかのカスタマイズをインポートするときに、エラー メッセージ:「ファイルをアップロードできませんでしたまたはインポートに失敗しました」
  • 954940 Microsoft Dynamics CRM 4.0 でカスタム エンティティ レコードを削除しようとすると、エラー メッセージ:「エラーが発生しました、管理者に問い合わせてください」
  • 955452 電子メール テンプレートを使用して、データ行が Microsoft Dynamics CRM 4.0 でフィードを表示する電子メール メッセージを送信するときにライン フィードが使用されていません。
  • 955745 Microsoft Dynamics CRM 4.0 クライアント Outlook を構成しようとすると、エラー メッセージ:"この実装が Windows の一部ではありませんプラットフォーム FIPS 検証暗号化アルゴリズム」
  • 956527 Microsoft Dynamics CRM クライアントの Outlook バージョン 4.0 のバージョン 3.0 で 3 倍のメモリが消費されます。
  • 959248 Microsoft Dynamics CRM の電子メールのルーターを使用して電子メール メッセージを処理すると許容できないレベルまで Microsoft Dynamics CRM 4.0 が遅くなります。
  • 957871 Microsoft Dynamics CRM 4.0 で大きくなりすぎないよう、MSCRM データベースの AsyncOperationBase テーブル、ワークフロー展開タスク レコードを引き起こす
  • 959549 管理者は、管理者の Microsoft Dynamics CRM 4.0 での組織単位に属していない Active Directory ユーザーが予期せず表示できます。
マイクロソフト サポート技術情報」の以下の資料には、修正プログラムおよび有効にするか手動で構成する必要がありますし、更新プログラム ロールアップ 1 に含まれている更新プログラムが含まれます。

メモ 以前更新プログラムのロールアップ 1 をインストールした場合、およびこれらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効にすると、更新プログラムのロールアップ 21 を適用した後に、これらの修正プログラムおよび更新プログラムを手動で有効する必要はありません。
  • 948843 Microsoft Dynamics CRM 4.0 ではワークフローの編集または実行すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。
  • 950175 すべての Microsoft Dynamics CRM 4.0 アドインが読み込まれるまでが期待どおりには、Outlook を使用できません。
  • 950542 同期プラグイン Microsoft Dynamics CRM 4.0 で発生するイベントに応答しません。
  • 953340 Microsoft Dynamics CRM 4.0 では、CRM のユーザーから電子メール メッセージをキューに配信されません。
  • 954811 Microsoft Dynamics CRM 4.0 の展開マネージャーを Microsoft Dynamics CRM 4.0 サーバーを開くには、時間がかかる

修正プログラムおよび個々 の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラム

Microsoft Dynamics CRM 4.0 には、以下の修正プログラムまたは個別の修正プログラムとしてリリースされた更新プログラムが含まれているは、ロールアップ 21 を更新します。

  • 2667046 Microsoft CRM 展開の web サービスを使用するアプリケーションは、大規模なドメインと複数の下位のドメインがある環境でタイムアウト エラーことがあります。


更新プログラムのロールアップ 21 には、次の他の修正が含まれます。なしのこれらの修正プログラムは、個別技術資料に記載されています。
  • 組織インポート プロセス中にユーザーをマップして、Active Directory からユーザーを削除すると、組織のインポート プロセスは失敗します。
  • 使用して多くのマーケティング リストのメンバーを追加するときは、 高度な検索 関数、および、使用、 すべてのメンバーを追加します。 オプションは、Microsoft Dynamics CRM でのパフォーマンスの低下を発生します。さらに、Microsoft SQL Server が応答を停止します。
  • 2 つの関連するエンティティであることを前提としています。エンティティのいずれかの作成の権限を持ちは、Microsoft Dynamics CRM のユーザーことはできません表示されたら、 既存を追加します。 sub グリッドの作成権限がないエンティティのボタンです。
  • 有効にすると、ユーザーを無効にする、 システム 表示されます、 最終更新者 レコードのフィールド。ただし、アクションを実行したユーザーがフィールドに表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0 のクライアントをオフライン モードで Outlook データをアップロードすることを想定しています。その後、オンラインにして、クライアントの同期を実行します。このような状況では、クライアントの同期中にパフォーマンスの低下が発生します。ただし、Fiddler ツールを実行すると、問題は発生しません。
  • ワークフロー ルール定義を別のユーザに再割り当てしてユーザーはワークフローを発行すると仮定します。ワークフロー インスタンス レコードは、ワークフローの実行は、エンティティの種類に関連付けられています。このような状況では、ワークフローのインスタンスでを開くことができません、 システム ジョブ メニュー。さらに、ワークフローのインスタンス、リレーションシップ エンティティ内のワークフロー インスタンスを表示されません、 システム ジョブ ワークフロー定義のフォームのメニューです。

特別な考慮事項

Microsoft Dynamics CRM 4.0 Microsoft Office 2010年の 64 ビット版をサポートしていません。

インストールされている更新プログラムのロールアップ 8 では、Microsoft Exchange Server 2010年の Microsoft CRM 電子メール ルーター サービスをサポートしています。

更新プログラムのロールアップ インストールの 12 では、Microsoft Exchange Server 2010年のルール展開ウィザードをサポートしています。

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 自動 Id とリンク Id

自動更新機能を使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
元に戻す全体を表示する
アラビア語234564 & clcid 0x401 =00F5A25C-0A06-4B2B-8D50-E0C7B9FA5330
簡易字中国語234564 & clcid = の 0x804B6993E9F-5134-4F60-B910-0933059EFF17
中国語 (香港)234564 & clcid = の 0xc04650E720C-BA15-4776-943B-5A078941FC5E
中国語 (従来)234564 & clcid = の 0x404B660452B-938E-46BF-AD1F-4AF4CFDD4C17
チェコ語234564 & clcid = の 0x4050BA34CDD-5E62-4F3D-9E10-741FF0FD4290
デンマーク語234564 & clcid = の 0x40605F2C1EB-EBDD-4E7C-B408-E04602B31E9A
オランダ語234564 & clcid = の 0x4136CCAC6C0-5E8F-4512-AAF1-64B4EB66222C
英語234564 & clcid 0x409 =8C9D903C-6812-40B1-B85B-17021CACECB8
終了日します。234564 & clcid = の 0x40b9CA253A7-822D-480D-A3FC-EE0CF4189B40
フランス語234564 & clcid 0x40c =69B341A7-9657-4FD4-B7BF-084D94EACC38
ドイツ語234564 & clcid = の 0x4073B3CC587-6690-48FE-BCCF-4634426B3963
ギリシャ語234564 & clcid = の 0x408F1951DFB-59C2-492C-BD9A-2F8ADF88A59A
ヘブライ語234564 & clcid = の 0x40d02A03FD1-EE53-46F2-AD69-EC5017EB9373
ハンガリー語234564 & clcid = の 0x40e9553B328-9D9E-4BA3-B18B-A134748764D1
イタリア234564 & clcid = の 0x410F6CC99C9-7161-4402-9B27-71CD5AC3B7F0
日本234564 & clcid 0x411 =1BDD8034-1380-4DF6-9A1F-4F6B7DAA5522
韓国語234564 & clcid = の 0x4124B595E1E-88A2-4DAE-AF2D-26C88EE7DF31
ノルウェー語234564 & clcid = の 0x414DEAD87CF-AC67-4814-A164-6D1BFA75A8FC
ポーランド234564 & clcid = の 0x41514A7A3B1-B369-48BE-8316-841B4241A5D3
ポルトガル語 (ブラジル)234564 & clcid = の 0x416FE3580E3-D224-4A43-8AA9-D2A21C3B74A3
ポルトガル語 (ポルトガル)234564 & clcid = の 0x816105BB201-4F6F-4208-96CA-0615F9E7647F
ロシア語234564 & clcid = の 0x419DA9E7758-7D0A-4C23-9E32-8A59A4290437
スペイン語234564 & clcid = の 0x40aF490F5D6-5524-435E-A21B-1557D12EFCB7
スウェーデン語234564 & clcid = の 0x41d2637D821-9B94-4F10-AD53-73E770EA66F2
トルコ語234564 & clcid = の 0x41fA02787F2-D390-4E57-A374-0B61169A4CA2

ファイル情報

ファイルの情報の表示と非表示を切り替えるには、ここをクリックします。

プロパティ

文書番号: 2621054 - 最終更新日: 2012年2月10日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbmbsmigrate atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2621054 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2621054
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com