Forefront ユーザー マネージャー 2010 の利用の更新プログラムのロールアップ 2 の (4.0.3606.2 の構築)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2635086
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

更新プログラムのロールアップ 2 が ( 4.0.3606.2を構築する) Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用可能です。この修正プログラム パッケージは、いくつかの問題を解決し、「関連情報」に記載されているいくつかの機能を追加します。また、この更新プログラムには、FIM 2010 のリリース以降に加えられたすべてのサービスの修正が含まれています。

更新プログラムの情報

サポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能です。すべてのお客様が、本番システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

この更新プログラムは、次のマイクロソフト web サイトから利用可能です。

マイクロソフトの更新プログラム

http://update.microsoft.com

Microsoft 更新プログラム カタログ

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx

Microsoft サポート

この更新プログラムはマイクロソフトのサポートからダウンロードする場合、この Knowledge Base の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。さらに、Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムを入手することができます。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

コンポーネントの更新プログラム パッケージ

次の表には、マイクロソフトのサポートからダウンロード可能なコンポーネントの更新プログラム パッケージが含まれます。

元に戻す全体を表示する
コンポーネントファイル名
FIM 2010 のアドインと拡張機能FIMAddinsExtensions_xnn_KB2635086.msp

バージョンでは、x86 および x 64 を利用できます。
FIM 2010 のアドインと拡張言語パックFIMAddinsExtensionsLP_xnn_KB2635086.msp

バージョンでは、x86 および x 64 を利用できます。
FIM 2010 の証明書の管理FIMCM_xnn_KB2635086.msp

バージョンでは、x86 および x 64 を利用できます。
FIM 2010 の証明書管理クライアントFIMCMClient_xnn_KB2635086.msp

バージョンでは、x86 および x 64 を利用できます。
FIM 2010 サービスとポータルFIMService_x64_KB2635086.msp
FIM 2010 サービス ポータルの言語パックFIMServiceLP_x64_KB2635086.msp
FIM 2010 の同期サービス FIMSyncService_x64_KB2635086.msp

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Forefront ユーザー マネージャーのインストール 2010 (ビルド 4.0.2592.0 またはそれ以降のビルド) する必要があります。

再起動の必要性

FIM 2010 アドインおよび拡張機能のコンポーネントを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。また、サーバー コンポーネントを再起動する必要があります。

レジストリ情報

この更新プログラムで修正プログラムのいずれかを使用するには、レジストリを変更する必要があります。次の問題や機能、レジストリの変更が必要です。

置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以下の更新プログラムを置き換えられます。
2520954 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3594.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2502631 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3573.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2417774 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3573.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2272389 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3558.2) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用します。

2028634 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用します。

978864 Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年 (FIM) 1 のパッケージを更新します。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示すると、そのローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間
FIMAddinsExtensionsLP_x64_KB2635086.msp4.0.3606.24,620,80030-1 月-201201: 13
FIMAddinsExtensionsLP_x86_KB2635086.msp4.0.3606.23,710,46430-1 月-201201: 00
FIMAddinsExtensions_x64_KB2635086.msp4.0.3606.23,261,95230-1 月-201201: 13
FIMAddinsExtensions_x86_KB2635086.msp4.0.3606.22,759,16830-1 月-201201: 00
FIMCMClient_x64_KB2635086.msp4.0.3606.25,805,56830-1 月-201201: 13
FIMCMClient_x86_KB2635086.msp4.0.3606.25,143,04030-1 月-201201: 00
FIMCM_x64_KB2635086.msp4.0.3606.213,950,97630-1 月-201201: 13
FIMCM_x86_KB2635086.msp4.0.3606.213,545,98430-1 月-201201: 00
FIMServiceLP_x64_KB2635086.msp4.0.3606.24,685,31230-1 月-201201: 13
FIMService_x64_KB2635086.msp4.0.3606.217,946,62430-1 月-201201: 13
FIMSyncService_x64_KB2635086.msp4.0.3606.2121,602,04830-1 月-201201: 13

詳細

この更新プログラムの既知の問題

問題 1
更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後、ルール拡張し、拡張可能な MA (ECMA 上) に基づくカスタム管理エージェント、実行のステータスが「停止-拡張子 dll のロード」に実行可能性がありますいません。この問題をこのようなルールの拡張機能を実行するか、カスタム Ma、以前構成ファイル MIISServer.exe に変更されて場合に発生します。たとえば、サービスの FIM の MA の同期エントリを処理するため、デフォルトのバッチ サイズを変更するには、ファイルを編集した可能性があります。

この例では、同期エンジン インストーラーこの更新プログラムを意図的に、構成ファイル、以前の変更が削除されないようにするために置き換えられません。構成ファイルが置き換えられないため、更新プログラムのロールアップ 2 で必要なエントリは、ファイルには存在できませんし、フル インポートまたはデルタのプロファイルを実行する同期を実行すると、同期エンジンはルール拡張機能 .dll は読み込まれません。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. MIIServer.exe.config ファイルのバックアップ コピーを作成します。
  2. テキスト エディターで、または Visual Studio で、MIIServer.exe.config ファイルを開きます。
    • 使用して、テキスト エディターを開くことを確認してください、 管理者としての実行します。 Windows を使用すると、変更内容を保存できるためのオプションです。
    • テキスト エディターを使用して開かないかどうかは、 管理者としての実行します。 オプションとオプションを有効にして、UserAccountControl、Windows しないことを保存してファイルを \bin ディレクトリ フォルダー。
  3. ファイルに次の変更を確認します。

    現在のテキスト:
    <bindingRedirect oldVersion="3.3.0.0" newVersion="4.0.0.0" />

    更新されたテキスト:
    <bindingRedirect oldVersion="3.3.0.0" newVersion="4.0.1.0" />
  4. 手順 3 で変更した行に直接、次の行を挿入します。
    <bindingRedirect oldVersion="4.0.0.0" newVersion="4.0.1.0" />
  5. 次の行を見つけます。
    <startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true">
  6. 手順 5 で、行に直接、次の行を挿入します。
    <supportedRuntime version="v4.0.30319"></supportedRuntime>
  7. [スタートアップ] セクション、次のようなことを確認します (順序が重要です)。
    <startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true">
      <supportedRuntime version="v4.0.30319"></supportedRuntime>
      <supportedRuntime version="v2.0.50727"></supportedRuntime>
    </startup>
  8. ファイルに変更を保存します。
  9. Forefront ユーザー マネージャーの同期サービス (FIMSynchronizationService) を再起動します。
  10. ルールの拡張機能およびカスタム管理エージェントが期待どおり動作することを確認します。
詳細について
更新プログラムのロールアップ 2 には、私たち Microsoft.MetadirectoryServicesEx.dll (別名インターフェイス DLL) の新しいバージョンが含まれています。これは、バージョン 4.0.1.0 です。ECMA1/XMA の MA 拡張やルールの拡張機能がある場合は、作業を続行するのには、これらの拡張子の追加アクションを実行する必要があります。これは、バージョン 4.0.0.0 (古いバージョン) への参照が DLL であるためにです。管理エージェントは、64 ビットでありインプロセスで実行されている場合は、Miiserver.exe.config 内のバインディング リダイレクトを十分になり、さらにアクションを実行する必要はありません。アウトのプロセスを 32 ビットまたは 64 ビットとして、管理エージェントを実行している場合は、いずれか、次の操作を実行することがあります。
  • インタ フェース DLL の参照、新しい 4.0.1.0 版、管理エージェントの拡張機能を再コンパイルします。
  • Miiserver.exe.config、フォルダー % プログラム セグ: Forefront Id Manager\2010\Synchronization サービスをコピーして、"Dllhost.exe.configwo"として変更
重要なセクションでは、この構成ファイルは、バインドのリダイレクトです。これには、アウトのインターフェイス DLL の新しいバージョンを検索するプロセスが実行されているプロセスことができます。更新プログラムのロールアップ 2 のルールの拡張機能が動作していない場合は、bin フォルダー内の Mmsscrpt.exe.config ファイルが Miiserver.exe.config はこのマイクロソフト サポート技術情報の資料に記載されているステートメントをリダイレクトする、同じバインディングがあることを確認してください。場合は、セットアップ プロセスの外部構成ファイルの変更はこれらのステートメントが表示されません。

解決される問題や、この更新プログラムで追加される機能

この更新プログラムには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている、以前にリリースされた修正プログラムが含まれます。
2520954 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3594.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2502631 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3576.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2417774 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3573.2) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 を利用します。

2272389 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3558.2) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用します。

2028634 修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.0.3547.2) は、Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年を利用します。

978864 Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年 (FIM) 1 のパッケージを更新します。

この更新プログラムは、次の問題が修正されますも、マイクロソフト サポート技術にこれまで記載されていない、次の機能を追加します。

スキーマ

問題 1
オブジェクトとのバインドを格納するオブジェクトのクラスを削除することはできません。たとえば、カスタム属性はオブジェクト クラスに割り当てた可能性があります。これにより、バインディングが作成されます。この更新プログラムでは、すべてのバインディングには、そのオブジェクトまたはクラスを削除する前に、オブジェクトまたはオブジェクトのクラスを削除しようとした場合、次の一般的なエラー メッセージが表示されます。
要求を処理できませんでした。

以前の更新プログラムとして、このエラー メッセージこの問題を解決するための具体的な指示を付けた。すべてのバインディングには、オブジェクトまたはクラスを削除して、オブジェクトまたはクラスを削除する必要があります。



同期サービスの FIM

問題 1
ビルド 4.0.3587.2 確認を待機するのではなく、エスクローで未確認のエクスポートを維持する特別の ECMA モードが導入されました。問題とその修正プログラム escrowed のエクスポートにはマージされません新しい項目に保留中のエクスポートを追加するのには、デルタ同期が発生しました。この更新プログラムは場合は、 ECMAAlwaysExportUnconfirmed レジストリ キーを設定するには 1、escrowed と保留中の変更がマージされます。

問題 2
まれなケースでフル インポート中に、同期エンジンがクラッシュする可能性がありますが修正されます。

問題 3
同期エンジンが Active Directory ユーザーおよびコンピューター (ADUC) スナップインで UserCannotChangePassword フラグが適用されます。

問題 4
最後の値が削除された複数値、優先順位の等しい、ない参照属性の FIM MA デルタ同期、同期エンジンでクラッシュする可能性があります問題が修正されます。

問題 5
FIM を削除した後のデルタ インポート FIM でないオブジェクトがプロビジョン解除された MA で問題を修正します。

問題 6
オブジェクトも削除された場合のコネクタとして表示する続行可能性がありますの問題が修正されます。この問題は、ごみ箱が有効になっている場合に発生します。

機能 1
拡張可能な接続の管理エージェント 2.0 (ECMA2.0) という、新しいコネクタ (以前の管理エージェント) 開発フレームワークが含まれています。これは、管理エージェントのドロップ ダウン リストに新しいエントリとして表示されます。詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
Forefront ユーザー マネージャーの ECMA 2.0 のマニュアル
機能 2
Microsoft を実行して、FIM の同期サービスになりました。NET Framework 4 拡張コードです。これは、規則の拡張と管理エージェント (ECMA 262 言語仕様バージョン 2.0 など) を使用できます。FIM の同期サービスに自動の最新のバージョンを検出は。NET Framework サーバー上。それが必要な場合は、無効にすることができますがします。NET Framework 4 ランタイム] セクションでは、Miiserver.exe.config ファイルを削除します。

セットとクエリ

問題 1
修正プログラムのロールアップの削除 2520954 サポートの次の文字を使用してワイルドカード文字を SQL クエリは、動的グループのフィルター、およびフィルターを設定:
  • アンダー スコア (_)
  • パーセント (%)
  • 開き角かっこ ()
いくつか既存のお客様の環境の機能これらの文字がワイルドカード文字として使用できます。この修正プログラム、以前の変更を元に戻します。

FIM サービス MA

問題 1
FIM サービス要求ログ連続した削除の数である含まれている場合の標準の設定を超えています、 DeltaImportPageSize レジストリ キーは、FIM MA デルタ インポート可能性があります停止処理の削除に到達した後、 DeltaImportPageSize 値です。

FIM サービス

問題 1
修正する FIM 2010 にアップグレードできない問題のビルド 4.0.3594.2 以前する FIM 2010 の R2。

FIM 2010 のビルドと SharePoint 2007 をインストールする 4.0.3594.2 より前があることを前提としています。FIM 2010 を R2 にアップグレードする前に、SharePoint 2010 にアップグレードする場合は、FIM のインストーラーが失敗して、次のエラー メッセージを受け取ります。
SharePoint Timer サービスは実行されていません。
この更新プログラムを任意の順序で、FIM 2010 R2 と SharePoint のアップグレードを実行することができます。

Outlook アドイン

問題 1
Outlook には、アドインが Outlook に閉じるを防ぐことができますが問題が修正されます。この問題が発生するは、Windows エクスプ ローラーのショート カット コマンドを使用して電子メール メッセージを作成すると (すべてのファイルを右クリックしをクリックして 送信します。プロパティ [メールの宛先).

宣言型のプロビジョニング

問題 1
同期ルールは、ルールを削除すると、オブジェクトのプロビジョニング解除をトリガーするように構成されていてで MVObjectDeletetionRule 同期ルールが正しく発生しません、問題が修正されます。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2635086 - 最終更新日: 2012年3月30日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2635086 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2635086
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com