SMTP がディレクトリ同期でオンプレミスのユーザーアカウントを Office 365 ユーザーアカウントと一致させる方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2641663 - 対象製品

アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ユーザーのアカウントが Office 365 管理ツールを利用して認証されていた場合、ユーザー アカウントの認証ソースを転送しなければならない場合があります。このような管理ツールには、Office 365 ポータルや Windows PowerShell 用Microsoft Azure Active Directory モジュールなどがあります。認証ソースを移行することにより、アカウントはオンプレミス Active Directory Domain Services (AD DS) のユーザー アカウントからディレクトリ同期を通じて管理することができます。

この資料は、”SMTP matching” (プライマリ Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) アドレスを使用して、オンプレミス ユーザー アカウントと Office 365 ユーザー アカウントを一致させる処理) による、認証ソースの転送への影響について記載しています。

詳細

SMTP 一致制限

SMTP 一致処理には、以下の技術的制限があります。
  • SMTP 一致は、Microsoft Exchange Online 電子メール アドレスを持つユーザー アカウントでのみ実行可能です。
  • Office 365 管理ツールを使用して認証されていたユーザー アカウントの SMTP 一致は一度のみ可能です。その後、Office 365 アカウントは、プライマリ SMTP アドレスではなく、変更不可能なID 値によりオンプレミス ユーザーを特定します。
  • クラウド ユーザーのプライマリ SMTP アドレスは、SMTP 一致処理を行う間、更新することはできません。これは、プライマリ SMTP アドレスが、オンプレミス ユーザーをクラウド ユーザーと結び付ける値のためです。

オンプレミスユーザーとクラウド ID の SMTP 一致

ディレクトリ同期でオンプレミスユーザーとOffice 365 ユーザーアカウントとのSMTPを一致させるためには次の手順を行います:
  1. 次の手順にて、該当する Office 365 アカウントのプライマリ SMTP アドレスを取得します。
    1. 全体管理者アカウントを使用して、 Office 365 ポータルにアクセスします 。
    2. 以下のいずれかを実行します。
      • Office 365 の場合は、 [管理] をクリックし、[Exchange] をクリックして Exchange 管理センターを開きます。
      • アップグレード前の Office 365 の場合は、[管理者] をクリックし、[Exchange Online] の下から [管理] をクリックして、Exchange コントロール パネル (ECP) を開きます。
    3. ECP または Exchange 管理センターで希望のユーザー アカウントを探し、ダブルクリックします。
    4. [電子メールオプション] のセクションを展開し、プライマリSMTP アドレスのメモを取ります。
  2. [Active Directory ユーザーとコンピューター] を起動します。オンプレミス ドメインに、Office 365 ユーザー アカウントと一致するユーザー アカウントを 1 つ作成します。詳細は、次のMicrosoft TechNet Web サイトを参照してください。
  3. 手順 1D にてメモを取ったプライマリ SMTP アドレスと一致するように、新しいユーザー アカウントのプライマリ SMTP アドレスを設定します。

    Exchange 管理ツールを利用し上記を行うには、以下の Microsoft Web サイトをご参照ください。
    Exchange がオンプレミスにインストールされない場合は、[Active Directory ユーザーとコンピューター] を利用し、SMTP アドレスを編集することができます。
    1. ユーザー オブジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. [全般タブ] にて、[電子メール] フィールドを更新の上、[OK] をクリックします。

  4. ディレクトリ同期を強制実行ます。方法についての詳細は、以下の Microsoft Web サイトをご参照ください。
    ディレクトリ同期を強制実行する

オンプレミスのディレクトリ同期とクラウド側の管理ツール (例:Office 365 ポータル、Windows PowerShell 用Azure Active Directory モジュール) 間で行われる認証ソースの転送については、次の Microsoft Web サイトをご参照ください。

ディレクトリ同期と権限ソース


追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2641663 - 最終更新日: 2014年6月19日 - リビジョン: 16.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
キーワード:?
o365 o365a o365e o365062011 o365022013 pre-upgrade after upgrade o365m KB2641663
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com