修正: オーバーライドされた Url の先頭のテーブルおよび上位ルールをオーバーライドのユーザー テーブルの情報表示誤った情報、Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010年環境で

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2653669
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください:
  • Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイを使用する 2010年を構成する、 ユーザー指定のカテゴリをブロック Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010年サービス パック 1 (SP1) で導入された機能です。
  • Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 ユーザーの拒否規則をオーバーライドするを監視できるように、レポートを生成するを構成します。

このシナリオでは、オーバーライドされた Url の一番上のテーブルの概要情報を検索して上位ルールをオーバーライドのユーザー テーブルに誤った情報を表示可能性があり、値が予想よりも大きく見えます。

原因

この問題は、前の日の値は次の日の値にロールバックすることこの情報の要約は、ストアド プロシージャが、値が累積されるために発生します。

解決方法

この問題を解決するには、以下の Microsoft サポート技術情報資料に記載されている修正プログラム パッケージをインストールします。
2649961 プログラムのロールアップ 1 を Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 Service Pack 2
この修正プログラムを有効にするには、Forefront 脅威管理ゲートウェイ サーバーの 1 つで、 FixSoftBlockSummaries.jsスクリプトを実行します。Forefront 脅威管理ゲートウェイ サーバーやアレイ ・ ノードのエンタープライズ管理サーバーでは、このスクリプトを実行できます。

スクリプトは、すべての利用可能なアレイを列挙し、概要情報が正しく作成されるように、ストアド プロシージャを修正します。新しいアレイにストレージを追加する場合、スクリプトを再度実行する必要があります。

この修正プログラムを有効にするを参照してください、"Fix it for me"セクションに移動します。この修正プログラムを有効にする場合は、"自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、"セクションに移動します。

Fix it for me



この修正プログラムを自動的に有効にするをクリックして、 [ ]続いて Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない 続いて [ ダイアログ ボックスし、ウィザードで、修復の手順を実行します。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50878


注意
  • マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている修正プログラムをインストールします。 2649961 これを実行する前に、ソリューションを修正します。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。ですが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。



自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、

  1. メモ帳を起動します。メモ帳を起動するをクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] メモ帳 続いて と入力して ボックスし. ].
  2. 次のスクリプトを新しいメモ帳ファイルに貼り付けます。
    var guidGenerator = new ActiveXObject("Scriptlet.TypeLib");
    var fpcRoot = new ActiveXObject("FPC.Root");
    try
    {
      WScript.Echo("Enumerating arrays:");
      var arraysCollection = new Enumerator(fpcRoot.Arrays);
      for (; !arraysCollection.atEnd(); arraysCollection.moveNext())
      {
          try
          {
              var array = arraysCollection.item();
              var found = false;
              WScript.Echo("    " + array.Name);
              var sumDefsCollection = new Enumerator(array.Reports.ReportSummaryDefinitions);
              for(; !sumDefsCollection.atEnd(); sumDefsCollection.moveNext())
              {
                  var sumDef = sumDefsCollection.item();
                  if(sumDef.Name != "spTrimArraySoftBlockSummary")
                  {
                      continue;
                  }
                  
                  if (sumDef.AggregationStatement.indexOf("@ToDate AS [Date]") < 0)
                  {
                    WScript.Echo("---- spTrimArraySoftBlockSummary.AggregationStatement already contains fix, skipping array");
                    break;
                  }
                  
                  found = true;
                  WScript.Echo("Found summary definition " + sumDef.Name + ", will fix the AggregationStatement");
                  WScript.Echo("---- Old version start");
                  WScript.Echo(sumDef.AggregationStatement);
                  WScript.Echo("---- Old version end");
                  sumDef.AggregationStatement = sumDef.AggregationStatement.replace(/@ToDate AS \[Date\]/g, "@FromDate AS [Date]");
                  WScript.Echo("---- New version start");
                  WScript.Echo(sumDef.AggregationStatement);
                  WScript.Echo("---- New version end");
                  break;
              }
              if (found)
              {
                  WScript.Echo("Updating configuration ID...");
                  WScript.Echo("Old configuration ID:" + array.Reports.ReportingServicesProperties.ReportingServicesConfigurationId);
                  array.Reports.ReportingServicesProperties.ReportingServicesConfigurationId = guidGenerator.Guid;
                  WScript.Echo("New configuration ID:" + array.Reports.ReportingServicesProperties.ReportingServicesConfigurationId);
              
                  WScript.Echo("Saving the current configuration...");
                  array.Save();
                  WScript.Echo("Waiting for configuration reload...");
                  array.WaitForReload();
              }
          }
          catch (err)
          {
            WScript.Echo("An error occurred. Error Decscription: " + err.description);
            WScript.Echo("Try running the script as an administrator");
          }
      }
    }
    catch (err)
    {
      WScript.Echo("An error occurred. Error Decscription: " + err.description);
      WScript.Echo("Try running the script as an administrator");
    }
  3. としてファイルを保存します。 FixSoftBlockSummaries.jsをクリックし、メモ帳を終了します。
  4. サーバー上で、管理者のコマンド プロンプトを開きます。
  5. 次のコマンドを使用して、スクリプトを実行します。
    cscript.exe FixSoftBlockSummaries.js
待機を完了するのには、スクリプトと同期するように構成します。その後、拒否規則をオーバーライドしたユーザーに関する情報が正しく作成されます。スクリプトはこの問題以前のサマリー データを修正できません。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it for meブログにコメントを記入するか、 電子メール.

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2653669 - 最終更新日: 2012年6月5日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbfixme kbsurveynew kbmsifixme KB2653669 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2653669
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com