FIX SQL Server 2012 AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスは、データ品質のサービスの機能はサポートされていません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2674817
Microsoft Microsoft SQL Server 2012年の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

問題 1

次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2012 AlwaysOn のフェールオーバー クラスター インスタンスをインストールします。選択するのには、クリックして、 データ品質サービス (DQS) チェック ボックス データベース エンジン サービス で、 [機能の選択ページします。このシナリオでは、インストール中に、エラー メッセージは表示されませんが、次の問題が発生する可能性があります。
  • ボタンをクリックし、 メニューのショートカットのアイコン データ品質のクライアントは、データ品質のサーバー インストーラーを追加のクラスター ノードではありません。
  • データ品質のサービスのバイナリは、追加ノードではありません。
  • SQL Server のインスタンスを追加のクラスター ノードにフェールオーバーし、データ品質のクライアント アプリケーションのインスタンスから接続する場合は、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    データ品質のサービスのライセンスの有効期限が切れました。

    メッセージ ID: ServerLicenseExpired

問題 2

クラスターのプライマリ ノードで DQSInstaller.exe を実行して、データ品質サービス (DQS) をインストールしようとすると、DQSInstaller DQS カタログを構築するのには、SQL Server データベース エンジン インスタンスに接続できません。さらに、次のような 1 つまたは複数のエラー メッセージが表示されます。


エラー メッセージ 1
生じます (0x80131904): で SQL Server への接続を確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからなかったか、アクセスできませんでした。インスタンス名が正しいことし、SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認します。(プロバイダー: パイプ プロバイダーはエラーを名前付き: 40 - SQL Server への接続を開くことができません)

エラー メッセージ 2

生じます (0x80131904): で SQL Server への接続を確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからなかったか、アクセスできませんでした。インスタンス名が正しいことし、SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認します。(プロバイダー: SQL ネットワーク インターフェイス、エラー: 26 - エラー サーバー/インスタンスの指定検索)

原因

問題 1 の原因
この問題は、SQL Server のセットアップ プログラムのバグのため発生します。

問題 2 の原因
この問題は、DQSInstaller.exe、クラスターの仮想名を使用できないために発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次の累積的な更新プログラムをインストールします。この累積的な更新プログラムの DQS クラスターの SQL Server 2012年セットアップの一部としてサポートことができます。DQS SQL Server 2012年でなしの SQL Server 以前をクラスター ノードにインストールされているインスタンスはクラスターのシナリオでのみのインストールをサポートします。サポートを有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • フェールオーバー クラスターが既にインストールされているし、追加またはセカンダリ クラスター ノードから、DQS 機能がない場合は、SQL Server の 2012年インストール必要があります (RemoveNode) アンインストールして再し (AddNode) ノードに CU1 の更新プログラムを使用して、この資料の後半に記載されている手順を実行してインストールします。SQL Server 2012年のクラスター化されたインスタンスをアンインストールする前に、すべてのユーザー データベースのバックアップを作成するかどうかを確認します。[ノードの削除」の詳細について Microsoft Books Online の次の資料を参照してください。
    .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms191545 (SQL.110)
  • SQL Server インストールされて 2012年のインスタンスがあるない場合は、インストールを実行して、RTM のセットアップを実行する前に、1 の累積的な更新プログラム パッケージを適用するにはこの資料の後半で説明している手順をまだに従ってください。クラスター上で、新規のインストールを実行すると、累積的な更新含められます。

    SQL Server 2012年のセットアップを実行すると、[製品更新のスキャン] の手順には求められます。ただし、検索してのみ Microsoft 一般的な配布リリース (GDR) をダウンロード、サービス パックの更新できます。累積的な更新 1 パッケージは表示されません。

    累積的な更新プログラム パッケージ 1 を含めるには、最新の更新プログラムをダウンロードしたパッケージをコマンドラインを使用できます。以下が手順例となります:
    1. ローカル フォルダーまたは UNC パスに、累積的な更新プログラム パッケージをダウンロードします。たとえば、累積的な更新プログラム、次のフォルダーにダウンロードします。
      C:\CU1Update
    2. .Ini ファイルの累積的な更新プログラム パッケージを保存するフォルダーに SQL Server 2012年のセットアップ プログラムを実行するのには、次の方法のいずれかを使用します。
      • SQL Server 2012年、DQS 機能、クラスターのプライマリ ノード上でインストールするには、次の手順を実行します。
        1. 新しいサーバーの場合は、管理者としてコマンド プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。
          Setup.exe/アクション addnode/updatesource ==フォルダー パスの EXE を更新>

          たとえば、次のコマンドを実行します。
          Setup.exe/action addnode/updatesource = c:\CU1Update =
        2. 通常は、セットアップ ウィザードを完了します。以下が手順例となります:
          1. クリック] セットアップ サポート ルールを設定します。
          2. で、製品の更新プログラム ページで、修正プログラム パッケージが存在しをクリックを確認します。 次へ.
          3. で、 セットアップ ファイルをインストールします。ページで、クリックしてくださいインストール.
          4. 次のページをクリックします。次へ:
            • ルールのサポート
            • プロダクト キー
            • ライセンス条項
            • ロールを設定します。
            ?
          5. 選択データベース エンジン サービス, データ品質のサービス、し、必要があります、その他の機能プロパティ次へ.
          6. で、 機能の規則ページで、クリックしてください 次へ.
          7. で、インスタンスの構成ページ、型 SQL Server ネットワークは、フェールオーバー クラスターの名前を付けるしをクリックして次へ.
          8. で、ディスク領域の要件ページで、クリックしてください 次へ.
          9. で、クラスター リソース グループページでは、SQL Server の名前をフェールオーバー クラスターのリソースが追加され、しをクリックしてのリソース グループのクラスターの種類次へ.
          10. で、クラスター ディスクの選択ページで、ディスクを選択し、クリックしてください、次へします。
          11. で、クラスター ネットワークの構成 ページで、ネットワークの設定を確認しをクリックしてください次へします。
          12. で、サービスの構成ページ、サービス アカウント情報を入力しをクリックしてください次へします。
          13. 次のページをクリックします。 次へ:
            • エラーを報告します。
            • クラスターのインストール規則
            • インストールの準備完了
      • SQL Server 2012年、DQS 機能、その他のクラスター ノード上でインストールするには、次の手順を実行します。
        1. 新しいサーバーの場合は、管理者としてコマンド プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。
          Setup.exe/action addnode/updatesource = =フォルダー パスの EXE を更新>
          たとえば、次のコマンドを実行します。
          setup.exe/action addnode/updatesource = c:\CU1Update =
        2. 通常は、セットアップ ウィザードを完了します。以下が手順例となります:
          1. クリック ] セットアップ サポート ルールを設定します。
          2. で、 製品の更新プログラム ページで、修正プログラム パックが存在しをクリックを確認します。 次へ.
          3. で、 セットアップ ファイルをインストールします。 ページで、クリックしてください インストール.
          4. 次のページをクリックします。次へ:
            • セットアップ サポート ルール
            • プロダクト キー
            • ライセンス条項
          5. で、 クラスター ノードの構成SQL Server ネットワーク名、クラスターのプライマリ ノードへのインストールからの入力] ページで、(ステップ 2B7 SQL Server インスタンスの名前を前の行頭文字ポイントの下を参照)、し次へ.
          6. 次のページをクリックします。 次へ:
            • エラーを報告します。
            • ノード ルールを追加します。
            • ノードを追加することができます。


        SQL Server 2012年のインストールでの製品の更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
    3. 後のクラスターのセットアップが正常に完了しました (累積的な更新プログラム パッケージ 1 を含む) と、要求されたが再起動が完了する、DQS インストールを完了するのには、DQSInstaller.exe を実行する必要があります。詳細については、次の web サイトを参照してください。
      アップグレード DQS: 累積的な更新プログラムまたは修正プログラムの修正プログラムにデータ品質のサービスをインストールします。
      1. DQSInstaller.exe を影響を受けるインスタンスを DQS カタログを構築するには、過去に決して実行が場合、DQS の初期構成を実行するには、アクティブなクラスター ノードから DQSInstaller.exe を実行する必要があります。

        クラスターのアクティブ ノードは、DQSInstaller.exe から実行、 [スタート] メニュー > すべてのプログラム > Microsoft SQL Server 2012 > データ品質のサービス > データ品質のサーバー インストーラー.仮想サーバー名を検出し、DQS カタログとアセンブリのインスタンスを構成します。
      2. または、追加のクラスター ノード上の累積的な更新 1 をインストールする前に、DQSInstaller を実行すると、コマンドラインを使用して、DQSInstaller.exe を使用して、DQS カタログをアップグレードするのにはする必要があります。?upgrade スイッチです。
        1. 管理者アカウントでログインする必要があり、アカウントが SQL Server 2012年の対応のデータベース エンジンのインスタンスの sysadmin ロールのメンバーでもある必要があります。
        2. UAC が有効になっているシステムでは、管理者としてコマンド プロンプトを開きます。[スタート] メニュー > cmd.[CMD.exe] を右クリックし、選択管理者としての実行します。.
        3. Binn フォルダーの適切なインスタンス データベース エンジン プログラム ファイルの場所、次のようにディレクトリを変更します。 cd「タイプ ライブラリの SQL Server\MSSQL11。InstanceName\MSSQL\Binn"
        4. このコマンドは、アップグレードするインスタンスの名前、仮想名の正しい検出する必要があります DQSInstaller.exe のアップグレード コマンドを実行します。DQSInstaller.exe のアップグレード

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は、SQL Server 2012 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。SQL Server はこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2679368 累積的な更新プログラム 1 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2692828 SQL Server の 2012年 2012 の SQL Server のリリース後にリリースされたビルドします。

DQSInstall.exe 検出の更新

この更新プログラム パッケージには、DQSInstaller.exe の更新には、クラスター化されたインスタンスの検出が含まれます。

この累積的な更新プログラムを適用した後、DQSInstaller.exe ベースの次の手順で、クラスター化されたインスタンスが検出されます。
  1. DQSInstaller.exe は、次のレジストリ キーでレジストリ値を使用して、現在のインスタンスの識別子を見つけます。
    SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\インスタンス名\SQL\
  2. DQSInstaller.exe は、そのインスタンスに対応するインスタンス ID のキーでレジストリ値を使用してクラスター化されるかどうかを確認します。
    SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\InstanceID\Cluster
  3. インスタンスがクラスター化される場合は、このキーの値に基づき、SQL 接続文字列でこのキーから仮想名が使用されます。DQSInstaller.exe は、SQL Server のインスタンスに接続し、DQS カタログを構築するには、仮想名を使用できます。インスタンスがクラスター化されていない場合は、DQSInstaller.exe、Windows マシンの name プロパティは、現在のコンピューターによっては、SQL Server 接続文字列をビルドします。
  4. 名前付きインスタンスの場合は、仮想名またはコンピューター名に円記号とインスタンス名を付けて、DQSInstaller.exe の接続文字列が作成されます。たとえば、マシン名\インスタンス名.

    インスタンスの名前をオーバーライドできます、 ・ インスタンス コマンドラインの引数として、スイッチの誤ったインスタンス名と判断される場合は、DQSInstaller.exe は。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

この問題を回避するには、クラスター ノードでは、SQL Server のスタンドアロン インスタンスをインストールし、DQS 機能を有効にします。

詳細

クラスター化されたインストールの SQL Server 2012 MDS のサポートの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2683467 FIX SQL Server 2012年マスター データ サービスは、SQL Server の 2012年のクラスター化インストールはサポートされていません
AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。

AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス

プロパティ

文書番号: 2674817 - 最終更新日: 2012年4月12日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2674817 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2674817
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com