修正プログラム: Visual Studio 11 Beta 用 2012年 4 月の更新プログラム

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2677574 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Visual Studio 11 Beta 用 2012年 4 月の更新プログラムについて説明します。さらに、この資料は、Visual Studio 11 Beta で修正される問題と追加されたテクノロジーの進歩が一覧表示されます。

詳細

サポートされているオペレーティング システム:

  • Windows 7 (x86 および x64)
  • Windows 8 Consumer Preview (x86 および x64)
  • Windows Server 2008 R2 (x64)
  • Windows サーバー 8 のベータ版 (64)

ソフトウェア要件

この更新プログラムを適用するには、次のサポートされている Visual Studio 11 Beta プログラムのいずれかがコンピューターにインストールされている必要があります。
  • Visual Studio 11 Ultimate Beta
  • Visual Studio 11 Premium Beta
  • Visual Studio 11 Professional Beta
  • Visual Studio 11 Express Beta for Windows 8
  • Visual Studio 11 Express Beta for Web
  • Team Explorer for Visual Studio 11 Beta

インストールに関する注意事項

この更新プログラムがインストールされている各言語パックの追加の時間がかかります。すべての言語パックがコンピューターにインストールされている場合は、この更新プログラムは約 1 時間かかります。これは将来の更新で取り組んでいます。

セットアップ ・ インストーラーの一部の文字列と、更新プログラムで更新される文字列はローカライズされませんがの Visual Studio のすべてのローカライズ版に更新プログラムを適用します。さらに、セットアップ ・ インストーラーが正しく英語で構成によってはできない場合があります。これは無視してかまいません、将来のリリースで対処されます。

インストーラーは間違って、Visual Studio 11 Beta がバージョン 50216.0 に更新されていると表示するでしょう。この更新プログラムの正しいバージョンは 50323.1 です。

追加の技術の向上と Visual Studio の 11 Beta で修正される問題

単体テストのエクスプ ローラーでの機能強化

単体テストのエクスプ ローラー グループ システムは次のとおり変更されました。
  • これ以上の混乱を招く子のページ
  • シンプルでわかりやすく一覧、すべてのテストが表示されます。 グループ化

IntelliTrace の機能強化

IntelliTrace の概要が Web の情報を要求するようになりました。使用時にこのデータが、 IntelliTrace のコレクター インターネット インフォメーション サービスでホストされているアプリケーションからデータを収集するには。この手順に記載されている、 MSDN の命令.

安定性の向上

  • 使用する場合に発生するクラッシュを修正、 検索ダイアログ ドロップ ダウン メニューを使用して、マウスを使用します。
  • XAML ドキュメントを Visual Studio 11 Beta の XAML デザイナーで開こうとするとクラッシュする問題を修正します。このクラッシュは、依存関係を XAML デザイナー内のフォルダーのアクセス許可を正しく設定していないために発生します。不適切なアクセス許可は、Visual Studio のセットアップでエラーが発生したため発生します。この問題が発生する可能性がありますが、条件は次のとおりです。
    • Visual Studio は、デフォルト以外の場所にインストールします。たとえば、Windows が C:\Windows にインストールされ、Visual Studio D:\MyFolder をインストールします。
    • Windows 8 Consumer Preview にシステムをアップグレードするには、既存の Windows 7 のインストールを使用します。
    • (C#、Visual Basic、C++)、任意の言語では、Windows ストアのアプリケーションで作業しているし、XAML ファイルを開くしようとしています。
  • .Cshtml または .vbhtml のいずれかのファイル名拡張子とインデントのオプションを設定するには、HTML を使用してレーザー ファイルを編集する場合は、ハングやクラッシュを修正 ブロック.既定の HTML のインデント オプションです。 スマート.あるため ブロック ユーザーの Visual Studio Visual Studio 11 のベータ版と、インストールされている以前のバージョンを持っている場合は以前のバージョンの Visual Studio を ブロック オプションが移行され、またこのクラッシュが発生します。
  • 参照する場合に発生するクラッシュを修正、 [フォントおよび色 ダイアログ ボックスします。この問題は、無効なキャッシュがあるために発生します。

パフォーマンスの向上

  • 開くのすぐ後に、C# ファイルをスクロールしようとすると長い遅延を削除します。
  • SupportsAysncPattern を使用して C# プロジェクトを作成しているときに 5 秒間で、UI を続けて、フリーズを削除します。

チーム エクスプローラー

接続チーム プロジェクト ダイアログ ボックスで暗いテーマ黒の背景に黒のテキストを表示する、問題を修正します。

C プロジェクト

Visual Studio 2010 のプラットフォームのツール セットを使用する、Visual Studio 2010 または Visual Studio 11 Beta プロジェクトの問題を修正しました。これは、Visual Studio 2010年が既定値です。ただし、Visual Studio 11 Beta でツールのセットを選択できます。この問題は、Visual Studio 11 Beta でツール セットが読み込まれた時に発生し、そして、ctrl キーを押しながら F5 または F5 キーを押した時に、ツール セットは実行されません。

修正プログラムの機能拡張、および VSIP を制御します。

  • Windows Presentation Foundation (WPF)、Winform は AssemblyFoldersEx で登録されているアセンブリに依存する web コントロール Visual Studio [ツールボックス] でインストールした後表示されません。AssemblyFoldersEx で登録されているアセンブリを次の中からインストールされているコントロールを受けます。
    • AssemblyFoldersEx
    • 次のレジストリ サブキー:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\VisualStudio\11.0\ToolboxControlsInstaller
    • [ツールボックス アイテムを選択します。 ダイアログ ボックス
    • [ツールボックス] に Windows エクスプ ローラーからドラッグしたアセンブリ
    残念なことに、Silverlight を使用して作成されたコントロールもこの問題があります。この問題は、以降のリリースで対処されています。
  • 多くの WPF がどのアセンブリにコントロール ツールボックスへの読み込みには時間がかかりました、問題を修正します。
  • WPF では、コントロールをグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) にインストールされている [ツールボックス] で使用できませんでしたが問題を修正します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2677574 - 最終更新日: 2012年8月30日 - リビジョン: 16.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2012 Beta
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbprb kbmt KB2677574 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2677574
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com