[MS12-034] Windows XP および Windows Server 2003 の CVE-2012-0181 のセキュリティ更新プログラム (2012 年 5 月 8 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2686509 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS12-034 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:その他の地域のサポート

詳細

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、キーボード レイアウト ファイルの読み込み中に発生する可能性がある問題を解決できます。信頼されていない場所からキーボード レイアウト ファイルを読み込むときに発生する可能性がある脆弱性からシステムを保護するには、この更新プログラムとセキュリティ更新プログラム 2676562 をインストールする必要があります。

この更新プログラムについて

Windows カーネル モード ドライバー (Win32k.sys) は、Windows ベースのコンピューター上でキーボード レイアウトの読み込みを行います。MSRC セキュリティ情報 MS12-034 に記載されているキーボード レイアウトの脆弱性からシステムを保護するには、セキュリティ更新プログラム 2676562 とセキュリティ更新プログラム 2686509 の両方をインストールする必要があります。

この更新プログラムのしくみ

この更新プログラムは、コンピューターに登録されているすべてのキーボード レイアウト ファイルを列挙し、それらのすべてが %Windir%\System32 フォルダーにあることを確認します。

このセキュリティ更新プログラムをインストールするときに、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
KB2686509 をインストールするために必要な条件が整っていないため、セットアップを続行できません (0x8007F0F4)

このメッセージは、登録済みのいずれかのキーボード レイアウト ファイルが %Windir%\System32 フォルダーにない場合に表示されます。この場合、コンピューターはこのセキュリティ更新プログラムと互換性がありません。

よく寄せられる質問 (FAQ)

この更新プログラムが何度も再提供されるのはなぜですか?

Windows の更新プログラムは、更新プログラムがコンピューターにインストールされるまで再提供されます。この更新プログラムが再提供される場合、インストールの失敗が発生している可能性があります。エラー コードに対応する KB インストール ログ ファイルを確認してください。たとえば、このセキュリティ更新プログラムの KB インストール ログ ファイルの名前が "C:\Windows\ KB2686509.log" になっていることがあります。
これらの問題を解決する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
958051 Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから更新プログラムをインストールするときにエラー コード "0x8007F0F4" が表示されることがある

"0x8007F0F4" エラーが発生してこのセキュリティ更新プログラムのインストールが失敗した場合はどうすればよいですか?

このセキュリティ更新プログラムをインストールしようとしたときに "0x8007F0F4" エラーが発生した場合は、%windir%\FaultyKeyboard.log ファイルがコンピューター上に作成されているかどうかを確認してください。

%windir%\FaultyKeyboard.log ファイルが作成されていない場合は、次の手順に従います。
  1. %windir% フォルダーにある Faultykeyboard.log ファイルを開きます。このログ ファイルには、%Windir%\System32 フォルダーに存在しない登録済みキーボード レイアウト ファイルに関する情報が含まれています。ログ ファイルには、以下のような情報が記載されています。
    Keyboard1.dll
    .\Layoutfiles\keyboard2.dll
    C:\Windows\System\Kbda1.dll
    注: この例で、最初のエントリは単なるファイル名です。2 番目のエントリにはファイル名と相対パスが含まれています。3 番目のエントリにはファイルの完全なパスが含まれています。
  2. Faultykeyboard.log ログ ファイルに記載されているファイルを System32 フォルダーにコピーします。


キーボード レイアウト ファイルを System32 フォルダーにコピーする方法を教えてください。


注意事項
  • 次の作業は管理者が行う必要があります。
  • %Windir%\System32 は信頼済みフォルダーです。そのため、このフォルダーにコピーするすべてのファイルが組織によって信頼されていることを確認してください。たとえば、信頼されているソフトウェア ベンダーによって提供されたファイルなどを使用する必要があります。
  • キーボード レイアウト ファイルを %Windir%\System32 内に移動しないでください。指示されたときにファイルを移動ではなくコピーします。

次のいずれかの方法を使用してキーボード レイアウト ファイルを System32 フォルダーにコピーします。
  • Faultykeyboard.log ログ ファイル内にあるファイル名 (完全なパスまたは相対パスではありません) を使用しているすべてのエントリについて、ファイルを見つけて %Windir%\System32 フォルダーにコピーします (ファイルを移動しないでください)。
  • Faultykeyboard.log ログファイル内にある相対パスを使用するすべてのエントリについて、次のいずれかの方法を実行します。
    • エントリが次のどちらかのレジストリ サブキー内に存在する場合は、ハード ディスク上でファイルを見つけて %Windir%\System32 フォルダーにコピーする必要があります。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts
    • 上記のレジストリ サブキー内にエントリが存在しない場合は、問題を解決するためにソフトウェア ベンダーに問い合わせる必要があります。

コンピューターでキーボード レイアウトを登録または削除する方法を教えてください。

信頼されているソフトウェア ベンダー以外から入手したすべてのキーボード レイアウト ファイルを削除することを検討してください。

注意事項
  • 次の作業は管理者が行う必要があります。
  • キーボード レイアウト ファイルを削除する前に、コンピューター上にそのキーボード レイアウト ファイルを必要とする信頼済みアプリケーションがないことを確認してください。
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. 次のレジストリ サブキー内でそのキーボード レイアウト ファイルを参照しているレジストリ エントリを削除します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts
  2. キーボード レイアウト ファイルを削除します。

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

コンピューターの設定の一部が原因で、インストール中にこのセキュリティ更新プログラムでエラーが発生することがあります。インストール中にエラーが発生した場合は、次のいずれかの方法を使用してこの問題を回避します。

方法 1: 問題を自動的に回避する

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Fix it 50882 を実行します。これを行うには、[Fix it] ボタンをクリックし、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。

    Microsoft Fix it 50882
  2. この資料に記載されているセキュリティ更新プログラムをインストールします。
  3. Microsoft Fix it 50883 を実行します。これを行うには、[Fix it] ボタンをクリックし、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。

    Microsoft Fix it 50883


方法 2: 問題を手動で回避する

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 次のレジストリ サブキーの下にレジストリ エントリ "IgnoreRemoteKeyboardLayout" または "ScanCode Map" が存在するかどうかを確認します。これらのエントリのいずれかが原因でこのセキュリティ更新プログラムのインストールが失敗することがあります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard layout
  2. このレジストリ サブキーをバックアップします。これを行うには、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックし、ディスクや USB 記憶装置などの安全な場所に .reg ファイルを保存します。
  3. レジストリ サブキーを削除します。
  4. この資料に記載されているセキュリティ更新プログラムをインストールします。
  5. 手順 2. で保存したレジストリ エントリ (.reg ファイル) を復元します。このためには、手順 2. で保存した .reg ファイルをダブルクリックし、表示されるダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。
依然としてセキュリティ更新プログラムをインストールできない場合は、サポートに問い合わせてください。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows XP および Windows Server 2003 のファイル情報

  • 特定のマイルストーン (SPn) および区分 (QFE、GDR) に適用されるファイルは、"SP 要件" および "区分" 列に記載されています。
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。QFE 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • このセキュリティ更新プログラムでは、これらの表に記載されているファイルの他に、マイクロソフトのデジタル署名を使用して署名された関連セキュリティ カタログ ファイル (文書番号.cat) もインストールされます。

サポートされているすべてのバージョンの Windows XP (x86 ベース)

元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Kblchecker.dll5.1.2600.62118,19219-Apr-201211:26x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 および Windows XP Professional x64 Edition (x64 ベース)

元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Kblchecker.dll5.2.3790.498513,31220-Apr-201200:25x64

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (x86 ベース)

元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Kblchecker.dll5.2.3790.49858,70419-Apr-201211:39x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2003 (IA-64 ベース)

元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Kblchecker.dll5.2.3790.498821,50426-Apr-201201:19IA-64
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2686509 - 最終更新日: 2012年7月19日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbfixme kbmsifixme KB2686509
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com