SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (Wss x none.msp) の説明: 2012 年 8 月 28 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2687339 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2012 年 8 月 28 日 (日) は、Microsoft SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • アンケート リスト内のフィールドの入力規則の設定では検証ルールを構成することを前提としています。フィールド内の値は、入力規則を満たさない場合は、「リスト データ検証に失敗しました」のエラー メッセージが表示されます。ただし、入力規則の設定で構成されているカスタム エラー メッセージを受信する必要があります。
  • ドキュメント ライブラリ内の 2 バイト文字セット (DBCS) 文字が含まれている文書を選択することを前提としています。クリックすると、 コピーを管理します。ボタン、リボンには、次のエラー メッセージが表示されます。
    予期しないエラー
  • 次のシナリオを検討してください:
    • SharePoint Foundation 2010 年には、wiki ページのライブラリを作成します。
    • インライン編集機能およびグループ化機能に wiki ページのライブラリの [ビュー] ウィンドウを使用できます。
    • ページ ライブラリを表示するには、グループ化されたカテゴリを展開します。
    このシナリオでは、ページ ビューのすべてのフィールドに赤の X が含まれています。
  • 次のシナリオを検討してください:
    • SharePoint サイトで、他のドメイン (ドメイン B) にドメイン (ドメイン A) でユーザー アカウントを追加します。
    • ユーザー アカウントをドメイン A からドメイン B に移行します。
    • B. のドメイン内のユーザー アカウントを無効にします。
    • SharePoint サイト上のユーザー アカウントを検索するには、ユーザー選択ウィンドウ コントロールを使用します。
    このシナリオでは、アクティブなユーザー アカウントと無効なユーザー アカウントの両方が表示されます。
  • 次のシナリオを検討してください:
    • SharePoint サイトの 2 つのユーザー設定リスト (ユーザー設定のリストのリスト 1 およびカスタム 2) を作成します。
    • カスタム リスト 1 と 2 のカスタム リストに同じリスト アイテムを作成します。
    • カスタム リスト 2 でリスト アイテムを更新するには、2 つの「リスト アイテムの更新」アクションを含むワークフローを作成します。
    • ユーザー設定のリスト 1 は、ワークフローを関連付けます。
    • カスタム リスト 1 では、ワークフローを開始します。
    このシナリオでは、次のエラー メッセージは、ユニファイド ログ サービス (ULS) ログに記録されます。
    競合を保存します。同時に他のユーザーによる変更と競合します。必要に応じて、変更を適用するには、Web ブラウザーに戻る] をクリックしてページを更新し、変更内容を再送信してください。
  • SharePoint Foundation では、サイトのテンプレートを保存すると、アイテム レベルのアクセス許可] ボックスの一覧の設定は失われます。
  • サブサイトの所有者は、People.aspx ページは _layouts ディレクトリ内のユーザー名をクリックすると、サブサイトの所有者は UserDisp.aspx ページへのアクセスが拒否されます。
  • ロード バランサー機器を使用して、 SortedDictionarySharePoint Foundation 2010 の突然のデータ構造体としての構造体です。
  • SharePoint サイト上のブログの投稿にコメントを追加し、コメントを削除すると、ブログの投稿をサイトから削除されます。
  • 返信、ディスカッション スレッド内の [承認の状況を変更するは、ディスカッション スレッドのタイトルが正しく件名との見出しで表示されない電子メール メッセージが送信されます。
  • SharePoint web ページには、予定表 web パーツ、およびガント ビューが含まれている場合は、前後の矢印で、予定表 web パーツが機能しません。
  • 1万人を超えるリスト アイテムを含むリストは、ワークフローに関連付けられている場合は、リスト項目をリストに追加するのには、予想より長い時間かかります。
  • ガント チャートが含まれている SharePoint サイトをクロールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    クロールされている SharePoint アイテムは、アイテムをダウンロードしようとするとエラーを返しました。
  • ソース サイト コレクションのマスター ページを編集して、コンテンツ展開インポート ジョブを開始すると、コンテンツ展開インポート ジョブは失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    FatalError: 値を null にすることはできません。
    パラメーター名: fileUrl

    この問題は、2012 年 4 月 24日がリリースされた SharePoint Foundation 2010 の累積的な更新を適用した後に発生します。この累積的な更新プログラムの詳細については、次の資料番号をクリックしてください。
    2598321 SharePoint Foundation 2010 の累積的な更新プログラム パッケージ (SharePoint Foundation server パッケージ) の説明: 2012 年 4 月 24 日

  • 何度も編集されたファイルが含まれている SharePoint サイトを削除すると、ファイルのバージョン履歴をデータベースから削除されません。
  • MIME でフォーマットされたマルチパートの電子メール メッセージに添付ファイルを送信すると、添付ファイルをドキュメント ライブラリに追加されません。
  • 複数値を持つルックアップ フィールドをドキュメント ライブラリから別のドキュメント ライブラリにあるドキュメントをコピーすることを前提としています。ドキュメントのコピー元のバージョンにルックアップ フィールドを編集しようとすると、エラーに発生します。
  • 次のシナリオを検討してください:
    • 一覧を参照するルックアップ列を含むリストを作成します。
    • リストでコンテンツの承認機能を有効にします。
    • 使用して、 SPSiteDataQuery複数のリストからのデータを参照するメソッドです。これには、作成したリストが含まれます。
    このシナリオでは、エラーが発生します。
  • SharePoint Foundation 2010 のドキュメント ライブラリに対してバージョン管理機能を有効にすると、記憶域メトリックのページ、ドキュメントの合計サイズが正しく表示されません。
  • イベント レシーバーを追加して SharePoint 2007 サイト上のコンテンツの種類と、SharePoint Foundation 2010 のサイトにサイトをアップグレードすることを想定しています。このような状況では、イベント レシーバーを削除できません。
  • 別のドメイン (ドメイン B) が信頼するドメイン (ドメイン A) は、SharePoint server がインストールされていることを前提としています。さらに、ドメイン A とドメイン B を別のサブネットにある Windows インターネット ネーム サービス (WINS) が展開されると想定しています。このような状況では、ドメイン B にユーザー選択ウィンドウ コントロールには、SharePoint サイトにユーザーを追加できません。
  • ごみ箱に、削除された web サイトが含まれている場合、SharePoint Foundation 2010 のオンライン使用を目的として設計された機能のクエリを実行できません。
  • リサイクルのサイトに属しているいくつかのグループは、SharePoint サーバーをホストし、リサイクルのサイトを削除を想定しています。この状況では、サイトに関連付けられているグループが削除され、グループ内のユーザーのグループを使用して他のサイトでの権限を失い。
  • SharePoint Foundation 2010 のサーバー上で、ノルウェー語、フィンランド語、またはスウェーデン語の言語パックをインストールした後、120 文字を超えている、新しい web ページの名前を作成できません。
  • ときは SPUserCodeWebPartRemoteExecutionHelper.cs:ExecuteRequestInSandBox() 例外が発生すると、ログ エントリがログ サービス (ULS) をユニファイド ログに記録されません。
  • 無効な入れ子にされたマークアップに HTML リッチ テキスト エディターが HTML コードを追加することを前提としています。保存をクリックするか、別の場所で編集すると、コンテンツに空白行を追加するには、リッチ テキスト エディターを起動します。さらに、この動作を停止するには、ソースエディターで手動でマークアップを編集します。
  • ネットワーク内の信頼関係を持つ複数のサーバーがあることを前提としています。このような状況では、アプリケーション プールをリサイクルすると、サイトを開くと、サーバーの全体管理サイトの読み込みに時間がかかります。この現象が発生するは、呼び出しをすべての信頼される側のドメインを検索するのには数分かかりますので。
  • ユーザー設定の SharePoint リストに複数の項目を追加すると、イベント レシーバーを機能しません。たとえば、サンド ボックス サービスがタイムアウトになります。
  • 2687375 SharePoint Foundation 2010 の SharePoint リスト アイテムを保存するときに「リスト項目挿入あるいは更新される可能性がありますしない」エラー

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストがあります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには、SharePoint Foundation 2010 をインストールしましたが必要です。

再起動の必要性

可能性があります。この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを以前にリリースされたに置き換えることはありません。修正プログラムです。

レジストリ情報

この修正プログラムを使用するにはこのパッケージを変更する必要はありません、レジストリ。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新に必要なすべてのファイルが含まれているとはしません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するために必要のファイルのみが含まれています。

、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンが Microsoft Windows インストーラーを使用してください。この修正プログラム パッケージをインストールするパッケージです。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルのします。


情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間
Sharepointfoundation2010 kb2687339 フルファイル x の 64 glb.exe14.0.6126.500032,777,72817-8 月-120: 27

Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間
Wss の x-none.msp該当なし32,670,72016-8 月-1212: 13

この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンが、ファイル属性、または次の表に記載されているファイル属性のそれ以降のバージョンがあります。

Wss の x-none.msp について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間
Csisrv.dll14.0.6123.50003,370,1528-6 月-1212: 59
Dwdcw20.dll14.0.6116.5000637,72817-1 月-1219: 47
Microsoft.sharepoint.addgallery.server.dll14.0.6108.5000124,80021 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll14.0.6126.5000834,2247-8 月-1216: 23
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll14.0.6108.5000608,12821 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll14.0.6125.50001,063,58418-7 月-1217: 18
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6108.5000288,62421 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.client.dll14.0.6108.5000288,62421 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.client.serverruntime.dll14.0.6108.5000186,27221 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.client.silverlight.dll14.0.6108.5000272,26421 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.dll14.0.6126.500016,841,3127-8 月-1216: 23
Microsoft.sharepoint.dll14.0.6126.500016,841,3127-8 月-1216: 23
Microsoft.sharepoint.dll14.900.6123.50001,796,7288-6 月-1211: 08
Microsoft.sharepoint.dsp.dll14.0.6105.500059,264年 11 月 21 日18: 37
Microsoft.sharepoint.dsp.oledb.dll14.0.6108.5000124,80021 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.dsp.soappt.dll14.0.6108.500087,93621 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.dsp.sts.dll14.0.6108.5000104,32021 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.dsp.xmlurl.dll14.0.6108.500087,93621 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.identitymodel.dll14.0.6120.5000109,1763-4 月-1218: 49
Microsoft.sharepoint.intl.dll14.0.6114.50001,010,48816 年 11 月 11 日15: 58
Microsoft.sharepoint.library.dll14.0.6114.5000166,71216 年 11 月 11 日15: 58
Microsoft.sharepoint.linq.dll14.0.6101.5000374,64013 年 4 月 11 日19: 19
Microsoft.sharepoint.powershell.dll14.0.6124.5000649,84827-6 月-120: 32
Microsoft.sharepoint.powershell.intl.dll14.0.6108.500067,45621 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6126.50004,854,4087-8 月-1217: 26
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll14.0.6124.5000318,08027-6 月-120: 32
Microsoft.sharepoint.workflows.dll14.0.6108.500071,55221 年 7 月 11 日13: 11
Microsoft.web.design.server.dll14.0.6108.5000382,86421 年 7 月 11 日14: 01
Mssdmn.exe14.0.6119.5000790,85613-3 月-1221: 58
Mssearch.exe14.0.6116.5000524,61617-1 月-1219: 26
Mssph.dll14.0.6116.50001,674,05617-1 月-1219: 26
Mssrch.dll14.0.6122.50004,988,04015-月月 12 日14: 25
Offparser.dll14.0.6123.50002,923,6728-6 月-1211: 07
Oisimg.dll14.0.6126.5000195,7047-8 月-1216: 23
Oleparser.dll14.0.6126.500033,4407-8 月-1216: 23
Onetnative.dll14.0.6123.5000584,8328-6 月-1212: 17
Onetutil.dll14.0.6126.50002,987,14415-8 月-1220: 52
Onfda.dll14.0.6123.50002,785,4088-6 月-1212: 58
Owssvr.dll14.0.6126.50006,629,4967-8 月-1216: 23
Owstimer.exe14.0.6126.500074,8567-8 月-1216: 23
Policy.12.0.microsoft.sharepoint.search.dll14.0.6107.500011,1681 年 7 月 11 日17: 26
Query.dll14.0.6108.5000371,05620 年 7 月 11 日13: 40
Setup.exe14.0.6118.50001,378,10421-2 月-1216: 58
Spmetal.exe14.0.6107.5000149,4321 年 7 月 11 日16: 46
Spuchostservice.exe14.0.6105.5000108,496年 11 月 21 日18: 37
Spwriter.exe14.0.6126.500042,6167-8 月-1216: 23
Stsadm.exe14.0.6119.5000346,98413-3 月-1221: 31
Stssoap.dll14.0.6122.5000473,72016 月です。19: 37
Stswel.dll14.0.6126.50003,260,0247-8 月-1216: 23
Tquery.dll14.0.6126.50005,646,4727-8 月-1217: 19
Wssadmin.exe14.0.6126.500016,5527-8 月-1216: 23
Wsssetup.dll14.0.6120.50007,595,6163-4 月-1221: 07
Wsstracing.exe14.0.6123.5000108,6648-6 月-1211: 07


関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語でクリックして、次の資料番号を表示するには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2687339 - 最終更新日: 2012年9月7日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
キーワード:?
kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbhotfixserver kbhotfixrollup kbautohotfix kbmt KB2687339 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2687339
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com