Project Server 2010 の修正プログラム パッケージ (Pjsrvwfe x none.msp): 2012 年 10 月 30日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2687615 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2012 年 10 月 30 日は、Microsoft Project Server 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • さまざまな Url を使用してアクセスされる複数のゾーンでは、Project Server 2010 を構成することを前提としています。さらに、プロジェクトの web パーツが含まれるプロジェクト サイトを作成することを想定しています。プロジェクト サイトには、プロジェクト サイトが作成されたゾーンの異なるゾーンから接続しようとするとこのような状況では、次のエラー メッセージ web パーツから利用します。
    サーバーとは通信できません。接続を確認してくださいもう一度やり直してください。
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • 計画にタスクが割り当てられている、エンタープライズ リソースがあります。
    • リソースは、タイムシートに実績作業時間を入力し保存しますが、送信していないのタイムシートでは、Project Web App。
    • 設定すると、 発行 いいえ、タスク フィールド"として計画を発行します。
    • 設定すると、 発行 フィールドを [はい]、タスクに"として計画を発行します。
    • リソースのタイムシートの更新を承認を送信します。
    このシナリオでは、実績作業時間の承認センターには送信されません。
  • リソースがあることを前提としています、 [最大単位数 フィールドは 100% ではない値に設定します。さらに、既定のタスク タイプ プロジェクトをある「固定期間です。リソース Project Web App で新しいタスクを作成し、タスクをプロジェクトに追加します。このような状況では、大量の作業をプロジェクトのタスクが表示されます。また、タスクの承認センターに表示されないし、の承認] ページにはエラーになります。
  • 代理ユーザーは、タイムシートは、Project Web App で以前拒否されましたし、タイムシートを承認するには、修正があるとします。このような状況では、更新を再送信および承認できない状態を含む行に追加される時間を承認しました。
  • Internet Explorer 10 を使用しているときに Project Web App では、既存のプロジェクトを編集しようとすることを前提としています。ただし、この場合は、プロジェクトを編集できません。
  • 作成し、Project Web App でタイムシートをロードすると、処理が予想よりも長いかかります。
  • Web アプリケーション プロジェクトのテンプレートからのプロジェクト計画を作成、 発行 フィールドは、テンプレートからコピーされません。
  • Microsoft Office プロジェクト Professional の既定の開始時刻を構成する 2010 のエンタープライズ プロジェクト テンプレートを作成して、プロジェクト レベルの既定の終了時刻を前提とします。次に、そのテンプレートに基づいた新しいプロジェクト計画を作成します。このような状況では、既定の開始時刻と既定の終了時刻は、エンタープライズ グローバル テンプレートのテンプレートではなく、新しいプロジェクトが作成されました。
  • 設定いることを前提としています、 WADMIN_USER_SYNC_SETTING Project Server 2010 の発行済みデータベース内の 1 つ以上の値を設定します。プロジェクトのアクセス許可機能を使用して、プロジェクトにユーザーを追加しようとすると、ユーザーはプロジェクトのサイトには追加されません。
  • Project Web App を使用して、実績作業時間のタスクに入力するものとします。ただし、クリックすると、 ステータスの更新 タスク更新の履歴を表示するには、実績作業時間] 列が空白になります。
  • Project Server 2010 には、すべてのタスクの更新情報を提出するとき、 OnStatusSubmitted イベントは、提出済みの更新プログラムに一致する Guid の配列ではなく NULL 値を返します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムさらにテストを受ける可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、または任意のトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、プロジェクト サーバー 2010年サービス パック インストール 1 (SP1) が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを以前にリリースされたに置き換えることはありません。修正プログラムです。

レジストリ情報

修正プログラムのいずれかを使用するのにはこのパッケージを変更する必要はありませんがレジストリに。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を解決するために必要ファイルのみが含まれています。

をグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージは、Microsoft Windows インストーラーを使用してください。この修正プログラム パッケージをインストールするパッケージです。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。とき、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルの。

ダウンロード情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付
Glb.exe ・ Projectserver2010 kb2687615 時 x 6414.0.6129.50008,391,26422-10 月-1220: 23
Microsoft Windows Installer .msp ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付
Pjsrvwfe の x-none.msp該当なし7,750,65620-10 月-1223: 23
修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性または以降のファイル属性を次の表に記載されているがあります。

None.msp-Pjsrvwfe-x のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付
Dataedit.dll14.0.6128.5000445,05620 年 9 月 12 日16: 56
Microsoft.office.project.schema.dll14.0.6125.50005,323,36828 年 8 月月 12 日18: 51
Microsoft.office.project.server.communications.dll14.0.6129.5000289,37619-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.communications.internal.dll14.0.6129.5000498,27219-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.dll14.0.6129.50007,264,86419-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.library.dll14.0.6122.50002,148,968月 15 です。14: 21
Microsoft.office.project.server.pwa.applicationpages.dll14.0.6129.50001,051,28019-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.pwa.dll14.0.6129.50002,071,18419-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.upgrade.dll14.0.6129.50005,966,43219-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.server.webservice.dll14.0.6129.5000494,17619-10 月-121: 02
Microsoft.office.project.shared.dll14.0.6119.5000133,93625-4 月-121: 52
Microsoft.office.project.webproj.dll14.0.6126.5000789,09628 年 8 月月 12 日18: 52

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして次資料番号を表示するのには資料では、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2687615 - 最終更新日: 2012年11月5日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Project Server 2010
キーワード:?
kbqfe kbsurveynew kbexpertiseinter kbhotfixserver kbhotfixrollup kbautohotfix kbmt KB2687615 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2687615
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com