Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラムのロールアップ 3 を利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2699813
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料で更新 3 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザーを (Windows サーバー ソリューション BPA) 1.0. します。更新プログラム 3 新しいベスト プラクティス Windows Server ソリューション BPA 1.0 を追加します。

Windows Server ソリューションの BPA は、Microsoft ベースライン構成アナライザー (MBCA) テクノロジに組み込まれている診断ツールです。以下のオペレーティング システムのいずれかを実行しているし、既存のサーバー設定の定義済みの一連の推奨されるベスト ・ プラクティスには、比較するコンピューター Windows Server ソリューションの BPA をスキャンできます。
  • Windows Small Business Server 2011 標準
  • Windows Small Business Server 2011 の基礎
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年標準
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年プレミアム
Windows Server ソリューションの BPA は、次のタスクを実行します。
  • サーバーに関する情報を収集します。
  • サーバーの設定をお勧めするベスト ・ プラクティスのセットを準拠かどうかを決定します。
  • サーバーの設定と、推奨されるベスト ・ プラクティスとの相違を識別、スキャン結果のレポートを提供します。
  • サーバーに関する問題を引き起こす可能性のある条件を指定します。
  • 潜在的な問題にソリューションを推奨しています。

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムを入手するには、Windows Server ソリューションの BPA 1.0 を実行します。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかの実行する必要があります。
  • Windows Small Business Server 2011 標準
  • Windows Small Business Server 2011 の基礎
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年標準
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年プレミアム
さらに、インストールされている Windows Server ソリューション BPA 1.0 が必要です。

レジストリ情報

このパッケージに更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はないです。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは次の更新プログラムが置き換えられます。
2600333 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新が
2652984 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 が有効になります、2 を更新

この更新プログラムに含まれている修正された問題

問題 1

現象
Windows Server ソリューションの BPA マルチポイント Windows Server では、インストールされているし、ツールへのショートカットをデスクトップに追加します。このショートカットは、マルチポイントのサーバーを Windows のすべてのユーザーに表示されます。クライアントのすべてのユーザーは、セッションでこのショートカットを確認できます。

注意
  • この更新プログラムを適用した後、すべてのユーザーに対して、管理者もこのショートカットが削除されます。このショートカットは、すべてのユーザーのデスクトップには表示されません。管理者は、移動するには ボタンをクリックし、 BPA のチェックを手動で起動するメニュー。
  • この変更は Windows のマルチポイント サーバーにのみ適用されます。

問題 2

現象
次のシナリオを検討してください:
  • インストール Windows Server ソリューション BPA と選択[はい] 更新プログラムと統合します。
  • Windows Server ソリューションの BPA を実行し、Windows Server ソリューションの BPA は、更新プログラムを検出するまで待機します。ただし、この更新プログラムをインストールしないでください。
  • Windows サーバー ソリューションの BPA のスケジュール タスクで次のパスを手動で実行します。
    タスク scheduler\Task スケジューラ Library\Microsoft\Windows サーバー ソリューション BPA\Daily BPA を確認します。
このシナリオでは、アプリケーション ログに次のエラーが表示されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
日: 2011/10/11 10時 04分: 16 AM
イベント ID: 1000年
タスクのカテゴリ: (100)
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:コンピューター名
説明:
エラーが発生したアプリケーション名: BPAUpdate.exe、バージョン: 6.1.7900.2、タイムスタンプ: 0x4d4876b4
エラーが発生したモジュールの名前: KERNELBASE.dll、バージョン: 6.1.7600.16385 はタイムスタンプ: 0x4a5bdfe0
例外コード: 0xe0434352
フォールトのオフセット: 0x000000000000aa7d
エラーが発生したプロセス id: 0x24c8
アプリケーションの起動時にフォールト: 0x01cc88270adadba8
エラーが発生したアプリケーションのパス: 名 Files\Windows サーバー ソリューション BPA\Bin\BPAUpdate.exe
エラーが発生したモジュール パス: C:\Windows\system32\KERNELBASE.dll


ログ名: アプリケーション
ソース: します。NET ランタイム
日: 2011/10/11 10時 04分: 15 AM
イベント ID: 1026年
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:コンピューター名
説明:
アプリケーション: BPAUpdate.exe
フレームワークのバージョン: v4.0.30319
説明: ハンドルされていない例外がプロセスを終了しました。
例外情報: System.IO.IOException


問題 3

現象
ベスト プラクティス アナライザーのスケジュールされたタスクを構成した後、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージ 1
ログ名: アプリケーション
ソース: MSExchange 共通
日: 2011/12/26 2時 05分: 50 AM
イベント ID: 4999 タスク
カテゴリ: 全般
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:コンピューター名

説明: プロセス id の送信されようとしてワトソン博士のレポート: パラメーターとの 544: E12、c-仲間-RTL の AMD64、14.01.0355.001、BPA は、M.E.Data.Directory、M.E.D.D.DSAccessTopologyProvider。ctor を S.IO。FileLoadException、72f、14.01.0355.001ErrorReportingEnabled: False

エラー メッセージ 2
ログの名前: MSExchange 管理
ソース: MSExchange CmdletLogs
日: 2011/12/26 2時 05分: 50 AM
イベント ID: 8
タスクのカテゴリ: 全般
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:<computer name="">
説明:
(PID 544、スレッド 5)タスクを取得 AcceptedDomain スロー ハンドルされていない例外: System.IO.FileLoadException。 混在モードのアセンブリ 'v2.0.50727' のランタイムのバージョンに対してビルドし、4.0 の実行時に追加の構成情報を読み込むことができません。で
Microsoft.Exchange.Data.Directory.DSAccessTopologyProvider。ctor (の文字列のコンピューター名) に
Microsoft.Exchange.Data.Directory.DirectoryServicesTopologyProvider.DiscoverConfigDC() で
Microsoft.Exchange.Data.Directory.DirectoryServicesTopologyProvider。ctor() で
Microsoft.Exchange.Data.Directory.TopologyProvider.InitializeInstance() で
時の Microsoft.Exchange.Data.Directory.ADServerSettingsHelper.set_ViewEntireForest (ブール値)
Microsoft.Exchange.Data.Directory.RunspaceServerSettings。ctor() で
Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.Task.InitializeRunspaceServerSettings() で
Microsoft.Exchange.Configuration.Tasks.Task.BeginProcessing()。
{16434477-0a8d-4ef3-8e5b-104fb1cbcb6e}

</computer>

問題 4

現象
Windows Server ソリューションの BPA Windows Small ビジネス サーバー ・ エッセンシャルズ"または"Windows サーバー ストレージの基礎、ネットワークの開始を次の警告をスローすることをクライアントにインストールした後。

Windows 7 クライアント。
コンピューター監視エラーが発生しました。部分的にこのコンピューターの正常性を評価できます。

Windows XP クライアントでは。
このコンピューターの正常性は、正常性を評価するために必要なコンポーネントが利用できないためにアクセスできません。Microsoft Web サイトからの Windows PowerShell が利用可能な最新バージョンをインストールします。

この更新プログラムに追加される新しいチェック

この更新プログラムをインストールした後、Windows Server ソリューションの BPA は以下の新しいチェックを追加します。
  1. バックアップ用の隠しパーティションのために失敗したかどうかを確認してください。
  2. Exchange のトランザクション ログが存在しないか破損しているためバックアップが失敗したかどうかを確認してください。
  3. バックアップ SQL ライターの問題のために失敗したかどうかを確認してください。
  4. 前回のバックアップが失敗するかどうかを確認してください。
  5. OWA のアプリケーション プール id] の既定の設定が実行されていないかどうかを確認してください。
  6. 確認するかどうか OWA アプリケーション プール。NET Framework を既定の設定は使用されません。
  7. OWA アプリケーション プールのパイプライン、既定の設定を使用していないかどうかを確認してください。
  8. OWA の [アプリケーション プールのビット数オプションに既定値が設定されていないかどうかを確認してください。
  9. Exchange トランスポートの開始モードを既定値に設定されていないかどうかを確認してください。
  10. Exchange トランスポート サービスが実行されていないかどうかを確認してください。
  11. Exchange トランスポート サービスのアカウントが既定のアカウントを使用していないかどうかを確認してください。
  12. OnlyUseLatestCLR レジストリ値誤って 1 に設定されているかどうかを確認してください。
  13. NT バックアップがインストールされているかどうかを確認してください。
  14. IIS がポート 80 (0.0.0.0:80) またはポート 443 (0.0.0.0:443) 所有していないかどうかを確認してください。
  15. Microsoft 小規模ビジネス サーバー 2011 で既定の web サイトが実行されていないかどうかを確認してください。
  16. NTFRS ファイル レプリケーションを開始モードが既定の設定を使用しないかどうかを確認してください。
  17. NTFRS のファイル レプリケーション サービスが実行されていないかどうかを確認してください。
  18. NTFRS のアカウント、既定の設定を使用していないかどうかを確認してください。
  19. 確認するかどうか Read および Script アクセス権は、/remote 仮想ディレクトリは正しくありません。
  20. チェック、/remote か仮想ディレクトリでは、HTTP リダイレクトを設定または継承します。
  21. チェックかどうかヘッダーをポート 80 の既定の web サイトをホストします。
  22. Windows PowerShell 仮想ディレクトリで SSL の既定の設定が使用されていないかどうかを確認してください。
  23. Dfsr でファイル レプリケーション サービスの開始モードが既定値に設定されていないかどうかを確認してください。
  24. Dfsr でファイル レプリケーション サービスが実行されていないかどうかを確認してください。
  25. Dfsr でファイル レプリケーション アカウントが既定の設定を使っていないかどうかを確認してください。
  26. Office 365 プロバイダー サービスが既定のアカウントを使用されていないかどうかを確認してください。
  27. Office 365 プロバイダー サービスが開始されていないかどうかを確認してください。
  28. Office 365 プロバイダー サービス開始の既定のモードを使用していないかどうかを確認してください。
  29. WSUS のグループ ポリシーを 1 つ以上不足しているかどうかを確認してください。
  30. RpcProxy にあるの web サイトのレジストリ値が設定かどうかを確認します。 既定の Web サイトです。
  31. 既定の web サイト KerbAuth モジュールが有効になっているかどうかを確認してください。
  32. 既定の web サイトになって、WSMan モジュールかどうかを確認してください。
  33. Microsoft SharePoint ファーム アカウントとして使用されるアカウント 1 つまたは複数のグループのメンバーシップが不足しているかどうかを確認してください。
  34. SharePoint Web アプリケーションのアカウントとして使用するアカウントが 1 つ以上のグループ メンバーシップが不足しているかどうかを確認してください。
  35. SharePoint 検索アカウントとして使用されるアカウントが 1 つまたは複数のグループのメンバーシップが不足しているかどうかを確認してください。
  36. としての SharePoint ファーム アカウントを使用して、アカウント 1 つまたは複数の Microsoft SQL Server の役割が不足しているかどうかを確認してください。
  37. Web.config ファイルの既定の web サイトの物理ディレクトリにかどうかを確認してください。
  38. 1 つまたは複数が表示されるかどうかにコネクタの MaxMessageSize 取得これらの MaxReceiveSize が一致しないを確認します。
  39. 1 つまたは複数のコネクタの MaxMEssageSize get これら MaxSendSize と一致しない送信かどうかを確認してください。
  40. /EWS 仮想ディレクトリの maxRequestLength get これら MaxSendSize と一致しないかどうかを確認してください。
  41. マルチポイント サーバー 2011年がベータ版かどうかを確認してください。
  42. WSUS の既定のグループの 1 つ以上不足しているかどうかを確認してください。
  43. ブロック レベルのバックアップ ・ エンジン サービス サービス開始の既定のモードが使用されていないかどうかを確認してください。
  44. 既定のスタートアップ アカウントに、ブロック レベルのバックアップ エンジン サービスのサービスが設定されていないかどうかを確認してください。
  45. WSS 証明書の Web サービスの web サイトにバインドされている証明書の共通名、サーバー名と一致しないかどうかを確認してください。
  46. リモート デスクトップ ゲートウェイ サービスの証明書が正しくバインドされないようだかどうかを確認してください。
  47. 1 つ以上のメールが有効なドキュメント ライブラリが存在が、Windows SBS の会社の Web ドメインのリモート ドメインが存在しないかどうかを確認してください。
  48. Windows SBS の会社の Web ドメインのリモート ドメインを設定するには TNEFEnabled がないかどうかを確認する$false します
  49. 確認するかどうかをします。NET Framework version 1.1 がインストールされています。
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2699813 - 最終更新日: 2012年6月12日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2699813 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2699813
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com