Forefront 用のサービス パック 2 の説明 2010年のアクセス ゲートウェイの統合

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2710791 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この資料では、機能、および Service Pack 2 (SP2) では、Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG の) 2010年に含まれる修正について説明します。

含まれている機能、および Service Pack 2 で修正される問題

機能

Forefront UAG 2010 SP2 には、次の機能が含まれます。
  • Microsoft SharePoint 2010 のサポートを強化

    Forefront UAG 2010 SP2 ユーザーのトランクにはトランクが Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を使用すると、Microsoft Office Forms-Based 認証 (MSOFBA) を使用して認証することができます 2.0 の認証。

  • 向上Active Directory フェデレーション サービス 2.0 をサポートします。

    リモートの従業員とパートナーの従業員が AD FS 2.0 が有効になっている公開アプリケーションへのアクセスを提供できます。たとえば、次の作業を行います。
    • AD FS を使用して複数の名前空間のサポート:複数の名前空間のサポートを AD FS 2.0 を使用すると、単一の AD を使用して、トランクの完全修飾ドメイン名 (Fqdn またはパブリックのホスト名) を別のドメインにある場合は、複数の Forefront UAG のトランクを持つ FS 2.0 サーバー。たとえば、最初のトランクの FQDN を覚えてであり、2 番目のトランクの FQDN を portal.fabrikam.com。両方のトランク、同じ AD を使用して、AD FS 認証を実行するように構成できます FS 2.0 サーバー (sts.contoso.com)。このような展開は、AD FS 2.0 サーバーを通じて Forefront UAG に平行で、AD FS のプロキシまたは Forefront UAG トランクの発行します。
    • AD FS のプロキシを使用して、AD を公開する FS 2.0 サーバー:発行する、AD FS 2.0 のサーバーを AD FS のプロキシを使用して経由で、AD の公開は、多くの利点を持つ FS 2.0 サーバーで Forefront UAG。これらの利点には、Office 365 の認証、およびモバイル デバイスのサポートが含まれます。
    • 複雑なトポロジを有効にする:AD FS サーバーを別のサイトにあるときに 1 つのサイトにある [SharePoint web サイトを発行するのにには、Forefront UAG を使用できます。

  • 追加したクライアント デバイス

    Forefront UAG 2010 SP2 ユーザーの次のモバイル デバイスに接続することができます。
    • Windows Phone 7.5
    • iOS 5。x iPad と iPhone
    • Android の 4。x タブレットと電話で

    Forefront UAG とモバイル デバイスの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
    Forefront UAG クライアント デバイスのシステム要件

修正プログラム

Forefront UAG 2010 SP2 には、次の修正プログラムが含まれます。
  • 2696048FIX、ADFS は trunk UAG SP1 アレイの設定を適用しようとするとエラー メッセージ:「無効な外部ポート アドレス」
  • 2696052FIX: 統合アクセス ゲートウェイ 2010年の SP1 クライアント コンポーネントのインストールの MSI ベースのインストーラーを使用して応答が停止します。
  • 2697188修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイの 2010 sp1 構成設定をエクスポートしようとするとエラー メッセージ:「予測できないエラーです」
  • 2697189FIX、「拡張子で識別」エンドポイント ダウンロード ポリシーは Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 SP1 クライアントで正常に機能しません
  • 2697564FIX アクセス ゲートウェイ 2010 の統合への入り口を公開する、[サインアウト] ボタンと、「ユーザーのプレゼンス」ドロップ ダウン メニュー Outlook Web Access 2010 で表示されません。
  • 2697696修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 によって生成される NLSessionStrunknamePersistForOffice cookie ドメイン「host.domain.com」をの代わりに"domain.com"へ設定します。
  • 2699805FIX クライアント トラフィック負荷分散アレイ ノード間でフェールオーバーすると、アクセス ゲートウェイ 2010 SP1 のユニファイド クライアント接続が失敗します。
  • 2699807FIX、HTTPS のトランクへのクライアント接続では、Forefront 統合アクセス ゲートウェイの 2010 SP1 配列エラー 152 または 116 に失敗します。
  • 2697058修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイの 2010 SP1 では、構成設定をインポートしようとするとエラー メッセージ:「構成のインポートに失敗しました (0x80070002)」
  • 2697053修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイの 2010 SP1 では、IP アドレスの範囲を割り当てるしようとするとエラー メッセージ:「次のアレイのメンバーの VPN クライアントの接続を定義する静的 IP アドレス プールがありません」
  • 2697052修正: 外部 ActiveSync クライアント セッションが Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 SP1 では他のユーザーのメールボックスを表示できないことがあります。
  • 2697049修正: 特殊文字を含むパスワード Nokia メールを Exchange ユーザーに Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010 SP1 を認識できない場合、
  • 2695202FIX: 統合アクセス ゲートウェイ 2010年の SP1 を適用した後構成アクティブ化時間が大幅に増加します。
  • 2702989修正プログラム: リモート デスクトップ サービスや Remoteapp Forefront 統合アクセス ゲートウェイの 2010 年に発行した後は、RD 仮想化ホスト サーバーに接続できないとき、エラーが発生する可能性があります。
  • 2743268FIX、汎用の「認証に失敗しました」のエラー メッセージが表示され、Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年ポータルにログオンしようとすると、期限切れのパスワードを変更する必要はありません。
  • 2743283FIX Web モニター後に一部のセキュリティ イベントは表示されません、」#18 警告: 無効な要求のバージョン「Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 では、アレイの展開を使用すると、イベントが報告
  • 2743301FIX ユーザー認証 Exchange ActiveSync は、Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010年環境で機能しません。
  • 2745313FIX ソケットの断続的な消費、高い CPU とメモリ使用率、および 111 のイベントが記録される Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年を実行しているサーバー上で
  • 2745465修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年サーバー アプリケーションへのアクセスが失敗しました。
  • 2748172修正: Active Directory リポジトリ」ローカルの active directory フォレスト認証を使用する] に設定されている場合、Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年トランクへのログオンが正常に終了できない場合があります。
  • 2748175FIX」アプリケーションのデジタル署名は、エラーがあります。Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年、トランクにログオンしようとするとエラー メッセージ アプリケーションを実行しますか?」
  • 2748178修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年を実行しているサーバー上でセキュリティ更新プログラム 2649261 をインストールすると、エラー ページにリダイレクトします。
  • 2748183修正: HTTP 500 または「ページを表示できません」エラー、Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 ポータルまたは公開アプリケーションにアクセスしようとすると
  • 2749824修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年、SharePoint サイトに保存されている、Office ドキュメントを開くしようとすると、複数の認証プロンプトが表示されます。
  • 2749825修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年を使用して、Outlook Web App の web サイトを参照するのには、クライアントが断続的に Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010年のエラー ページではなく HTTP 500 エラーを受け取ることがあります。
  • 2749826修正プログラム: Forefront 統合アクセス ゲートウェイ 2010 のクライアント アクセス サーバーに接続するクライアント コンピューターで、プロファイルを作成しようとすると、新しいメール プロファイルは作成されません。

また、この service pack にはいくつかの安定性の問題に対する修正プログラムが含まれます。

メモ Forefront UAG 2010 SP2 累積的で、次の以前の修正プログラムおよびセキュリティが含まれている更新プログラム。
2647899 アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010年サービス パック 1 更新 1 のロールアップには、Forefront の統合

2663860 MS12-026: で Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) の脆弱性は情報が漏えいする可能性があります: 2012 年 4 月 10日

解決方法

サービス パックの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010 SP2 パッケージします。

前提条件

この service pack をインストールするには、更新 1 Forefront UAG 2010 SP1 を実行しなければなりません。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2585140 アクセス ゲートウェイの統合された Forefront (UAG) Service Pack 1 更新プログラム 1

インストールに関する注意事項

  • Forefront UAG 2010 SP2 上で既存の Forefront UAG サーバーをインストールするサービス パックの更新プログラムとして提供されています。詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
    Forefront UAG 2010 は SP2 をインストールします。
  • Forefront UAG 2010 アレイ構成で実行する場合は、各アレイ メンバーにこの更新プログラムを適用する必要があります。
  • Forefront UAG 2010 SP2 をインストールする前に、システムの復元ポイントを作成することをお勧めします。Forefront UAG SP2 のインストール中に、バックアップが自動的に作成されますので Forefront UAG 2010 の既存の構成をバックアップするのにはありません。
  • Forefront UAG 2010 SP2 をインストールする前に、リリース ノートおよびインストール手順を読むことをお勧めします。これを行うには、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    Forefront UAG 2010 SP2 のリリース ノート

    Forefront UAG 2010 は SP2 をインストールします。

  • アンインストールまたは Forefront UAG 2010 SP2 をロールバックする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。

再起動の必要性

この service pack を適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

関連情報

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2710791 - 最終更新日: 2012年12月7日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Unified Access Gateway 2010
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB2710791 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2710791
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com