ユーザーが指定した値が Microsoft Dynamics NAV とも Microsoft Dynamics NAV 2009 年中にない場合 Microsoft Dynamics のコネクタを使用して、国/地域の値を同期できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2721512
この資料ですべての国とすべての言語ロケールの Microsoft Dynamics NAV を適用します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Dynamics CRM では、ユーザーが自由にアカウント用の国/地域コードを指定できます。ただし、Microsoft Dynamics NAV の 2009 年には対応するフィールドのルックアップ値です。ユーザーが指定した値が Microsoft Dynamics NAV のルックアップ値できない場合、Microsoft Dynamics のコネクタを使用して、Microsoft Dynamics NAV を Microsoft Dynamics CRM を統合すると、統合の障害が発生します。この問題に、次の製品で発生します。
  • Microsoft Dynamics NAV 2009 R2
  • Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス ・ パック 1

解決方法

この修正プログラムは、国/地域テーブルの使用可能なコネクタ Microsoft Dynamics のバージョン 2 プログラムのロールアップ 1 のとそれ以降のバージョンになります。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、これはこの資料に記載されている問題を修正するもののみです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、その他の影響を受けていません。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、次の service pack の Microsoft Dynamics NAV 2009 またはこの修正プログラムを含む次の Microsoft Dynamics NAV バージョンのリリースを待つことをお勧めします。

まれを呼び出す場合は、テクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品の可能性がありますサポート通常発生する料金は、特定の更新プログラムは、問題を解決する. します。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

Microsoft プログラミング例としては黙示の保証もないだけを提供します。含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示の保証については制限されません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。Microsoft サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただし、機能の追加や、お客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するには、これらの例が変更されますされません。

この修正プログラムをインストールする前に、Microsoft Navision クライアントのすべてのユーザーが、システムの電源を記録することを確認してください。これに含まれます Microsoft Navision アプリケーション サービス (NAS) クライアントのユーザー。この修正プログラムを実装するときにログオンしているクライアントの唯一のユーザーする必要がありますか。

この修正プログラムを実装するには、開発者のライセンスが必要です。

Windows ログイン] ウィンドウやデータベース ログイン ウィンドウでユーザー アカウントを「スーパー」ロール id 割り当てることをお勧め「スーパー」ロール ID、ユーザー アカウントを割り当てることはできない場合は、ユーザー アカウントに次のアクセス許可があることを確認してくださいする必要があります。
  • 変更されるオブジェクトの変更アクセス許可。
  • システム オブジェクトの ID 5210オブジェクトおよびシステム オブジェクトの ID 9015オブジェクトの実行権限。


データの修復を実行する必要がある場合を除き、データ ストアへの権限を持たない。

コードの変更

常に、適用する前にテスト コード、制御された環境では、運用コンピューターに修正プログラムを修正します。
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 統合管理 codeunit (5150) では、 EnableConnector関数のコードは次のとおり変更します。
    既存のコード
    ...
    SetupWebServicePages(FORM::"Contact Card",DATABASE::Contact);
    SetupWebServicePages(FORM::"Currency Exchange Rates",DATABASE::"Currency Exchange Rate");
    SetupWebServicePages(FORM::"Customer Disc. Groups",DATABASE::"Customer Discount Group");
    SetupWebServicePages(FORM::"Item Disc. Groups",DATABASE::"Item Discount Group");
    
    SetupIntegrationService;
    END;
    
    MarkDeletedIntegrationRecords;
    SetupIntegrationTables;
    ...
    
    置換コード
    ...
    SetupWebServicePages(FORM::"Contact Card",DATABASE::Contact);
    SetupWebServicePages(FORM::"Currency Exchange Rates",DATABASE::"Currency Exchange Rate");
    SetupWebServicePages(FORM::"Customer Disc. Groups",DATABASE::"Customer Discount Group");
    SetupWebServicePages(FORM::"Item Disc. Groups",DATABASE::"Item Discount Group");
    
    // Add the following line.
    SetupWebServicePages(FORM::"Countries/Regions",DATABASE::"Country/Region");
    
    
    SetupIntegrationService;
    END;
    
    MarkDeletedIntegrationRecords;
    SetupIntegrationTables;
    ...
    
  2. 統合管理 codeunit (5150) では、 SetupIntegrationTables関数のコードは次のとおり変更します。
    既存のコード
    ...
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::Contact);
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Currency Exchange Rate");
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Customer Discount Group");
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Item Discount Group");
    ...
    
    置換コード
    ...
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::Contact);
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Currency Exchange Rate");
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Customer Discount Group");
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Item Discount Group");
    
    // Add the following line.
    InitializeIntegrationRecords(DATABASE::"Country/Region");
    
    ...
    
  3. 統合管理 codeunit (5150) では、 IsIntegrationRecord関数のコードは次のとおり変更します。
    既存のコード
    ...
    DATABASE::Contact,
    DATABASE::"Currency Exchange Rate",
    DATABASE::"Customer Discount Group",
    
    // Delete the folloiwng line.
    DATABASE::"Item Discount Group"]
    
    THEN
    EXIT(TRUE);
    
    EXIT(FALSE);
    ...
    
    置換コード
    ...
    DATABASE::Contact,
    DATABASE::"Currency Exchange Rate",
    DATABASE::"Customer Discount Group",
    
    // Add the following lines.
    DATABASE::"Item Discount Group",
    DATABASE::"Country/Region"]
    // End of the lines.
    
    THEN
    EXIT(TRUE);
    
    EXIT(FALSE);
    ...
    
コード変更を適用した後、コネクタに国/地域の値を使用できるようにするのには次の手順を実行します。
  1. Microsoft Dynamics NAV をいったんログオフし、クライアントを終了します。 すべてのユーザーがあります。
  2. Microsoft Dynamics NAV ビジネス web サービスおよび Microsoft Dynamics NAV サーバーを停止します。
  3. オフにし、 コネクタを有効にします。 チェック ボックスをオンに 同期 で、 マーケティングのセットアップのカード ダイアログ ボックスでは、クラシックでクライアントに Microsoft Dynamics NAV.
  4. クラシック クライアントを再起動します。
  5. オンにし、 コネクタを有効にします。 チェック ボックスをオンに 同期 で、 マーケティングのセットアップのカード ダイアログ ボックスの Microsoft Dynamics NAV をし、画面の指示に従って。
  6. Microsoft Dynamics NAV server と Microsoft Dynamics NAV のビジネスの web サービスを再起動します。

前提条件

この修正プログラムを適用するインストールされている以下の製品のいずれかが必要です。
  • Microsoft Dynamics NAV 2009 R2
  • Microsoft Dynamics NAV 2009 サービス ・ パック 1
さらには、修正プログラム 2597312 の修正プログラムを適用するインストールされている必要があります。 2597312 の修正プログラムの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2597312 Microsoft Dynamics のコネクタを使用して、Microsoft Dynamics NAV 2009 R2 で Microsoft Dynamics CRM を統合する際の通貨の為替レートが正しく更新されません。

プログラムのアンインストール情報

この修正プログラムを削除することはできません。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
これは、マイクロソフトのサポート組織内から直接を作成「高速公開」の記事です。ここに含まれる情報として提供されています-新たな問題への応答です。教材利用の速度、誤植を含めることができます、いつでもでも予告なく改訂する場合があります。参照してください。 使用条件 その他の考慮事項。

プロパティ

文書番号: 2721512 - 最終更新日: 2012年6月26日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbqfe kbmbsmigrate kbmbscodefix kbmt kbsurveynew KB2721512 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2721512
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com