Outlook 2013 でインターネット電子メール アカウントをセットアップする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2758902 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

解決方法

Outlook 2007 またはそれ以前のバージョン用のソリューションを参照する

Outlook 2010 用のソリューションを参照する

インターネット電子メールを自動的に検出し、設定する

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
注: これらの手順を完了するには、の電子メール アドレスと、インターネット サービス プロバイダー (ISP) から提供されたパスワードを知る必要があります。
  1. Outlook を起動します。
  2. クリックして、ファイル ] タブ。
  3. 情報] カテゴリでアカウントの設定] をクリックし、ドロップダウン リストで [アカウント設定] をクリックします。
  4. [電子メール] タブで、[新規を] をクリックします。
  5. 新しいアカウントの追加] ダイアログ ボックスで、[新しい電子メール アカウントを自動的に構成するには以下の設定で、メール アカウント ] セクションの [自動アカウント セットアップします。
    • 名前 ボックスで、名前を入力します。
    • メール アドレス ボックスで、電子メール アドレスを入力します。

      注: この情報は ISP が提供しています。
    • パスワード ボックスで、isp から提供されたパスワードを入力します。
    • パスワード ボックスで、パスワードを再入力してください] をクリックし、自動アカウント セットアップ プロセスを開始します。

      Outlook は自動的にお客様のアカウントを構成する試みます。Isp によっては、ユーザー名フィールドに入力するメール アドレスが必要です。Outlook 自動的に、電子メールのパスワードを入力する場合は、必ず、 「このパスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスが選択されています。アカウントが正常に構成されている場合、新しい電子メール アカウントの追加 ] ダイアログ ボックスで、アカウントが正常に作成されていることを示します。
    • [完了] をクリックをクリックし、閉じる アカウントのセットアップを完了します。

      注: 自動構成が失敗した場合は、自動アカウント セットアップ機能は、暗号化されていない接続を使用して接続しようとします。この方法でも問題が発生した場合、アカウントが手動で構成する必要があります。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

インターネット電子メールを手動で設定する

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
注: これらの手順を実行しておく必要があります、電子メール アドレス、パスワード、受信メール サーバーの名前、および送信のメール サーバー名、インターネット サービス プロバイダー (ISP) によって提供されます。

インターネット電子メール アカウントを手動で構成して、新しいアカウントの追加] ダイアログ ボックスでこれらの手順に従います。
  1. 手動設定または追加のサーバーの種類] チェック ボックスをオンをクリックし、[次へ] をクリックします。
  2. POP または IMAPをクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. ユーザー情報 、次の設定を構成します。
    • 名前 ボックスで、名前を入力します。
    • メール アドレス ボックスで、完全な電子メール アドレスを入力します。

      注: この情報は ISP が提供しています。

  4. [サーバー情報][アカウントの種類] ボックスで、お持ちの電子メール アカウントの種類をクリックします。選択する場合は、 POP3 またはIMAP で、勘定タイプ ボックスで、次の設定を構成します。
    • 受信メール サーバー ボックスで、サーバーの名前を小文字で入力します。サーバー名は「mail.contoso.com」のような形式を持つ場合があります。または、172.12.0.0 のように、サーバー名が IP アドレス形式である場合もあります。
    • [送信メール サーバー (SMTP)] ボックスに、送信メール サーバー名を小文字で入力します。サーバー名は「mail.contoso.com」のような形式を持つ場合があります。または、172.12.0.0 のように、サーバー名が IP アドレス形式である場合もあります。
  5. [ログオン情報] で、次の設定を構成します。
    • ユーザー名 ボックスで、ユーザー名を入力します。通常、アカウント名は電子メール アドレスのアットマーク (@) 記号の左側部分です。ISP によっては、完全な電子メール アドレスが必要となる場合があります。したがって、これが必要かどうかについては、ISP に問い合わせてください。
    • パスワード ボックスで、isp から提供されたパスワードを入力します。
    • Outlook に電子メール アカウントのパスワードを保存する場合は、クリックして選択、パスワード チェック ボックスをオンします。
  6. ISP が必要とする場合は、[メール サーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください] オプションのチェック ボックスをオンにします。
  7. [アカウント設定のテスト] をクリックします。[アカウント設定のテスト] をクリックすると、次の処理が発生します。
    • システムのインターネット接続状態が確認されます。
    • SMTP サーバーにログオンしています。
    • POP3 サーバーにログオンしています。
    • 先に POP3 サーバーにログオンする必要がある場合、Outlook が自動的に [メールを送信する前に受信メール サーバーにログオンする] オプションを設定します。
    • テスト メッセージが送信されます。このメッセージには、Outlook が初期設定に加えた変更がすべて記載されています。
  8. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

インターネット サービス プロバイダー設定 (Outlook の手動構成用)

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Outlook でインターネット電子メール アカウントを構成する際は、インターネット サービス プロバイダー (ISP) に連絡をとり、正確な受信および送信メール サーバー名や設定すべき内容に関する情報について問い合わせておくことをお勧めします。ここに示すリストは、米国のインターネット サービス プロバイダーの一部のみに関する情報であり、最新でない可能性があります。

受信メール (POP3) サーバー名および設定

元に戻す全体を表示する
プロバイダーの名前サーバー名ポートSPASSLAuthRequired
AOLpop.aol110OFFOFFON
AT&T yahoo!pop.att.yahoo.com995OFFONON
Charterpop.charter.net110OFFOFFON
Comcastmail.comcast.net995OFFONON
Cox さんpop.[地域名].cox.net110OFFOFFOFF
Gmailpop.gmail.com995OFFONON
Junopop.juno.com110OFFOFFOFF
Microsoft Livepop3.live.com995OFFONON
Netscapepop.3.isp.netscape.com110OFFOFFON
Netzeropop.netzero.com110OFFOFFON
Pacbellpop.att.yahoo.com995OFFONON
PeoplePCpop.peoplepc.com110OFFOFFON
Qwestpop.[地域 ID].qwest.net110OFFOFFOFF
Rogerspop.broadband.rogers.com110OFFOFFON
SBCGlobalpop.att.yahoo.com995OFFONON
Swbellpop.att.yahoo.com995OFFONON
Verizonincoming.verizon.net110OFFOFFON
Yahoo!pop.mail.yahoo.com110OFFOFFOFF


送信メール (SMTP) サーバーの名前を設定します。

元に戻す全体を表示する
プロバイダーの名前サーバー名ポートSPAAuthRequired暗号化
AOLsmtp.aol.com587OFFON[なし]
AT&T yahoo!smtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Chartersmtp.charter.net25OFFON[なし]
Comcastsmtp.comcast.net587OFFONTLS
Cox さんsmtp.[地域名].cox.net25OFFOFF[なし]
Gmailsmtp.gmail.com587OFFONTLS
Junoauthsmtp.juno.com587OFFOFF[なし]
Microsoft Livesmtp.live.com587OFFONTLS
Netscapesmtp.isp.netscape.com25OFFOFF[なし]
Netzeroauthsmtp.netzero.com25OFFON[なし]
Pacbellsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
PeoplePCsmtpauth.peoplepc.com587OFFON[なし]
Qwestpop.[地域 ID].qwest.net25OFFOFF[なし]
Rogerssmtp.broadband.rogers.com587OFFON[なし]
SBCGlobalsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Swbellsmtp.att.yahoo.com465OFFONSSL
Verizonoutgoing.verizon.net25OFFON[なし]
Yahoo!smtp.mail.yahoo.com25OFFOFF[なし]
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

高度なサーバー設定

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
電子メール アカウントを変更する場合は、詳細設定を開くには、[インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスをクリックします。

インターネット電子メール設定] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブでは、POP3 および SMTP のサーバー ポートの設定、暗号化されたチャネルが必要かどうか、およびサーバーのタイムアウト設定、および配信設定を定義することができます。

ISP のメール サーバーの一部には、POP3 と SMTP サーバー両方に対してセキュリティで保護された (SSL) ポートを要件としているものがあります。ISP に問い合わせて、お使いの電子メール アカウントに、これらの設定が必要かどうかを確認してください。

配信設定によっては、メッセージを読んだあと、一定期間サーバー上にメッセージを置いておくことができます。この機能は、同じ電子メール アカウントを複数のコンピューターから使用する場合特に便利です。Outlook では、既定でこの機能が有効になっており、サーバー上にあるメッセージのコピーが削除されるまでの期限が 14 日間に設定されています。サーバーにメッセージのコピーを保存したくない場合は、このサーバーにメッセージのコピーを置く] チェック ボックスをオフに。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
役立つ情報がさらに必要ですか?
ヘルプを表示することもできます、 マイクロソフトの回答 検索の詳細については、オンライン コミュニティ マイクロソフトのサポート または Windows のヘルプとする方法、詳細についてまたは サポートを受ける オプションです。


プロパティ

文書番号: 2758902 - 最終更新日: 2013年12月4日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2013
キーワード:?
kbmt KB2758902 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2758902
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com