システム センター 2012年についての更新プログラムのロールアップ 4 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2785681 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft システム センターの 2012年に更新プログラムのロールアップ 4 で修正される問題について説明します。さらに、この資料の更新プログラムのロールアップ 4 のシステム センターの 2012年のインストール手順です。

詳細

システム センターの 2012年に更新プログラムのロールアップ 4 で修正される問題

オペレーション マネージャー - UNIX および Linux の (管理パックの更新) を監視します。

問題 1
同じコンピューターまたは複数のプロセスを監視するのには、グループを対象とする複数のプロセス モニターを使用することを前提としています。プロセスは、同じ名前と引数のフィルターを別のプロセスがあります。この状況では、プロセスが正しくテンプレートは監視されないされます。したがって、システム センター監視対象のプロセスで発生する問題を検出場合があります。

メモ 更新プログラム、更新された Microsoft.Unix.Process.Library.mpb ファイルをインポートした後は、編集して、プロセス テンプレートの既存のインスタンスを有効にするのには、更新プログラムを保存する必要があります。
問題 2
論理ディスクのパフォーマンスの統計は特定のボリュームの種類のディスク Solaris ベースのコンピューター上で収集されません。
問題 3
特定のネットワーク アダプターは、HP-UX コンピューターでは発見できない可能性があります。
問題 4
HP-UX のネットワーク アダプターのネットワーク アダプターのパフォーマンスの統計情報収集されません。
問題 5
論理ディスクのパフォーマンスの統計情報は、特定の種類のデバイス Linux ベースのコンピューターで収集されません。
問題 6
Solaris オペレーティング システムでは、ZFS の適応型交換用キャッシュで使用するメモリに使用されるメモリが正しく認識されます。

Virtual Machine Manager (KB2791325 ・ コンソールは、KB2791326 ? VMM サーバー、KB2791327: セルフ サービス ポータル)

問題 1
仮想マシンの更新処理 VMware 位置 4.1 サーバーで CPU 使用率が高い場合があります。
問題 2
複数のダイナミック GPT パススルー ディスクを使用するのには、可用性の高い仮想マシンが構成されている場合は、バーチャル マシンは VMM コンソールで、「サポートされていない VM の構成」の状態があります。
問題 3
グループ ポリシーを構成して WinRM が HYPER-V ホスト上でエージェントのインストールは失敗します。

入手してシステム センター 2012年に更新プログラムのロールアップ 4 をインストールする方法

更新プログラム パッケージには、Virtual Machine Manager は、Microsoft Update から使用可能です。

次の Microsoft ダウンロード センター サイトからに Operations Manager を UNIX と Linux の管理パックの更新プログラムがあります。
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=29696
  • 取得し、Microsoft Update から更新プログラムをインストールするには、次の手順は、該当するシステム センター 2012年コンポーネントのインストールされているシステム上でを実行します。
    1. クリックしてください。 スタートプロパティ コントロール パネル.
    2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
    3. Windows Update ウィンドウをクリックします。 オンライン Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
    4. クリックしてください。 重要な更新が利用可能します。.
    5. 適切なを選択します。 更新プログラムのロールアップ 4 パッケージをクリックし. ].
    6. クリックしてください。 更新プログラムをインストールします。 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールするのには
  • 手動で、Microsoft Update カタログから Virtual Machine Manager の更新パッケージをダウンロードするには、次のリンクを使用します。
    Virtual Machine Manager ? コンソール (KB2791325)
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Virtual Machine Manager: VMM サーバー (KB2791326)
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    Virtual Machine Manager: セルフ サービス ポータル (KB2791327)
    更新プログラム パッケージをダウンロードします。
    手動での更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    msiexec.exe を入力 パッケージ名
    たとえば、VMM サーバーの更新プログラム (KB2791326) をインストールするには、次のコマンドを実行します。
    KB2791326 ・ AMD64-Server.msp msiexec.exe に入力

インストール手順

インストールの手順は、オペレーション マネージャーの UNIX および Linux のパックとエージェントを監視します。

更新された監視パックとエージェントの UNIX および Linux のオペレーティング システムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。
    システム センターのパックを UNIX と Linux オペレーティング ・ システムの監視
  2. 管理パック ファイルを抽出するのには、管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  3. Microsoft.Unix.Library\2012 フォルダー、Microsoft.Process.Library 管理パック バンドル、およびプラットフォームのライブラリ管理パックに関連するお客様の環境では、監視する Linux または UNIX プラットフォームから、Microsoft.Unix.Library の更新された管理パックをインポートします。

    メモ Solaris 10 または 11 の Solaris 管理のパック バンドルを更新する場合は、Microsoft.Solaris.Library プラットフォームのライブラリをインポートして、Solaris 10 または 11 の Solaris 管理パック バンドルをインポートする前に数分を待つ必要があります。
  4. Linux または UNIX 環境では、監視中の各バージョンを更新された管理パックをインポートします。
  5. 各管理サーバーまたはゲートウェイは、UNIX および Linux エージェントの管理に使用で中央管理のシステム サービスを再起動します。
  6. 各エージェントを最新バージョンには、オペレーション コンソールの管理ウィンドウで、更新 SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットか、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザードを使用してアップグレードします。
メモ 管理パックのバンドル ファイルを UNIX と Linux のオペレーティング システムのバージョンごとの管理パックとエージェントのファイルを含みます。エージェント ファイルはエージェントのアップグレードに使用する前に、管理パックのバンドルをインポートした後に数分を待つ必要があります。

インストール手順については、Virtual Machine Manager

管理されたコンピューター上の VMM エージェントは VMM サーバーの更新プログラムの更新プログラムのロールアップ 4 (KB2791326) をインストールした後に更新するがあります。

管理されたコンピューター上の VMM エージェントを更新するには、次の手順を実行します。
  1. VMM コンソールを開きます。
  2. クリックしてください。 ファブリック、し、選択 サーバー.
  3. 下にあります。 管理されたコンピューター、サーバーを選択し、をクリックして エージェントを更新します。.

更新プログラムのロールアップ 4 のパッケージで更新されるファイル

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Virtual Machine Manager 管理コンソールの更新プログラム (KB2791325)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズバージョン
DB。Adhc.dll7232483.0.6040.0
Engine.Deployment.dll4283363.0.6040.0
ImgLibEngine.dll12639203.0.6040.0
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll1627363.0.6019.0
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll15260643.0.6040.0
Microsoft.VirtualManager.UI.Dialogs.dll26725603.0.6019.0
Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Jobs.dll1293363.0.6040.0
Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Jobs.resources.dll556083.0.6040.0
Microsoft.VirtualManager.UI.VmmControls.dll6368483.0.6019.0
Remoting.dll6409443.0.6019.0
更新プログラムのロールアップ 4 をシステム センター 2012 (VMM) サプリメント Notice_Localized languages.rtf73393
VmmAdminUI.exe1371363.0.6019.0
VMWareImplementation.dll18987603.0.6055.0
WSManAutomation.dll351203.0.6040.0
WsManWrappers.dll20790243.0.6040.0
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム (KB2791326)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズバージョン
DB。Adhc.dll7232483.0.6040.0
Engine.Adhc.Operations.dll6945763.0.6040.0
Engine.Backup.dll514643.0.6055.0
Engine.BitBos.dll1866323.0.6055.0
Engine.Deployment.dll4283363.0.6040.0
Engine.IndigoAccessLayer.dll3173603.0.6019.0
Engine.MomDal.dll5716963.0.6040.0
Engine.Placement.dll2317283.0.6040.0
Engine.Placement.ResourceModel.dll2644963.0.6040.0
Engine.VmOperations.dll11901923.0.6040.0
ImgLibEngine.dll12639203.0.6040.0
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll1627363.0.6019.0
msiInstaller.dat12
msiInstaller.exe (32 ビット)1740003.0.6005.0
msiInstaller.exe (64 ビット)2103523.0.6005.0
Remoting.dll6409443.0.6019.0
更新プログラムのロールアップ 4 をシステム センター 2012 (VMM) サプリメント Notice_Localized languages.rtf73393
vmmAgent.exe31439443.0.6055.0
vmmAgent.msi (32 ビット)3381760
vmmAgent.msi (64 ビット)3832320
vmmguestagent.exe2040403.0.6055.0
vmmGuestAgent.msi (32 ビット)1154048
vmmGuestAgent.msi (64 ビット)1405952
VMWareImplementation.dll18987603.0.6055.0
WSManAutomation.dll351203.0.6040.0
WsManWrappers.dll20790243.0.6040.0
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Virtual Machine Manager セルフ サービス ポータルの更新プログラム (KB2791327)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズバージョン
DB。Adhc.dll7232483.0.6040.0
Engine.Deployment.dll4283363.0.6040.0
ImgLibEngine.dll12639203.0.6040.0
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll1627363.0.6019.0
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll15260643.0.6040.0
Remoting.dll6409443.0.6019.0
更新プログラムのロールアップ 4 をシステム センター 2012 (VMM) サプリメント Notice_Localized languages.rtf73393
VMWareImplementation.dll18987603.0.6055.0
WSManAutomation.dll351203.0.6040.0
WsManWrappers.dll20790243.0.6040.0
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2785681 - 最終更新日: 2013年1月9日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012
キーワード:?
kbfix atdownload kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2785681 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2785681
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com