Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラムのロールアップ 4 が利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2796170 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料の更新 4 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザーは (Windows Server ソリューション BPA) 1.0 について説明します。更新 4 新しいベスト ・ プラクティスが含まれています、それはいくつかの問題を解決します。

Windows Server ソリューションの BPA は、Microsoft ベースライン構成アナライザー (MBCA) 技術に組み込まれている診断ツールです。Windows Server ソリューションの BPA のいずれか、次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターをスキャンし、推奨されるベスト プラクティスの定義済みセットを既存のサーバーの設定を比較します。
  • Windows Small Business Server 2011 (SBS) の規格
  • Windows Small Business Server 2011 (SBS) の基礎
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 Essentials
  • Windows のマルチポイント Server 2011 の標準
  • Windows のマルチポイント Server 2011 プレミアム
Windows Server ソリューションの BPA は、次のタスクを実行します。
  • サーバーに関する情報を収集します。
  • サーバーの設定をお勧めするベスト ・ プラクティスのセットに従うかどうかを決定します。
  • サーバー設定と、推奨されるベスト ・ プラクティスとの相違点を識別する、スキャン結果のレポートを提供します。
  • サーバーとの問題が発生する可能性があります条件を識別します。
  • ソリューションへの潜在的な問題をお勧めします。

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

Windows SBS 2011 標準を実行する場合は、この更新プログラムを入手するのには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 既定では、マイクロソフトの更新プログラムが WSUS サービスに Windows SBS 2011 標準を指します。この更新プログラムを表示します。 更新プログラム 管理コンソールのタブ。この更新プログラムを展開した後、マイクロソフトの更新プログラムでインストール可能なもで表示されます。
  • Windows SBS 2011 Standard ではこの更新プログラムは Microsoft Update を使用して直接インストールできます。これを行うには、Windows Update を起動し、[オンラインでは、Windows Update から更新プログラムを確認する] オプションを選択します。その他のマイクロソフト製品用の更新プログラムを取得する] オプションをクリックし、へのマイクロソフト更新オプトインを完了します。その後、Microsoft update で更新プログラムを入手するのには更新プログラムの確認をクリックします。
Windows SBS 2011 Essentials、Windows 記憶域サーバー 2008 R2 Essentials またはマルチポイント Server 2011 の Windows を実行している場合は、この更新プログラムを入手するのには、次の手順を実行します。
  1. Windows の更新プログラムをここで詳細をクリックして詳細については、Microsoft Update からのフリー ソフトウェアを見つけるの横にあるをクリックし、Microsoft Update から更新プログラムを入手するための手順を実行します。まだにマイクロソフト更新をしている場合は、この手順は無視してかまいません。
  2. Windows Update では、更新プログラムの確認をクリックします。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、次のオペレーティング システムのいずれかを実行している必要があります。
  • Windows SBS 2011 標準
  • Windows SBS 2011 Essentials
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 Essentials
  • Windows のマルチポイント Server 2011 の標準
  • Windows のマルチポイント Server 2011 プレミアム
さらに、インストールされている Windows Server ソリューション BPA 1.0 が必要です。

レジストリ情報

このパッケージに更新プログラムを適用するには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、次の更新置き換えられます。
2600333 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新があります。
2652984 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 が有効になります 2 を更新
2699813 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 用の更新プログラムのロールアップ 3 が利用可能です。

これで解決される問題更新

問題 1
Windows SBS 2011 Essentials での複数のネットワーク アダプターが存在する場合に、Windows Server ソリューションの BPA の適切なネットワーク アダプターを取得しません。
問題 2
EWSMaxReqLengthルールの解像度を適用した後、Outlook Web Access から、電子メール メッセージを削除できません。
問題 3
チェック WebSvcAuthルールの解像度は、正しくありません。
問題 4
証明書のサブジェクト名にスペースが含まれる場合は、チェック CertSubjectConnectCertのルールが正しくトリガーできません。
問題 5
Windows Server ソリューションの BPA の 1.0 の最新更新プログラムのロールアップは、Windows SBS 2011 標準および Windows SBS 2011 Essentials はチェックされません。

この更新プログラムに追加された新しいルール

この更新プログラムをインストールした後、Windows Server ソリューションの BPA を次の新しい規則が追加されます。
  • DefWebSiteExtended

    このルールは、既定の web サイトが正しく拡張されたかどうかを確認します。
  • RemoteVDirAuthentication

    このルールは、匿名認証が無効になっているかどうかを確認します。
  • SelfUpdateVDirSSL

    このルールでは、SSL プロトコルが有効かどうか、または自動の仮想ディレクトリで匿名認証が無効かどうかをチェックします。
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2796170 - 最終更新日: 2013年2月16日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Small Business Server 2011 Essentials
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
  • Windows Multipoint Server 2011 Premium
  • Windows Multipoint Server 2011 Standard
  • Windows Storage Server 2008 R2 Essentials
キーワード:?
kbqfe kbfix kbinfo kbexpertiseadvanced kbsurveynew atdownload kbmt KB2796170 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2796170
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com