サービス バス 1.0 の累積的な更新プログラムの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2799752 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

サービス バスの 1.0 用の累積的な更新プログラムを説明します。この更新プログラムは、ユーザーのメッセージ、およびその逆を受信するには、送信処理を無効にすることができる新しいキュー、トピック、およびサブスクリプションの状態を定義します。また、この更新プログラムにはいくつかのソフトウェア更新プログラムが含まれています。

メモ この累積的な更新プログラム パッケージのビルド番号は 1.0.30207.2 です。

この更新プログラムは、運用環境に展開する前にテストすることをお勧めします。

この修正プログラムで解決される問題に関する詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

サポートされている累積的な更新パッケージは、マイクロソフトから提供されます。この累積的な更新プログラムはこの資料の「ダウンロード情報」セクションでダウンロード可能です。

この累積的な更新プログラムで解決される問題

  • SendDisabled
    説明: この累積的なで、キューまたはトピック状態を設定します。送信無効になっています。.この状態のときにメッセージがキューまたはトピックに送信されなく。受信操作はまだ許可されています。この更新プログラムでは、キューまたはサブスクリプションの状態を設定することもできます。ReceiveDisabled.この状態のときに、キューや購読からメッセージを受信できなくします。操作はまだ許可されて送信します。
  • コンテナーが指定されていない場合、構成ウィザードがクラッシュします。
    説明: サービスのユーザー アカウントとパスワードを検証しようとすると、新しいファームの構成] ページで、構成ウィザードがクラッシュします。この現象は、ユーザー アカウントが Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 内の Users コンテナーにアクセスを拒否された場合に発生します。
  • SBFarm-新しいコンテナーを指定しない場合、コマンドレットがクラッシュします。
    説明: 新しい SBFarm コマンドレットがクラッシュします。この現象は、ユーザー アカウントが Active Directory 内の Users コンテナーにアクセスを拒否された場合に発生します。
  • ドメインの netbios 名にピリオドが含まれている場合、次の例外の構成ウィザードが失敗します。
    説明: 構成ウィザードが失敗、次の例外 (例では、netbios 名は CONTOSO.COM) の期間は、ドメインの netbios 名に含まれている場合。
    • System.Management.Automation.CmdletInvocationException: オブジェクトまたは列名が見つからないか空です。SELECT INTO ステートメントは、各列が名前であることを確認します。その他のステートメントでは、空の別名を参照します。として定義されているエイリアス""か、は使用できません。別名を有効な名前に変更します。
    • 生じます。 オブジェクトまたは列名が見つからないか空です。SELECT INTO ステートメントは、各列が名前であることを確認します。その他のステートメントでは、空の別名を参照します。として定義されているエイリアス""か、は使用できません。別名を有効な名前に変更します。
    • オブジェクトまたは列名が見つからないか空です。SELECT INTO ステートメントは、各列が名前であることを確認します。その他のステートメントでは、空の別名を参照します。として定義されているエイリアス""か、は使用できません。別名を有効な名前に変更します。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

ダウンロード情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
サービス バスの 1.0 のパッケージの累積的な更新プログラムを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

  • オペレーティング システム: Windows Server 2008 R2 SP1 と Windows Server 2012 をサポートします。
  • 資格情報の要件: 実行可能ファイルを実行する前に、ソフトウェアをインストールするコンピューターで管理者の資格情報をいる必要があります。詳細についてを参照してください、 Windows サーバー (サービス バス 1.0) のサービスのバスドキュメント。
  • ソフトウェア要件: サービス バスの 1.0 は、更新プログラムをインストールするコンピューターにインストールする必要があります。

展開

コンピューターがファーム内の各コンピューターにこの更新プログラムがインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールする方法

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルで、プログラムと機能を開きます。
  2. インストールされた更新プログラムの一覧で、サービス バス 1.0 (KB2799752) の LDR の累積的な更新を検索します。
  3. LDR のサービス バス 1.0 (KB2799752) 用の累積的な更新を右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
コマンドラインを使用してこの累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールすることもできます。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
「C:\ProgramData\Microsoft\E-Business サーバー Updates\Updates\Uninstall2799752\setup.exe/u 0/branch LDR」

ファイル情報

この累積的な更新プログラム パッケージの英語 (米国) 版は、累積的な更新プログラム パッケージをインストールするには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。これらのファイルの日付および時刻は、標準世界時 (UTC) で次の表に表示されています。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.applicationserver.messaging.broker.dll2.0.30207.21,576,34407-2 月-201309:46x86
Microsoft.cloud.servicebus.common.dll2.0.30207.2299,92807-2 月-201309:46x86
Microsoft.cloud.servicebus.dll2.0.30207.2647,57607-2 月-201309:46x86
Microsoft.cloud.servicebus.messaging.dll2.0.30207.2318,36007-2 月-201309:46x86
Microsoft.servicebus.commands.common.dll2.0.30207.2163,73607-2 月-201309:46x86
Microsoft.servicebus.commands.dll2.0.30207.2338,32807-2 月-201309:46x86
Microsoft.servicebus.dll2.0.30207.22,192,28007-2 月-201309:46x86

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2799752 - 最終更新日: 2014年6月17日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Service Bus for Windows Server
  • Microsoft Azure Service Bus and Notification Hubs
  • Microsoft Azure Service Bus Developerr
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbmt KB2799752 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2799752
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com