累積的な更新プログラムは、ワークフロー マネージャー 1.0

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2799754 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ここはワークフロー マネージャー 1.0 の累積的な更新プログラムについて説明します。この累積的な更新プログラムは、実行中のワークフロー インスタンスを中断する機能を追加することによって改善されたワークフロー インスタンスの管理機能を提供します。また、中断されたインスタンスを再開するのには、対応する機能が追加されました。また、この累積的な更新プログラムには、いくつかのソフトウェア更新プログラムが含まれます。

注: この更新プログラムはワークフロー マネージャー 1.0 とワークフロー マネージャー クライアント 1.0 の両方を含んでいます。いずれかのワークフロー マネージャー 1.0 がコンピューターに適用することができます。 またはワークフロー マネージャーのクライアントをインストールします。コンピューターにワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされている場合は、ワークフロー マネージャーのクライアントとワークフロー マネージャーの両方更新されます。コンピューターがのみのワークフローがある場合は、マネージャー クライアント 1.0 がインストールされている、唯一のワークフロー マネージャーのクライアントが更新されます。

この累積的な更新プログラム パッケージのビルド番号は 1.0.30207.2 です。

メモ この更新プログラムは、運用環境で展開前にテストすることをお勧めします。

詳細

サポートされている累積的な更新プログラム パッケージを用意しています。この累積的な更新プログラムの「ダウンロード情報」この資料のダウンロードに利用可能です。

修正される問題、この更新プログラムで追加される機能

  • ワークフロー インスタンスの中断、および再開のサポート
    この更新プログラムは、実行中のワークフロー インスタンスを中断する機能を追加することによって改善されたワークフロー インスタンスの管理機能を追加します。また、中断されたインスタンスを再開するのには、対応する機能を追加します。さらに、未処理のエラーや検証の時間でのエラーを終了する、既定の動作が変更されています。このような場合は、代わりに中断されます。
  • コンテナーが指定されていない場合は、構成ウィザードがクラッシュします。
    コンテナーが指定されていない場合は、この更新の前には、サービス アカウントのユーザー名とパスワードを検証しようとすると、新しいファームの構成] ページで [構成ウィザード] をクラッシュします。
  • 長整数 (Int64) 型のサポート
    この更新の前に、ユーザーに長い (Int64) 型の式またはコールバックを使用できなくなります。このサポートが追加されました。
  • クライアント アセンブリが CLS 準拠です。
    この更新の前に、ワークフロー マネージャーのクライアント アセンブリに CLSCompliant に設定されていません。
  • パフォーマンスの修正と強化されたデバッグ トレース
    この更新プログラムは、システムのさまざまな側面をタッチするパフォーマンスが向上し、このスループットの向上を生成します。また、デバッグ トレースはトラブルシューティングに役立つ機能が強化されています。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

ダウンロード情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ここで、累積的な更新プログラム パッケージのワークフロー マネージャー 1.0 をダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

  • ソフトウェア要件:
    • PowerShell 3.0 を更新するのには、コンピューターにインストールしなければなりません。PowerShell の 3.0 は、Windows Management Framework 3.0 のインストールに含まれています。移動します。 Windows Management Framework 3.0この更新プログラムをインストールするのには
    • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 がコンピューターにインストールしなければなりません。
    • ワークフロー マネージャー 1.0 がインストールされているコンピューターの場合は、次の追加の要件が適用されます。
      • 全体のサービス バスの Windows 累積的な更新プログラムをインストールする必要がありますサーバー コンピューター ファーム ワークフロー マネージャー 1.0 の累積的な更新プログラムをインストールする前に
        2799752 サービス バスの詳細については、Windows サーバーの累積的な更新プログラム: 2013 年 2 月 22 日
      • Windows Server のサービス バスのコンピューターにインストールする必要があります。
  • サポートされているオペレーティング システム: Windows Server 2008 R2 SP1 と Windows Server 2012
    • ワークフロー マネージャー クライアント 1.0 は独立して、x86 と x64 バージョンの Windows 7、Windows 8 は、Windows Server 2008 にインストールできませんできます。
  • 資格情報の要件: 実行可能ファイルを実行する前に、ソフトウェアをインストールするコンピューターの管理者の資格情報を持つ必要があります。参照してください、ワークフロー マネージャー ドキュメントの詳細については。

展開

ワークフロー マネージャー ホスト コンピューター ファーム内の各コンピューターにこの更新プログラムはそのコンピューターにインストールする必要があります。

データベースの変更

この累積的な更新プログラムがインストールされている場合に発生するいくつかの最小限のデータベース変更があります。この更新プログラムをアンインストールする場合は、これらのデータベースの変更は下位互換性のあるし、はロールバックされません。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールする方法

この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルの [を開く プログラムと機能.
  2. 検索します。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRインストールされた更新プログラムの一覧にします。
  3. 右クリックします。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRプロパティ アンインストール.
コマンドラインを使用して、この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールすることもできます。コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
「C:\ProgramData\Microsoft\E-Business サーバー Updates\Updates\Uninstall2799754\setup.exe/u 0/branch LDR」

既知のセットアップの問題

インストール中には、次のエラー メッセージが表示されます。
インストールは成功しましたが、いくつかのポスト インストール操作に失敗しました
エラー メッセージ、セットアップ ログ ファイルを示しています。[ファイルの場所を次のようになります。
C:\ProgramData\Microsoft\E-Business サーバー Updates\Updates\Uninstall2799754\Setup.log
この場所を参照し、正確なエラー コードを確認するのには、セットアップ ログ ファイルを開きます。次の問題このエラーが発生する可能性があります。
  • 問題 #1:Setup.log ファイルに次のエントリを参照してください。
    開始プロセス「C:\Windows\system32\…\sysnative\windowspowershell\v1.0\powershell.exe"- NoLogo-NoProfile で非対話型のウィンドウ スタイル ExecutionPolicy RemoteSigned を非表示-ファイル UnifiedWFHotfixUpgrade.PS1 HotfixType"CS"PackageType「クライアント」オペコード"PatchBefore"-プラットフォーム"x64".

    プロセス終了コードは 65535 です。

    メソッドの呼び出しは [System.Version] 'パース' という名前のメソッドが含まれていないために失敗しました。

    C:\ProgramData\Microsoft\E-Business サーバーの Updates\Updates\Uninstall2799754 で

    47: \UnifiedWFHotfixUpgrade.PS1:54 の文字

    + $TargetWFVersion [System.Version]::Parse =<>

    + CategoryInfo: InvalidOperation: (解析:) string[]、RuntimeExce ・ ption

    + FullyQualifiedErrorId: MethodNotFound

    これは、PowerShell の 3.0 がこのコンピューターにインストールされていないことを示します。PowerShell のインストールこの更新プログラムをインストールするときに 3.0 が必要です。この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
    1. コントロール パネルの [を開く プログラムと機能.
    2. 検索します。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRインストールされた更新プログラムの一覧にします。
    3. 右クリックします。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRプロパティ アンインストール.
    4. 移動して、Windows Management Framework 3.0 Windows Management Framework 3.0 パッケージの一部として PowerShell 3.0 をインストールするのにはのページです。
    5. この累積的な更新プログラムを再インストールします。
  • 問題 #2: Setup.log ファイルに次のエントリを参照してください。
    開始プロセス「C:\Windows\system32\…\sysnative\windowspowershell\v1.0\powershell.exe"- NoLogo-NoProfile で非対話型のウィンドウ スタイル ExecutionPolicy RemoteSigned を非表示-ファイル UnifiedWFHotfixUpgrade.PS1 HotfixType"CS"PackageType「サーバー」オペコード"PatchAfter"-プラットフォーム"x64".

    プロセス終了コードが-1 です。

    起動-WFHostUpgrade: アップグレードのポリシー ファイルを検証する、次のエラーが検出されました。

    現在のサービス バスのバージョン 2012年-03 2012年 08 のバージョンと一致しません

    ポリシーファイルでアップグレードを指定します。

    C:\ProgramData\Microsoft\E-Business サーバー Updates\Updates\Uninstall2799754\UnifiedWFHotfixUpgrade.PS1:582 文字: 5

    + 起動-WFHostUpgrade

    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    + CategoryInfo: WriteError: (:)[起動-WFHostUpgrade] を指す

    + FullyQualifiedErrorId: WFServiceUpgradeFailed,Microsoft.Workflow.Deployment.Commands.InvokeWFHostUpgrade
    この問題は、サービス バスを累積的な更新プログラム (2799752) がインストールされていない Windows Server 全体的にコンピューター ファームする前に、この累積的な更新プログラムがこのコンピューターにインストールしたかどうかに発生します。この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
    1. コントロール パネルの [を開く プログラムと機能.
    2. 検索します。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRインストールされた更新プログラムの一覧にします。
    3. 右クリックします。 累積的な更新では、ワークフロー マネージャー 1.0 (KB2799754) LDRプロパティ アンインストール.
    4. 次の「サポート技術情報の資料を参照してくださいと、コンピューター ファーム内すべてコンピューターに、サービス バスを Windows サーバーの累積的な更新をインストールします。
      2799752 サービス バスの詳細については、Windows サーバーの累積的な更新プログラム: 2013 年 2 月 22 日
    5. この累積的な更新プログラムを再インストールします。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2799754 - 最終更新日: 2013年2月26日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Workflow Manager 1.0
  • Workflow Manager Client 1.0
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2799754 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2799754
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com