Windows PowerShell のスクリプトの実行ポリシーはグループ ポリシーで定義されている場合、Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年の更新プログラムのロールアップまたは service pack をインストールできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2810617 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオについて考えてみましょう:

  • ローカル グループ ポリシーを適用することも、グループ ポリシー オブジェクトを適用することによって、Windows PowerShell スクリプトの実行ポリシーを定義します。
  • Microsoft Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年の更新プログラムのロールアップまたはサービス パックをインストールしようとするとします。
  • Exchange ファイルを削除する手順が完了した後、セットアップ プロセスは失敗します。
このシナリオで Exchange Serverdoes は影響を受けるサーバー上で動作しません。さらに、セットアップ プロセスを再開できません。

原因

この問題は、インストール プロセス中に、必要な Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスが停止したために発生します。WMI サービスは、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) を照会するセットアップの一部として実行する必要がありますを Windows PowerShell スクリプトの実行ポリシーを確認する必要です。

解決方法

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
  • グループ ポリシー管理コンソール (Gpmc.msc) またはローカル グループ ポリシー エディター (Gpedit.msc) を使用して、グループ ポリシーの実行を無効にします。グループ ポリシーを実行するためのグループ ポリシー オブジェクトは、未定義に設定しなければなりません。
  • Exchange Server 2010年または Exchange Server 2013年の更新プログラムのロールアップまたは service pack をインストールします。
  • 以前に定義した Windows PowerShell スクリプト実行ポリシーで、グループ ポリシー管理コンソールまたはローカル グループ ポリシー エディターを再度有効にします。

    注:Exchange Server 2010年の SP3 では、「現象」に記載されている問題が解決します。Exchange Server 2010年の SP3 およびそれ以降のバージョンでは Windows PowerShell のスクリプトの実行ポリシーが正しく検証されます。そのため、更新プログラムのロールアップまたはサービス パックをインストールするときに、スクリプトの実行ポリシーを無効にする必要はありません。
Exchange Server 2010年の SP3 の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2808208 Exchange Server 2010年のサービス パック 3 の説明

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

実行ポリシーをインストール プロセスを開始する前に確認するには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行します。
取得 ExecutionPolicy-リスト

出力は、次のようになります。
Scope ExecutionPolicy 
----- --------------- 
MachinePolicy Undefined
UserPolicy Undefined 
Process Undefined 
CurrentUser Undefined 
LocalMachine Undefined
以外は未定義の状態に実行ポリシーの場合は、Exchange Server の更新プログラムのロールアップまたはサービス パックをインストールする前に、「解決方法」セクション手順を参照してください。

問題についての実行をセットアップして、エラーに遭遇した以下をクリックして、資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照するときにことは発生します。
2668686 Exchange Server 2010 SP2 をインストールしようとすると、エラー メッセージ:「承認チェックが失敗しました」
Microsoft Exchange Server 2010年用の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールしようとする場合に発生する問題については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
981474 Exchange Server 2010 RU1 をインストールするときにエラー 1603 が発生する
Microsoft Exchange Server 2010年用の更新プログラムのロールアップをインストールしようとする場合に発生する問題については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
2467565 展開された GPO を更新するのには、サーバーの PowerShell 実行ポリシーを定義すると、Exchange Server 2010年の更新プログラムのロールアップをインストールすることはできません。

プロパティ

文書番号: 2810617 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2013 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2810617 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2810617
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com