Microsoft Excel データ テーブルを使用してデータベースの情報を分析する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 282851 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Excel データ テーブルを使用してデータベースに含まれる情報を分析する方法について説明します。

詳細

変数が 1 つおよび変数が 2 つのテーブルでデータベース関数を使用すると、比較条件および計算条件を使用して、任意のデータベースから取得される値を分析できます。

比較条件

比較条件は、Microsoft Excel データベースの情報を抽出または分析する際に最も一般的に使用される条件です。条件範囲の列見出しの下に配置した値が、データベース内のレコードと比較されます。その値と一致するレコードがあった場合、そのレコードが抽出されるか、またはデータベース関数で分析されるレコードのグループに含められます。

サンプル データベースおよびサンプルの条件範囲を作成するには、次の手順を実行します。
  1. 新しいブックを開きます。
  2. 新規のワークシートのセル A1:C25 に以下の情報を入力します。
          |       A      |   B     |   C
       ---|--------------|---------|--------
        1 | Type of Soda |Month    |Consumed
        2 | Pepup        |January  |     946
        3 | Diet Pepup   |January  |     762
        4 | Colo         |January  |     224
        5 | Diet Colo    |January  |       1
        6 | Splash       |January  |     715
        7 | Diet Splash  |January  |     506
        8 | Lime-Up      |January  |     354
        9 | Diet Lime-Up |January  |     542
        10| Pepup        |February |     910
        11| Diet Pepup   |February |     894
        12| Colo         |February |     926
        13| Diet Colo    |February |     471
        14| Splash       |February |     493
        15| Diet Splash  |February |     276
        16| Lime-Up      |February |      45
        17| Diet Lime-Up |February |     301
        18| Pepup        |March    |     840
        19| Diet Pepup   |March    |     442
        20| Colo         |March    |     409
        21| Diet Colo    |March    |     205
        22| Splash       |March    |     109
        23| Diet Splash  |March    |     263
        24| Lime-Up      |March    |     603
        25| Diet Lime-Up |March    |     555
    					
  3. セル A1:C25 を選択します。
  4. [挿入] メニューの [名前] をポイントし、[定義] をクリックします。
  5. Database と入力し、[OK] をクリックします。
  6. ワークシートのセル E1:G1 に、サンプルの条件範囲として次のデータを入力します。
          |       E      |  F   |   G
       ---|--------------|------|--------
        1 | Type of Soda |Month |Consumed
        2 |              |      |
    
    					
  7. E1:G2 の範囲にあるセルを選択します。
  8. [挿入] メニューの [名前] をポイントし、[定義] をクリックします。
  9. Criteria と入力し、[OK] をクリックします。

変数が 1 つのテーブル

全期間で消費されたソーダの価格を種類ごとに求めるには、データベースのデータを使用する、変数が 1 つのテーブルを作成します。
  1. セル E5:E12 に、ソーダの種類を入力します (この変数データは 1 列に入力するため、これは列入力テーブルです)。

    : 種類は、データベースからコピーしてセルに貼り付けることができます。
  2. セル F4 に、次の数式を入力します。
    =DSUM(Database,"Consumed",Criteria)*0.45
    : この数式では、データベース内で指定した条件に一致する消費済みソーダの数を合計し、その結果に 45 セント (1 缶の価格) を掛けます。
  3. セル E4:F12 を選択します。
  4. [データ] メニューの [テーブル] をクリックします。
  5. [列の代入セル] ボックスに、E2 と入力します。

    : E2 は、条件範囲の中で、特定のソーダの名前を入力するセルです。種類ごとの費用を計算するためにさまざまな種類のソーダを代入する必要があるため、実際の条件ではセル E2 を空白のままにします。テーブルにあるソーダの種類 (E4:E12) がそれぞれ自動的に (内部で) セル E2 に代入され、その条件に基づいて数式が計算されます。
データベースのデータを使用した、変数が 1 つのテーブル (数式を表示)
=================================================================

      |       E       |                    F
   ---|---------------|----------------------------------------
    4 | First Quarter |=DSUM(Database,"Consumed",Criteria)*0.45
    5 | Pepup         |=TABLE(,E2)
    6 | Diet Pepup    |=TABLE(,E2)
    7 | Colo          |=TABLE(,E2)
    8 | Diet Colo     |=TABLE(,E2)
    9 | Splash        |=TABLE(,E2)
    10| Diet Splash   |=TABLE(,E2)
    11| Lime-Up       |=TABLE(,E2)
    12| Diet Lime-Up  |=TABLE(,E2)


データベースのデータを使用した、変数が 1 つのテーブル (値を表示)
===============================================================

      |       E       |           F
   ---|---------------|------------------------
    4 | First Quarter |Money Spent on Beverages
    5 | Pepup         |               $1,213.20
    6 | Diet Pepup    |                 $944.10
    7 | Colo          |                 $701.55
    8 | Diet Colo     |                 $304.65
    9 | Splash        |                 $592.65
    10| Diet Splash   |                 $470.25
    11| Lime-Up       |                 $450.90
    12| Diet Lime-Up  |                 $629.10

				
セル F4 に表示される値は、数値形式です。この値を複製するには、次の手順を実行します。
  1. セル F4 を選択します。
  2. [書式] メニューの [セル] をクリックします。
  3. [表示形式] タブをクリックします。
  4. [分類] ボックスの一覧の [ユーザー定義] をクリックします。
  5. [種類] ボックスに、"Money Spent on Beverages" (引用符を含む) と入力します。
  6. [OK] をクリックします。

変数が 2 つのテーブル

以下の例では、上記で作成したサンプルのデータベースおよび条件を使用します。変数が 2 つのテーブルを作成し、それを使用してソーダの種類ごとに月ごとの消費額を求めるには、次の手順を実行します。
  1. セル E15:E22 に、ソーダの種類を入力します (これは列入力を表します)。

    : 種類は、データベースからコピーしてセルに貼り付けることができます。
  2. セル F14 に January、セル G14 に February、セル H14 に March と入力します。
  3. セル E14 に、次の数式を入力します。
    =DSUM(Database,"Consumed",Criteria)*0.45
    : この数式では、データベース内の消費済みソーダを条件に基づいて合計し、その合計に 45 セント (1 缶の価格) を掛けます。
  4. セル E14:H22 を選択します。
  5. [データ] メニューの [テーブル] をクリックします。
  6. [行の代入セル] ボックスに F2 と入力し、[列の代入セル] ボックスに E2 と入力します。

    : ソーダの種類ごとに各月の費用を計算する必要があり、費用の分析を特定の月に限定はしないため、定義対象の条件範囲では F2 を空白のままにします。F2 は、条件範囲の中で、特定の月の名前を入力するセルです。テーブルにある月の名前 (F14:H14) がそれぞれ自動的に (内部で) セル F2 に代入され、その月に基づいて数式が計算されます。

    ソーダの種類ごとの費用を計算する必要があるため、実際の条件ではセル E2 を空白のままにします。E2 は、条件範囲の中で、特定のソーダの名前を入力するセルです。たとえば、ダイエット ソーダの費用を計算する場合は、セル E2 に "diet" と入力します。テーブルにあるソーダの種類 (E15:E22) がそれぞれ自動的に (内部で) セル E2 に代入され、その種類に基づいて数式が計算されます。
データベースのデータを使用した、変数が 2 つのテーブル (数式を表示)
=================================================================

注 : 画面表示の制限により、4 列のテーブルを 
2 つに分けて示します。

(4 列のテーブルの左 1 列)

      |                    E
   ---|-----------------------------------------
    14| =DSUM(Database,"Consumed",Criteria)*0.45
    15| Pepup
    16| Diet Pepup
    17| Colo
    18| Diet Colo
    19| Splash
    20| Diet Splash
    21| Lime-Up
    22| Diet Lime-Up

(4 列のテーブルの右 3 列)

      |       F       |      G       |      H
   ---|---------------|--------------|-------------
    14| January       |February      |March
    15| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    16| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    17| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    18| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    19| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    20| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    21| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)
    22| =TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2) |=TABLE(F2,E2)


データベースのデータを使用した、変数が 2 つのテーブル (値を表示)
===============================================================

      |       E        |    F   |    G    |   H
   ---|----------------|--------|---------|--------
    14| Cost per Month |January |February |March
    15| Pepup          |$425.70 | $409.50 | $378.00
    16| Diet Pepup     |$342.90 | $402.30 | $198.90
    17| Colo           |$100.80 | $416.70 | $184.05
    18| Diet Colo      |  $0.45 | $211.95 |  $92.25
    19| Splash         |$321.75 | $221.85 |  $49.05
    20| Diet Splash    |$227.70 | $124.20 | $118.35
    21| Lime-Up        |$159.30 |  $20.25 | $271.35
    22| Diet Lime-Up   |$243.90 | $135.45 | $249.75

				
セル E14 に表示される値は、数値形式です。この値を複製するには、次の手順を実行します。
  1. セル E14 を選択します。
  2. [書式] メニューの [セル] をクリックします。
  3. [表示形式] タブをクリックします。
  4. [分類] ボックスの一覧の [ユーザー定義] をクリックします。
  5. [種類] ボックスに、"Cost per Month" (引用符を含む) と入力します。
  6. [OK] をクリックします。

計算条件

変数が 1 つまたは 2 つのテーブルで、計算条件を使用してデータベースの値を取得し、分析することもできます。計算条件では、数式を使用して分析対象の値を抽出または取得します。

計算条件を使用する場合は、次の点に注意してください。
  • 計算条件のフィールド名は、データベースのフィールド名ではなく、ラベルにする必要があります (または空白のまま)。例では、セル H1 が空白になっています。ここには、"month"、"formula"、その他のデータベースのフィールド名以外のワードを含めることができます。
  • 計算条件を使用する数式では、データベース内で参照するフィールドの最初のレコードに対する相対参照を使用する必要があります。以下の例では、数式 =MONTH(B2)=MONTH($H$3) に、セル B2 に対する相対参照が含まれています。
  • 多くの場合、計算条件のその他の参照は絶対参照にする必要があります。以下の例では、数式 =MONTH(B2)=MONTH($H$3) に、セル H3 に対する絶対参照が含まれています。
以下の例のために、サンプル データベースおよびサンプルの条件範囲を作成する必要があります。サンプル データベースを作成するには、新規ワークシートのセル A1:C15 に次の情報を入力します。
      |    A      |    B    |     C
   ---|-----------|---------|------------
    1 | Product # |Date     |Amount Sold
    2 |       9865|   1/2/90|          91
    3 |       9870|  1/12/90|          94
    4 |       9875|  1/22/90|          76
    5 |       9880|   2/1/90|          22
    6 |       9865|  2/11/90|          82
    7 |       9870|  2/21/90|          71
    8 |       9870|   3/3/90|          50
    9 |       9865|  3/13/90|          35
    10|       9880|  3/23/90|          54
    11|       9875|   4/2/90|          80
    12|       9865|  4/12/90|          33
    13|       9880|  4/22/90|          83
    14|       9875|   5/2/90|          62
    15|       9870|  5/12/90|          15
				
次の手順に従って、データベース名を定義し、条件を設定します。
  1. セル A1:C15 を選択します。
  2. [挿入] メニューの [名前] をポイントし、[定義] をクリックします。
  3. Database と入力し、[OK] をクリックします。
  4. セル E1:H2 を選択します。
  5. [挿入] メニューの [名前] をポイントし、[定義] をクリックします。
  6. Criteria と入力し、[OK] をクリックします。
      |     E     |  F  |      G      |          H
   ---|-----------|-----|-------------|---------------------
    1 | Product # |Date |Amount Sold  |
    2 |           |     |             |=MONTH(B2)=MONTH($H$3)

数式 =MONTH(B2)=MONTH($H$3) で、TRUE または FALSE の値が返され、
H2 に表示されます。

      |     E     |  F  |      G      |    H
   ---|-----------|-----|-------------|---------
    1 |Product #  |Date |Amount Sold  |
    2 |                                  TRUE
				

変数が 1 つのテーブル

月ごとの売上数量、販売日数、月ごとの 1 日の最大売上数量を求める場合は、次のように、変数が 1 つのテーブルをこのデータから作成します。
  1. 次のデータをセル E6:E10 に入力します。
          |     E     
       ---|-----------
        6 |     1/1/90
        7 |     2/1/90
        8 |     3/1/90
        9 |     4/1/90
       10 |     5/1/90
    						
    : 以下の例のように、月の名前のみをテーブルに表示する場合は、セル E6:E10 を選択し、[書式] メニューの [セル] をクリックし、[分類] ボックスの一覧の [ユーザー定義] をクリックし、[種類] ボックスに mmmm と入力して、表示形式を変更します。この形式を使用すると、E6 は January、E7 は February、以下同様に表示されます。
  2. セル F5 に、次の数式を入力します。
    =DSUM(Database,"Amount Sold",Criteria)
  3. セル G5 に、次の数式を入力します。
    =DCOUNT(Database,,Criteria)
  4. セル H5 に、次の数式を入力します。
    =DMAX(Database,"Amount Sold",Criteria)
  5. セル E5:H10 を選択します。
  6. [データ] メニューの [テーブル] をクリックします。
  7. [列の代入セル] ボックスに、H3 と入力します。

    : セル H2 には数式 =MONTH(B2)=MONTH($H$3) が含まれています。この数式では、Date フィールドの最初のレコード (B2) の月がセル H3 (列入力セル) の月と等しいかどうかが確認されます。テーブルにある月の名前 (E5:E10) がそれぞれ自動的に (内部で) セル H3 に代入され、その月に基づいて数式が計算されます。

計算条件を使用した、変数が 1 つのテーブル (数式を表示)
================================================================

注 : 画面表示の制限により、4 列のテーブルを 
2 つに分けて示します。

(4 列のテーブルの左 2 列)

      |   E    |                  F
   ---|------- |--------------------------------------
    5 |        |=DSUM(Database,"Amount Sold",Criteria)
    6 | 1/1/90 |=TABLE(,H3)
    7 | 2/1/90 |=TABLE(,H3)
    8 | 3/1/90 |=TABLE(,H3)
    9 | 4/1/90 |=TABLE(,H3)
    10| 5/1/90 |=TABLE(,H3)

(4 列のテーブルの右 2 列)

      |               G             |           H
   ---|-----------------------------|-------------------------------------
    5 | =DCOUNT(Database,,Criteria) |=DMAX(Database,"Amount Sold",Criteria)
    6 | =TABLE(,H3)                 |=TABLE(,H3)
    7 | =TABLE(,H3)                 |=TABLE(,H3)
    8 | =TABLE(,H3)                 |=TABLE(,H3)
    9 | =TABLE(,H3)                 |=TABLE(,H3)
    10| =TABLE(,H3)                 |=TABLE(,H3)



計算条件を使用した、変数が 1 つのテーブル (値を表示)
==============================================================

      |    E    |      F      |      G      |     H
   ---|---------|-------------|-------------|----------
    5 |         | Total Amount| # of Entries| Max Entry
    6 | January |          261|            3|        94
    7 | February|          175|            3|        82
    8 | March   |          139|            3|        54
    9 | April   |          196|            3|        83
    10| May     |           77|            2|        62
				
セル F5:H5 に表示される値は、数値形式です。これらの値を複製するには、次の手順を実行します。
  1. セル F5 を選択します。
  2. [書式] メニューの [セル] をクリックします。
  3. [表示形式] タブをクリックします。
  4. [分類] ボックスの一覧の [ユーザー定義] をクリックします。
  5. [種類] ボックスに、"Total Amount" (引用符を含む) と入力します。
  6. [OK] をクリックします。
  7. セル G5 および H5 で手順 1. 〜 5. を繰り返します。手順 5. では、書式をそれぞれ "# of Entries" および "Max Entry" と入力します (引用符を含む)。

変数が 2 つのテーブル

製品番号ごとに、月ごとの売上数量を求める場合は、次のようにして、変数が 2 つのテーブルをこのデータから作成します。
  1. 次のデータを E 列のセル E13:E17 に入力します。
          |     E     
       ---|-----------
       13 |     1/1/90
       14 |     2/1/90
       15 |     3/1/90
       16 |     4/1/90
       17 |     5/1/90
    						
    : 以下の例のように、月の名前のみをテーブルに表示する場合は、セル E13:E17 の表示形式を mmmm に変更します。変更するには、[書式] メニューの [セル] をクリックし、[ユーザー定義] をクリックして、[種類] ボックスに mmmm と入力します。この形式を使用すると、E13 は January、E14 は February、以下同様に表示されます。
  2. 次の製品番号を行 12 のセル F12:I12 に入力します。
          |  F  |  G  |  H  |  I
       ---|-----|-----|-----|-----
       12 | 9865| 9870| 9875| 9880
       13 |
    					
  3. セル E12 に次の数式を入力します。
    =DSUM(Database,"Amount Sold",Criteria)
  4. セル E12:I17 を選択します。
  5. [データ] メニューの [テーブル] をクリックします。
  6. [行の代入セル] ボックスに E2 と入力し、[列の代入セル] ボックスに H3 と入力します。

    : 製品ごとの合計売上数量を月ごとに求めるため、定義対象の条件範囲では E2 を空白のままにします。E2 は、条件範囲の中で、特定の製品番号を入力するセルです。テーブルにある製品番号 (F12:I12) がそれぞれ自動的に (内部で) セル E2 に代入され、その製品に基づいて数式が計算されます。

    セル H2 には数式 =MONTH(B2)=MONTH($H$3) が含まれています。この数式では、Date フィールドの最初のレコード (B2) の月がセル H3 (列入力セル) の月と等しいかどうかが確認されます。テーブルにある月の名前 (E13:E17) がそれぞれ自動的に (内部で) セル H3 に代入され、その月に基づいて数式が計算されます。
計算条件を使用した、変数が 2 つのテーブル (数式を表示)
================================================================

画面表示の制限により、5 列のテーブルを 
2 つに分けて示します。

(5 列のテーブルの左 2 列)

      |                    E                   |      F
   ---|----------------------------------------|-------------
    12| =DSUM(Database,"Amount Sold",Criteria) |9865
    13| 1/1/90                                 |=TABLE(E2,H3)
    14| 2/1/90                                 |=TABLE(E2,H3)
    15| 3/1/90                                 |=TABLE(E2,H3)
    16| 4/1/90                                 |=TABLE(E2,H3)
    17| 5/1/90                                 |=TABLE(E2,H3)

(5 列のテーブルの右 3 列)

      |       G       |      H       |      I
   ---|---------------|--------------|-------------
    12|           9870|          9875|         9880
    13| =TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3)
    14| =TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3)
    15| =TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3)
    16| =TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3)
    17| =TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3) |=TABLE(E2,H3)


計算条件を使用した、変数が 2 つのテーブル (値を表示)
==============================================================

      |     E    |  F  |  G  |  H  |  I
   ---|----------|-----|-----|-----|----
    12|          | 9865| 9870| 9875|9880
    13| January  |   91|   94|   76|   0
    14| February |   82|   71|    0|  22
    15| March    |   35|   50|    0|  54
    16| April    |   33|    0|   80|  83
    17| May      |    0|   15|   62|   0
				

関連情報

データ テーブルの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
282852 Microsoft Excel のデータ テーブルの概要
282855 Microsoft Excel で変数が 1 つのデータ テーブルを作成および使用する方法
282856 Microsoft Excel で変数が 2 つのデータ テーブルを作成および使用する方法

プロパティ

文書番号: 282851 - 最終更新日: 2006年8月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2001 for Mac
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 98 for Macintosh
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB282851
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com