[MS13-094] Outlook 2010 セキュリティ更新プログラムについて(2013 年 11 月 12 日)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2837597 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この更新プログラムは Microsoft Outlook のセキュリティ上の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された電子メール メッセージを開くかプレビューしたときに情報漏えいが起こる可能性があります。

概要

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS13-094 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:その他の地域のサポート

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

ダウンロード情報

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Outlook 2010 32 ビット版 (x86) Service Pack 1 および Service Pack 2

Microsoft Outlook 2010 64 ビット版 (x64) Service Pack 1 および Service Pack 2

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

この更新プログラムを適用した後に Microsoft Outlook での S/MIME 証明書の検証で問題が発生することがあります。この問題は、この更新プログラムが Outlook でのリモート中間証明書の取得を無効にすることが原因で発生します。

これらの問題が発生するか、機関情報アクセス拡張機能で参照されるリモート証明書の取得を必要とするエンタープライズ インストールで作業している場合は、Microsoft Outlook でのリモート中間証明書の取得を有効にするようにレジストリ キーを設定することができます。

警告 リモート中間証明書の取得を有効にするようにレジストリ キーを設定すると、この更新プログラムによる保護が解除されます。

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する前に、問題が発生した場合に備えて、復元できるようにレジストリのバックアップ を作成します。

この更新プログラムを適用した後で Outlook でのリモート中間証明書の取得を有効にするには、次のレジストリ キー値を設定します。

レジストリの場所:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security


DWORD 名:EnableAIACertExtension
値のデータ:1

注意事項
  • Security サブキーおよび DWORD 値 EnableAIACertExtension が存在しない場合には、これらを作成する必要があります。
  • 評価を無効にするには、値のデータを?0 (0 が既定値です) に設定します。

また、グループ ポリシーを使用してこのレジストリ キーの変更を複数のドメインに適用することができます。グループ ポリシーの詳細については、TechNet の資料「グループ ポリシー リファレンス」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムを適用するための必要条件

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Service Pack 1 ] または [Service Pack 2 Microsoft Office 2010 用がコンピューターにインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

このセキュリティ更新プログラムのインストール後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。

コンピューターの再起動を促すメッセージが表示される理由 」を参照してください。

アンインストール情報

注: セキュリティ更新プログラムのアンインストールはお勧めしません。

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

注: このセキュリティ更新プログラムを削除するときに、Microsoft Office が収録されているディスクを挿入するように求められる場合があります。また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] では、このセキュリティ更新プログラムをアンインストールするオプションを利用できないことがあります。この問題には複数の原因があります。

Office 更新プログラムのアンインストール機能に関する情報 を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、次のセキュリティ更新プログラムに置き換わるものです。 2794707.

ファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
このセキュリティ更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
サポートされているすべてのバージョンの Outlook 2010 (x86 ベース)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
Cnfnot32.exe_000414.0.7107.5000152,74408-Aug-201302:36
Contab32.dll14.0.7107.5000135,87214-Aug-201305:36
Dlgsetp.dll14.0.7107.500088,76008-Aug-201302:36
Emsmdb32.dll_000514.0.7108.50001,756,92818-Aug-201312:19
Envelope.dll14.0.7107.5000155,84808-Aug-201302:36
Exsec32.dll_000114.0.7109.5000332,95207-Sep-201302:59
Impmail.dll14.0.7107.5000135,85608-Aug-201302:36
Mapiph.dll14.0.7107.5000277,22408-Aug-201302:36
Mimedir.dll14.0.7107.5000359,07208-Aug-201302:36
Mspst32.dll_000414.0.7107.50001,264,88814-Aug-201305:36
Olmapi32.dll14.0.7109.50003,323,58407-Sep-201302:59
Omsmain.dll14.0.7107.5000725,70414-Aug-201305:44
Omsxp32.dll14.0.7107.5000234,20014-Aug-201305:44
Outlmime.dll14.0.7107.5000523,98408-Aug-201302:36
Outlook.exe14.0.7109.500015,997,60807-Sep-201302:59
Outlph.dll14.0.7101.5000330,45623-Apr-201305:49
Outlvbs.dll_000114.0.7107.500056,50408-Aug-201302:36
Pstprx32.dll14.0.7107.5000309,93608-Aug-201302:36
Recall.dll14.0.7005.100045,13631-Oct-201207:39
Rm.dll14.0.7107.500079,02408-Aug-201302:36
Rtfhtml.dll14.0.7005.1000408,14405-Nov-201208:08
Scanpst.exe_000214.0.7107.500040,16808-Aug-201302:36
Scnpst32.dll14.0.7107.5000337,64808-Aug-201302:36
Scnpst64.dll14.0.7107.5000348,40808-Aug-201302:36
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
サポートされているすべてのバージョンの Outlook 2010 (x64 ベース)
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
Cnfnot32.exe_000414.0.7107.5000226,98408-Aug-201302:41
Contab32.dll14.0.7107.5000179,39214-Aug-201305:35
Dlgsetp.dll14.0.7107.5000118,45608-Aug-201302:41
Emsmdb32.dll_000514.0.7108.50002,234,11218-Aug-201312:19
Envelope.dll14.0.7107.5000220,36008-Aug-201302:41
Exsec32.dll_000114.0.7109.5000473,75207-Sep-201302:57
Impmail.dll14.0.7107.5000187,05608-Aug-201302:41
Mapiph.dll14.0.7107.5000423,14408-Aug-201302:41
Mimedir.dll14.0.7107.5000543,90408-Aug-201302:41
Mspst32.dll_000414.0.7107.50001,623,80014-Aug-201305:35
Olmapi32.dll14.0.7109.50004,551,87207-Sep-201302:57
Omsmain.dll14.0.7107.50001,098,44014-Aug-201305:50
Omsxp32.dll14.0.7107.5000363,73614-Aug-201305:50
Outlmime.dll14.0.7107.5000720,59208-Aug-201302:41
Outlook.exe14.0.7109.500024,064,16807-Sep-201302:57
Outlph.dll14.0.7101.5000378,58423-Apr-201305:48
Outlvbs.dll_000114.0.7107.500072,37608-Aug-201302:41
Pstprx32.dll14.0.7107.5000428,72008-Aug-201302:41
Recall.dll14.0.7005.100057,42431-Oct-201207:38
Rm.dll14.0.7107.5000100,52808-Aug-201302:41
Rtfhtml.dll14.0.7005.1000549,45605-Nov-201207:49
Scanpst.exe_000214.0.7107.500047,84808-Aug-201302:41
Scnpst32.dll14.0.7107.5000451,31208-Aug-201302:41
Scnpst64.dll14.0.7107.5000449,27208-Aug-201302:41
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2837597 - 最終更新日: 2014年1月6日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
キーワード:?
kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload KB2837597
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com