Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 15

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2843571 - 対象製品
Notice
Dynamics CRM 2013 サーバーに対して適用される更新プログラムのロールアップの 15 を持つ Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアントを使用する場合に発生する互換性の問題を特定しています。この問題は、Dynamics CRM 2011 サーバーを影響しません。Microsoft Dynamics CRM 2013年サーバーへの接続をサポートする、新しい更新プログラムのロールアップの 15 のクライアントは発行されました。将来のバージョンの互換性の問題を防止するために顧客を新しいクライアントにアップグレードをお勧めします。新しいクライアントによって指定」-v2」でパッケージの名前。この更新プログラムは、元の更新プログラム ロールアップ 15 に適用またはいずれかの以前のバージョンの更新プログラム ロールアップの Microsoft Outlook 用 CRM 2011。


すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 15 は使用できます。この資料は、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。

このプログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語で利用できます。

注:
  • 更新プログラムのロールアップ 15、CRM でクライアントが Outlook または電子メール ルーターのインストールし、の互換性を維持するために、CRM サーバー上で更新プログラムのロールアップ 11 またはそれ以降をインストールしなければなりません。
  • この更新プログラムのロールアップには、Outlook クライアントの強化のための多くの CRM も含まれています。
  • 前のサポートと機能の導入に記載されている個々 の更新プログラムのロールアップの記事を参照してください。 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムおよび修正プログラム.
Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 15 は、以下の強化された機能を提供します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2013年で配信する予定の新機能が含まれます。この機能はなった Microsoft Office Outlook のプロセスにメモリを共有できるように、独自のプロセスに CRM クライアント固有のワークロードを移動します。この機能は、プロセスの分離とも呼ばれます。
  • Microsoft SQL Server の Windows CE 4.0 にアップグレードするのメモリ管理の改善より良いキャッシュ、および接続の強化が含まれます。
  • Windows CE 4.0 用の SQL Server との互換性 Outlook SDF ファイルを CRM に CRM Outlook 構成ファイルを更新します。
  • これは、実体が原因で発生する大規模なアドレス帳のパフォーマンスの問題を軽減するには、アドレス帳プロバイダーです。
  • 作業中の開いているフォームのサイズを制限します。
  • MAPI のロックのタイムアウトを提供します。
  • また、以前のレジストリ設定が固定されたビューからローカルの SQL CE キャッシュに情報をプル ハード コードします。既定の設定値が 1 の場合は、この新しい DisableMapiCaching。この設定の動作に関する詳細についてを参照してください。 Microsoft Dynamics CRM でビューを固定するときにパフォーマンスが低下します。

    メモ この値は、Dynamics CRM サーバーに、重要な更新プログラムが適用されている場合、 OrgDbOrgSettingsツールでは、 DisableMapiCachingの設定を変更することによってオーバーライドできます。詳細についてを参照してください。 Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための OrgDBOrgSettings ツール.

詳細

この更新プログラムのロールアップのビルド番号とファイル名

元に戻す全体を表示する
プログラムのロールアップ パッケージビルド番号(32 ビット版) のファイル名(64 ビット版) のファイル名
Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバー5.0.9690.3731該当なしCRM2011-サーバー-KB2843571-LangID-amd64.exe
Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 20115.0.9690.3739CRM2011-クライアント-KB2843571-v2-ENU-LangID-i386.exeCRM2011-クライアント-KB2843571-v2-ENU-LangID-amd64.exe
E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 20115.0.9690.3731CRM2011-ルーター-KB2843571-LangID-i386.exeCRM2011-ルーター-KB2843571-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 の言語パック5.0.9690.3731CRM2011-Mui-KB2843571 のLangID-i386.exeCRM2011-Mui-KB2843571-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2011 のレポートの拡張機能5.0.9690.3731該当なしCRM2011 の Sr-KB2843571-LangID-amd64.exe

更新プログラムのロールアップの情報

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 15 は、オンプレミスのお客様向けに利用可能なです。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2843571 パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
重要Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 または Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 5 の配置または以前のバージョンの Microsoft Dynamics CRM 2011 に Microsoft Dynamics CRM 2011 の新しいバージョンを使用して作成されたデータベースをインポートできません。

Windows の更新プログラムのインストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 15 を自動的にインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムのロールアップは、2013 年 10 月に Windows の更新プログラムで使用できます。

推奨される更新プログラムのインストールに自動的に Windows を構成できます。この設定重大でない問題に対処し、コンピューティング環境を向上させることが。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは、この設定を使用すると、自動的にインストールされません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
自動更新のオンまたはオフにするには

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。

Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 15 をインストール、以下の手順を実行します。
  1. 開始をクリックして入力 更新プログラム検索の開始ボックス。
  2. 結果の一覧で、 Windows Updateをクリックします。
  3. ナビゲーション ウィンドウには、更新プログラムの確認] をクリックを Windows コンピューター用の最新の更新プログラムによってチェックされるを待ちます。
  4. 表示される場合は、ことの状態の更新が利用可能かを確認するプロンプトが重要な重要な更新を選択チェック ボックス、更新プログラムをメッセージをインストールして、[ OK] をクリックします。

    メモ 詳細については、更新プログラムをクリックします。
  5. 更新プログラムのインストール] をクリックします。
  6. 読み取り (場合、更新プログラムにはこの操作が必要です) し、[完了] をクリックし、ライセンス条項に同意します。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。これを行うが表示されたら場合は、条件に同意することを確認します。

手動インストール

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 15 を手動でインストールする、次の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft 更新プログラム カタログの web サイトを参照してください。
    Microsoft Update カタログ
  2. 検索 ボックスに、入力2843571、し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. 参照] をクリックして、更新をダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意 、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に、更新プログラムがダウンロードされるときに、[閉じる] をクリックします。
Microsoft 更新プログラム カタログについては、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
323166 ドライバーや、Windows Update カタログからの修正プログラムが含まれている更新プログラムをダウンロードする方法

追加のインストール情報

  • この更新プログラムのロールアップをインストールした後 Microsoft Dynamics CRM の既存のセッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除するときは、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は、既定の言語の設定に戻ります。Reprovisioning プロセスでは、ユーザーの言語設定は更新されません。したがって、ユーザーは Microsoft Dynamics CRM 2011 にログオンするときに、[個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 6 (ビルド 5.0.9690.1992) が必要かをこの更新プログラムのロールアップを適用するには、Microsoft Dynamics CRM 2011 の新しいバージョンをインストールします。更新プログラムのロールアップ 6 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2600640 Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 6 が利用可能です。
互換性に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。

2669061 Microsoft Dynamics CRM の互換性リスト

再起動の必要性

コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら場合、は、更新プログラムのロールアップを適用した後に行います。

削除情報

Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから更新プログラムのロールアップの 15 をアンインストールできます。ただし、更新プログラムのロールアップの 15 をアンインストールする前に、データベースをバックアップすることを確認します。詳細については、以下の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
データベースの完全バックアップ (SQL Server) の作成します。
バックアップし、復元のシステム データベース (SQL Server)

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 15 で解決される問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップ 15 には、次の問題が解決されます。
  • 連絡先のプレゼンスを無効にする新しい組織設定します。
  • カテゴリ、関連レコードの種類、および表示の編集ボタンをレポート エディターのユーザー インターフェイスは...]、フィールドのオプションを編集するためのものを表示するボタンがあります。
  • 全般および管理タブの後にユーザーのフォーカスがアドレス バーにフォームに返される前に移動します。
  • ビューの一覧を開くと、フォーカスがオプションに配置されていないとタブまたは矢印キーを使用することはできません。
  • ダッシュ ボードのタブの順序が正しくありません。
  • ユーザー定義エンティティでは、予定のルックアップ フィールドでは使用できません。
  • メニューにない、スクリーン リーダーを使用すると、キーボードでナビゲート可能なです。
  • Dynamics CRM 2011 SharePoint 2010 リスト Web パーツを管理された列のメタデータを使用するときに無視されます。
  • 無題のフレーム ページを編集、名前フィールドにタブ移動する場合は、新しいダッシュ ボードは、2 つのタブがあります。
  • 組織が大量のチームに CRM Outlook クライアントのパフォーマンスのログ記録が低下します。つまり 5000 チーム。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 での販売の更新フォームを使用して潜在顧客を見極め、ときに、連絡先の情報は、新しく作成された営業案件] フォームに表示されないです。
  • パフォーマンスの問題を追加または、p_SystemUserBuEntityMapReinit のために、チーム メンバーを削除するストアド プロシージャです。
  • ユーザー設定のビューにカスタム レポートを実行するときに、Internet Explorer ウィンドウで「ページでエラー」メッセージで空白のページが表示されます。
  • サイトのエンティティの検索ダイアログ ボックス ビューは正しく並べ替えられません。
  • 断続的に CRM の Outlook クライアント予定から期日を削除します。
  • 営業案件の売上が「ユーザー入力」の場合、営業案件製品量は計算されません。
  • 更新プログラムのロールアップの 12 にアップグレード後に条件の確認または待機のステップから条件を削除することによって、ワークフローを変更しようとするとエラーが表示されます。待機の条件または条件のチェックは、ステップに存在していたが、ルックアップ フィールドの条件が含まれる場合、このエラーが発生します。このエラーは次のとおりです。

    このプロセスは、作成、更新または Microsoft Dynamics CRM Web アプリケーションの外部で作成されたためにアクティブにできません。組織では、この種類のワークフローは許可されていません。
  • ユーザーは [自分の作業] の [非アクティブなキューを選択できます。キューの場合、ここでは表示されません。
  • CRM 2011 での複数の最適化取得を活用すると、データを要求、2007年エンドポイントを使用して CRM からそれらの要求がありますエラーの削除状態コード属性は、自動的に取得する列の一覧に追加する場合。CRM 2007 のエンドポイントの要求を下位互換性のため、自動的にこれらの削除状態コード属性が追加されます。
  • 必須の場合は、通貨型フィールドは元の値モバイル express に保存するときに空白のままです。
  • 更新プログラムのロールアップ 11 後に SDK の FetchXmlToQueryExpressionRequest は動作しません。
  • フィールドをドラッグし、ナビゲーション メニューに特定の場所にドロップことができます同じエンティティとリレーションシップの両側を使用して、多対多リレーションシップを作成するときにただし、引き続き最下部に表示されます。
  • 更新プログラムのロールアップの 12 をインストールした後にエラーが発生ユーザーの保存されたビューを使用して、サービスの予定表にします。"レコードは使用できません。
    要求されたレコードが見つかりませんでしたまたは表示する十分な権限がありません。"
  • サービスのページは、更新プログラムのロールアップの 12 をした後に Internet Explorer 8 を使用すると非常に低速になります。
  • エンティティ フォームには、サブ領域のエンティティのすべてのページ上のすべてのレコードに対してレポートを実行するときに、レポートは実行されません。
  • 目標のエンティティの実績および進行中の関連するビューが正しくありません。
  • 表示されたら、Microsoft Dynamics CRM で電子メールのコピーを作成することができません:「この電子メールは既に追跡されている Microsoft Dynamics CRM で。Microsoft Dynamics CRM にこのアイテムのコピーを作成しますする?"
  • Web リソース スクリプト ファイルの読み込み後は、更新プログラムのロールアップの 12 には守られない。
  • レポート関連エンティティのビューでレポートを実行するためタラが適用された後に不適切な結果をレンダリングを開始しました。
  • 選択、コピー、および更新プログラムのロールアップの 12 の後に検索テキストを貼り付けることができません。
  • DOM 要素が基本クラスの FilterPopup に漏れます。
  • DOMElement _elmNavigationInstructions リボンが原因メモリ リークが発生します。
  • _elmLarge リボン トグル ボタン コントロールで DOM 要素が原因メモリ リークが破棄されなかった。
  • サービスの予定を更新しません。
  • 接続にカスタム N:1 の関連付けを持つレコードを結合するには失敗します。"予期しないエラーです。エラーが発生しました。エラー コード 0x80040216」
  • 接続にカスタム N:1 の関連付けを持つレコードを結合するには失敗します。相互接続レコードの連鎖接続レコードに加えられた更新は行われません。
  • DOMElement _elmScrollCurtain と _elmStoredFocus リボンが原因メモリ リークが発生します。
  • 定期的な会議の開始時刻変更同期の問題 Outlook から CRM に。
  • 電子メール活動のメール本文に多くの不要なスペース。
  • 通知が正しく子ダイアログに対して表示されます。
  • ユーザーが子の BU のチームに割り当てられている場合、タスクはアクティビティ ビューでは表示されません。
  • CRM Mobile Express 不正な CrmCultureInfo の数値と通貨の値を保存します。
  • POA のテーブルに関連する活動の種類を削除した後にクリーンアップされません。
  • 電話活動の Jscript ロジックの問題です。
  • CRM 2011 UR11 の重要な更新プログラムにより、ダッシュ ボードの表示を更新できません。
  • 高度な検索、日付フィールドにフィルターを適用するエンティティをリンクされている場合、動的のエクスポート時にエラーが発生しました。
  • エラーが発生「テーブル エイリアス '別名' が一意ではない」と特定のビューを開きます。
  • 条件を保存することも条件のステップ ステップで検索条件が存在する場合にできません。
  • ユーザー設定の期間フィールドは、1 分後の更新プログラムのロールアップの 12 をデフォルトとしてください。
  • 「を含む」および「含まない」ワークフローのデータのフィルターは、後の更新プログラムのロールアップの 12 に提供できません。
  • 投稿の更新プログラムのロールアップの 12、SetFocus と呼ばれるユーザーとの対話にナビゲーションをキャンセルするには、フォームを有効にします。
  • 壊れたときに関する設定サーバーの CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 12年を CRM 4.0 クライアントを使用して。
  • グリッド ビュー セレクターの DOM 要素のリークが発生しています。
  • CRM 2011 の Outlook クライアントがオフライン モードであるときに自動的に「オンライン」の状態に移動します。
  • 投稿更新プログラムのロールアップ 12 オフライン同期フィルターは、Outlook の同期フィルターを突然リセットします。
  • 接続にカスタム N:1 の関連付けを持つレコードを結合するには失敗します。
  • 相互接続レコードの連鎖接続レコードに加えられた更新は行われません。
  • 複数のエンティティにリンク フィルターの条件リンク エンティティ列が最初に追加されたときに UI に表示されません。
  • 多くの Outlook が突然終了するメモリが増加するとして高いメモリ使用量が発生する Outlook の 32 ビット バージョンの CRM クライアントを使用するとします。
  • CRM フォルダーに移動すると、CRM レコードを開く、Outlook 用 CRM クライアントが予期せずに終了します。(フォームの分離)
  • 警告のないポストの更新プログラムのロールアップの 12 をスケジューリングします。
  • DOM 要素イベントのハンドラーが削除されないメモリ リークの原因となっているすべての場所で。
  • Lync プレゼンス アイコン存在しないグリッド ビューまたはフォームのコントロールにします。
  • 予定の所有者は、最初の予定を同期すると、出席者に変更します。
  • グループ ポリシーは Outlook クライアントの参照の白の画面を引き起こしています。
  • 差し込み印刷を 3,000 以上の受信者に送信すると、エラーが発生します。"、"エラーが発生 Microsoft Dynamics CRM 差し込み印刷で。
  • Outlook がオンラインになったときに、すべてのレコードの重複検出の設定のサーバーを照会します。
  • KBs のワード ラップを取得するときに無視されます、行の末尾には。
  • フィールドは、フォーム上に 2 回使用、差し込み印刷フィールドが null の場合、子プロセスで失敗します。
  • QualifyMember のメッセージは、プラグインの登録では利用できません。
  • リボン グループの漏れ DOMElements されています。
  • リボンのツールチップは、DOM 要素をリークしています。
  • 電子メール ルーター: 受信した電子メールの添付ファイルの名前で追加された GUID を持つ聞こえます。
  • インポートの管理ソリューションが失敗したときにカスタム アクティビティの属性の変更が含まれています。
  • 重複データ検出 Outlook から連絡先を追跡するときにレコードを返すありません。
  • IE10: 通知を表示できません最初のクリック時に「エクスポート」ボタン Outlook クライアントで、「Excel にエクスポート データ」ウィザードで。
  • 固定されたビューを削除することができます、レンディングの問題を引き起こしている Outlook で TabOrderXml が壊れています。
  • アプリケーションのリボンのエクスポート、XML 内の重複する値が含まれます。
  • レポートを開くウィンドウの CRM client をエクスポートしています。
  • レポートのページは outlook クライアント上の既存のファイルを使ってレポートを作成するときに使用できません。
  • UR14 Outlook クライアント連絡先を同期するよう設定を変更した後は失敗します。
  • Outlook の仕事の期限を削除日を断続的にします。
  • UR12 へのアップグレード後に条件の確認または待機のステップから条件を削除することによって、ワークフローを変更しようとするとエラーが表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 14 を適用すると、複数のデータベースの更新が行われない場合は、システムがある以前に適用された更新プログラムのロールアップの 13 を。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 クライアントの Outlook 用の更新プログラムのロールアップ 11 の重要な更新をインストールした後のグリッドが更新されていません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 クライアントの Outlook 用の更新プログラムのロールアップ 11 の重要な更新をインストールした後のグリッドが更新されていません。
  • SetStateRequest の KB 資料 prvWriteArticle 特権が必要.
  • このシナリオでは、outlook がクラッシュする:-> UR11-> UR11 パッチ +-> アンインストール修正プログラム UR11 + パッチ UR6 をインストール
  • Outlook クライアントの更新プログラムのインストールに失敗したときにコンピューター名とドメインは、エラー コード: 1638年が 125 文字を超える
  • レポートのページは outlook クライアント上の既存のファイルを使ってレポートを作成するときに動作しません。
  • 関連の更新プログラムのロールアップ 11 の重要な更新プログラムを適用した後にレコードが戻らないを設定します。
  • WebFormsHost プロセスは、プロセスのリサイクルとはターミナル サービスのシナリオでは、完了後にフォームを開くには許可されません。
  • 親レポートは、既に同じ名前の別のレポートにリンクすると、CRM レポートを発行できませんでした。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正プログラムおよび更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Microsoft Dynamics CRM の更新プログラム ロールアップ 15 が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM の更新プログラム ロールアップ 14 が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM の更新プログラム ロールアップ 13 が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 12 には、次の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれています。


Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 13 を使用するプライベート プロパティを Outlook の予定を同期します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップの 11 をインストールするを解決すること手動でする必要があります、次の問題を修正するは、プログラムのロールアップの 11 を更新します。


Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーター ルール展開ウィザードは、Exchange 2003 と Exchange 2010 の混在環境では動作しません

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 10 が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 8 を含む次の更新プログラムを有効にするか手動で構成する必要があります。
2651621 Microsoft Dynamics CRM 2011 で利用可能な時間を検索を使用するとパフォーマンスが低下が発生します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 7 には、修正プログラムや更新を有効にするか手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 6 には以下の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれます。
2664150 CRM 2011 で PrincipalObjectAccess テーブルの増大を制御する方法
更新プログラムのロールアップ 6 をインストールした後に、PrincipalObjectAccess テーブルをクリーンアップするには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料の手順を実行します。
2741514 Microsoft Dynamics CRM でビューを固定するときにパフォーマンスの低下
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 5 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラムのロールアップ 4 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 3 には、修正プログラムや更新を手動で構成する必要があります含まれません。

Microsoft Dynamics CRM 2011 ののための更新プログラムのロールアップ 2 には次の更新プログラム有効にするか手動で構成する必要がありますにはが含まれます。
2535245 Microsoft Dynamics CRM 2011 の大規模なデータセットで RetrieveMultiple クエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。
Microsoft Dynamics CRM 2011 用の更新プログラム ロールアップ 1 には、手動で構成する必要のある修正プログラムや更新は含まれません。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

更新プログラムのロールアップ 15 のファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
更新プログラムのロールアップの 15 のファイル情報のパッケージをダウンロードするには、ここをクリックしてください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2843571 - 最終更新日: 2014年5月15日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011
キーワード:?
kbqfe kbfix kbmt KB2843571 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2843571
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com