エンドポイント保護クライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムはマイクロソフト サポート サービスから利用可能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2865173 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

クライアントの Microsoft システム センター 2012年エンドポイント保護 Service Pack 1 (SP1) と Microsoft の Forefront エンドポイント保護 2010年のクライアントのマルウェア対策プラットフォームの更新プログラム パッケージについて説明します。これらのパッケージは、クライアント サービスのエンドポイントの保護、ドライバー、およびユーザー インターフェイス コンポーネントを更新します。

マイクロソフトのマルウェア対策保護、パフォーマンス、堅牢性、およびユーザビリティは常に変化するマルウェア、ランドス ケープ内での一貫性を保証するプラットフォーム ・ アップデートを定期的にリリースします。この更新プログラム パッケージは、2013年 8 月年日します。

メモ この更新プログラムは Microsoft のシステム センター 2012年構成マネージャーまたは Microsoft のシステム センター構成マネージャー 2007年と統合されているエンドポイント保護クライアントのみに適用されます。クライアントのスタンドアロン インストールでは、次の技術情報の記事に移動する、次の資料番号をクリックしてください。

2864366 Forefront エンドポイント保護 2010年のスタンドアロン クライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムが Microsoft Update から使用可能

2884678 スタンドアロンのシステム センター 2012年のエンドポイント保護クライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムが Microsoft Update から使用可能

詳細

更新プログラムの情報

このマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムには次の改良が含まれています。
  • ネットワーク動作のリアルタイム監視機能をプラットフォームを更新します。

    遠隔測定およびサンプルの不審なファイルの送信することがありますさらに分析をトリガーする製品に含まれているその他の不審な動作の監視に不審なネットワーク活動を結合する新しい保護機能を提供します。

    この機能を構成する方法については、Windows の次の web サイトを参照してください。

    WMI プロバイダー

    詳細については、以下のシステム センター構成マネージャーのチーム ブログの web サイトを参照してください。

    マイクロソフトのマルウェア対策プラットフォームでの動作の監視とネットワーク検査システムの強化

  • 複数のオペレーティング システムのサポートを追加します。

    この更新プログラムは、次のオペレーティング システムのサポートを追加します。
    • 8.1 の Windows エンタープライズ
    • Windows 8.1 Pro
    • Windows Server 2012 の R2 データ センター
    • Windows Server 2012 R2 エンタープライズ

  • 管理機能のサポートを追加します。

    WMIv2 プロバイダーは、現在、無人端末でユーザー インターフェイスを無効にするなど、ユーザー エクスペリエンスの機能のプログラムの管理を可能にします。

    プロバイダーに関する情報と、API の説明については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    WMI プロバイダー

    PowerShell コマンドレットも管理スクリプトを使用する方法については、Microsoft TechNet の以下のトピックを参照してください。

    Windows および Windows PowerShell と Windows サーバの自動化
  • 追加、リスクを軽減する機能のアンチの改ざんからマルウェアを無効にするか、マルウェア対策スキャンのバイパス

    レジストリへのアクセスを次の例とだけで直接を通じて、システム センターの構成マネージャー コンソールでの管理オプション (信頼できるチャンネル) をサポート、マルウェア対策のプラットフォームで使用されているサービスを管理できます。

  • マルウェア対策プラットフォームの全体的なパフォーマンスが向上します。

    マルウェア対策のパフォーマンスは、プラットフォームの以前のバージョンを比較したが向上します。Microsoft アクティブ保護サービス (マップ) を通じて提供される署名の機能強化が行われます。これらの変更はまたは顧客向けの構成可能な効果は含まれません。

    マップの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    Microsoft のアクティブな保護サービス コミュニティの説明
  • マルウェア対策プラットフォームに複数の言語サポートを追加します。

    次の新しい言語がサポートされます。
    • 中国語 (香港) (zh-香港)
    • 中国語 (中国) (ZH-CN)
    • 中国語 (台湾) (ZH-TW)
    • 英語 (EN-US)
    • フランス語 (FR-FR)
    • ドイツ語 (DE-DE)
    • イタリア語 (it IT)
    • 日本語 (JA-JP)
    • 韓国語 (KO-KR)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PT-BR)
    • ロシア語 (RU-RU)
    • スペイン語 (ES-ES)

  • 構成可能な自動サンプル提出オプションを追加します。

    既定では、コンピューターが、マップにオプトインする求められる不審なファイルをさらに分析をマイクロソフトに送信します。この更新により、.exe ファイルとして表示することがなくこのようなファイルを自動的に送信するオプションを提供することにより、このサンプルのコレクションに、新しい構成オプション。個人を特定できる情報を含む可能性があるすべてのファイルを要求する引き続き注意してください。

    このオプションに関する注意事項
    • このオプションには、この機能について説明する、更新されたマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項とプライバシーに関する声明が含まれています。
    • このオプションの設定は、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) 経由で構成可能です。
    • 現在このオプションは、システム センターの構成マネージャー コンソールまたは管理用テンプレート (.admx) ファイルでユーザーが構成可能な機能がありません。
    • このオプションは、マップのメンバーシップが必要です。


    ポリシーの構成については、Microsoft TechNet の以下のトピックを参照してください。

    FEP ADMX の参照
  • いくつかの修正プログラムを使用します。

    だけでなく、強化された機能は、ここに記載されている、このリリースには、次のクライアントの問題が修正されます。
    • Microsoft Exchange Server 2003年の相互運用性

      Exchange Server 2003年では、エンドポイント保護クライアントのインストールなどのイベント ID 3005 ActiveSync エラーがあります。この問題を回避するのには、次のレジストリ値を作成します。

      レジストリの場所:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\mpfilter\Parameters

      DWORD 名: DisableReadHooking
      DWORD の値: 1

      メモこの設定について
      • 変更を有効にする、Exchange Server 2003年を再起動します。
      • この値の設定は、Endpoint Protection クライアントによるファイルへのアクセスを処理する方法を変更します。ただし、検出機能は変わりません。
    • 不正な環境変数

      エンドポイントの保護エージェントのインストール後にスペースが含まれる追加のpsmodulepath 環境変数環境変数を作成します。これは、重複する環境変数として表示されます。

    • 別のドライブのインストール

      /Driveパラメーターには、指定したドライブに製品のAppDataPathの値は変わりません。プログラムのデータ ・ パスのみが変更されます。

この更新プログラムを入手する方法

更新プログラムは、マイクロソフト サポート サービスから利用可能です。ただし、この更新プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生したシステムにのみこの更新プログラムを適用します。この更新プログラムは、テストを受ける可能性があります。したがって、深刻なこの問題の影響を受けるしない場合は、お勧めこの更新プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムまで待つことです。

更新プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラム ダウンロードが利用可能な」セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムを適用するにはインストールされて、次のいずれかが必要です。
  • 累積的な更新 2 システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 について
  • Service Pack 2 システム センターの構成マネージャー 2007年と 更新プログラム ロールアップ 1 Forefront エンドポイント保護 2010

再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

メモ この修正プログラム パッケージをインストールする前に、構成マネージャー管理コンソールを終了することをお勧めします。

インストール手順

システム センター 2012年のエンドポイントの保護
この更新プログラム パッケージをインストールした後、構成マネージャー 2012年管理コンソールで、クライアントの自動アップグレード機能を有効にする必要があります。日以内にクライアントを自動的に更新の設定でクライアント ポリシーの取得の設定で定義されている値に基づいて、エンドポイントの保護エージェントがアップグレードされます。

Forefront エンドポイント保護 2010
この更新プログラム パッケージをインストールした後、新しい Forefront Endpoint Protection クライアント インストールの展開を作成するか既存の提供情報を再実行してください。展開を作成する方法の詳細については、Microsoft TechNet の以下のトピックを参照してください。

パッケージの構成マネージャーを使用して展開します。
詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) ブログ記事を参照してください。

FEP 2010 SU1 と SCEP 2012 SP1 のマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムをインストールします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは次の更新プログラムを置き換えます。
  • 2828233 システム センター 2012年エンドポイント保護 Service Pack 1 クライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムはマイクロソフト サポート サービスから利用可能
  • 2827684 Forefront エンドポイント保護 2010年のクライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラムはマイクロソフト サポート サービスから利用可能

その他の情報

この更新プログラムは 4.3.215.0 に、ウイルス対策クライアントのバージョンが表示されます。エンドポイント保護クライアント ユーザー インターフェイスの [ヘルプ] メニューをクリックして、バージョン情報を検索できます。

ファイル情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

Forefront エンドポイント保護 2010
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
Amuninstall.vbs該当なし10,0512011-01-7 月02:35
Commonconstants.dll2.1.1116.11426,2882011-01-7 月02:35
Commonsetuputils.dll2.1.1116.11468,2722011-01-7 月02:35
Fep2010su1-fepext-kb2865173-x 86-enu.msp該当なし25,890,8162011-01-7 月02:35
Fepext.msi該当なし26,628,0962011-01-7 月02:35
Fepregistrator.exe2.1.1116.114121,5202011-01-7 月02:35
Amuninstall.vbs該当なし10,0512011-01-7 月02:35
Commonconstants.dll2.1.1116.11426,2882011-01-7 月02:35
Commonsetuputils.dll2.1.1116.11468,2722011-01-7 月02:35
Fep2010su1 ・ fepext ・ kb2865173 ・ amd64 の enu.msp該当なし25,890,8162011-01-7 月02:35
Fepext.msi該当なし26,628,0962011-01-7 月02:35
Fepregistrator.exe2.1.1116.114121,5202011-01-7 月02:35
システム センター 2012年のエンドポイントの保護について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間
ccmsetup.cab該当なし9,61131-月-201306:10
scepinstall.exe4.3.215.025,591,43231-月-201306:10
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

関連情報

参照してください。 マイクロソフトではソフトウェアの更新を用語集.

プロパティ

文書番号: 2865173 - 最終更新日: 2014年1月22日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1
  • Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010
  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbfix kbhotfixserver kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2865173 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2865173
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com