8.1 のウィンドウで、SQL Server 分析サービスのプロパティ] ダイアログ ボックスを開くことができません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2889492 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Microsoft SQL Server Management Studio の 8.1 の Windows ベースのクライアント コンピューターにインストールされているがあります。
  • インスタンスの Microsoft SQL Server 分析サービス (SSAS) で SQL Server Management Studio のオブジェクト エクスプ ローラー パネルを接続します。
  • 選択しようとします。 プロパティ 表示または、インスタンスのプロパティを変更するために SSAS のインスタンス。
このシナリオでは、[プロパティ] ダイアログ ボックスは表示されません。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。

===================================

要求されたダイアログを表示することはできません。

===================================

要求されたダイアログを表示することはできません。(SqlMgmt)

------------------------------
プログラムの場所:

Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.DefaultLaunchFormHostedControlAllocator.AllocateDialog (XmlDocument initializationXml、IServiceProvider dialogServiceProvider、CDataContainer の dc) に
Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.DefaultLaunchFormHostedControlAllocator.Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.ILaunchFormHostedControlAllocator.CreateDialog (XmlDocument initializationXml、IServiceProvider dialogServiceProvider) に
Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.LaunchForm.InitializeForm (XmlDocument doc、IServiceProvider プロバイダー、コントロールの ISqlControlCollection) に
で Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.LaunchForm.ctor (XmlDocument doc、IServiceProvider プロバイダー)
Microsoft.SqlServer.Management.UI.VSIntegration.ObjectExplorer.ToolMenuItemHelper.OnCreateAndShowForm (IServiceProvider sp、XmlDocument doc) を
Microsoft.SqlServer.Management.SqlMgmt.RunningFormsTable.RunningFormsTableImpl.ThreadStarter.StartThread() で

===================================

'Microsoft.AnalysisServices.ManagementDialogs.ServerPropertiesLanguagePanel' のタイプ初期化子が例外をスローします。(Microsoft.AnalysisServices.SsmsManagementDialogs)

------------------------------
プログラムの場所:

で Microsoft.AnalysisServices.ManagementDialogs.ServerPropertiesLanguagePanel.ctor (CDataContainer 不変)
で Microsoft.AnalysisServices.ManagementDialogs.ServerPropertiesDialog.ctor (CDataContainer 不変)

===================================

項目は既に追加されています。辞書のキー: '4096' キーを追加する: 4096' (mscorlib)

------------------------------
プログラムの場所:

System.Collections.Hashtable.Insert で (オブジェクト nvalue キー、オブジェクト、ブール値の追加)
System.Collections.Hashtable.Add (キーのオブジェクト、オブジェクトの値) に
System.Collections.Specialized.StringDictionary.Add (キーの文字列、文字列の値) に
で Microsoft.AnalysisServices.ManagementDialogs.ServerPropertiesLanguagePanel.cctor()

解決方法

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2012年用の累積的な更新プログラム 11

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新プログラム 7

SQL Server 2008 SP3 の累積的な更新プログラム 14

SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新プログラム 10

SQL Server 用の累積的な更新プログラムについて

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
各新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれています、セキュリティ修正がすべてが、以前の累積的な更新プログラムに含まれて.SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

回避策

「解決方法」に記載されている修正プログラムを適用することはできません、する場合次の回避策のいずれかの SQL Server Management Studio を使用して、計画の変更を使用します。

メモ これらの回避策は SQL Server Management Studio では、エラーを解決しません。のみの予定を変更する別の方法を提供します。

回避策1: 別のコンピューターで使用する SQL Server Management Studio

この問題を解決するには、以前のバージョンのオペレーティング システムを実行している別のコンピューター上の SQL Server Management Studio を使用します。

回避策2: 手動で編集して、プロパティ タグ

この問題を解決するには、手動で、Analysis Services サーバーのディスク上の Msmdsrv.ini 構成ファイル内のプロパティ タグを編集します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理者モードでメモ帳を起動します。
  2. メモ帳で、ファイル、[開く] をクリックを Msmdsrv.ini ファイルを含むフォルダーを検索します。

    メモ このフォルダーがある既定の 64 ビット プログラム ファイルまたは別のディスク ドライブに、元のセットアップの選択肢をカスタマイズした場合。たとえば、Msmdsrv.ini ファイルは、次のフォルダーのいずれかである可能性があります。
    元に戻す全体を表示する
    製品 場所
    Microsoft SQL Server Analysis Services 2008%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\MSAS10。インスタンス名> \OLAP\Config
    Microsoft SQL Server 分析サービス 2008年の R2%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\MSAS10_50。インスタンス名> \OLAP\Config
    Microsoft SQL Server Analysis Services 2012%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\MSAS11。インスタンス名> \OLAP\Config
    メモ プレース ホルダーインスタンス名> のインスタンスの名前を表します。既定では、インスタンス名> MSSQLSERVER です。
  3. Msmdsrv.ini ファイルを選択します。
  4. プロパティの調整が必要なは、タグの値を編集します。

    注:
    • ファイルを編集する前に、Msmdsrv.ini ファイルの安全なバックアップ コピーを作成することをお勧めします。
    • 不正なまたは予期しない値や Msmdsrv.ini ファイル内の XML タグのエントリには、Analysis Services サービスを将来的に開始する可能性があります。したがって、Msmdsrv.ini ファイルを編集するときに注意を使用しなければなりません。
    • 構成ファイルを使用して、すべてのプロパティを変更できます。たとえば、SQL Server Management Studio を使用してのみセキュリティや照合順序の設定を変更できます。このような場合は、回避策 1 を使用するか、修正プログラムを適用する必要があります。
  5. ファイルを保存します。

    注:
    • 場合は、「アクセス拒否」のエラー メッセージが表示されたら、管理者としてメモ帳を実行していることを確認します。
    • いくつかのプロパティは約 30 秒後に、Analysis Services サービスを再起動せずに影響をかかることがあります。ただし、その他のプロパティは、サービスを停止し、再起動を有効にすると必要。
    • 詳細については、SQL Server Books online には、次のトピックを参照してください。

      Analysis services のサーバーのプロパティを構成します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2889492 - 最終更新日: 2014年3月26日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
キーワード:?
kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB2889492 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2889492
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com