Office 365 または Office 2013 の使用時に "ライセンスのない製品" またはエラー 0x80070005 が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2899838 - 対象製品


注:?本資料は、全提供規模の Microsoft Office 365 サブスクリプションでの Microsoft Office 2013 の使用ついて説明します。Microsoft Office Professional Plus 2010 サブスクリプションについては、「Office Professional Plus 2010 アプリケーションを起動すると "ライセンスのない製品" と表示される」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Office 2013 または Office 365 アリプリケーションで、多くの機能が無効となっています。また、以下いずれかの現象が発生します。
  • [ファイル]、[アカウント] を順にクリックすると、以下のエラー メッセージが表示される。
    “この製品はライセンスされていません"
  • Office アプリケーションのタイトル バーに以下のエラー メッセージが表示される。
    “ライセンスのない製品"
  • Microsoft Office ライセンス認証画面にライセンスを入力すると、以下のエラーメッセージが表示される。
    “We're sorry, something went wrong and we can't do this for you right now. Please try again later. (0x80070005)” (申し訳ございません。何らかの問題が発生したため処理を続行できません。後でもう一度やり直してください。)

解決方法

重要: このセクションの手順は細心の注意を払って実行してください。レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する場合があります。問題が発生した場合に備え、レジストリの修正前にバックアップをとることをお勧めします。

この問題を解決するには、以下の方法を実行します?(複数の場合あり)。

方法 1: レジストリで PayloadOverride キーのアクセス許可を変更する

:
  • この手順は Windows 7 ベースのコンピューターにのみ適用してください。Windows 7 以外のオペレーティング システムで Office を実行している場合は、本資料に記載の別の方法を参照してください。
  • 管理者として Windows にログオンし、この手順を完了させてください。個人用コンピューターである場合は、既に管理者アカウントでログオンしている可能性があります。一方、ネットワーク内のコンピューターである場合は、システム管理者に本手順の実行を依頼してください。管理者アカウントでログオンしているかどうかを確認するには、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
    2663817: Windows のユーザー アカウントの種類を確認する方法 (英語)
問題を自動的に修正する場合は「問題の自動修正」セクションを、手動で修正する場合は「手動で修正する」セクションを参照してください。


問題の自動修正

元に戻す画像を拡大する
assets folding start expanded
PayloadOverride キーのアクセス許可が自動的に変更されるようにするには、[Fix it] のボタンまたはリンクをクリックします。その後、[File Download] ダイアログ ボックスにある [Run] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
Fix this problem
Microsoft Fix it 20138
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Fix it パッケージを適用できないシステムである場合は、別の方法を試すことも可能です。
  • このウィザードは英語のみで表示されますが、自動修正機能はすべての言語の Windows に対応しています。
  • 問題が生じたコンピューターにログオンしていない場合は、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題が発生したコンピューターで実行します。
  • フィードバックをお寄せください。フィードバックや本ソリューションに関する問題は "Fix it for me" ブログにコメントを投稿するか、電子メール?メッセージを送信してください。
  • Fix it パッケージの実行時に以下のエラー メッセージが表示される場合は、問題のレジストリ キーが検出されていないことを意味します。この場合は、「解決方法」セクション内の別の方法をお試しください。
    “申し訳ございません。このトラブルシューティング ツールはこのバージョンの Windows では動作しません。
    このトラブルシューティング ツールはこの PC では動作しないため、無効にしました。"

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end

手動で修正する
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
レジストリの PayloadOverride キーのアクセス許可を手動で変更する方法は、以下の手順を参照してください。
  1. 開いているすべての Office プログラムを閉じます。
  2. レジストリ エディターを開きます。手順は以下のとおりです。
    1. [スタート]、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] を順にクリックします。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    3. 「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [編集] メニュー上の検索機能を使用して PayloadOverride を検索するか、以下のキーを参照します。
    HKEY_USERS\S-1-5-20\Software\Microsoft\OfficeSoftwareProtectionPlatform\Policies\PayloadOverride\SKUID
  4. PayloadOverride キーのアイテムを展開し、SKUID キーを右クリックします。

    : このSKUID キーが見つからない場合は、この手順は適用できません。方法 2 または 3 を参照してください
  5. [アクセス許可] をクリックします。
  6. [グループとユーザー] から [すべて] を選択します。
  7. [Allow in Permissions for SKUID] (アクセス許可の種類) から [フルコントロール] のチェック ボックスをオンにし、アクセス権限を付与します。
  8. [Permissions for SKUID] ?(この SKUID に許可するアクセス権限) で [Advanced] (詳細設定) をクリックします。
  9. [Advanced Security Settings for SKUID] (SKUID の追加セキュリティ設定) のアクセス許可から [Everyone] (すべて) をクリックします。
  10. [子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える] チェック ボックスをオンにします。
  11. [OK] をクリックします。
  12. [Windows セキュリティ] 画面で [はい] をクリックします。
  13. [Permissions for SKUID] 画面で [OK] をクリックします。
  14. 任意の Office アプリケーションを開きます。
  15. [ファイル]、[アカウント] を順にクリックし、Office にライセンスが割り当てられているかどうかを確認します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

方法 2: ユーザーに有効な Office ライセンスが割り当てられているかどうかを確認する

Office 365 Home、Office 365 Personal、Office Home and Student 2013、Office Home and Business 2013、Office Professional 2013:

アカウント ページを開き、コンピューター名が [インストール情報] セクションに表示されているかどうかを確認してください。コンピューター名が表示されていない場合は、「Office 365 または Office 2013 のサブスクリプションの更新またはサブスクリプションの期限切れのお知らせ」に記載の手順を実行してください。

Office 365 ProPlus または Office 365 Small Business Premium:

以下の手順に従い、Microsoft Office 365 ポータルでライセンスが割り当てられているかどうかを確認してください。
  1. Office 365 ポータルにサインインし、[設定] (
    元に戻す画像を拡大する
    Screen shot of the Settings icon
    ) メニューの [Office 365 の設定] をクリックします。
  2. 割り当て済みのライセンスを確認します。
  3. 最新デスクトップ バージョンの Office” と表示される場合は、Office のサブスクリプションが正しく割り当てられています。
  4. 最新デスクトップ バージョンの Office” と表示されていない場合は、管理者に連絡するか以下の Microsoft web サイトを参照してください。

方法 3 : "OSPP.VBS /unpkey" コマンドを使用して Office プロダクト キーをアンインストールする

問題を自動で修正するには「問題の自動修正」セクションに進みます。自身で問題の修正を行う場合は「手動で修復する」セクションを参照してください。

問題の自動修正
元に戻す画像を拡大する
assets folding start expanded
問題を自動的に修正する場合は、[Fix it] のボタンまたはリンクをクリックします。その後、[File Download] ダイアログ ボックスにある [Run] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
Fix this problem
Microsoft Fix it 20128
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2


注:
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • このウィザードは英語のみで表示されますが、自動修正機能はすべての言語の Windows に対応しています。
  • 問題が生じたコンピューターにログオンしていない場合は、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題が発生したコンピューターで実行します。
  • フィードバックをお寄せください。フィードバックや本ソリューションに関する問題は "Fix it for me" ブログにコメントを投稿するか、電子メール メッセージを送信してください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end


手動で修正する


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows 7
  1. 開いているすべての Office プログラムを閉じます。
  2. [スタート] をクリックし、[プログラムとファイルの検索] に「cmd」と入力し、cmd.exe を右クリックして [管理者として実行] を選択します。
  3. コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cscript.exe "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus
    注: 64 ビット版 Office を実行している場合は、上記コマンド中の %ProgramFiles(x86)%%ProgramFiles% に置き換えて実行してください。
  4. インストール済みプロダクト キーの末尾 5 文字をメモにとります (例: xxxxxx)。

    同じコマンド プロンプト上で、以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cscript.exe "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /unpkey:xxxxx
    注:
    • 64 ビット版 Office を実行している場合は、上記コマンド中の %ProgramFiles(x86)%%ProgramFiles% に置き換えて実行してください。
    • 上記コマンド中、<xxxxx> にはインストール済みプロダクト キーの末尾 5 文字が入ります。

    コマンドが正しく実行されると、以下の状態を示すメッセージが表示されます。
    “Product key uninstall successful” (プロダクト キーのアンインストールに成功しました。)
  5. Office 2013 または Office 365 のアプリケーションを任意で 1 つ開きます。[Office ライセンス認証] ダイアログが表示されます。
  6. 方法 2 で確認したユーザーの資格情報を用いて、Office にサインインします。

    注:
    • "Sorry, another account from your origination is already signed in on this computer" (申し訳ございません。組織の別のアカウントがこのコンピューターにサインインしています。) というエラー メッセージが表示される場合は、以下の手順に従い Office 2013 プロファイルからユーザー アカウントを削除してください。
      1. Office 2013 アプリケーションの右上に表示されるユーザー名をクリックし、[アカウントの切り替え] をクリックします。
      2. [アカウント] 画面で [サインアウト] をクリックします。
      3. 削除するアカウントを特定し、[サインアウト] をクリックします。

      詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
      2750229 「Office 2013 アプリケーションへのサインイン時に発生するエラー メッセージ: "Sorry, another account from your organization is already signed in on this computer."」
    • 処理に成功すると、以下のメッセージが表示されます。

      “Account Updated”
      “This computer has been added to your account.”
      (アカウントは更新されました。このコンピューターはアカウントに追加されました。)
  7. [ファイル] メニューから [アカウント] をクリックして、Office がアクティブになっているかどうかを確認します。
Windows 8
  1. 開いているすべての Office プログラムを閉じます。
  2. 以下いずれかの方法を用いて [検索] ボックスを開きます。
    • マウス使用: 画面右上または右下にポインターを当てた後、上下に動かして [検索] を表示します。
    • タッチ画面: 右から左にスワイプし、[検索] をタップします。
  3. 検索ボックスに「CMD」と入力し、[アプリ] をタップ (クリック) します。
  4. コマンド プロンプトを右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
  5. コマンド プロンプトに以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cscript.exe "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus
    注: 64 ビット版の Office を実行している場合は、%ProgramFiles(x86)%%ProgramFiles% に置き換えて実行してください。
  6. インストール済みプロダクト キーの末尾 5 文字をメモにとります (例: xxxxx)。
  7. 同じコマンド プロンプト上で、以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cscript.exe "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /unpkey:xxxxx
    注:
    • 64 ビット版 Office を実行している場合は、%ProgramFiles(x86)%%ProgramFiles% に置き換えて実行してください。
    • 上記コマンド中、<xxxxx> にはインストール済みプロダクト キーの末尾 5 文字が入ります。

    コマンドが正しく実行されると、以下のような状態を示すメッセージが表示されます。
    “Product key uninstall successful” (プロダクト キーのアンインストールに成功しました)
  8. Office 2013 または Office 365 のアプリケーションを任意で 1 つ開きます。[Office ライセンス認証] ダイアログ ボックスが開きます。
  9. 方法 2 で確認したユーザーの資格情報を用い、Office 365 にサインインします。

    注:
    • "Sorry, another account from your origination is already signed in on this computer" (申し訳ございません。組織の別のアカウントがこのコンピューターにサインインしています。) というエラー メッセージが表示される場合は、以下の手順に従い Office 2013 プロファイルからユーザー アカウントを削除してください。
      1. Office 2013 アプリケーションの右上に表示されるユーザー名をクリックし、[アカウントの切り替え] をクリックします。
      2. [アカウント] 画面で [サインアウト] をクリックします。
      3. 削除するアカウントを指定し、[サインアウト] をクリックします。

      詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
      2750229 「Office 2013 アプリケーションへのサインイン時に発生するエラー メッセージ: "Sorry, another account from your organization is already signed in on this computer."」
    • 処理に成功すると、以下のメッセージが表示されます。

      “Account Updated”
      “This computer has been added to your account.”
      (アカウントは更新されました。このコンピューターはアカウントに追加されました。)
  10. [ファイル] メニューから [アカウント] をクリックして、Office がアクティブになっているかどうかを確認します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

状況

この問題は「対象製品」セクションに記載の製品で発生することが確認されています。?

追加情報

この問題は Office のライセンスの有効期限が切れると発生します。

本資料の「解決方法」セクションに記載の手順で問題を解決できない場合は、以下の Microsoft Knowledge Base 資料にあるマイクロソフト問題修正ツール (Microsoft Fix it) を使用して Office 2013 または Office 365 をアンインストールしてください。
2739501 : Microsoft Office 2013 または Office 365 をアンインストールする方法
Office 2013 または Office 365 のアンインストール後、Office を再インストールしてください。

Office Home and Student 2013、Office Home and Business 2013、Office Professional 2013 については、「Microsoft Office 2013 プログラムのライセンス認証を行う」を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2899838 - 最終更新日: 2014年8月28日 - リビジョン: 12.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Office 365 Personal
  • Microsoft Office Home and Student 2013
  • Microsoft Office Home and Business 2013
  • Microsoft Office Professional 2013
  • Microsoft Office 365 ProPlus
  • Microsoft Office 365 Home
キーワード:?
o365 o365a o365e o365p o365m o365022013 kbfixme kbmsifixme KB2899838
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com