システム センター 2012 R2 操作マネージャー更新プログラム ロールアップ 1年で修正される問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2904678 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft システム センター 2012 R2 のオペレーション マネージャーの更新プログラムのロールアップ 1 で修正される問題について説明します。さらに、System Center 2012 の R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1 のインストール手順について説明します。


この更新プログラムのロールアップで修正される問題

オペレーション マネージャー

問題 1

P_DataPurgingストアド プロシージャを実行するときに、エラーが発生します。クエリ プロセッサ内部リソースが不足して、クエリ プランを作成することはできないときに、このエラーが発生します。

問題 2

データ ウェアハウスの一括挿入コマンドは、クエリのタイムアウトが発生する可能性がありますが、変更できませんが、30 秒のタイムアウトの既定値を使用します。

問題 3

多くの 26319 エラーが生成されるは、オペレーターの役割を使用するとします。この問題は、パフォーマンスの問題が原因です。

問題 4

コンポーネント図でコンポーネントの状態の場所に関する情報を公開しません。

問題 5

グループ名の変更が正常に動作コンソール。ただし、モニターの上書き、またはグループに基づいて、ビューのスコープをしようとするときに、グループの古い名前が表示されます。

問題 6

Team Foundation Server のローカライズ版では、SCOM の同期はサポートされません。

問題 7

SDK のプロセスのデッドロックが原因で Exchange 相関エンジン エラーが発生します。

問題 8

「Microsoft システム センターのアドバイザーのサーバー監視」の予約済みのグループ、コンピューターまたはグループの検索に表示されます。

問題 9

アドバイザーの複数のコネクタはコンピューターのクラスターをホストするときに、同じ物理コンピューターの発見があります。


問題 10

無効な文字またはキーワード クエリに使用される条件が含まれる場合、ダッシュ ボード、例外が発生します。

Operations Manager - UNIX および Linux のモニタリング (管理パックの更新) を行います

問題 1

Solaris ベースのコンピューターでは、Operations Manager ログに、次のようなエラー メッセージが記録されます。実行ファイル記述子から監視対象のリソースをリソースを監視していない Solaris ベースのコンピューターの場合、この問題が発生します。ファイル ・ システム、物理ディスク、およびネットワーク アダプターの監視対象のリソースが含まれます。

メモ 操作マネージャーのログは/var/opt/microsoft/scx/log/scx.log にあります。

errno = 24 (が多くのファイルを開く)

この問題は Solaris のデフォルト ユーザー制限は十分な数のファイル記述子を割り当てるには小さすぎるために発生します。更新プログラムのロールアップのインストール後、更新されたエージェントは、1,024 のエージェント プロセスは、ユーザーが制限値を使用してユーザーの既定の制限をオーバーライドします。

問題 2

/Etc/mtab パス Linux ベースの監視対象のコンピューター上で Linux コンテナー (cgroup) エントリは「cgroup」文字列で始まる、次のような警告が、エージェントのログに記録されます。

メモ この問題が発生した場合は、いくつかの物理ディスクが正常に検出されません。

[Scx.core.common.pal.system.disk.diskdepend:418:29352:139684846989056] の警告が見つかりませんでした 'cgroup' のキー proc_disk_stats マップで、デバイス名が 'cgroup'。

問題 3

物理ディスクの構成を監視することはできません、または物理ディスクの監視、障害システムの UNIX および Linux コンピューターの監視に失敗があります。この問題が発生した場合は、論理ディスクのインスタンスは検出されません Operations Manager によって監視される UNIX ベースまたは Linux ベースのコンピューターの。

問題 4

監視対象の Solaris ゾーンを動的資源プールの CPU の動的な割り当てを使用して構成されている可能性がありますエラーのログ エージェント ログに Cpu がゾーンから削除された anddo を識別しない Cpu は、現在システムにします。まれに、日常的な監視中に CPU の動的な割り当てと Solaris ゾーン上のエージェントがハングします。

メモ この問題は、動的資源プールと Cpu の範囲に関連する「専用 cpu」構成を使用して構成されている監視対象の Solaris ゾーンに適用されます。

問題 5

/Opt/microsoft/scx/bin/tools/setup.sh スクリプトは、ライブラリの pathcorrectly を設定していない場合、Solaris 9 ベースのコンピューターで、次のようなエラーが生成されます。この問題が発生した場合は、omicli ツールを実行できません。

ld.so.1: omicli: 致命的な: libssl.so.0.9.7: オープンに失敗しました: そのようなファイルまたはディレクトリ

問題 6

エージェントは、AIX ベースのコンピューターでは、getargs サブルーチンからプロセスの引数を取得しません、監視デーモンはオフラインが誤って報告されます。エージェント ログには、次のようなエラー メッセージが記録されます。

Getargs() の呼び出しがエラーを返しました

問題 7

AIX ベースのコンピューター上のエージェントで使用可能なメモリを使用するすべてのファイルのキャッシュに使用されるメモリと minperm キャッシュは扱いません.この更新プログラムのロールアップのインストール後、AIX ベースのコンピューターで使用可能なメモリが計算: メモリ + (キャッシュ ? minperm) を解放します。

問題 8

ライブラリのファイル libssl.so.1.0.0 が存在しない場合は、OpenSSL のバージョン 1.0.0 より大きいがある Linux コンピューターでは、汎用 Linux エージェントはインストールされません。次のようなエラー メッセージが記録されます。

/opt/microsoft/scx/bin/tools/.scxsslconfig: 共有ライブラリの読み込み中にエラー: libssl.so.1.0.0: オブジェクトの共有ファイルを開くことができません: そのようなファイルまたはディレクトリ

インストール手順

Operations Manager のインストール手順

この更新プログラムに関する既知の問題
  • システム センター操作マネージャーの 2012 R2 を実行しているサーバー上のすべての役割を更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後 (ゲートウェイの役割を除く)、更新プログラムはコントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目には表示されません。
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、コンソールのバージョン番号は変更されません。
  • Web コンソールで更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすると Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。

    サーバー エラー '/OperationsManager' アプリケーション。
    この問題を解決する、閉じるし、Internet Explorer を再起動します。
インストールに関する注意事項
  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは次の言語で Microsoft Update から利用可能です。
    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • オランダ語 (NLD)
    • ポーランド語 (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー語 (HUN)
    • 英語 (英語)
    • 中国語 (香港) (香港)
  • 一部のコンポーネントは、複数の言語と、これらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前にコンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをオフにして Silverlight を再度します。
  • システム センター 2012 R2 サーバーのインストール後すぐに、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合は、ヘルス サービスの状態を初期化できません可能性があります。
  • ユーザー アカウント制御が有効の場合、.msp の更新ファイル、昇格した特権でコマンド プロンプトから実行します。
  • これらのデータベースに更新を適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスにシステム管理者の権限が必要です。
  • Web コンソールを有効にする修正、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>

    メモ 次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように、[ <system.web>] セクションの行を追加します。

    </system.web>
    911722 ビューステートに ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 へのアップグレード後に有効になっている ASP.NET web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示されます。
  • 問題 2 (データ ウェアハウスBULK INSERTコマンドのタイムアウトの問題の修正プログラムは、データ ウェアハウスのBULK INSERTコマンドの (単位は秒) のタイムアウトを設定するのに使用するレジストリ キーを追加します。これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。キー名は次のとおりです。
    HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse\


    値の名前は次のとおりです。
    一括挿入コマンドのタイムアウトの秒

    値は dword 値です。たとえば、 40 40 秒のタイムアウトの値の名前を設定してください。
サポートされているインストールの順序

次の順序で、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。
  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    • 管理サーバーまたはサーバー
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
  2. 「インストール情報」を SQL スクリプトをを適用します。
  3. 手動での管理パックをインポートします。
注:
  • MG ティア接続の接続機能が有効な場合、まず MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新します。
  • 更新プログラム ロールアップ 1 のファイルは 10226.1011 のバージョンをしています。
インストール情報

以下の手順を実行して、更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出します。
  1. 各コンピューターのマイクロソフトの更新プログラムが提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムを各コンピューターにインストールされているコンポーネントによっては、適切な更新を提供します。パッケージをダウンロードすることができますか http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2904678
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    メモ MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。など、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーでは、MSP ファイルを適用します。特定の各ロールのサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。
  3. 次の SQL scriptagainst、OperationsManagerDB データベースを実行します。
    • update_rollup_mom_db.sql

    メモ これらのスクリプトは、次の場所にします。

    更新プログラム Rollups\ の %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server \SQL スクリプトです。
  4. 次の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb。 この管理パックは、次の依存関係。
      • システム センター操作マネージャーの 2012 R2 RTM メディアからインストールする必要があります Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb。
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
管理パックをディスクからインポートする方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
オペレーション マネージャー管理パックをインポートする方法

メモ 管理パックは、次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれます。

更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server\Management のパックします。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/アンインストール PatchCodeGuidRTMProductCodeGuid


メモ このコマンドで、プレース ホルダー RTMProductCodeGuid いずれかの次の Guid を表します。
元に戻す全体を表示する
コンポーネントRTMProductCodeGuid
サーバー{C92727BE-BD12-4140-96A6276BA4F60AC1}
コンソール (AMD64){041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}
コンソール (86){175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}
(AMD64) web コンソール ・{B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}
ゲートウェイ{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}
SCX-ACS (AMD64){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}
SCX-ACS (86){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}


さらに、プレース ホルダー PatchCodeGuid を表します 次の Guid のいずれかを指定します。
元に戻す全体を表示する
パッチ コード GUID コンポーネントアーキテクチャ言語
{84BD5AE6-25E2-4B87-9C07-9FB9A95BFB5A}サーバーAMD64EN
{4EB352A9-2917-4428-834B-8DECB2935F8F}ゲートウェイAMD64EN
{62086E39-4C38-4D1B-8DC7-E548D691EC18}Web コンソール ・AMD64EN
{E66ED8C8-8381-44BF-B1B6-E615B075C986}コンソールAMD64EN
{AD99AC5B-13D3-4105-B56F-F63BA28E36F3}コンソールx86EN
{6396DD2B-F151-4ED3-B19F-1D28FD7E6D88}コンソールAMD64CN
{A094FBE0-53EE-4191-A8EE-2F73AAABF9E6}Web コンソール ・AMD64CN
{2770CE72-C358-44FE-9153-4C86CC169509}Web コンソール ・AMD64CS
{C68CEBD0-B858-4481-8AB2-300F597D0ADC}コンソールAMD64CS
{7C032E8E-0194-4F13-9922-19FEC6EF02AC}コンソールAMD64
{9A7440FA-720B-47FD-A90E-9629162FE900}Web コンソール ・AMD64
{283C728F-2946-47F3-B974-CE431B03D7CA}コンソールAMD64ES
{B03BEEDA-D083-4444-9A02-C148C9F4BE88}Web コンソール ・AMD64ES
{4D300C90-9FE4-4346-A4FA-E8FA6D10D4AD}コンソールAMD64FR
{ADCB4EB1-0014-4A81-8E11-FFC08D7B0FD1}Web コンソール ・AMD64FR
{A77C42B5-6199-459C-B2A7-5122FC1CF04B}コンソールAMD64%HU
{E8A06971-855F-46D1-B1FC-730E74D06C61}Web コンソール ・AMD64%HU
{C6D47631-9183-49FA-B6C1-22232F98561E}コンソールAMD64それ
{CFA31EAC-A394-4B2B-96C0-26D43F787DBA}Web コンソール ・AMD64それ
{2C419B8B-ABA5-4CCF-BC11-B3C1B71DC30B}コンソールAMD64日本
{53194AAE-092B-4100-9243-D552160C1ED3}Web コンソール ・AMD64日本
{DE44F965-EB66-4B7E-9331-92A3C953FC6E}コンソールAMD64KO
{19297B2B-5E53-42C4-AF52-B315E0853E02}Web コンソール ・AMD64KO
{F4C19D0B-9815-4636-80D7-9DBC1DC2F8BC}コンソールAMD64NL
{0D1291E6-E30C-4BC3-82C1-B21F54E182A1}Web コンソール ・AMD64NL
{3E195419-3B7E-4EA9-AC9C-0FA35243C788}コンソールAMD64PL
{646461C7-F5F6-4B80-93A8-4D391E226EF9}Web コンソール ・AMD64PL
{6A8F6806-3E84-4A5B-880F-3C41E13D0ADB}コンソールAMD64PT BR
{5116F3F6-D529-4181-B69B-0859E42CCFEA}Web コンソール ・AMD64PT BR
{00DC1AE9-CAB7-4334-9EA6-DE7929CD35AC}コンソールAMD64PT PT
{3417A9F0-ECDE-4B9B-B443-92573A052361}Web コンソール ・AMD64PT PT
{71171DF4-D5CB-43EB-8D81-894F259913E9}コンソールAMD64RU
{95D88749-F37A-40CD-A6BA-BC4976BEB6F3}Web コンソール ・AMD64RU
{39076D9B-EF26-485F-9728-EBA12FD578AD}コンソールAMD64SV
{BD6CD607-8401-4EE3-9268-A29228EA3A37}Web コンソール ・AMD64SV
{CF9292F5-5125-4A7A-A122-3CF97DA08554}コンソールAMD64TR
{5FE6DB6C-0E88-46C9-9420-7229F56FF0BD}Web コンソール ・AMD64TR
{932B5CAD-95CC-484E-B0BC-1E3F5994A732}コンソールAMD64TW
{694A3B3D-1545-44E1-B716-1A8BCE62CDF6}Web コンソール ・AMD64TW
{28E8DD05-AD62-4938-9992-C86D22724912}コンソールAMD64ZH ZK
{EDACE704-8858-490B-8229-F67B099F61B6}Web コンソール ・AMD64ZH ZK
{A790470E-3FF8-488C-839B-D01F5C46544C}コンソールx86CN
{AD5234DC-62FC-495F-AD70-F870FB7D888D}コンソールx86CS
{D4D5EE73-4679-4817-866C-A3E9759A4DF4}コンソールx86
{3E8D238C-1E9F-4FF3-A5F3-642DAE68BC5A}コンソールx86ES
{08F1859B-5337-40A3-84F6-70531AD64991}コンソールx86FR
{ED29E2FF-1433-44D6-BBD7-6E7920FC4D37}コンソールx86%HU
{8835A90C-2119-42E8-90EA-0BE565BE6DE0}コンソールx86それ
{B1EC476D-C5F5-4086-AAA4-070189582B25}コンソールx86日本
{1D7865D8-99B5-4D84-8071-BE573176A875}コンソールx86KO
{CA10D411-302D-4B35-B177-EDA06AAC5E76}コンソールx86NL
{D89C72CF-4C13-4EEF-A4A5-3C6366485E33}コンソールx86PL
{135BF2EC-6101-49B0-BC6E-AB97B1C14F88}コンソールx86PT BR
{B3DECB61-C1DD-4F0E-A9DE-E52038D27B75}コンソールx86PT PT
{7CC02289-326C-4D29-834A-A25F80510A54}コンソールx86RU
{194C0B21-4665-4DF5-A6A0-38ABFC7F1073}コンソールx86SV
{3FB7D328-ACE7-44AB-881E-D81D2FFB13A4}コンソールx86TR
{25BA7E59-07B0-4B0E-A1EA-CD3CCC1BDC81}コンソールx86TW
{DD5D9B80-7041-40E0-B1D4-9D960406E291}コンソールx86ZH ZK

インストール手順についてオペレーション マネージャー - UNIX および Linux (管理パックの更新) を監視します。

UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェント、更新の監視パックをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. System Center 2012 の R2 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 1 を適用します。
  2. ダウンロードし、次のマイクロソフト web サイトからシステム センター 2012 R2 の更新された管理パックします。
    UNIX および Linux のオペレーティング システム用のパックを監視システム センター
  3. 管理パック ファイルを抽出するには、管理パック更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Microsoft.Unix.Library の更新された管理パックと、環境の監視、Linux や UNIX のプラットフォームに関連するライブラリの管理パックをインポートします。
  5. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとの更新された管理パックをインポートします。
  6. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、更新 SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットか、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザードを使用して各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

ファイル情報

オペレーション マネージャー

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す全体を表示する
変更されるファイル操作マネージャーの更新ファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.dll52,920 バイト7.1.10188.0
HealthServiceMessages.dll 1,360,568 バイト7.1.10188.0
Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb352,256 バイト該当なし
Microsoft.EnterpriseManagement.DataWarehouse.DataAccess.dll236,248 バイト7.1.10226.1009
Microsoft.EnterpriseManagement.RuntimeService.dll395,992 バイト7.1.10226.1009
update_rollup_mom_db.sql58,422 バイト該当なし
Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb266,240 バイト該当なし
Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb143,360 バイト該当なし
Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll1,782,488 バイト7.1.10226.1009
Microsoft.EnterpriseManagement.Monitoring.Components.dll1,137,368 バイト7.1.10226.1009
Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb126,976 バイト該当なし
Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll (Silverlight)1,782,488 バイト7.1.10226.1009

Operations Manager - UNIX および Linux のモニタリング (管理パックの更新) を行います

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
元に戻す全体を表示する
Xplat 更新で変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.AIX.5.3.mpb15696 KB7.5.1019.0
Microsoft.AIX.6.1.mpb15717 KB7.5.1019.0
Microsoft.AIX.7.mpb14704 KB7.5.1019.0
Microsoft.AIX.Library.mp31 KB7.5.1019.0
Microsoft.HPUX.11iv2.mpb19847 KB7.5.1019.0
Microsoft.HPUX.11iv3.mpb 19788 KB7.5.1019.0
Microsoft.HPUX.Library.mp31 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.Library.mp31 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp15 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb7843 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb7782 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb7343 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.Universal.Library.mp15 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp83 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb14049 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb12567 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.SLES.10.mpb7150 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.SLES.11.mpb4681 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.SLES.9.mpb3782 KB7.5.1019.0
Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp15 KB7.5.1019.0
Microsoft.Solaris.10.mpb26851 KB7.5.1019.0
Microsoft.Solaris.11.mpb26531 KB7.5.1019.0
Microsoft.Solaris.9.mpb13739 KB7.5.1019.0
Microsoft.Solaris.Library.mp22 KB7.5.1019.0
Microsoft.Unix.Library.mp83 KB7.5.1019.0
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2904678 - 最終更新日: 2014年3月12日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager
キーワード:?
kbqfe kbfix kbmt KB2904678 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2904678
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com