文書番号: 291073 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP291073
中小企業のお客様は、中小企業向けサポート サイトで問題解決や学習に関する他のリソースを参照できます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Excel にはリストからアイテムを選択するときに役立つダイアログ シート用のコントロールがいくつか用意されています。 このようなコントロールの例としてリスト ボックス、コンボ ボックス、スピン ボタン、スクロール バーなどがあります。

Excel のフォーム コントロールの詳細については、「ワークシート内のフォーム、フォーム コントロール、および ActiveX コントロールの概要」を参照してください。

詳細

次に、リスト ボックス、コンボ ボックス、スピン ボタン、およびスクロール バーの使用方法について説明します。 これらの例では、同じリスト、セル リンク、および、Index 関数を使用します。

[開発] タブを有効にする

Excel 2010 でフォーム コントロールを使用するには、[開発] タブを有効にする必要があります。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776080
  2. 左側ウィンドウの [リボンのユーザー設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776081
  3. 右側のメイン タブで [開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
Excel 2007 でフォーム コントロールを使用するには、[開発] タブを有効にする必要があります。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Office ボタンをクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776082
  2. [基本設定] をクリックし、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776083

リスト、セル リンク、および Index 関数を設定する

  1. 新規ワークシートで、H1:H20 の範囲に次のアイテムを入力します。
          H1:  ローラー スケート
          H2:  VCR
          H3:  机
          H4:  マグ
          H5:  車
          H6:  洗濯機
          H7:  ロケット発射装置
          H8:  自転車
          H9:  電話
          H10: 蝋燭
          H11: キャンディー
          H12: スピーカー
          H13: ドレス
          H14: 毛布
          H15: ドライヤー
          H16: ギター
          H17: ドライヤー
          H18: ツール セット
          H19: VCR
          H20: ハード ディスク
    					
  2. セル A1 に次の数式を入力します。
    =INDEX(H1:H20,G1,0)

リスト ボックスの使用例

  1. Excel 2010 および Excel 2007 でリスト ボックスを追加するには、[開発] タブをクリックし、[コントロール] グループの [挿入] をクリックして、[フォーム コントロール] の [リスト ボックス (フォーム コントロール)] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776084


    Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel でリスト ボックスを追加するには、[フォーム] ツール バーの [リスト ボックス] ボタンをクリックします。 [フォーム] ツール バーが表示されていない場合は、[表示] メニューの [ツール バー] をクリックし、[フォーム] をクリックします。
  2. ワークシート上でリスト ボックスの左上隅を表示する場所をクリックし、そのままドラッグしてリスト ボックスの右下隅になる位置を指定します。 この例では、セル B2:E10 をカバーするリスト ボックスを作成します。
  3. [コントロール] グループで [プロパティ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776085
  4. [オブジェクトの書式設定] ウィンドウに次の情報を入力し、[OK] をクリックします。
    1. リストの範囲を指定するには、[入力範囲] ボックスに「H1:H20」と入力します。
    2. セル G1 の数値 (リストでどのアイテムを選択するかにより異なる) を入れるには、[リンクするセル] ボックスに「G1」と入力します。

      注: INDEX() 数式は、G1 の値を使って、適切なリスト アイテムを返します。
    3. [選択の種類] で、[単一選択] オプションが選択されていることを確認します。

      注: [複数選択] オプションと [拡張選択] オプションは、Microsoft Visual Basic for Applications のプロシージャを使用して値のリストを返す場合にのみ役に立ちます [3-D 表示] チェック ボックスをオンにすると、リスト ボックスが立体的に表示されます。

      元に戻す画像を拡大する
      2776086
  5. リスト ボックスに、アイテムの一覧が表示されます。リスト ボックスを使用するには、任意のセルをクリックして、リスト ボックスが選択されないようにします。リスト内のアイテムをクリックすると、G1 セルが、リスト内で選択されたアイテムの位置を示す数値に更新されます。セル A1 の INDEX 数式は、この数値を使ってアイテム名を表示します。

コンボ ボックスの例

  1. Excel 2010 および Excel 2007 でコンボ ボックスを追加するには、[開発] タブをクリックし、[挿入] をクリックして、[フォーム コントロール] の [コンボ ボックス] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776087


    Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel でコンボ ボックスを追加するには、[フォーム] ツール バーの [コンボ ボックス] ボタンをクリックします。
  2. ワークシート上でコンボ ボックスの左上隅を表示する場所をクリックし、そのままドラッグしてコンボ ボックスの右下隅になる位置を指定します。 この例では、セル B2:E2 をカバーするコンボ ボックスを作成します。

    元に戻す画像を拡大する
    2776088
  3. コンボ ボックスを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776089
  4. 次の情報を入力し、[OK] をクリックします。
    1. リストの範囲を指定するには、[入力範囲] ボックスに「H1:H20」と入力します。
    2. セル G1 の数値 (リストでどのアイテムを選択するかにより異なる) を入れるには、[リンクするセル] ボックスに「G1」と入力します。

      注: INDEX 数式は、G1 の値を使って、適切なリスト アイテムを返します。
    3. [ドロップダウン リストの行数] ボックスに、「10」と入力します。このエントリにより、他のアイテムの表示にスクロール バーを使用しなくても、いくつのアイテムを表示するかが決定されます。

      注: [3-D 表示] チェック ボックスはオプションです。このチェック ボックスをオンにすると、ドロップダウンまたはコンボ ボックスが立体的に表示されます。

      元に戻す画像を拡大する
      2776090
  5. ドロップダウン ボックスまたはコンボ ボックスに、アイテムの一覧が表示されます。ドロップダウン ボックスまたはコンボ ボックスを使用するには、任意のセルをクリックして、オブジェクトが選択されないようします。ドロップダウン ボックスまたはコンボ ボックス内のアイテムをクリックすると、G1 セルが、リスト内で選択されたアイテムの位置を示す数値に更新されます。セル A1 の INDEX 数式はこの数値を使って、アイテム名を表示します。

スピン ボタンの例

  1. Excel 2010 および Excel 2007 でスピン ボタンを追加するには、[開発] タブをクリックし、[挿入] をクリックして、[フォーム コントロール] の [スピン ボタン] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776091


    Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel でスピン ボタンを追加するには、[フォーム] ツール バーの [スピン ボタン] ボタンをクリックします。
  2. ワークシート上でスピン ボタンの左上隅を表示する場所をクリックし、そのままドラッグしてスピン ボタンの右下隅になる位置を指定します。 この例では、セル B2: B3 をカバーするスピン ボタンを作成します。
  3. スピン ボタンを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776092
  4. 次の情報を入力し、[OK] をクリックします。
    1. [現在の値] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、INDEX 数式がリスト内の最初のアイテムを示すようにスピン ボタンが初期化されます。
    2. [最小値] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、スピン ボタンの最初の値がリストの最初のアイテムになるように制限されます。
    3. [最大値] ボックスに「20」と入力します。

      この値は、リスト内のエントリ数の最大値を指定します。
    4. [変化の増分] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、スピン ボタン コントロールが現在値をどのように増分していくのかが決まります。
    5. セル G1 の数値 (リストでどのアイテムを選択するかにより異なる) を入れるには、[リンクするセル] ボックスに「G1」と入力します。

      元に戻す画像を拡大する
      2776093
  5. 任意のセルをクリックして、スピン ボタンが選択されないようにします。 スピン ボタンの上または下矢印をクリックすると、セル G1 の値が、スピン ボタンの [変化の増分] で設定された値の分だけ変化します。 この数値により、セル A1 内の INDEX 数式が更新され、次または前のアイテムが表示されます。

    現在値が 1 の状態で下矢印をクリックした場合、または、現在値が 20 の状態で上矢印をクリックした場合は、スピン ボタンの値は変化しません。

スクロール バーの例

  1. Excel 2010 および Excel 2007 でスクロール バーを追加するには、[開発] タブをクリックし、[挿入] をクリックして、[フォーム コントロール] の [スクロール バー] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776094


    Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel でスクロール バーを追加するには、[フォーム] ツール バーの [スクロール バー] ボタンをクリックします。
  2. ワークシート上でスクロール バーの左上隅を表示する場所をクリックし、そのままドラッグしてスクロール バーの右下隅になる位置を指定します。 この例では、セル B2:B6 をカバーし、列幅の 1/4 の幅を持つスクロール バーを作成します。

    元に戻す画像を拡大する
    2776095
  3. スクロール バーを右クリックし、[コントロールの書式設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2776096
  4. 次の情報を入力し、[OK] をクリックします。
    1. [現在の値] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、INDEX 数式がリスト内の最初のアイテムを示すようにスクロール バーが初期化されます。
    2. [最小値] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、スクロール バーの最初の値がリストの最初のアイテムになるように制限されます。
    3. [最大値] ボックスに「20」と入力します。 この値は、リスト内のエントリ数の最大値を指定します。
    4. [変化の増分] ボックスに「1」と入力します。

      この値により、スクロール バー コントロールが現在値をどのように増分していくのかが決まります。
    5. [スクロール バー シャフトの増分] ボックスに「5」と入力します。この値により、スクロール ボックスと矢印の間をクリックしたときに、現在値がどのように増分されるのかが決まります。
    6. セル G1 の数値 (リストでどのアイテムを選択するかにより異なる) を入れるには、[リンクするセル] ボックスに「G1」と入力します。

      元に戻す画像を拡大する
      2776097


      注: [3-D 表示] チェック ボックスはオプションです。このチェック ボックスをオンにすると、スクロール バーが立体的に表示されます。
  5. 任意のセルをクリックして、スクロール バーが選択されないようにします。 スクロール バーの上または下矢印をクリックすると、セル G1 の値が、スクロール バーの [変化の増分] で設定された値の分だけ変化します。 この数値は、現在のアイテムの次または前のアイテムを表示するのに、セル A1 の INDEX 数式で使用されます。 また、値を変更するのに、スクロール ボックスをドラッグすることもできます。または、スクロール ボックスのいずれかの方向にスクロール バー内をクリックすると、5 ([スクロール バー シャフトの増分] の値) だけ増減されます。 現在値が 1 の状態で下矢印をクリックした場合、または、現在値が 20 の状態で上矢印をクリックした場合は、スクロール バーの値は変化しません。

プロパティ

文書番号: 291073 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Excel 2004 for Mac
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2001 for Mac
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 98 for Macintosh
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2010
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbhowto kbforms kbsmbportal KB291073
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com