文書番号: 2927432 - 対象製品
ステートメントのサポート
以下の内容は、Visual Studio の 2013年更新 2 のダウンロード ページを参照します。次の内容の詳細についてを参照してください。 詳細情報 Microsoft ダウンロード センターの web サイト。

注: 各製品のサポートのさまざまなレベルがあります。この更新プログラムをインストールする前に、次のステートメントのサポートをよく読んでください。

Visual Studio の更新プログラムをインストールしてするがオプト イン受信して 2013 の Visual Studio の今後の更新プログラムをインストールします。マイクロソフトでは Visual Studio 2013 RTM の製品と最新の 2013年更新の Visual Studio 製品をサポートしています。

プロ、プレミアム、究極のWindows の Express と製品: フル 2013 RTM Visual Studio 製品を含めることも、Visual Studio の更新 2 は、プロ、プレミアム、究極のおよび Windows の Express です。Visual Studio の 2013 インストールしてダウンロードが実行されている場合、は、Visual Studio アップデート 2 のみを取得します。このダウンロードをインストールするときにインストールされている Visual Studio の 2013年があるなく、2013 の Visual Studio と、Visual Studio の更新 2 が表示されます。これらの対応する更新プログラムの 2 製品を Visual Studio の 2013 RTM 言語パックをインストールできます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトは 2014 年 4 月 2 日に 2013年の更新 2 Team Foundation Server と Visual Studio の 2013年更新 2 月 12 日にリリースしました。この更新プログラムを説明します。 新しいテクノロジの機能強化 Team Foundation Server (TFS)、テスト ツール、Microsoft Azure ツール、リリース管理、デバッガー、プロファイラー、IntelliTrace、コード生成、Entity Framework 6.1、NuGet、セッションログ、IDE の Visual Studio、ASP.NET および Web ツールの 2013.2 を実行します。2013年更新 2 Visual Studio にはには、最新の更新プログラム、機能の追加、およびバグ修正が含まれます。

詳細については Visual Studio 製品の更新プログラム Visual Studio の web サイトで利用できます。

Visual Studio の 2013年更新 2 の入手方法

Visual Studio の 2013年の更新プログラムは累積的なリリースです。次のダウンロード リンクは、いつでもあなたに最新の更新プログラム。 完全な一覧を表示することもできます。 Visual Studio の 2013年の更新.

ウイルスに対する安全性宣言

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Visual Studio の 2013年アップデート 2 をインストールする方法

Visual Studio 製品のインストール ガイドを参照してください。

Visual Studio をインストールする方法

Team Foundation Server と Visual Studio ALM をインストールする方法

Visual Studio の 2013年のリリース管理をインストールする方法

重要この更新プログラムは、Visual Studio と Team Foundation Server (TFS) に適用されます。Visual Studio と TFS のインストール方法別に異なります。Visual Studio の更新プログラムがコンピューターに既にインストールされて何の上にインストールされます。TFS の更新プログラムは、完全な配置をコンピューターにインストールされて何が置き換えられます。TFS の更新プログラムを適用しようとする前に、現在のデータベースの完全バックアップがあることを確認します。TFS の更新のインストールが失敗した、する場合することはできません、更新プログラムを再起動するか、復元を実行せず、TFS の以前のバージョンにロールバックします。

リリース管理の更新プログラムは Visual Studio 2013 リリース管理のため、最新の機能追加とバグ修正が含まれる完全なレイアウトです。(を参照して、現在のデータベースと RSA 暗号のキーのフル ・ バックアップであるかどうかを確認してください、リリース管理の更新プログラムを適用する前にブログ 投稿 RSA の暗号化キーのエクスポート手順について)。リリース管理は、更新のインストールが失敗する、更新プログラムを再起動または復元操作を実行することがなくリリースの管理の以前のバージョンにロールバックできません。

Visual Studio の 2013年更新 2 のリリース管理は、始動であるため、次のアップグレード パスを適用します。

サポートされているアップグレードします。
  • リリースの Visual Studio の 2013 2013年更新 2 を Visual Studio のリリース管理を管理
  • リリース管理の Visual Studio 2013年更新 2 のリリース管理に Visual Studio の 2013年更新 1
  • リリース 2013年更新 2 を Visual Studio のリリース管理に Visual Studio 2013年更新 2 RC の管理

新しいテクノロジーの進歩と 2013年更新プログラムの Visual Studio の 2 で修正された問題

テクノロジーの進歩

このリリースでは、次のテクノロジの改善を行った。

ASP.NET および Web ツール 2013.2
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
    ASP.NET プロジェクト テンプレート
    • アカウントの確認とパスワードのリセットをサポートする ASP.NET プロジェクトのテンプレートを更新します。
    • 設置型組織のアカウントで ASP.NET Web API のサポート

    Visual Studio の Web エディターの強化
    • JSON の新しいエディター
    • 新しい Sass のエディター (.scss)
    • HTML の URL の選択を実装します。
    • 多くの機能を追加することによって、小さいエディターを更新
    • HTML エディターの Intellisense からの更新します。

    ブラウザーのリンク
    • ブラウザーのリンクでは、これで HTTPS 接続をサポートしてはリストをダッシュ ボードに他の接続の証明書はブラウザーによって信頼されている限り。
    • ソース マッピングの改善

    Visual Studio で、Microsoft Azure Web サイト サポート
    • サポートの Azure にサインインします。
    • リモート デバッグ、Microsoft Azure Web サイト (WAWS)
    • リモート ビュー
    • Azure の Web サイトの作成をサポートします。

    Web 公開の機能強化
    • 発行のユーザー エクスペリエンスを向上させる

    ASP.NET のスキャフォールディング
    • モデルに列挙型を使用している場合、MVC Scaffolder は列挙型のドロップダウン リストを生成します。MVC で、列挙型のヘルパーを使用します。
    • EditorForテンプレートは、MVC のスキャフォールディングはブートス トラップ クラスを使用するように更新されます。
    • MVC や Web API の Scaffolders は MVC や Web API を 5.1 にパッケージを追加します。
    • サード パーティ製のカスタム Scaffolders をサポートするためにスキャフォールディング拡張層を追加します。

    ASP.NET Web フォーム
    • Web フォーム テンプレートを ASP.NET Id のパスワードをリセットし、アカウントの確認を行うには方法が表示されます。
    • エンティティのフレームワークのデータ ソースとエンティティ フレームワーク 6 の動的データ プロバイダー。詳細については、次の MSDN ブログを参照してください。
      動的なデータのプロバイダーとエンティティ フレームワーク 6 の EntityDataSource コントロール

    ASP.NET MVC の 5.1
    ASP.NET Web API の 2.1
    ASP.NET Web ページの 3.1
    • さまざまな バグの修正

    ASP.NET の Id 2.0.0
    • 2 要素認証

      ASP.NET ユーザー今 2 要素認証をサポート。2 要素の認証は、ユーザー アカウントの場合は、パスワードが破られた場合にセキュリティの追加レイヤーを提供します。コードは、2 つの要素に対するブルート フォース攻撃に対する保護があります。
    • アカウントのロックアウト

      場合は、ユーザーが入力しないパスワードまたはコードの 2 つの要素は、正しくユーザーをロックする方法を説明します。無効な試行回数と、timespan ユーザーはロックアウトを設定できます。開発者は、必要に応じて特定のユーザー アカウントに対してアカウント ロックアウト オフにします。
    • アカウントの確認

      ASP.NET の Id システムではアカウントの確認できるようになりました。これは、ほとんどの web サイトが現在、web サイトに新しいアカウントを登録する必要があるを行うには、web サイトでは何もする前に、電子メールを確認するには、よくあるシナリオです。確認の電子メールは偽のアカウントを作成できなくなるために、便利です。これは、フォーラム サイト、銀行、e コマース、ソーシャル web サイトなどの web サイトのユーザーとの通信手段として電子メールを使用している場合に非常に便利です。
    • パスワードのリセット

      パスワードのリセットは、ユーザーが自分のパスワードをリセットできます自分のパスワードを忘れてしまった場合、機能します。
    • セキュリティ タイムスタンプ (記号をどこからでも)

      (Facebook、Google、Microsoft アカウントなど) に関連付けられたログインを削除するなどの情報をサポートしています、パスワードやその他のセキュリティを変更する場合の場合は、ユーザーのセキュリティ トークンを再生成する方法に関連します。古いパスワードを生成するすべてのトークンが無効になっていることを確認するために必要です。サンプル プロジェクトで、ユーザーのパスワードを変更する場合は、ユーザーは新しいトークンが生成し、以前のトークンが無効になります。この機能は、アプリケーションからパスワードを変更するときにセキュリティの追加レイヤーを提供、するはどこ (他のブラウザー) このアプリケーションにログインしたからログアウトされます。
    • ユーザーとロールを拡張できるプライマリ ・ キーの種類を作成します。

      ASP.NET の Id 1.0 では、テーブルのユーザロール用のプライマリ ・ キーの種類は文字列でした。Entity Framework を使用して、ASP.NET Id システムが SQL Server で永続化される場合は、 nvarcharを使用しておいた。スタックのオーバーフローの既定の実装ではこの周りの多くの議論が、受信したフィードバックに基づき。拡張フックを指定すると、ユーザーロールのテーブルの主キーにする必要があります提供しています。この拡張のフックには、アプリケーションを移行して、アプリケーションがファイルを格納するユーザーの Id は Guid または int に便利です。
    • ユーザーとロールに IQueryable をサポートします。

      サポートの追加のIQueryable UsersStore と RolesStore で、ユーザーとロールの一覧に簡単に取得できます。
    • UserManager からの削除操作をサポートします。
    • ユーザー名の [インデックスの作成

      ASP.NET の Id のエンティティ フレームワークの実装では EF の 6.1.0-Beta1 に、新しいIndexAttributeを使用して、一意のインデックス、ユーザー名に追加されました。これにより、ユーザー名は、常に一意を競合の状態をするで終わる可能性重複したユーザー名がありませんでした。
    • 強化されたパスワードの検証

      ASP.NET の Id 1.0 に同梱されていたパスワードの検証コントロールがだけの最小の長さを検証するが、非常に基本的なパスワードの検証コントロール。ここでは、新しいパスワードの検証、パスワードの複雑さをより詳細に制御を提供します。場合でも、このパスワードですべての設定を有効に行うことをお勧め 2 要素の認証のユーザー アカウントを有効にするに注意してください。
    • IdentityFactoryミドルウェア/CreatePerOwinContex
    • UserManager

      OWINコンテキストからUserManagerのインスタンスを取得するには、ファクトリの実装を使用できます。このパターンでは、サインインサインアウトOWINコンテキストからAuthenticationManagerを取得するためを使用してのような。これは、アプリケーションの要求ごとには、 UserManagerのインスタンスを取得することをお勧めします。
    • DbContextFactory ミドルウェア

      ASP.NET の Id を SQL Server では、Id システムが保持するエンティティ フレームワークを使用します。これを行うに、Id システム、 ApplicationDbContextを参照しています。DbContextFactoryミドルウェアをアプリケーションで使用できる要求ごとのApplicationDbContextのインスタンスを返します。
    • ASP.NET の Id のサンプルの NuGet のパッケージ

      サンプルの NuGet パッケージを容易にすることをインストールして ASP.NET Id のサンプルを実行し、ベスト プラクティスに従います。これは、ASP.NET MVC アプリケーションのサンプルです。運用環境で展開する前に、アプリケーションに合わせてコードを変更してください。空の ASP.NET アプリケーションでサンプルをインストールしてください。

      パッケージの詳細については、次のブログ記事を参照してください。
      Microsoft.AspNet.Identity 2.0.0 のプレビューを発表

  • Microsoft OWIN コンポーネント

    このリリースで多くのバグ修正を参照してください。 最新の安定バージョン (2.1.0) のリリース ノート.
  • ASP.NET SignalR

    このリリースで多くのバグ修正を参照してください。 リリース ノート.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
コードの生成
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • この更新プログラムにより、開発者は、AVX2 命令セットをサポートしているプロセッサの最新世代を対象に、プログラムをコンパイルすることを指定します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
デバッガー
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • String オブジェクトに含まれているデータの JSON のビジュアライザーを追加します。
  • マネージ メモリのデータを含む 2 つの .diagsession ファイルを比較することができます。
  • コンテンツを手動で開始することができます Windows ストア アプリケーションでは、プリフェッチします。
  • 追加のスクリプト デバッグ機能を含む JavaScript コンソールと DOM エクスプ ローラー ビューのコントロールをデバッグするときです。
  • 追加した機能拡張は、デバッガーのシンボル設定を変更するには、Visual Studio プラグインをポイントします。
  • マネージのメモリ ヒープ ダンプ ファイルからをデバッグするときに、個々 のオブジェクトの値を検査できます。
  • 8.1 の Windows Phone の開発者は、携帯電話用の Internet Explorer で実行されている web サイトでの問題のデバッグに Visual Studio を使用できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Entity Framework 6.1
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Entity Framework は 6.1 のランタイムとツールの両方を更新します。エンティティ フレームワーク (EF) 6.1 は、エンティティ フレームワークの 6 と includesseveral のバグ修正および新機能には、小規模な変更です。EF 6.1 を新しい機能のマニュアルへのリンクなどの詳細情報を参照してください。エンティティ フレームワークのバージョン履歴.このリリースの新機能は次のとおりです。
    • 統合ツールを提供 EF の新しいモデルを作成する方法を統一します。この機能は、既存のデータベースからのリバース エンジニア リングを含む、コードの最初のモデルをサポートするために ADO.NET エンティティ データ モデル ウィザードを拡張します。これらの機能は、EF の電源ツールのベータ版で以前利用可能です。
    • トランザクションのコミット エラーの処理のトランザクションの操作のインターセプトを新しく導入された機能を使用して新しいSystem.Data.Entity.Infrastructure.CommitFailureHandlerを提供します。トランザクションをコミットしながら、CommitFailureHandler接続の障害から自動回復を使用できます。
    • IndexAttributeコードの最初のモデルでは、属性のプロパティ (またはプロパティ) に配置することで指定するインデックスを使用できます。コードは、データベース内の対応するインデックス最初し、作成します。
    • パブリック API のマッピング情報へのアクセスを EF の hasabout プロパティと型の列と、データベース内のテーブルにマップする方法を提供します。以前のリリースでこの API の内部。
    • 追加するApp.config または Web.config ファイルを使用してインターセプターを構成することにより、アプリケーションを再コンパイルしなくてもインターセプターを使用できます。
    • DatabaseLoggerは、簡単にすべてのデータベース操作のログをファイルにする、新しいインターセプターです。以前の機能と組み合わせて、データベースを再コンパイルすることがなく、配置済みアプリケーションの操作の thislets のログを簡単に切り替えます。
    • スキャフォールドされる移行より正確にできるように、移行モデルの変更の検出が向上しました。変更の検出プロセスのパフォーマンスも大幅に拡張されています。
    • パフォーマンスの向上削減データベース操作、LINQ クエリに null の等値比較のための最適化の初期化中に、複数のシナリオ、および複数の関連付けを追跡対象のエンティティのより効率的な実体化の高速生成 (モデルの作成) を表示します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
グラフィックス診断
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • DirectX グラフィックス診断機能 8.1 の Windows Phone デバイスとエミュレーターの使用されます。
  • 新たに改良された DirectX のテンプレート (Silverlight および Silverlight ではない) の Windows Phone を Windows ストア ゲームを記述するための開始点を提供します。XAML ベースのテンプレートは、簡単にテキスト、イメージ、組み込むことの開始点を提供しメニューのゲームを増 Heads の表示、ステータス メッセージを設定します。
  • グラフィック フレームの分析は、DirectX ベースのゲームやアプリケーションにおけるパフォーマンスの問題を診断するためのサポートします。
  • グラフィックス診断をいくつかの機能強化が行われます。
    • 描画状態の追跡、グラフィックスのイベント一覧の GPU の状態の設定方法を確認するための合理的な分析をサポートします。
    • 最大 30 の連続したフレームをキャプチャする同時に。
    • オブジェクトと、開発者が定義されているリソースの名前、ユーザー インターフェイス (UI) を通じて公開されます。
    • パフォーマンス イベントの注釈の HTTP およびカスタム プロトコル ハンドラーを使用できます。
    • 深度ステンシル バッファーの表示がサポートされています。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
IntelliTrace
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • SQL に関連するここでは、パフォーマンス イベントを新しいクエリ ウィンドウの SQL を読み込むし、Visual Studio 内の既存の SQL ツールを使用して、問題を調査するためのオプションを提供します。
  • 関連する MVC なパフォーマンス イベントを問題を調査するには、コード内でコント ローラーまたはアクション メソッドへの移動するためのオプションを提供します。
  • パフォーマンス イベントは、最も遅いノードでエントリ ポイントをここで分類できます。行の総数を削減し、容易に調査する特定のイベントを識別します。
  • IntelliTrace パフォーマンス イベントの詳細を確認するときに、pathfor それぞれの最も遅いノードを強調表示するインジケーターは今すぐです。
  • IntelliTrace ログ ファイルからイベントを例外をデバッグするときに興味深いパラメーターを簡単に表示できるように IntelliTrace の特定のコメントをコードのマップが表示されます。グラフに新しいコメントを使用して、例外がスローされた場所も表示されます。
  • TFS ソース管理システムとホストの Git を使用する、ソリューションの展開のバージョンにアクセスするには、Microsoft の監視エージェントによって最終的な 2013 を Visual Studio で生成される iTrace ファイルを開くことを想定しています。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
NuGet 2.8.1
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • NuGet 2.8.1 は 2014 年 4 月にリリースされます。リリース ノートから、最も重要な点は次のとおりです。確認します 完全なリリース ノート これらの変更の詳細については。
    • 対象の Windows Phone アプリケーションの 8.1
      NuGet 2.8.1 では、ターゲット フレームワークのモニカー WindowsPhoneAppWPAWindowsPhoneApp81、およびWPA81を使用して Windows Phone の 8.1 アプリケーションを対象とするをサポートしています。
    • 修正プログラムの解像度の依存関係
      NuGet は、パッケージの依存関係を解決するとき従来 NuGet パッケージの依存関係を満たす最小メジャーおよびマイナーのパッケージ バージョンを選択する方法を実装しました。ただし、メジャーおよびマイナーのバージョンとは異なり、修正プログラムのバージョンが常に解決の最新バージョンを。善意の動作でしたが、依存関係を持つ複数のパッケージをインストールするための決定性の欠如が作成されます。
    • -DependencyVersion オプション
      NuGet の 2.8 の依存関係を解決するための既定の動作を変更、また、 - DependencyVersionオプションで依存関係の解決プロセスを細かく制御パッケージ マネージャー コンソールに追加します。解決の依存関係を既定の動作が一番低いバージョン、最高の可能なバージョンでは、最高のマイナーまたは修正プログラムのバージョンができます。このオプションは、パッケージのインストールで、PowerShell コマンドレットののみ機能します。
    • DependencyVersion 属性
      詳細、 - DependencyVersionオプション以外は NuGet が nuget.config の定義ファイルを既定値はパッケージのインストールの呼び出しでは、 - DependencyVersionオプションが指定されていない場合に新しい属性を設定するためにも使用できます。この値は、インストール パッケージの操作の NuGet パッケージ マネージャー ダイアログ ボックスも適用されます。この値を設定するには、nuget.config ファイルに次の属性を追加します。
      config> <add key="dependencyversion" value="Highest" /> </config>
    • -Whatif の NuGet のプレビュー操作
      NuGet パッケージ詳細な依存関係グラフを持つことができます。そのため、インストール時に便利です、アンインストール、または更新操作が発生何を最初に表示します。NuGet の 2.8 の標準の PowerShell を追加-場合コマンドの適用対象となるパッケージの全体の休業を視覚化するを有効にするのには、パッケージのインストールアンインストール パッケージ更新プログラム パッケージのコマンドにはオプションです。
    • パッケージをダウン グレード
      プレリリース版のための新機能を調査し、最後の安定したバージョンにロールバックするには、パッケージのインストールに共通です。NuGet の 2.8 の前に、プレリリース版のパッケージとその依存関係をアンインストールすると、以前のバージョンをインストールし、複数の手順でした。NuGet 2.8 を使用して、更新プログラム パッケージのコマンドは今すぐ (など、パッケージの依存関係ツリー) パッケージ全体の休業にロールバック、以前のバージョン。
    • 依存関係の開発
      NuGet パッケージを含め、開発プロセスを最適化するために使用されるツールと、さまざまな種類の機能を配信できます。これらのコンポーネントは、新しいパッケージの開発にすることはできません以降である場合は、新しいパッケージの依存関係を発行します。NuGet 2.8 .nuspec ファイルとして、 developmentDependencyで自身を識別するためのパッケージを使用できます。インストールされている場合は、このメタデータは、プロジェクトのパッケージをインストールするには、packages.config ファイルには追加も。Packages.config ファイルは、後でnuget.exe パックを使用しての NuGet の依存関係の分析、開発の依存関係としてマークされている依存が除外されます。
    • 異なるプラットフォーム用のファイルの個々 の packages.config
      複数のターゲット ・ プラットフォーム用のアプリケーションを開発するときにそれぞれビルド環境ごとに別のプロジェクト ファイルに共通です。パッケージが別のプラットフォームのサポートのさまざまなレベルにも、別のプロジェクト ファイルに別の NuGet パッケージを使用する一般的なです。NuGet 2.8 はプラットフォーム固有のプロジェクトを別のファイルを別の packages.config ファイルを作成してこのシナリオのサポートの向上を提供します。
    • ローカル ・ キャッシュへのフォールバック
      NuGet のパッケージは (など、リモートのギャラリーから消費通常は NuGet ギャラリー) を使用して、ネットワーク接続、多くの場合、クライアントが接続されていないが。ネットワークに接続せず、NuGet クライアント NuGet のローカル キャッシュに、クライアントのコンピューター上にこれらのパッケージは既に場合でも、パッケージをインストールできません。2.8 の NuGet パッケージ マネージャー コンソールにフォールバックの自動キャッシュを追加します。

      キャッシュの代替機能には固有のコマンド引数は必要ありません。また、代替キャッシュは現在パッケージ マネージャー コンソールでのみ動作します。現在のところ、動作は、パッケージ マネージャー ダイアログ ボックスでは機能しません。
    • バグの修正
      パフォーマンスの向上は、主なバグの修正の 1 つ、更新プログラム パッケージの再インストールコマンド。

      さらに、NuGet の今回のリリースには多くの他のバグ修正も含まれます。リリースで解決される 181 の問題があります。NuGet 2.8 で修正された作業項目の詳細についてを参照してください、 今回のリリースで NuGet の問題追跡ツール.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
プロファイラー
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • 管理、ネイティブの CPU 使用率の新しいツールを調べるがあるし、JavaScript 関数が CPU を使用しています。CPU 使用率がこのツールは Windows ストアの Apps.This の新しいツールは、高速時のフィルタ リング、高速なスレッド フィルター、および [マイ コードのみのエクスペリエンスも向上の前の CPU サンプリング ツールを置き換えられます。
  • パフォーマンスと診断、ハブを同時に実行する 1 つ以上のツールを実行するようになりましたできます。パフォーマンスを迅速かつ容易に分析のための共通のタイムライン上に各ツールからのデータが関連付けられます。使用できるツールは次のとおりです。
    • CPU の使用率
    • エネルギー消費量
    • HTML UI の応答性
    • XAML UI の応答性
  • 8.1 の Windows Phone 開発者と携帯電話用の Internet Explorer で実行されている web サイトのパフォーマンスの問題を診断するのに、Visual Studio を使用できます。
  • 8.1 の Windows Phone デバイスやエミュレーターでの Windows ストア アプリのハブのパフォーマンスと診断されています。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
リリース管理
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • 更新プログラムをインストールした後、タグのサーバー間で同じ操作を実行します。サーバーの特定のアクションがある場合、常に追加できます、特定のサーバーと、対応するアクション展開シーケンス内のレベルで。
  • 同じを使用して、サーバーのグループを構成するにはタグはグループ全体の値を設定できることと、グループ内のすべてのサーバーのすべての変数の値を一般的なためを共有ことを意味します。
  • 各サーバー上での配置順序を繰り返すことがなくと同じか、クラスター化されたサーバーに展開する cannow。
  • Cannowコピーのタグとテンプレート全体の段階で。同じ環境に従って配列されてリリースまたは他のステージにコピーしているときに、すべてのタグとサーバーを同じ展開順序を保持できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Team Foundation Server
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • ポートフォリオのバックログがあるパフォーマンスの向上 web access ナビゲーション中に
  • Visual Studio の web アクセスを使用し、タグを照会できます。
  • Visual Studio での作業項目にタグを適用できます。
  • 新しいタグを追加できるユーザーを指定するには、アクセス許可を設定します。
  • REST API では、作業項目のトラッキングのタグ付けに使用します。
  • Team Foundation Server 用の Excel アドインでタグを編集できます。
  • 非稼働日を構成することができ、バーンダウンのグラフから除外されるこれら。
  • 開始日の累積的なフロー図を構成できます。
  • プロジェクトやチームのホームページに軽量のグラフを固定することができます。
  • 軽量のグラフの色をカスタマイズできます。
  • プロジェクトとチームのホーム ページの外観が更新されました。
  • Gittools、(非難) の注釈ビューに更新されました。元に戻すまたは修正、コミット、複数のリモートをプッシュして、実行時間の長い操作をキャンセルする Git ツールを使用することもできます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
テスト ツール
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • テスト担当者およびテスト ・ リードをエクスポートする機能は、電子メールや印刷物としてそれらを送信することができますように、成果物をテストし、TFS へのアクセスを持っていない関係者と共有を提供します。
  • テスト担当者に提供および潜在顧客共有パラメーターを使用して 1 つの場所でのテストのパラメーター データを管理する機能をテストします。それ以降の変更データのパラメーターを 1 か所で更新でき、共有のパラメーターを参照するすべてのテスト_ケースが自動的に更新します。
  • アプリケーション情報サービスを使用してクラウドの負荷をテスト中にテスト対象のアプリケーションから、既定のパフォーマンス カウンターのセットを表示できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual Studio の 2013 のセッションログ 1.0 RTM
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • セッションログは、ブラウザーやホスト上で実行される JavaScript アプリケーションの大規模なクロスプラット フォームの作成を簡単に、オープン ソースの言語です。セッションログは JavaScript の普遍性と柔軟性の高い、動的ランタイムの上に、厳密に型指定された言語の利点を開発者に提供します。セッションログ、プレーンな JavaScript、worksseamlessly に対して存在する JavaScript のツールとライブラリをコンパイルして、既存のアプリケーションとサイトを簡単に統合する JavaScript の型のスーパー セットです。セッションログのネイティブ型 andclass ベース モジュール式プログラミング モデルのスケーラビリティと早期のエラー検出および強化ツールの生産性向上を有効にします。強化のツールには、IntelliSense、コードのリファクタリング、およびナビゲーションのコードが含まれます。セッションログの詳細についてを参照して、セッションログの web サイト.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual C++
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • 一部の C++ コンパイラのクラッシュおよび言語の準拠の問題が解決されました。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual Studio IDE
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • 今すぐ他の分岐から変更を受信した CodeLens を使用してコード エディターで表示できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
マイクロソフト Azure ツール
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Windows ストア、Windows Phone、iOS および Android デバイスは、テストの通知メッセージを送信して、リアルタイムで結果を確認する、Microsoft Azure 通知のハブを使用できます。
  • Visual Studio にログインするときに、(するがまだ行っていない) 場合、Microsoft Azure MSDN 特典を有効に簡単にするためのオプションが表示されます。
  • できます Microsoft Azure モバイル サービスの .NET の新しいプロジェクトの作成、スキャフォールディングをプロジェクトに追加、ブレークポイントを設定、プロジェクトのデバッグ、Microsoft Azure に発行する最後に、公開されたサービスをリモートでデバッグします。
  • マイクロソフト Azure リソースを使用するには、開発、テスト、およびアプリケーションを配置します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Windows Phone
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Visual Studio の 2013年更新 2 Windows Phone 8.1 および Windows Phone 8 Windows または 2013年の Visual Studio の Professional、プレミアム、究極のエディションの Visual Studio Express 2013 を使用してアプリケーションおよびゲームの開発に使用できる、フル機能を備えた開発環境を提供します。これらのツールはマネージ コード、ネイティブ コード、または HTML と JavaScript のアプリケーションを構築するのに、既存のプログラミングのスキルとコードを使用できます。さらに、複数のエミュレーターとその他のツールのプロファイルや、実際の条件下では、Windows Phone アプリケーションをテストする更新プログラムが含まれます。詳細についてを参照して、 Windows Phone デベロッパー センター.
  • Windows ストアのアプリケーションおよび Windows Phone アプリケーション間でコードを共有している汎用のプロジェクトを作成できます。詳細についてを参照してください。 Windows および Windows Phone を対象にしたアプリケーションを開発します。.
  • Visual Studio の 2013年を使用して作成し、ストアの Windows Phone アプリケーションをコード化された UI テストを実行できます。
  • 2013年更新 2 の Visual Studio を使用して、Windows Phone ストア アプリケーションと Silverlight の Windows Phone アプリケーションに対して単体テストを実行および作成できます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

修正された問題

メモ 特に指定のない限り、リンク アイテムが接続する Microsoft web ページを移動します。

コード分析
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Visual Studio 2013年コード分析チェックインの policyis の web サイトで期待どおりに発生しません。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
IntelliTrace
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • IntelliTrace が有効な場合、カスタム イベント ハンドラーに、Security.VerificationException エラーが発生します。
  • IntelliTrace ファイルを読み込むときに、Visual Studio がクラッシュします。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual C++
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Windows ドライバー キット (WDK)、およびコンピューターにインストールされている Visual Studio の 2013年更新 2 があると仮定します。Visual Studio の 2013年開きユニバーサル Visual C++ プロジェクトを作成します。コンパイルして、プロジェクトをデバッグするには、f5 キーを押すと、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    このようなインターフェイスがサポートされていません (HRESULT からの例外: 0x80004002 (場合))
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual Studio IDE
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Visual Studio の内部 web ブラウザーを使用して web ページを開く JavaScript エラーが発生します。
  • タブが開かれません正しくソリューションがデザインとコードの両方のビューを開く必要がある場合。
  • アカウントの設定] ダイアログ ボックス Visual Studio が、オンラインのライセンスをダウンロードするときに「ライセンスの有効期限は 2147483647 の日」のメッセージを表示します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Web プラットフォームとツール
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Web アプリケーションで新しい URL ピッカーを使用する場合は、それが正しく入力されません Url が始まるときに「.」.
  • SSL (https) URL で有効になっている web プロジェクトのf5 キーまたは ctrl キーを押しながらf5 キーを押すと、信頼されていない、または自己署名入りの証明書を継続する場合は、Internet Explorer によって求められます。
  • DevSense の PHP エディターをインストールするときに、PHP のアウトライン領域を失う可能性があります。
  • Visual Studio のクラッシュ afteryoupressを [web 参照のプロパティ ページ ダイアログ ボックスを閉じるには、ctrl キーを押しながらF4が発生する可能性があります。
  • 生成された HTML スクリプト ドキュメントを含むプロジェクトを開くことを想定しています。電話エミュレーターでは、プロジェクトをデバッグするときに、エラーが発生します。
  • プロジェクトを発行または localhost「\\」のような相対 URL を使用してプロファイルを発行する FTP を持っているプロジェクトを開くしようとすると、Visual Studio がクラッシュするか」と.」
  • 高速の Web の Web の基礎を有効にします。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
マイクロソフト Azure
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • X86 ベースのコンピューターで Visual Studio 2013年を使用して、Microsoft Azure のモバイル サービスの新しいプロジェクトを作成できません。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed


既知の問題

エンティティのフレームワーク
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


現象

既存のエンティティ フレームワークの 5 モデルを開いたときに (。EDMX ファイル) エンティティ フレームワーク 6.0.2 または 6.1.0 ツールを Visual Studio 2012 または 2013 の Visual Studio を使用するには、次のエラー メッセージが表示します。
読み込むことができません 'ファイル名.edmx': 指定のキャストが有効ではありません。

この問題は、 10 進型のパラメーターを持つ関数のインポート、問題のモデルに含まれている場合にのみ発生します。

影響を受けるバージョン

この問題は Visual Studio の次のエンティティ フレームワークのツールのリリース バージョンに影響します。
  • Visual Studio 2012 のエンティティ フレームワーク 6.0.2 のツール
  • エンティティ フレームワーク 6.0.2 ツールを Visual Studio の 2013
  • Visual Studio 2012 のエンティティ フレームワーク 6.1.0 のツール
  • エンティティ フレームワーク 6.1.0 ツールを Visual Studio の 2013
エンティティ フレームワークのツールは Visual Studio 2012 の Visual Studio の 2013、Microsoft ダウンロード センターから更新したか、Visual Studio 2013年更新 1 または 2 の更新プログラムをインストールした場合、デザイナーのバージョンは、使用している場合は、この問題。

Entity Framework モデルには、関数のインポートが含まれていない場合は、 10 進型のプロパティを含むオブジェクトを取得するストアド プロシージャをこの問題は発生しません。

原因

デザイナー キャストしない値バイトを正しくパラメーターの有効桁数と小数点部桁数のファセットのため、この問題が発生します。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 6.0.0 へのあなたの設定を元に戻す、エンティティ フレームワークのツールのバージョン

    これを行うにしているが、[プログラム] ウィンドウを使用して新しいツールのいずれかのバージョンを手動でアンインストールする必要があるし、6.0.0 を再インストールし、バージョンします。Visual Studio 2012 ののため、マイクロソフト ダウンロード センターで検索することができます。

    Visual Studio 2012 のエンティティ フレームワーク 6.0.0 のツール

    Visual Studio の 2013、EFTools.MSI および EFTools.cab ファイル Visual Studio セットアップ パッケージに含まれて最初。したがって、する、6.0.0 に戻すことができ、それらをアンインストールし、Visual Studio を修復するか、Visual Studio のセットアップのメディアで MSI インストーラーを見つけることによって、ツールのバージョン。
  • エディターで、EDMX ファイルを変更します。

    別の回避策は、テキストまたは XML エディターを使用して、EDMX ファイルを手動で変更が必要です。
    注: 元の EDMX ファイルのバックアップ コピーを作成し、ように、追加の変更が無効になることを引き起こす可能性があることを確認します。

    適用される変更が<parameter></parameter>のいずれかの要素<function></function>(ストアド プロシージャ、関数のプロパティなど) の内部、<edmx:StorageModels></edmx:StorageModels>とも呼ばれます、EDMX のSSDLセクションのセクション。変更は、 decimal型は、 CSDLセクションで、対応する関数のパラメーターをインポートするすべてのパラメーターをマップすることになっていることを確認します。例えば、次の関数があるとします。
    <Function Name="Product_Insert" Aggregate="false" BuiltIn="false" NiladicFunction="false" IsComposable="false" 
    ParameterTypeSemantics="AllowImplicitConversion" Schema="dbo">
                   <Parameter Name="Id" Type="int" Mode="In" />
                   <Parameter Name="Name" Type="int" Mode="In" />
                   <Parameter Name="Price" Type="numeric" Mode="In" />
    </Function>
    価格のパラメーターを次のように変更するのには。
    <Parameter Name="Price" Type="numeric" Mode="In" Precision="8" Scale="4" />
    注: 精度またはスケールに割り当てられている実際の数値はこの場合重要いないです。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Visual Studio IDE
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Visual Studio IDE では、既知の問題のためこの更新プログラムを適用した後、次のサポート技術情報」資料を移動します。
    2954109 Visual Studio の 2013年アップデート 2 をインストールした後、ソリューション プラットフォームのドロップ ダウン リストが表示されていません。

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
Windows Phone
元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  • Windows Phone 8、Windows Phone の Silverlight 8.1、および Silverlight アプリケーションを Visual Studio チーム ビルドはビルドできません。

    この問題を回避するには、x86 の MSBuild のツール セットを使用してビルドするプロジェクトを設定します。TFS では、MSBuild プラットフォームのオプション自動から Team Build の構成ウィザードの [プロセス] セクションで、x86 に変更します。詳細についてを参照してください。 このブログの投稿.
  • 次のシナリオについて考えてみましょう:
    • Windows 7 または Windows 8 を実行しているコンピューターに Visual Studio の 2013年アップデート 2 をインストールしました。
    • Windows は Windows 8.1 にアップグレードします。
    • 8.1 の Windows Phone プロジェクトを作成し、ビルドします。
    このシナリオでは、ビルドまたはパッケージのエラーが表示されます。

    この問題を解決するには、Visual Studio の 2013年を修復します。
  • 共有プロジェクトからのファイルの削除が正しく検出されないを Team Foundation バージョン管理。ファイルは、共有のプロジェクトから削除されますが、Team Foundation バージョン管理からファイルは削除されません。

    問題を解決するには、手動でファイルを削除、サーバーからソース管理エクスプ ローラーを使用しています。
  • Team Foundation バージョン管理を共有プロジェクトからソリューション内の別のプロジェクトへのファイルが移動された場合、保留中の変更が、ソリューションを取り消すことはできません。後、元に戻すには、ファイルのエントリは戻されますを共有プロジェクトにします。ただし、ファイルはディスクから不足しているがあります。

    問題を解決するには、Team Foundation バージョン管理から最新のファイルを取得することにより、ディスク上のファイルを復元します。
  • Visual Studio 2013年更新 2、単体テストに C++ Silverlight 8.1 のアプリケーションはサポートされていません。Silverlight 8.1 を既存の Silverlight 8.0 の C++ 単体テスト プロジェクトの対象を変更して、ビルド操作が失敗すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー: AppManifest の検証に失敗しました。WMAppmanifest.xml に無効な AppPlatformVersion
  • Windows Phone の 8.1 の C++ アプリケーションを開発するときにデバッグ対象のドロップダウン リストで、デバイスのオプションが表示されません。
    をデバイスに展開するには、Visual Studio ツールバーの [ソリューション プラットフォームのドロップ ダウン リストを使用してビルド構成を"ARM"を変更すること最初する必要があります。
  • Microsoft Visual Studio 2013年更新 2 では、JavaScript の共有プロジェクトの名前を変更する場合は、共有のプロジェクトをインポートするプロジェクトの [参照設定] ノードは、プロジェクト名には更新されません。
  • 場合は、コンピューターに Windows Phone 8.0 ソフトウェア開発キット (SDK) をインストールしないと、Visual Studio 2013年のブレンドは Silverlight 8.1 の Windows Phone プロジェクトの操作は表示されません。
  • Visual Studio の体字中国語の言語パックを使用するいると仮定します。HTML と JavaScript を使用して、Windows ストアまたは Windows Phone アプリケーションをビルドするときに、IntelliSense の提案WinJS Api に用意されている英語のテキストが表示されます。
  • Windows 8 にインストールされている 2013年更新 2 の Visual Studio、および Windows Phone 8.0 のツールであることを想定しています。8.1 の Windows Phone エミュレーターを使用できます。このような場合に、f5 キーを押して、8.0 の Windows Phone アプリケーションを実行できません。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。
    Windows Phone エミュレーターに仮想マシンが実行されていることを確認することはできません。

    'LocBootPresets' の DLL を読み込むことができません: 指定されたモジュールが見つかりませんでした。(HRESULT からの例外: 0x8007007E)
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

詳細

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされている言語

2013年更新プログラムの Visual Studio の 2年は、次のバージョンの更新プログラムを提供します。
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • チェコ語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • スペイン語
  • トルコ語

サポートされているオペレーティング システム

サポートされているオペレーティング システムの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Visual Studio の 2013年のプラットフォームの互換性とシステム要件

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x64) (WOW)

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 1 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

ソフトウェア要件

この更新プログラムを適用するにはインストールされている、「対象製品」にセクションに記載されているサポートされている Visual Studio の 2013 プログラムのいずれか必要です。

Visual Studio の 2013年更新 2 のサポート

Visual Studio の 2013年更新 2 の非公式なコミュニティ サポートは、 Microsoft Developer Network (MSDN) のフォーラム.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

プロパティ

文書番号: 2927432 - 最終更新日: 2014年7月3日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio Ultimate 2013
  • Microsoft Visual Studio Professional 2013
  • Microsoft Visual Studio Premium 2013
  • Microsoft Visual Studio Express 2013 for Web
  • Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows
  • Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop
キーワード:?
kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced atdownload kbmt KB2927432 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2927432
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com