Excel でグラフ ウィザードを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 304421
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Excel でグラフ ウィザードを使用してグラフを作成する方法について説明します。

グラフを作成します。

グラフを作成するには、まずデータ グラフを Excel ワークシートに入力する必要があります。そのデータを選択し、グラフ ウィザードを使用して、グラフの種類とグラフのさまざまなグラフ オプションを選択する手順をします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Excel を起動し、ブックを開きます。
  2. グラフに表示するデータを含むセルを選択します。
  3. で、 挿入 メニューをクリックして グラフ グラフ ウィザードを開始します。
  4. で、 グラフ ウィザード - 1/4 - グラフの種類 ダイアログ ボックスで、グラフに使用するグラフの種類を指定します。これを行うには、次のいずれかの操作を行います。
    • クリックして、 標準の種類 タブします。Excel 標準のグラフの種類のいずれかを選択すると、データがどのように表示されるは、サンプルを表示するには、グラフの種類をクリックして、表示、および、クリックするグラフのサブタイプをクリックします。 キーを押すし、サンプルを表示.

      グラフの種類を選択するには、グラフの種類] をクリック、しをクリックして、[グラフのサブタイプをクリックします。 次へ.
    • クリックして、 カスタムの種類 タブします。組み込みのユーザー設定のグラフの種類を選択するのには、独自のグラフの種類を作成するをクリックします。 ユーザー定義 または 組み込み.クリックして、[グラフの種類を選択します。 次へ.
  5. で、 グラフ ウィザード - 2/4 - グラフの元データ ダイアログ ボックスは、データ範囲と系列、グラフ内の表示方法を指定できます。

    グラフのプレビューする方法を表示する場合をクリックします。 次へ.

    データ範囲またはグラフの系列を変更するには、次のいずれかをクリックすると 次へ.
    • で、 データ範囲 タブをクリックして、 データ範囲 アドレスを追加して、ワークシート上で目的のセルを選択します。
    • 行または列に表示される一連のかどうかを指定します。
    • で、 シリーズ タブで追加し、削除または名前と、グラフの各系列の値を使用するワークシートの範囲を変更します。
  6. で、 グラフ ウィザード - 3/4 - グラフ オプション 6 つのタブで、グラフ オプションの設定のいずれかを選択するとダイアログ ボックス、詳細グラフの外観を変更できます。これらの設定を変更すると、組織図が目的どおりになっているかどうかを確認するのには、プレビューのグラフを表示します。

    必要なグラフ オプションを選択したらをクリックします。 次へ.
    • で、 タイトル タブを追加したり、グラフ タイトルと軸ラベルを変更します。
    • で、 タブは、グラフの主軸の表示オプションを設定できます。
    • で、 グリッド線 タブ、表示または目盛線を非表示にすることができます。
    • で、 凡例 タブの [グラフに凡例を追加することができます。
    • で、 データ ラベル タブの [グラフのデータ ラベルを追加することができます。
    • で、 データ テーブル タブ、表示またはデータ テーブルを非表示にすることができます。
  7. で、 グラフ ウィザード - 4/4 - グラフの場所 ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行って、グラフを配置する場所を選択します。
    • クリックしてください。 新しいシート 新しいシートとしてグラフを表示します。
    • クリックしてください。 内のオブジェクトとして シート内のオブジェクトとして、グラフを表示します。
  8. クリックしてください。 終了日.

グラフの外観を変更します。

グラフを作成した後は、必要なように見えるように、グラフ設定を変更できます。これを行うには、グラフを右クリックし、次のいずれかをクリックしてください。
  • グラフの種類: これにより、グラフの種類を変更することができます。
  • ソース データ: この場合、データ範囲またはワークシートの範囲は各データ系列をグラフに変更できます。
  • [グラフのオプション: これにより、さまざまなグラフ オプションを設定できます。
  • 場所: これにより、グラフが表示される場所を変更できます。
さらに、Excel は、複数のグラフをカスタマイズすることができる多くの書式設定オプションを提供しています。その特定のアイテムを変更するのには、グラフのさまざまな要素をダブルクリックすることができます。ダイアログ ボックスが表示され、その外観を変更するのには、グラフ アイテムに固有の設定を選択することができます。たとえば、色、罫線、および塗りつぶしの効果を各種のグラフ要素に適用、グラフ アイテムに画像を追加、数]、および [軸の書式設定を変更および、フォント、サイズ、およびグラフ内の文字列の配置を変更します。

関連情報

グラフの種類の詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 グラフの種類の例 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。
ユーザー設定のグラフの種類の詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 独自のグラフの種類を確認します。 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。
Microsoft Excel で利用可能なグラフの種類の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
211960既定およびユーザー定義のグラフの種類を設定します。
211951 Excel の組み込みのグラフの種類の概要
Excel でグラフを作成する方法の詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 グラフについて Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。
Microsoft Excel でのグラフの作成の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
211960既定およびユーザー定義のグラフの種類を設定します。
213929 Excel 2000 では、1 つの積み上げ縦棒グラフまたは横棒グラフの 1 つを作成する方法
214011 Excel で 2 つの y 軸に縦棒グラフを作成する方法
213928 Excel 2000 で 1 つに 2 つの円グラフを作成する方法
213930 ベル曲線グラフを作成する方法
214240 グラフの用語の用語集
Excel でのグラフの書式設定の詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 グラフの書式設定について Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。
Excel でグラフのカスタマイズの詳細についてをクリックします。 Microsoft Excel のヘルプ で、ヘルプ メニューの種類 グラフをカスタマイズする方法 Office アシスタントまたはアンサー ウィザードとクリックで 検索 トピックを表示します。

プロパティ

文書番号: 304421 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB304421 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:304421
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com