バック グラウンドのプログラムが、ゲームまたはプログラムに干渉しているかどうかを確認するには、クリーン ブートを実行します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 331796 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ゲームやプログラムでは、バック グラウンドのプログラムが干渉しているかどうかを判断できるように、最低限のドライバーおよびスタートアップ プログラムを使用してコンピューターを起動する方法について説明します。このような起動は、「クリーン ブートします」と呼ばれますこの資料は o を使用することができます説明アプリケーションまたはサービスの競合のトラブルシューティングを行います。

場合 Windows が自動的に、通常のスタートアップ、いくつかのアプリケーションおよびサービスの開始を使用して、バック グラウンドで実行を起動します。これらのプログラムには、基本的なシステム プロセス、ウイルス対策ソフトウェア、システム ユーティリティのアプリケーション、および以前インストールされていたその他のソフトウェアが含まれます。これらのアプリケーションとサービスをインストールまたはマイクロソフト フライト シミュレータ X」や「街 & トリップ 2010 などのプログラムを実行すると干渉可能性があります。

この資料は、初級レベル中級レベルのコンピューター ユーザーからのことです。

この資料を最初に印刷すると、手順を追いやすいでしょう。

解決方法

前提条件

この資料に記載の方法のいずれかを実行する前に、次の要件を確認してください。
  • 管理者として、またはのこの資料で説明したメソッドを実行するのには、Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。もしこれがあなたのパソコンである場合には、すでに管理者アカウントでログオンしている可能性があります。職場のネットワークの一部であるコンピューターの場合は、システム管理者に問い合わせてする必要があります。Windows にコンピューターの管理者で、ユーザー アカウントをログオンすることを確認するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/gp/admin
  • コンピューターでどのバージョンの Windows を実行しているか知っておく必要があります。実行している Windows のバージョンを確認するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/gp/admin

前に知っておくべきことは、クリーン ブートを実行します。

  • クリーン ブートを実行すると、一部のサービス一時的に機能が失われる可能性があります。設定を復元すると、機能が復元されます。ただし、元のエラー メッセージや動作返すことがあります。
  • コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定によりクリーンな再起動プロシージャを完了できない可能性があることに注意してください。クリーン ブートを実行できない場合は、システム管理者に問い合わせてくださいする必要があります。

クリーン ブートを実行する方法

手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。

クリックしてください。 スタート
元に戻す画像を拡大する
[スタート] ボタン
]msconfig 続いて 検索を開始します。 ボックスをオンにし、ENTER キーを押します。

元に戻す画像を拡大する
ユーザー アカウント制御の許可
管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力または確認を提供します。

手順 2: [スタートアップのオプションを構成します。

  1. で、 システム構成ユーティリティ ダイアログ ボックスをクリックしてスタートアップのオプション で、 一般的な タブします。
  2. クリックしてオフにしますを [スタートアップの項目を読み込む チェック ボックスします。
    元の Boot.ini を使用します。 チェック ボックスが利用可能です。
  3. クリックして、 サービス タブします。
  4. オンにし、Microsoft サービスを全て隠す チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。すべて無効にします。プロパティ ].
  6. ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします 再起動.

手順 3: 問題が解決したかどうかを確認します。

  • コンピューターを起動した後、影響を受けるゲームまたは問題が解決したかどうかを確認するのには、プログラムを起動します。
  • 再起動後、問題は発生せず、干渉がバック グラウンドのプログラムまたはサービスが実行されています。ここでは、「何が問題の原因を決定する」のセクションを参照してください。
  • 発生は、クリーン ブートを実行すると問題が再発する場合は、干渉、バック グラウンドのプログラムまたはサービスが原因していません。ここでは、この資料が問題を解決できません。コンピューター スタートアップ モードを元に戻すときに、「Windows を通常の起動モードに戻す方法」を参照してください。その後、「次の手順」セクションのに役立つその他リソースをこの問題を解決する移動します。

何が問題の原因を決定します。

手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。

クリックしてください。 スタート
元に戻す画像を拡大する
[スタート] ボタン
]msconfig 続いて 検索を開始します。 ボックスをオンにし、ENTER キーを押します。

元に戻す画像を拡大する
ユーザー アカウント制御の許可
管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力または確認を提供します。

ステップ 2: サービスの項目の半分を有効にします。

  1. クリックして、 サービス タブをクリックし、を選択する] をクリックします。 Microsoft サービスを全て隠す チェック ボックスします。
  2. 半分のチェック ボックスをオンにし、 サービス リストです。
  3. クリックしてください。 ].
  4. ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします 再起動.

手順 3: 問題が解決したかどうかを確認します。

  • コンピューターを再起動すると問題が解決しない場合は、次の手順を実行します。
    1. 繰り返し手順 1 と手順 2 で、手順 2 を除いてをクリックしてのチェック ボックスの半分をオフにするのには、 サービス リストで最初に選択します。
    2. 別の再起動後にまだ問題が発生した場合は、この問題が発生すると 1 つのサービスが実行されるまで残りのチェック ボックスの半分をオフにするをクリックします。
    3. 再起動後、問題は発生せず、チェック ボックスの選択を逆にします。この問題が発生したときに実行している 1 つのサービスを特定することができますは、この手順を繰り返します。
  • コンピューターの再起動後、問題は発生しませんには、次の手順を実行します。
    1. ステップ 1 とステップ 2 を除いては、手順 2 でを再実行し、オフにしたチェック ボックスの半分をオンにします。
    2. 別の再起動後引き続き問題が発生していない場合は、オフにしたチェック ボックスの半分をもう一度選択します。すべてのチェック ボックスを選択し、まだ発生しませんするまでこの手順を繰り返します。
    3. 再起動後に問題が発生する場合は、最後に選択したチェック ボックスのうちの半分をクリックしてオフにします。この問題が発生したときに実行している 1 つのサービスを特定することができますは、この手順を繰り返します。
この問題が発生すると、選択されている 1 つのサービスを特定することができる場合は、そのサービスが問題の原因とされます。任意のサービスをこのように分離することはできない場合は、スタートアップ項目、問題の原因があります。

サービスが問題を引き起こしていることを確認する場合は、手順 6 を参照してください。サービスが問題を引き起こしていないことを確認する場合は、手順 4 に進みます。

手順 4: スタートアップ項目の半分を有効にします。

  1. システム構成ユーティリティを起動します。これを行うには、手順 1 を参照してください。
  2. クリックして、 スタートアップ タブをクリックし、半分のチェック ボックスをオンにします、 スタートアップ リストです。
  3. クリックしてください。 ].
  4. ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします 再起動.

手順 5: 問題が解決したかどうかを確認します。

ステップ 4 を完了すると、オフにします、 Microsoft サービスを全て隠す チェック ボックスします。今していることから、ステップ 3 では、手順、 スタートアップ 一覧表示ではなく、 サービス リストです。

手順 6: 問題を解決します。

スタートアップ項目またはサービスが問題の原因を特定したら、問題が解決することができるかどうかを確認するのには、プログラムの製造元に問い合わせてください。または、システム設定ユーティリティを実行し、問題のある項目のチェック ボックスをオフにします。

Windows を通常の起動モードに戻す方法

コンピューターをクリーン ブート モードであるとき問題が発生する場合は、[干渉バック グラウンドのプログラムが発生していますありません。ここでは、コンピューターが通常の起動モードに戻る標準の起動モード デバイス ドライバーとサービスのすべてをロードして、通常の方法で Windows を起動します。

問題この資料に記載されているトラブルシューティングの手順のいずれかの中にある場合は、設定を元に、サービスを取得する場合は、[標準の起動モードに Windows を再起動することも。

注意
  • 分離し、影響するプログラムまたはサービスを無効にする場合は、コンピューターを通常の起動モードに戻すそのアプリケーションまたはサービスことができます。また、元のエラー メッセージや動作再度発生します。
  • 「何が問題の原因を決定する」のセクションの手順を実行を通常の起動モードにコンピューターを取得する必要はありません。これは、すべてのサービスは既にそのセクションでの手順を実行して有効にしているためにです。
コンピューターを通常起動モードに戻すには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    続いて 検索を開始します。 ボックスです。
  2. 種類msconfig、し、ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力または確認を提供します。
  3. で、 一般的な タブをクリックしてください 標準の起動 - デバイス ドライバーとサービスをすべて読み込みますプロパティ ].
  4. ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします 再起動.
この資料の方法で問題が解決しない場合は、役立つ可能性のあるその他のリソースについては、「次の手順「」に進みます。

次のステップ

さらにヘルプが必要な場合は、他のソリューションを検索するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスの Web サイトを参照してください。この Web サイトは、次のサービスを提供します。
  • マイクロソフトの回答 (http://answers.microsoft.com/en-us/windows/default.aspx): ピアとはマイクロソフト最も貴重な専門家 (Mvp) の相互作用します。
  • ソリューション ・ センター (http://support.microsoft.com/select/?target=hub): 製品別のよく寄せられる質問 (FAQ) と重要なサポートします。
  • サポート技術情報検索 (http://support.microsoft.com/search/?adv=1): 技術サポート情報とセルフヘルプ ツールについてマイクロソフト製品を検索します。
  • その他のサポート オプション (http://support.microsoft.com/default.aspx?pr=csshome): Web を使用して、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせくださいまたはフィードバックを提供する、質問を投稿します。

プロパティ

文書番号: 331796 - 最終更新日: 2013年4月5日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Flight Simulator X
  • Microsoft Flight Simulator X Standard
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア II 拡張パック : 覇者たちの光陰
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア II : ゴールド エディション
  • マイクロソフト エイジ オブ エンパイア III
  • エイジ オブ エンパイア III: ザ ウォーチーフ
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー ゴールド エディション
  • マイクロソフト エイジ オブ ミソロジー 拡張パック : アトランティスの巨神たち
  • Microsoft Autoroute 2007
  • Microsoft Bicycle Board Games 1.5
  • Microsoft Bicycle Card Games 1.0
  • Microsoft Bicycle Casino Games 1.5
  • マイクロソフト コンバット フライト シミュレータ 3
  • マイクロソフト コンバット フライト シミュレータ 2
  • マイクロソフト コンバット フライト シミュレータ
  • マイクロソフト クリムゾン スカイ
  • Microsoft Digital Image Album 2006
  • Microsoft Digital Image Starter Edition 2006
  • Microsoft Digital Image Pro 2006
  • マイクロソフト ダンジョン シージ
  • マイクロソフト ダンジョン シージ 拡張パック : アランナの伝説
  • マイクロソフト ダンジョン シージ 2
  • Microsoft エンカルタ 総合大百科 2007
  • フェイブル : ロスト チャプター
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2004 翼の創世紀
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2002 スタンダード エディション
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2002 プロフェッショナル エディション
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2000 スタンダード エディション
  • マイクロソフト フライト シミュレータ 2000 プロフェッショナル エディション
  • Microsoft Freelancer
  • Microsoft Gears of War (PC)
  • マイクロソフト へイロー コンバット エボルヴ
  • Microsoft Impossible Creatures
  • マイクロソフト リンクス 2001 スタンダード エディション
  • Microsoft Links 2003
  • Microsoft Links 2003 Championship Edition
  • Microsoft MapPoint 2006 Standard Edition
  • Microsoft MechCommander 2
  • Microsoft MechWarrior 4:Black Knight
  • Microsoft MechWarrior 4:Mercenaries
  • Microsoft MechWarrior 4:Vengeance
  • マイクロソフト ミッドタウン マッドネス
  • マイクロソフト ラリースポーツ チャレンジ
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜 : ゴールド エディション
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション : ライズ オブ レジェンド
  • マイクロソフト ライズ オブ ネイション 〜民族の興亡〜 拡張パック : 皇帝と革命軍
  • マイクロソフト シャドウラン
  • Microsoft Streets & Trips 2008
  • Microsoft Streets & Trips 2008 Real Time
  • Microsoft Streets & Trips 2008 with GPS Locator
  • Microsoft Streets & Trips 2007
  • Microsoft Streets & Trips 2007 with GPS Locator
  • Microsoft Streets & Trips 2006
  • Microsoft Student with Encarta Premium 2007
  • マイクロソフト あつまれ!ピニャータ
  • マイクロソフト ズー タイクーン 2
  • マイクロソフト ズー タイクーン コンプリート エディション
  • Microsoft Zoo Tycoon:Dinosaur Digs 1.0
  • Microsoft Zoo Tycoon:Marine Mania
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Zoo Tycoon 2: African Adventure
  • Microsoft Zoo Tycoon 2: Dino Danger
  • Microsoft Zoo Tycoon 2: Endangered Species
  • Microsoft Zoo Tycoon 2: Marine Mania
  • Microsoft MapPoint 2009 North America
  • Microsoft MapPoint 2009 North America with GPS Locator
  • Microsoft Streets & Trips 2009
  • Microsoft Streets & Trips 2009 with GPS Locator
  • Microsoft エンカルタ 総合大百科 2009
  • Microsoft Student with Encarta Premium 2009
  • Microsoft Fable III for PC
キーワード:?
dftsdahomeportal kbresolve kbexpertiseinter kbnomt kbceip kbsetup kbarttypeshowme kbhowto kbinfo kbmt KB331796 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:331796
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com