文書番号: 827315 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次の現象のいずれか、または複数が発生する場合があります。
  • コンピューターの起動時、または何分間もアイドル状態になった時、インターネット ブラウザーが開いて web サイトの広告を表示する。
  • ブラウザーを使用して web サイトを閲覧しているとき、ブラウザーの別インスタンスが開き、webサイトの広告を表示する。
  • Web ブラウザーのホーム ページが突然変わる。
  • Web ページが勝手にお気に入りフォルダーに追加される。
  • web ブラウザーに勝手に新しいツール バーが追加される。
  • プログラムを起動することができない。
  • プログラムでリンクをクリックしても、リンクが機能しない。
  • お使いの web ブラウザーが突然終了する、または応答を停止する。
  • コンピューターを開始、または再開するのに通常よりずっと時間がかかる。
  • Windows のコンポーネント、または他のプログラムが動作しなくなる。

原因

「grayware」として知られているスパイウェアなどの不正なソフトウェアがコンピューターにインストールされている可能性があります。この種のソフトウェアは、インストールしようとするソフトウェアに含まれているか、ダウンロードした web コンポーネントに含まれている場合があります。

解決方法

この問題を解決するには、不正なソフトウェアを識別し、コンピューターから削除します。これを行うには、次のいずれか、またはすべての方法を使用します。

メモ Microsoft Windows にはバージョンが複数あるため、コンピューターによって次の手順が異なる場合があります。その場合は、製品のマニュアルを参照して次の手順を完了してください。

メモ Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 といったシステムの復元機能を持つオペレーティング システムを使用している場合は、次の手順を実行する前に、有効な復元ポイントを設定しておくことをお勧めします。変更を加えたくない場合、復元ポイントを使用すると、変更を加える前のコンピューター構成を復元することができます。

メモ 不正なソフトウェア プログラムは標準的なインストールの実行方法に従っていない場合があります。そのため、次の手順に記載されている場所でソフトウェアが見つからない場合があります。

コントロール パネルの [プログラムと機能] 項目を使用します。

  1. 開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. プログラムをクリックし、[プログラムと機能] をクリックします。
  3. [プログラムのアンインストールまたは変更] ボックスの一覧で、見覚えのないプログラムや、不要な動作の原因となっているプログラムに似た名前を持つプログラムを見つけます。

    メモ 見慣れない名前を持つプログラムの中には、不正なソフトウェアではないものもあります。メーカーによりあらかじめインストールされていたプログラムである場合もありますし、コンピューターにインストールした他のソフトウェアの重要なコンポーネントである場合もあります。コンピューターからプログラムを削除する際には、注意を払うことをお勧めします。
  4. 削除するプログラムをクリックし、[アンインストール] をクリックします。画面に表示される指示に従ってプログラムを削除します。コンピューターを再起動する必要がある場合があります。

付属の削除プログラムを使用します。

削除するプログラムが [プログラムと機能] に表示されていない場合は、組み込みの削除プログラムを使用してプログラムを削除できる場合があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。
  2. 次のフォルダーを見つけて選択します。
    C:\Program Files (x86)
    C:\Program Files
    メモ 次のフォルダーは 64 ビットのオペレーティング システムを実行しているコンピューターにしか存在しません。
    C:\Program Files (x86)
  3. これら両方のフォルダー内から、削除したいプログラムの名前、または削除するプログラムが含まれている可能性があるプログラムの名前を持つフォルダーを検索します。
  4. 開いている、専用フォルダー、し、プログラムを削除します (ファイルが存在する) 場合、プログラムの「アンインストール」のファイルをクリックします。Uninst.exe、アンインストール、またはアンインストールのファイルの名前などがあります。 専用.
  5. 指示に従ってプログラムを削除します。
メモ 問題のプログラムのフォルダーが見つかっても、「Uninstall」ファイルが見つからない場合は、そのフォルダーやフォルダーの中身を削除しないようにしてください。フォルダーまたはそのフォルダーの中身を削除すると、コンピューターのパフォーマンスと動作に悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、Windows が起動しない、プログラムが起動しない、またはプログラムが実行を停止する場合があります。

ウイルス対策ソフトウェアを使用します。

不正なソフトウェアの中には、何らかのウイルス対策プログラムによって削除できるものがあります。ただし、ウイルスとは異なるため、すべてのウイルス対策製品の製造元がこういったソフトウェアを検出または削除するとは限りません。不正なソフトウェアを削除する方法の詳細については、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

ウイルス対策ソフトウェアの製造元への問い合わせ方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
49500ウイルス対策ソフトウェア ベンダーの一覧

自動削除ツールを使用します。

不正なソフトウェアを削除することがでくツールの詳細については、次のマイクロソフト安全 & セキュリティ センターの web ページを参照してください。
http://www.microsoft.com/security/default.aspx

詳細

不正なソフトウェア、スパイウェア、および許可されていないアドウェアの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/security/pc-security/spyware-whatis.aspx
Microsoft のプライバシー ポリシーを表示するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://privacy.microsoft.com/
コンピューター保護に役立つ方法の詳細については、Microsoft Protect Your Computer web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/security/pc-security/protect-pc.aspx

プロパティ

文書番号: 827315 - 最終更新日: 2013年11月1日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Ultimate
    • Windows 7 Home Premium
    • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 R2 Standard
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Web Server 2008
  • Windows Vista Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Starter
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
    • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
    • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
    • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
    • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbpubtypekc kbwebbrowser kbprb kbmt KB827315 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:827315
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com