予期しない関数 (F1 〜 F12) を解決または他のマイクロソフトのキーボードの特殊キーの動作

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 894513 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

マイクロソフトのキーボードのファンクション キーを押すファンクション キーが正常に動作しません。または、特定のキーを押したときに機能しません。これらのキーは、次のとおりです。
  • NUMLOCK キー
  • INSERT キー
  • PRINTSCREEN キー
  • SCROLLLOCK キー
  • BREAK キー
  • F1 キー 〜 F12 ファンクション キー
メモ この資料の説明のみと resoved 装備されて、F LOCK 切り替えキーを他の種類の keyborad の問題をマイクロソフトのキーボードに問題がこの資料には適用されません。
元に戻す画像を拡大する
2774431


原因

この現象が発生するは、キーボードを装備で、F LOCK 切り替えキー、F LOCK キーがオンになっている場合。

キーボード モデルによっては、次のキーでは、代替のファンクション キーがあります。
  • NUM LOCK
  • INSERT
  • PRINT SCREEN
  • SCROLL LOCK
  • BREAK
  • F1 から F12 までの FUNCTION
代替のファンクション キー、F LOCK キーに切り替えます。代替のファンクション キーは、F LOCK 切り替えキーの状態によって 2 つの可能なコマンドを持つキーです。

回避策

この現象を回避するには、F LOCK キーをキーを押します。標準関数のキー コマンドと Microsoft の間で、F LOCK キー スイッチ キーボード コマンドを拡張します。

詳細

代替コマンド キー標準 F LOCK キーの上端行の 2 つのコマンド モードを提供することにより、キーボードの追加機能を提供します。

F LOCK キーおよび代替コマンド キーはのみ、特定のキーボード モデルで利用可能と利用可能な代替コマンドの種類は、キーボードのモデルによって異なります。

F LOCK キー、キーは、F1 や挿入などの前面にラベルが付けられている、標準コマンドと、キーはラベルありません可能性がありますまたは可能性のある代替コマンドを切り替えます。F LOCK ライトがオンの場合は、F LOCK キーがオンとこれらのキーには、標準のコマンドを実行します。F LOCK ライトがオフの場合、代替のコマンドが有効になって。作業に使用するモードを選択するか、F LOCK キー オンとオフを切り替える最も頻繁に使用するコマンドにアクセスします。

F1 〜 F12 ファンクション キーは代替の特殊なコマンドがあります。これらのキーは、拡張のファンクション キーと呼ばれます。拡張のファンクション キーは、生産性を高めることができますが頻繁に使用するコマンドにすばやくアクセスを提供します。これらのコマンドは、通常の上またはキーを印刷します。

次の表は、Microsoft キーボードの使用可能なデフォルト拡張機能キー割り当てを指定します。ただし、多くのキーを再割り当て、Microsoft IntelliType Pro のキーボード ソフトウェアを使用してできます。どのような追加のキーのキーボードとは異なるを提供します。たとえば一部のキーボードは電卓、ボリューム コントロール、インターネット ホーム ページ、インターネットの検索ページ、メール、およびなどのキーを提供します。

元に戻す全体を表示する
拡張のファンクション キーそれはどのような
閉じるF6: ドキュメントや、作業中のウィンドウで、ファイルを閉じます。
前方参照F8 キー: アクティブなウィンドウ内の電子メールを転送します。
関数ロック (F LOCK)スイッチは、標準関数のキー コマンド (F LOCK ライト) と Microsoft キーボードの拡張コマンド (F LOCK ライトのオフ)。増加のキーを押す機能またはオフ、またはモードを切り替えることにしておきます。
ヘルプF1: 作業中のウィンドウのヘルプ システムを開きます。
新しいF4: このコマンドをサポートするプログラムで新しいドキュメントを作成します。
オフィス ホームWeb ブラウザーを起動し、Microsoft Office Web サイトに移動します。(これはいないすべてのキーボードで利用可能な) です。
と入力してF5 キー: このコマンドをサポートするプログラムでドキュメントを開きます。
印刷F12: 作業中のウィンドウで、ファイルを印刷します。
やり直しF3: は、前回の元に戻す操作を取り消します。
返信作業中のウィンドウ内の電子メールに返信を F7: です。
保存F11: 作業中のウィンドウで、ファイルを保存します。
送信F9: 作業中のウィンドウで電子メールを送信します。
スペルF10 キー: ドキュメントのプログラムがこの機能、スペル チェック プログラムは、作業中の文書を開始します。
作業ウィンドウ表示または以前表示されていた Office 作業ウィンドウを非表示にします。(これはいないすべてのキーボードで利用可能な) です。
元に戻すF2: 直前の操作をキャンセルします。

キーボード用の最新ソフトウェアをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/hardware/downloads/default.mspx

プロパティ

文書番号: 894513 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • マイクロソフト インターネット キーボード プロ
  • Microsoft Multimedia Keyboard
  • マイクロソフト ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000
  • Microsoft Natural Keyboard Elite
  • マイクロソフト ナチュラル マルチメディア キーボード
  • Microsoft Reclusa
  • Microsoft Sidewinder X6 Keyboard
  • マイクロソフト ベーシック キーボード
  • Microsoft Wired Keyboard 200
  • Microsoft Wired Keyboard 600
  • マイクロソフト ワイヤード キーボード 500
  • Microsoft Wireless Keyboard 3000
  • マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 2000
  • Bluetooth Mobile Keyboard 6000
  • Microsoft Wired Desktop 600
  • Microsoft Wireless Desktop 3000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 5000
  • Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000
  • Microsoft IntelliType Pro 7.0
  • Microsoft IntelliPoint 6.1
  • Microsoft IntelliType Pro 6.0
  • Microsoft IntelliType Pro 6.1
  • Microsoft IntelliPoint 6.0
キーワード:?
dftsdahomeportal kbtshoot kbcip kbmt KB894513 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:894513
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com