Windows Update クライアントが Windows Update Web サイトへの接続に使用するプロキシ サーバーを決定するしくみ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 900935
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Windows Update クライアント プログラムは、使用可能な更新プログラムをスキャンするために、Microsoft Windows HTTP サービス (WinHTTP) を必要とします。また、Windows Update クライアントは、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) を使用して、これらの更新プログラムをダウンロードします。Microsoft Windows HTTP サービスおよび BITS は、Microsoft Internet Explorer からは独立して実行されます。これらのサービスはいずれも、ユーザーの特定の環境で使用できるプロキシ サーバーを検出できる必要があります。この資料では、使用可能なさまざまなプロキシ サーバーの検出方法について説明します。また、Windows Update で特定のプロキシ サーバーの検出方法が使用される状況についても説明します。

詳細

自動更新サービスが、Microsoft Windows Update Web サイトから更新プログラムをダウンロードしてインストールするように構成されている

自動更新サービスによって、Windows Update Web サイトから自動的に更新プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。自動更新サービスは、ローカル システム アカウントのコンテキストで実行されるので、ユーザーによる操作を必要としません。自動更新サービスは、Internet Explorer で構成されている可能性があるユーザー固有のプロキシ サーバーの設定にはアクセスしません。自動更新サービスは、システム全体のレベルの構成に影響し、管理者レベルの制御を必要とするので、Internet Explorer の WinInet の代わりに WinHTTP が採用されています。WinHTTP は、このような使用シナリオでは、より適切であると考えられています。自動更新サービスは、次のいずれかの方法によってのみ、プロキシ サーバーを検出できます。
  • Windows XP および Windows Server 2003 用の Proxycfg.exe ツールを使用して、プロキシ サーバーが手動で構成されている。Windows Vista およびそれ以降の OS については、手動でプロキシ サーバーを構成するための Netsh コマンドが用意されています。 Proxycfg.exe ツールの使用方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    289481 ServerXMLHTTP が動作するには Proxycfg ツールを実行する必要がある
  • ネットワーク環境の次のいずれかの場所で WPAD (Web Proxy Auto Detect) の設定が構成されている。
    • ドメイン ネーム システム (DNS) オプション
    • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) のオプション
    詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    816320 Windows Server 2003 でファイアウォール クライアントと Web プロキシ クライアントの自動検出を構成する方法

Internet Explorer を使用して Windows Update Web サイトにアクセスする

Internet Explorer を使用して Windows Update Web サイトにアクセスする場合、Windows Update クライアント プログラムは、以下の方法を、示されている順序で使用してプロキシ サーバーを検出します。

方法 1: Internet Explorer が自動的に設定を検出するように構成されている

Internet Explorer で [設定を自動的に検出する] チェック ボックスがオンになっている場合、Windows Update クライアントは WPAD 機能を使用してプロキシ サーバーを検索します。[設定を自動的に検出する] チェック ボックスを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [接続] タブをクリックします。
  4. ローカル エリア ネットワーク上のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、[LAN の設定] をクリックします。ダイヤルアップ接続または VPN 接続用のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、その接続をクリックし、[設定] をクリックします。
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
816320 Windows Server 2003 でファイアウォール クライアントと Web プロキシ クライアントの自動検出を構成する方法

方法 2: Internet Explorer が自動構成スクリプトを使用するように構成されている

以下の条件に該当する場合、Windows Update クライアントは、自動構成スクリプトを処理することによってプロキシ サーバーを検索します。
  • Internet Explorer が方法 1 を使用してプロキシ サーバーを検出できない。
  • Internet Explorer で [自動構成スクリプトを使用する] チェック ボックスがオンになっている。
[自動構成スクリプトを使用する] チェック ボックスを表示するには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [接続] タブをクリックします。
  4. ローカル エリア ネットワーク上のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、[LAN の設定] をクリックします。ダイヤルアップまたは VPN 接続用のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、その接続をクリックし、[設定] をクリックします。

方法 3: Internet Explorer がユーザー定義のプロキシ サーバーの値を使用するように構成されている

以下の条件に該当する場合、Windows Update クライアントはユーザー定義のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続します。
  • Windows Update クライアントが、自動検出または自動構成スクリプトを使用してプロキシ サーバーを検出できない。
  • Internet Explorer でプロキシ サーバーが定義されている。
ユーザー定義のプロキシ サーバーの値を表示するには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  3. [接続] タブをクリックします。
  4. ローカル エリア ネットワーク上のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、[LAN の設定] をクリックします。ダイヤルアップまたは VPN 接続用のプロキシ サーバーを使用してインターネットに接続する場合は、その接続をクリックし、[設定] をクリックします。
  5. [プロキシ サーバー] の下の [アドレス] ボックスに表示される値を確認します。

方法 4: Internet Explorer でプロキシ サーバーが指定されていない

Internet Explorer でプロキシ サーバーが定義されていない場合、Windows Update クライアントは、Proxycfg.exe ツールを使用して構成されたプロキシ サーバーを使用します。 Proxycfg.exe ツールの使用方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
289481 ServerXMLHTTP が動作するには Proxycfg ツールを実行する必要がある

方法 5: プロキシ サーバーが構成されていない

以下の条件に該当する場合、Windows Update クライアントは直接 Windows Update Web サイトに接続しようとします。
  • Proxycfg.exe ツールを使用してプロキシ サーバーが構成されていない。
  • Internet Explorer でプロキシ サーバーが定義されていない。
このシナリオでは、インターネットへの接続にプロキシ サーバーが必要である場合、Windows Update クライアントは Windows Update Web サイトに正しく接続できません。

WPAD (Web Proxy Auto Detect) 機能の説明

サービスでは、WPAD 機能を使用して、DHCP オプションをクエリするか、特定の DNS レコードを検索することによって、利用可能なプロキシ サーバーを検出できます。 WPAD で DHCP の代わりに DNS を使用する場合の長所と短所の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
816320 Windows Server 2003 でファイアウォール クライアントと Web プロキシ クライアントの自動検出を構成する方法

Proxycfg.exe ツールの説明

Proxycfg.exe ツールは、以下のレジストリ エントリを変更することによって、特定のプロキシ サーバーを使用するように WinHTTP を構成します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections\WinHttpSettings
Proxycfg.exe ツールは、WPAD を実装できない場合に便利です。また、このツールを使用して、ネットワークにおけるプロキシ サーバーの検出に関する問題のトラブルシューティングを行うこともできます。この場合、このツールを使用することによって、WPAD など、他の検出方法でプロキシ サーバーを検出できないために問題が発生していることを確認できます。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
289481 ServerXMLHTTP が動作するには Proxycfg ツールを実行する必要がある
Proxycfg.exe ツールでサポートされているコマンド ライン パラメーターを表示するには、コマンド プロンプトで「proxycfg.exe /?」と入力し、Enter キーを押します。コマンド ライン パラメーターを指定せずに proxycfg.exe コマンドを実行した場合は、現在の設定が表示されます。この場合、次のような結果が表示されます。

プロキシ サーバーが構成されていない場合の設定

Microsoft (R) WinHTTP Default Proxy Configuration Tool Copyright (c) Microsoft Corporation.All rights reserved.

Current WinHTTP proxy settings under:HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections\ WinHttpSettings :

Direct access (no proxy server).

プロキシ サーバーが構成されている場合の設定

Microsoft (R) WinHTTP Default Proxy Configuration Tool Copyright (c) Microsoft Corporation.All rights reserved.

Current WinHTTP proxy settings under:HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections\ WinHttpSettings :
	
Proxy Server   =	    <myproxyserver> Bypass List    =	    

Proxycfg.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを構成するには

Proxycfg.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「proxycfg -p proxyservername:portnumber」と入力し、Enter キーを押します。このコマンドで、proxyservername を、プロキシ サーバーの完全修飾ドメイン名に置き換えます。また、portnumber を、プロキシ サーバーを構成するポート番号に置き換えます。たとえば、proxyservernameproxy.domain.example.com に、portnumber を 80 に置き換えます。
プロキシ サーバーが正しく構成されると、次のような結果が表示されます。
Microsoft (R) WinHTTP Default Proxy Configuration Tool Copyright (c) Microsoft Corporation.All rights reserved.

Current WinHTTP proxy settings under:HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Connections\ WinHttpSettings :
	
Proxy Server   =	    <myproxyserver> Bypass List    =	       

Proxycfg.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを削除するには

Proxycfg.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを削除し、インターネットへの "直接アクセス" を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「proxycfg -D」と入力し、Enter キーを押します。
注: 次のいずれかの条件に該当する場合、proxycfg.exe コマンドの結果にプロキシ サーバーは表示されません。
  • Internet Explorer でプロキシ サーバーが手動で構成されている。
  • プロキシ サーバーが構成スクリプトを使用して構成されている。
proxycfg.exe コマンドは、WinHTTP で使用されるプロキシ サーバーを手動で構成するために使用されます。WPAD を使用してプロキシ サーバーを指定する場合や、Internet Explorer を使用してプロキシ サーバーを指定する場合は、proxycfg.exe コマンドの結果には、"Direct access (no proxy server)" と表示されます。

Netsh.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを構成するには

Windows Vista 以降では、proxycfg.exe の代わりに Netsh.exe ツールを使用できます。

Netsh.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「netsh winhttp set proxy?proxyservername:portnumber」と入力し、Enter キーを押します。このコマンドで、proxyservername を、プロキシ サーバーの完全修飾ドメイン名に置き換えます。また、portnumber を、プロキシ サーバーを構成するポート番号に置き換えます。たとえば、proxyservernameproxy.domain.example.com に、portnumber を 80 に置き換えます。

Netsh.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを削除するには

Netsh.exe ツールを使用してプロキシ サーバーを削除し、インターネットへの "直接アクセス" を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「netsh winhttp reset proxy」と入力し、Enter キーを押します。

Netsh.exe ツールを使用して現在のプロキシ構成を確認するには

Netsh.exe ツールを使用して現在のプロキシ構成を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「netsh winhttp show proxy」と入力し、Enter キーを押します。

サポートされている .pac ファイル

サポートされている .pac ファイルの種類の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa384240.aspx

プロパティ

文書番号: 900935 - 最終更新日: 2011年6月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbwindowsupdatev6 KB900935
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com