クライアント コンピューターが、Windows ソフトウェアの更新サービス (WSUS) サーバーに報告しません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 909131
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

クライアント コンピューターが Microsoft Windows ソフトウェアの更新サービス (WSUS) サーバーに報告しません。さらに、次の現象に発生します。
  • Windowsupdate.log のログ ファイルをクライアント コンピューターには、次のエラー メッセージが記録されます。
    警告: 人事部サーバーにイベントをアップロードできませんでした 80244008 =
  • WSUS サーバー上の管理コンソールで Microsoft SQL Server のタイムアウト エラー メッセージが表示されます。
  • %Programfiles%\Microsoft の Windows 更新プログラムの Services\LogFiles フォルダーにある SoftwareDistribution.log ファイルには、次のようなメッセージが含まれます。
    <DATE> </DATE>
    <TIME></TIME>
    W3wp.130 DBConnection.LogSqlException の DBLAYER の UTC のエラー: エラー [0]: ソース .Net SqlClient データ プロバイダー、サーバー OPC AD WSUS1N\WSUS、数-2、クラス 10、状態 0、プロシージャ ConnectionRead (WrapperRead())、。
    行番号 0: タイムアウトが発生しました。操作が完了前にタイムアウト期間が過ぎたか、サーバーが応答していません。

原因

この問題は、tbEventInstance テーブル レポート イベント数 100万行を超える場合に発生します。

推奨ハードウェアを使用している WSUS サーバーは 22 時間のデフォルト検出サイクルを使用して 15,000 クライアントの最大数をサポートできます。レポートのイベントの数は tbEventInstance のテーブルに追加されるクライアントの数、および各検出サイクルの設定は周波数に依存します。クライアントを使用して、レポートを送信しようとすると、tbEventInstance テーブルからの行の自動削除を開始します。のみ tbEventInstance テーブル レポート イベント 100万行を超える場合、自動削除プロセスが開始されます。

自動削除プロセスが非常に遅いし、クライアント コンピューターを WSUS サーバーにレポートを作成するをブロックします。既定では、WSUS のワークステーションで、15 日より前では、古いサーバーに 90 日以上いるイベントを削除するのには構成されています。WSUS 12 時間ごと 1,000 個のイベントの割合で古いイベントを削除します。

TbEventInstance テーブルは、100万行を超えているかどうかを確認する方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポート修正プログラムを入手するのにはへの要求を送信します。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブで、日付と時刻項目コントロール パネルのします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Eventinstancesfix.dll該当なし41,2722005 年 11 月 07 日11: 36x86
Eventinstancesfix.sql該当なし14,4422005 年 11 月 1 日10: 42該当なし
Runeventinstancesfix.vbs該当なし1,4332005 年 11 月 8 日12: 16該当なし

回避策

この問題を回避するには、検出サイクルは許容範囲内の値を変更します。グループ ポリシーを使用して、各検出サイクルを 1 時間から 22 時間までの時間を操作できます。など、検出サイクル頻度、デフォルトから 22 時間 11 時間に変更する場合は、WSUS サーバーがサポートできるクライアントの数が 7,500 クライアントに削減されます。

検出サイクルの頻度を変更した後クライアント コンピューターを WSUS サーバーに報告しない場合は、tbEventInstance テーブルからすべての最新のイベントを削除してください。これを行うには、SQL クエリ アナライザーで次のコマンドを実行します。
TRUNCATE TABLE dbo.tbEventInstance
さらに、自動削除プロセスを停止し、削除処理の頻度を増やすことができます。削除処理の頻度を高くと、WSUS 行がより小さいチャンクを削除しますが、tbEventInstance テーブルのサイズを保持しています。

自動削除プロセスを停止して、削除処理の頻度を 1 時間に設定するのには、SQL クエリ アナライザーで次のコマンドを実行します。
UPDATE dbo.tbConfigurationB SET AutoPurgeDetectionPeriod = 1
このコマンドは、1 時間ごと削除処理を実行します。このコマンドを実行は、24,000 イベント 1 日 1,000 個のイベントを 1 時間あたりの割合で WSUS を削除します。これは、削除処理を設定できる最高周波数です。

自動削除を適切な周波数と正しく検出サイクル頻度を計算するには、WSUS のクライアントの数を知る必要があります。

削除処理の最小周波数と、検出サイクル頻度の計算には、次の数式を使用します。
最小の削除処理の頻度: (24/DF) CL x
検出サイクルの頻度: (CL/PF) x 24
メモDF は、検出サイクル頻度です。CL、WSUS のクライアントの数、最小周波数をパージ PF のです。

たとえば、4,000 WSUS クライアントがある場合、検出サイクル頻度は、1 日あたり 8 サイクルを設定する場合は、約 32,000 イベントは tbEventInstance のテーブルに記録できます。1 日の削除プロセスによって削除できるイベントの最大数を削除間隔を 1 時間に設定するときに 24,000 イベントです。そのため、クライアントによって生成されるイベントの数は 24,000 未満になるように、検出サイクル頻度を減らすことができます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

tbEventInstance テーブルが、100 万を超える行を持つかどうかを確認する方法

  1. SQL クエリ アナライザーを起動し、ローカル サーバーに接続します。
  2. で、 データベース ボックスの一覧でクリックしてください SUSDB.
  3. 次の SQL クエリをクエリ ウィンドウに貼り付けます。
    select count(*) from tbEventInstance
  4. クリックしてください。 クエリを実行します。 クエリを実行します。
Microsoft SQL Server Desktop Engine (Windows) (WMSDE) を実行している場合は、tbEventInstance テーブルが 100 万を超える行を持つどうかを確認するために osql コマンドを使用することもできます。これを行うには、コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
"%programfiles%\Update Services\tools\osql\osql.exe" -S %COMPUTERNAME%\WSUS -E -dSUSDB -Q"SELECT COUNT(*) FROM dbo.tbEventInstance"
詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 909131 - 最終更新日: 2012年11月29日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbautohotfix kbHotfixServer kbtshoot kbbug kbfix kbqfe kbmt KB909131 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:909131
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com