またはを含む「0x8DDD0018」コード「0x80246008」コードから、Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから更新プログラムをダウンロードしようとしたときにエラー メッセージを受け取ることがあります

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910337 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ビット、Web サイトに接続できない場合や、バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が実行されていないときに、エラー メッセージが表示、Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから更新プログラムをダウンロードしようとするときにしますビットを構成することによってこの問題を解決する方法について説明します。

BITS を開始しようとするとエラー メッセージが、コンピューターの構成によって異なりますがあります。この記事では、またこれらのエラー メッセージの一覧を表示し、エラーを解決する方法について説明。

現象

Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから更新プログラムをダウンロードしようとするときに、エラー メッセージ、次のエラー コードのいずれかが含まれているがあります。
  • 0x8DDD0018
  • 0x80246008
また、更新履歴の表示] をクリックして、%Windows%\Windowsupdate.log ファイルを表示するときに、次のエラーコードを参照して可能性があります。
  • 0x80200013
  • 0x80246008
メモ 更新履歴の表示] をクリックした後、エラー コードを表示するには、[状態] 列のアイコンをクリックします。

原因

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) が実行されていません。
  • ビットは、Web サイトに正常に接続できません。

解決方法

エラーコード "0x8DDD0018" またはエラーコード "0x80246008" を含むエラー メッセージが表示される場合、この問題を解決するには、"BITS が正しく構成されているか確認する" セクションの手順を実行します。

更新履歴をクリックすると"0x80200013" エラー コードが表示される場合、この問題を解決するには、「0x80200013 のエラー」セクションの手順を実行します。

BITS が正しく構成されていることを確認してください。

BITS が正しく構成されていることを確認します。次に、BITSを開始してみましょう。BITS を起動しようとすると、いくつかのエラー メッセージのいずれかを受け取る場合があります。これらのエラー メッセージのトラブルシューティングの手順」セクションに記載されています。BITS を起動しようとするときにエラー メッセージを受信する場合は、エラー メッセージが表示されたら、対応するセクションの手順に従います。

BITS が正しく構成されていることを確認してから BITS を開始するには、これらの手順に従ってください:
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  2. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  3. スタートアップの種類] ボックスで、[手動] をクリックしてください、[適用] をクリックしてください
  4. ログオン] タブをクリックし、[表示されているすべてのハードウェア プロファイルでサービスが有効になっていることを確認します。1 つまたは複数のハードウェア プロファイルでサービスが無効な場合は、[ハードウェア プロファイル] をクリックしてを有効にする] をクリックしておよび [適用] をクリックします。
  5. [全般] タブをクリックし、[開始] をクリックします。
BITS が正常に開始される場合は、Windows Update の Web サイトか Microsoft Update Web サイトを参照して更新プログラムを入手します。更新プログラムを正常に取得する場合は、手順 1 〜 3 をもう一度します。ただし、手順 3 では自動ではなくのようにクリックします。

トラブルシューティングの手順

エラー 1083 : このサービスを実行するように構成された実行可能プログラムは、サービスを実装していません。(0x8007043B)
このエラー メッセージが表示されたら、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 Regsvr32 %windir%\system32\qmgr.dll、し [ OK] をクリックします。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regsvr32 %windir%\system32\qmgrprxy.dll、し [ OK] をクリックします。
  3. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  4. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  5. [全般] タブで [開始] をクリックします。
エラー 1068: 依存関係サービスまたはグループを開始できませんでした。(0x8007042c)
このエラー メッセージが表示されたら、する場合、次の方法のいずれかのオペレーティング システムによって、問題を解決するために使用します。

Microsoft Windows 2000
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  2. 1 つまたは複数、次のサービスが実行されていない場合は、サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。
    • Com + イベント システム
    • システム イベント通知
    • Windows 管理インストルメンテーションのドライバーの拡張機能
  3. バック グラウンド インテリジェント転送サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。
Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows XP
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  2. リモート プロシージャ コール (RPC)を右クリックし、[開始] をクリックします。
  3. バック グラウンド インテリジェント転送サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。
Windows は、ローカル コンピューターでバック グラウンド インテリジェント転送サービスを開始できませんでした。詳細については、システム イベント ログを確認します。これし、Microsoft 以外のサービス、サービスの製造元に問い合わせてサービス固有のエラー コード-2147024894 参照してください。(0x80070002)
このエラー メッセージが表示されたら、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行] をクリックして、入力レジストリ エディター、および [ OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\BackupRestore\FilesNotToBackup
  3. レジストリ サブキーが存在する場合は、手順 4 に進みます。レジストリ サブキーが存在しない場合、レジストリ サブキーを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. バックアップの復元を右クリックし、新規作成] をポイントキーをクリックします。
    2. タイプ FilesNotToBackup、し、ENTER キーを押します。
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  6. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  7. [全般] タブで [開始] をクリックします。
エラー 1079: このサービスに対して指定されたアカウントは、同じプロセス内で実行している他のサービス用に指定されているアカウントと異なります。(0x80004015)
このエラー メッセージが表示されたら、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK ] をクリックし、
  2. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  3. [ログオン] タブをクリックします。
  4. ローカル システム アカウント] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  5. バック グラウンド インテリジェント転送サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。
Windows は、ローカル コンピューターでバック グラウンド インテリジェント転送サービスを開始できませんでした。詳細については、システム イベント ログを確認します。これが Microsoft 以外のサービスで場合は、サービスの製造元に問い合わせてくださいサービス固有のエラー コード 2147942487 参照してください。(0x80070057)
このエラーは、Windows HTTP プロキシの設定が有効であることを示します。この問題を解決するのには、HTTP プロキシの設定を削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmd、し [ OK] をクリックします。
  2. タイプ Proxycfg.exe、し、ENTER キーを押します。

    現在のプロキシ設定が表示されます。
  3. タイプ Proxycfg ? d、し、ENTER キーを押して、プロキシの設定を削除します。
  4. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  5. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  6. [全般] タブで [開始] をクリックします。
エラー 5: アクセスが拒否されました。
このエラーは、BITS のアクセス許可が変更されたことを示します。これらのアクセス許可を修復するには、オペレーティング システムに応じて、次の方法のいずれかを使用します。

Windows XP の場合
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmd、し [ OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力し、 ENTERキーを押します。
    sc sdset ビット d: (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;SY) (A;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;BA) (A;CCLCSWLOCRRC;;AU) (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;PU)
  3. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  4. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  5. [全般] タブで [開始] をクリックします。
Windows 2000

メモ 次の手順には、SubInACL ユーティリティが必要です。このユーティリティを入手するには、Microsoft ダウンロード センターを参照してください。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SubInACL.exe パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmd、し [ OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力し、 ENTERキーを押します。
    Subinacl/service wuauserv/sddl D =:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;SY) (A;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;BA) (A;CCLCSWLOCRRC;;AU) (A;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;PU)
    .
  3. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  4. バック グラウンド インテリジェント転送サービスをダブルクリックします。
  5. [全般] タブで [開始] をクリックします。
Windows は、ローカル コンピューターでバック グラウンド インテリジェント転送サービスを開始できませんでした。詳細については、システム イベント ログを確認します。これが Microsoft 以外のサービスでと、サービスの製造元に問い合わせてサービス固有のエラー コード-2147467243 を参照してください。(0x80080005)
このエラー メッセージは、「エラー 5:: アクセスが拒否されました」のエラー メッセージに似ています。この問題を解決するのには、「エラー 5:: アクセスが拒否されました」のセクションで説明されている手順に従います。
エラー: のパス (0x80070003) が見つかりません
このエラー メッセージが表示されたら、次の手順を実行します。
  1. 次のフォルダーが存在することを確認します。
    %systemdrive%\Documents と別のバックアップ Data\Microsoft\Network\Downloader
    このフォルダーが存在しない場合は、フォルダーを作成します。
  2. レジストリ内のプロファイルの場所が正しいことを確認します。 この方法の詳細については、次の記事番号をクリックして Microsoft サポート技術情報にある記事を参照してください。
    214653 すべてのユーザー プロファイルのパスを設定する方法
Windows は、ローカル コンピューターでバック グラウンド インテリジェント転送サービスを開始できませんでした。詳細については、システム イベント ログを確認します。これが Microsoft 以外のサービスで場合は、サービスの製造元に問い合わせてくださいサービス固有のエラー code2147746132 または-2147220986 を参照してください。(0x80040154)
このエラーは、COM + カタログが破損していることを示します。この問題を解決するのには、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料の手順を実行します。
315296 破損した COM + カタログをクリーンアップする方法

0X80200013 のエラー

BITS の更新プログラムの範囲を要求できます。ただし、ネットワーク プロキシまたはファイアウォール デバイスは範囲要求をサポートしていない場合は、ビットの更新プログラムをダウンロードできません。したがって、ビット 0x80200013 のエラー コードを返します。この問題が発生した場合は、%windir%\Windowsupdate.log には、次のエントリが表示されます。
Download job failed due to insufficient range support
この問題を解決するのには、ネットワーク プロキシまたはファイアウォール デバイスの製造元に問い合わせてください。

プロパティ

文書番号: 910337 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Update
  • Microsoft Windows Update
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB910337 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910337
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com